2014/11/12 「希望の牧場」生中継

 kibouhe.png


 農林水産省農林水産技術会議さんが時々、お見えになります。
 今日は、2 北田直俊、星広志の名誉毀損行為 から直接、入って来られましたー。
・・・・
 なんだ、希望の牧場の話じゃないのか・・・!

20141112kitada.png
 
スポンサーサイト

【Zone / The life that did not exist】Naoto Matumura asked the director Kitada to cut all his scenes in the film.

Naoto Matumura
Hello, there. I have something important to tell you today. It is going to be a little long, but if you have some time, please take time to read it.

I showed up to a screening of the movie "Zone, the life did not exist" on August 18th, without telling to the director, Naotoshi Kitada, because he has been ignoring my claim to be cut out from his film.
I felt sorry for the audience to be surprised by my showing up, but it has been over a year since I asked Kitada to cut all my scenes from his film, so I was angry at him. The director Kitada must be surprised as well.
The director Kitada has been saying bad things and making stories of me, and did not answer the phone nor reply my email. Moreover, Kitada blocked me from his facebook, so I had no choice but going there to talk with him. And Hiroshi Hoshi wrote in his facebook that I acted violently in the screening, but I must tell all of you that it is not true.

First of all, I have to tell you why I did not want to be in the movie "Zone". It is about the cast of the film. Most people in the film do not have same opinion with me. They are filmed as heros in the no go zone, but in reality, they are not. So, in my opinion, this film is made with lies. I will explain the trouble with these casts below.

Cast 1
Kazuo Endo borrowed $12,000 and $20,000(total$32,000) from me, and still not returning. He has not been returning the debt since 2012 and not has been trying to return. He commited a crime by dumping of industrial waste illegally. There are more storis to tell about him.

Cast 2
Hiroshi Hoshi and his son have 5 criminal records. And also, they are under the probation now from the latest criminal record. They have been trying to gather money from 'a project of Okuma machi in the no go zone for left animals' but the project did not exist. Okuma machi in the no go zone clearly stated that they have nothing to do with Hoshi. Hiroshi Hoshi also mentioned that they are with WHO, World Health Organization, but it was a lie as well. I personally visited Switzerland this March, and went to WHO. They are with IAEA, so there was no way that WHO was doing a search around Fukushima Daiichi accident. I joined the demonstration against WHO about it in Switzerland.

Cast 3
Animal friends Niigata is under the suspicion of animal cruelty, and many cats and dogs died from Parvo virus in the shelter according to the newspaper Miller and the Japanese magazine, Shincho. I went there to pick up my missing dog, Ishimatsu, and their behavior towards me was strange. They took my dog 'Ishimatsu' out from a shelter in Fukushima, but my cell phone number was in his collar. However, they never called me. They changed the collar, so it was attached to his cage, so they could see the phone number, but they did not do anything. It is obvious that they never looked for the dog's owner. My dogs Aki and Taro are still missing, so I asked them to show me their shelter so that I might find my missing dogs, but they refused. I still wonder why.

I have more and more to tell you. With these people, I feel not wanting to be in the film anymore. Do you think it is strange? For me, it is not. I must say again that I do not want to be in this film with these people that I do not respect. This is why I asked the director Kitada to cut all my scenes in the film. The director Kitada has been refusing my claim and saying bad things about me, but please keep your words. And add the truth under your fake storis of me. I will wait for the director Kitada'a sincere answer.

Zone / The life that did not exist ZONE 存在しなかった命

 7月30日現在、「ZONE存在しなかった命」の宣伝用英語版サイトから松村氏のお名前は削除されています。 
 ・北田 直俊 7月30日
 ・Zone / The life that did not exist

 しかし、アップリンクで2回(8月18日、9月1日)上映されたフィルムでは、松村さんの登場シーンは削除されていませんでした。松村さん支援者が二回ともチェックして確認しています。
 松村さんの要求をかわすため、ネット上では削除したかのように偽装しているのでしょうか?
 今後の上映会でも、チェックを続ける必要があり、皆様のご協力をお願い致します。

 北田が話し合いを避けているため、松村さん側も要望書を公開。英仏訳も添付されました。
 「2014.08.31 我慢の限界 」。


みなさん、こんにちは。 
今日はみなさんに聞いていただきたい話があります。
少し長くなりますが、お時間のあるときにご一読ください。

私はさる8/18に東京渋谷での「zone存在しなかった命」の上映会を訪れ、「私の登場シーンをカットして欲しい」との訴えを無視し続けてきた北田直俊さんと対面しました。
現場に居合わせた方を驚かせてしまったことは申し訳なく思いますが、私が北田直俊さんに自分の登場全シーンカットのお願いをしてから、既に1年以上が経過していましたので、あちらとしては青天の霹靂だったかもしれませんが私は我慢の限界でした。
北田直俊さんは私に関する虚偽の誹謗中傷を書き続けるのみで電話には出てくれず、メールに返信せず、フェイスブックでは私をブロック。つまりは連絡の取りようがなかったのです。
また、星広志さんがフェイスブックで中継したような、わたしの乱入・暴れた事実はなかったことなども含め、自分自身の発信により明らかにしたいと思います。

まずなぜに私が「zone存在しなかった命 」に登場したくなくなったのかについてお話します。
それは「zone存在しなかった命 」キャストが、多くの賛同できない人物で構成されること、警戒区域での彼らの実際の行為が英雄のごとく描かれているが実際とは大きく異なることにあります。平たく言えば、この映画は虚偽で構成されているといっても過言ではありません。賛同できない人物に関しましては具体的に理由を述べることとします。

その1
遠藤カズオ氏は私への借金(120+200=320万円)を踏み倒したままの人物であり、産廃不法投棄でも揉め事を起こした人でもあります。それは、震災以降の話です。その他にも幾つかの揉め事がありました。

その2
星 広志氏は親子合わせて前科5犯、現在、執行猶予中。
警戒区域で動物保護委託と称した、大熊町主導の架空プロジェクトなるものを語り、寄付金を募るなどの行為も目に余るものがありました。その件については、大熊町より回答書が提出されています。つまりは嘘でした。 WHO(世界保健機関)の名前も語った事もありましたが、それも嘘でした。私は今年の3月に欧州へ行き、WHOにも行きました。WHOはIAEA(世界原子力機構)の息がかかっているので、原発事故や放射能災害の健康調査等については、全然協力しようとはしないのです。今年、そのことに対してのデモに参加して来ました。

その3
当時アニマルフレンズ新潟は、虐待やパルボウイルスによる大量死等がミラー紙、週刊新潮などで報道されており、私が愛犬を探しに訪れた際も誠実さに掛ける対応でした。またアニマルフレンズ新潟で保護されていた愛犬「石松」の首輪には、私の携帯電話番号が書いてあったにもかかわらず、連絡はありませんでした。石松の首輪はバリケン(ケージ)に付けてあり、電話番号は見える状態でした。つまり、保護するだけ保護して飼い主を探さない、探す努力をしない団体です。行方不明のアキ、タロウの2匹も、もしかしたら、ここに居るかもしれないので、大きいシェルターを見せて下さいと頼むと、頑なに断わられました。それはどうしてなのか、疑問で今でも心に引っかかっています。

まだまだ書きたい事が山ほどあります。このような事が裏であった人物が連なる映画で、一緒にフィルムに収まることを私がためらうのは、おかしな事でしょうか? わたしは納得がいきませんでした。
繰り返しますが、私は尊敬に全く値しないこれらの人物と一緒にこの映画に登場することを望みません。
故に、私のすべての登場シーンのカットを要請した理由は、その一点のみです。そして、梨のつぶてを決めてきた北田直俊さんには、書き散らした誹謗中傷を削除することなく本文に添えた訂正を望みます。そして、「zone存在しなかった命」の中の、私の登場する全シーンのカット申し入れに対して誠意ある返答をお待ちしたいと思います。

<英語訳>
Hello, there. I have something important to tell you today. It is going to be a little long, but if you have some time, please take time to read it.

I showed up to a screening of the movie "Zone, the life did not exist" on August 18th, without telling to the director, Naotoshi Kitada, because he has been ignoring my claim to be cut out from his film.
I felt sorry for the audience to be surprised by my showing up, but it has been over a year since I asked Kitada to cut all my scenes from his film, so I was angry at him. The director Kitada must be surprised as well.
The director Kitada has been saying bad things and making stories of me, and did not answer the phone nor reply my email. Moreover, Kitada blocked me from his facebook, so I had no choice but going there to talk with him. And Hiroshi Hoshi wrote in his facebook that I acted violently in the screening, but I must tell all of you that it is not true.

First of all, I have to tell you why I did not want to be in the movie "Zone". It is about the cast of the film. Most people in the film do not have same opinion with me. They are filmed as heros in the no go zone, but in reality, they are not. So, in my opinion, this film is made with lies. I will explain the trouble with these casts below.

Cast 1
Kazuo Endo borrowed $12,000 and $20,000(total$32,000) from me, and still not returning. He has not been returning the debt since 2012 and not has been trying to return. He commited a crime by dumping of industrial waste illegally. There are more storis to tell about him.

Cast 2
Hiroshi Hoshi and his son have 5 criminal records. And also, they are under the probation now from the latest criminal record. They have been trying to gather money from 'a project of Okuma machi in the no go zone for left animals' but the project did not exist. Okuma machi in the no go zone clearly stated that they have nothing to do with Hoshi. Hiroshi Hoshi also mentioned that they are with WHO, World Health Organization, but it was a lie as well. I personally visited Switzerland this March, and went to WHO. They are with IAEA, so there was no way that WHO was doing a search around Fukushima Daiichi accident. I joined the demonstration against WHO about it in Switzerland.

Cast 3
Animal friends Niigata is under the suspicion of animal cruelty, and many cats and dogs died from Parvo virus in the shelter according to the newspaper Miller and the Japanese magazine, Shincho. I went there to pick up my missing dog, Ishimatsu, and their behavior towards me was strange. They took my dog 'Ishimatsu' out from a shelter in Fukushima, but my cell phone number was in his collar. However, they never called me. They changed the collar, so it was attached to his cage, so they could see the phone number, but they did not do anything. It is obvious that they never looked for the dog's owner. My dogs Aki and Taro are still missing, so I asked them to show me their shelter so that I might find my missing dogs, but they refused. I still wonder why.

I have more and more to tell you. With these people, I feel not wanting to be in the film anymore. Do you think it is strange? For me, it is not. I must say again that I do not want to be in this film with these people that I do not respect. This is why I asked the director Kitada to cut all my scenes in the film. The director Kitada has been refusing my claim and saying bad things about me, but please keep your words. And add the truth under your fake storis of me. I will wait for the director Kitada'a sincere answer.

<仏訳>
Le 18 août, j’étais allé au cinema Uplink à Tokyo où passe le film qui s’appelle “Zone :The life did not exist ( http://www.adg-theater.com/zone_en.html ) “ . J’y suis allé pour voir le réalisateur Naotoshi Kitada à qui je demande depuis déjà 1 an de supprimer toutes les scènes où je suis filmé. Il ne me répond jamais ni à mes mails ni à mes téléphones, me bloque sur Facebook, tout en continuant à me critiquer et même à me médire. Je n’avais donc aucun choix que d’aller le voir au cinéma. Hiroshi Hoshi, une des personnes qui prend la parole dans ce film, a publié sur son Facebook un commentaire qui dit que j’avais réagi de façon brutale et violente ce jour-là, que je nie catégoriquement .

Je vous explique pourquoi je veux que Kitada supprime mes scènes de « Zone :The life did not exist ». C’est parce que c’est un film qui parle des personnes « escrocs » mais qui les montre comme si c’étaient des héros. Bref, il n’y a que des mensonges.

Kazuo Endo m’a emprunté 3 millions 200000 yens et ne me le rend toujours pas. Il a aussi eu des histoires en ce qui concerne les déchets industriels.

Hiroshi Hoshi, condamné 5 fois, actuellement en sursis, a monté un faux projet par lequel il a essayé de collecter des fonds au nom du village d’Okuma et de l’OMS contre laquelle j ‘ai fait une manifestation en Suisse au mois de mars 2014.

NPO Animal Friends Niigata est déjà connu pour ses mauvais traitements des animaux. Ils ont retrouvé mon chien Ishimatsu qui avait mon numéro de téléphone sur son collier, mais ils ne m’ont jamais contacté. Afin de retrouver mes deux autres chiens, Aki et Taro, je leur ai demandé de me montrer leur abri pour les animaux, mais ils ont refusé obstinément. Je me demande toujours pourquoi ils ont réagi ainsi.

Il y a d’autres choses que je voudrais écrire, mais j’arrête. En tout cas n’est-ce pas raisonnable que je refuse de me trouver dans ce film avec ces gens-là ? Je répète. Je ne veux pas être dans le film « Zone :The life did not exist » avec ces gens que je méprise. Supprimer mes scènes, c’est tout ce que je demande à Naotoshi Kitada. J’espère qu’il ne supprimera pas ses publications et ses médisances sur moi et me répondra avec sincérité.



 北田相手に通常の話し合いは望めないので、私は以前から松村さんに弁護士を立て、削除要請の交渉を進めるようアドバイスしてきましたが、この週明けに弁護士に会う段取りになったそうです。常識のない相手ですから、代理人に委任するのが一番です。
 北田はシンプルな事柄をややこしくして、いらざるトラブルにでっちあげていきますからね、相手にしていても始まらない。

 ところで私の留守中、9月12日から19日にかけ、北田がFC2事務局に複数の削除要請を出していました。不在中で9月16日以内の回答が間に合わず、http://torikyou2013.blog.fc2.com/blog-entry-1033.html は削除されてしまいました。(キャッシュが残っているようです。こちらで見れます。)

 「映画]「朝子」「デモーニッシュな街から遠く離れて」」を引用した記事だったと記憶しています。


 北田直俊監督って聞いたことがないけど、前作「イヌ」の評判は聞いたことがある。土方仕事で資金を貯め、異端の作品を作ったという。今日配られたパンフレットにはこう書かれている。

 『まるで自殺するかのように、社会に対しての憤怒にツバを吐き捨てるが如くのゲリラ・テロ行為的35ミリ自主制作映画であった。この世の全てに憎しみをいだいていましたし、事実この映画を完成させたら、首をつって<オサラバ>する意志でした。』


 ま、そういう人間なんだろうなと思います。松村さんや希望の牧場さんと対極にある「憎しみの人」ですよね。松村さんが登場シーンの全カットを願う気持ちを、私はよく理解出来ます。

 私の”長き不在”については別記事でご報告しましょう。

「zone 存在しなかった命」、副題「前科者達のバラード」

 2014-06-01zone存在しなかった命 :主要登場人物がシーンの全カットを申入れていた! の続報です。


 松村直登さんは「zone存在しなかった命」の主要登場人物のお一人ですが、実は北田直俊に登場シーン全カットの申入れをしています。期待に反し(期待権の侵害)星広志のような詐欺師をヒーロー扱いする作品になっており、同じフィルムに収録され上映されることは人格権の侵害に当たるとして、カットを要求しています。

 北田直俊は松村さんの要求を無視しそのままになっていますが、法的な問題が無いとは言えません。内容証明で要望書を送付する事を提案してみます。この問題は先ずはそこからですね。


 内容証明送付が延び延びになる中、松村さんは8/18に「zone 」の夜間上映会に出掛け、北田と対面してきたそうです。

 松村さんが出演シーンのカットを要求して以来、北田は連絡不通になっていた。電話には出ない、メールにも答えない。当夜まで逃げの一手できた北田は、上映終了後、松村さんに話しかけられて動顛。嘘がみんなばれてしまうのを恐れたんじゃないですかー?北田の怯えを見て勘違いされたのか、会場から「私達はそんな話を聞きに来たのではありません!」の声が挙がり、数人が賛同する気配でしたが、大半は松村さんのお話をしっかり聞いていたそうです。
 トークショー終了後、観客は皆、松村さんに握手を求め、「松村さん、頑張って下さい!」と激励して帰って行った由。帰宅した後、松村さんにメールを寄越された方もいらしたそうです。

 松村さんに問い詰められ、北田は遠藤が松村さんに借金した事実を認めていると白状FBで松村さんに対する虚偽の誹謗中傷を書いた事実も認め、削除すると観客の前で約束したそうです(約束守るような人間じゃないですが)。
 トークショー開始後も北田の動揺は収まらず、司会が話を振っても、「頭が飛んでしまって・・」と答える始末。嘘ばかりついているから、そうなるだで(鳥取弁でーす)!

 おまけに、嘘の暴露を恐怖した北田の仲間が警察を呼んだそうで、その場に居たアップリンク・スタッフは、警察を呼ばれて迷惑だったとおっしゃっていました。松村さんは少し声が大きくなっただけで、迷惑行為と言えるような事は何もなかった。警察を呼ぶ必要も理由もない個人間の話し合いなのに、北田の関係者に勝手に警察を呼ばれてしまい、アップリンクとしてはその事のほうが迷惑だった。警官は松村さんを役者、俳優の類と勘違いしたそうで、松村さんは面白がっていました(笑い)。
 
 アップリンクの「オープンファクトリー」を利用した北田の上映会はあと1回開かれますが、FB上の賑やかさと裏腹に、5,60人程度しか集まらないそうです。話題にならない北田フィルムの上映には登場人物達も非協力的で、当夜も松村さん以外の出演者は見当たらず、星の”お友達”も参加していなかった。「知っている登場人物はいましたか?」という司会者の問い掛けに、会場から挙がった名前は「希望の牧場」と「松村さん」の名前だけでした。北田が松村さんの登場シーンをカットしたくない理由は、松村さんと吉澤さんの名前にフィルムは依存しているからです。 登場シーン削除要請の”内容証明”は吉澤さんと連名で出せと、私は”意地悪く”けしかけておりまする

 北田のフィルムはドキュメンタリーになっていないんです。記録映画として価値が無い。
 全世界の注目を集めた「警戒区域」。便乗を狙う反社やサイコパスの「警戒区域ビジネス」。
 注目されたい、売り出したい、寄付金乞食や裏稼業。
 「警戒区域」をブランドに利用した輩達。「警戒区域」の出現にビジネスチャンスを見た輩達。
 厳しい「現場」を生きる松村さんや希望の牧場の知名度にあやかり、自分のために利用しようとした輩達。
 輩のネット上の虚偽をそのまま作品にした無能な北田!
 北田自身に嘘があるから、輩達の虚偽を虚偽として描けないんです。製作者の資質に欠ける。
 松村さんが一緒にされたくないとして、松村さん自身の登場シーン全カットを要求するのは論理にかなう。

 北田は自分の売り出しに、松村さんを必要としているが、松村さんは北田も北田の作品も必要としていない。逃げの一手で無視して逃げ切るつもりが、上映会に松村さんが現れてビックリしたでしょうねー。逮捕状を持った刑事にいきなり囲まれた、犯罪者のような気持ちに陥ったんじゃありません?北田は逃げ道を塞がれて、これからの展開が読めないらしく、当夜の事を一言も発信していない。このまま見逃して頂戴よ・・という虫のよい気持ちは未だ持っているでしょうけどね。
 
 出演者リストです。

 出演:松村直登、遠藤カズオ、吉沢正巳、イザベラ・ガラオン青木、本多明、太田快作、舞香(ムカシ玩具)、熊田リナ、個人ボランティアN、星広志、星礼雄細康徳、佐藤洋子、ヤブキレン、佐藤ひとみ、吉田美恵子

 細と遠藤は元暴力団員。当然、前科がある。組は抜けても堅気の生き方はしていない。遠藤は最初から金、金、金です。地元で仕事が貰えないので被災ビジネスに飛びつき、松村さん相手に借金詐欺を働いた後、姿を消した。太字の連中の前科歴を合計したら一体、何犯になるんだ?星父子だけで5犯。星パパの前科はこれで終わりそうもないですし。 「アニマルフレンズ新潟」のイザベラは動物虐待や治療費踏み倒しが報道されています。動物病院院長の証言があり、地元で以前から問題になっていました。飼主に連絡せず、アニフレに収容されたばかりに命を落とした犬猫の頭数は今となっては不明ですが、相当数になるでしょう。胸の痛む話です・・・
 全頭行方不明になった松村さんの犬達の1匹も、アニマルフレンズ新潟に収容されていました。松村さんがわざわざ引き取りに行くと、ケージに石松の首輪がぶら下がっていた。首輪の裏には松村さんの電話番号が記入されています。なぜ今まで連絡しないんだと、松村さんは怒った。他の犬も探したい、施設内を見せてくれと頼んだが、アニフレは頑として拒んだそうです。
 松村さんだけでなく多くの被災者が被害にあっています。火事場泥棒よろしく他県から乗り込んできて、飼主がケアしている犬猫を拉致していく。お粗末すぎる。堪り兼ねた松村さんが、イザベラと行動を共にしていたシーシェパード・メンバーを告発。メンバーは国外強制退去になっています。被災地が自称動物愛護から蒙った二次被害は膨大な頭数になるでしょう。

 北田が沈黙を守る中、<妄想一人>の星広志が上映会当日の模様を、誹謗中傷に”変換”しています。
 星の迷語録、「俺も(松村さんのように)ここに住んでたら、一番有名になれたのに」は笑いのタネですが、松村さんに対する訳の分からない妬みや悪意が今でも抑えきれないようです。悪意が嘘になり、虚偽の誹謗中傷になる、ネットを使った負け犬の遠吠え、逆恨みの復讐ー星は典型的ですね。


福島原発被害の動物たち
8月18日  【緊急号外】
21:20 本日、渋谷のアップリンクで警戒区域ZONEの映画上映が行われていますが、福島県双葉郡富岡の牛の保護団体の代表者である「松村直登」が会場に乱入しトークショーを妨害。星広志はいないのか、アニマルフレンズ、にゃんだーガードなど皆映画に出ているのは詐欺団体だなどと騒ぎ回り、会場は騒然とした状態になっています。現在、警視庁のパトカーが急行中です。

星君のコメント
8月18日 22:25 福島原発被害の動物たち  
 警察が来て松村直人はおとなしくなったそうですが、かなりの逆恨みをしているようです。トークショーは一時中断となりましたが、会場の方からの松村直登への抗議なども出たそうです。

8月18日 22:25 福島原発被害の動物たち 
 警察が来て松村直人は退散したようです。かなりの逆恨みをしているようです。トークショーは中止となりました。 

8月18日 23:13 福島原発被害の動物たち
 自分だけの映画でないのが気にいらないようです。会場で星は詐欺師だとかパフォーマンスしたようです。ターゲットは、北田監督、星広志、遠藤カズオさんの3名のようです。かなりの逆恨みをしているようです。

8月18日 23:33 星 広志
 本日の松村直登氏の会場乱入、上映妨害行為は威力業務妨害といえるもので、明らかに犯罪行為です。

8月18日 23:48 星 広志
 十分暴れていったので気も晴れたかな。しかし、許しがたいやつです。会場で私の名を叫んで侮辱したそうですので、私は会場にいなくても告発する権利ができましたね。墓穴を掘るとはこういうことです。

8月18日 23:33 福島原発被害の動物たち
 もともとこの撮影は始まった頃。鳥の広場が近づき、他の保護組織を詐欺だといいだして、単純な松村が信じてしまい。全部福島から追い出してやると言いだしたのが原因の大もとのようです。遠藤さんに散々世話になっておきながら仲間割れ、北田さんとも、その映画は俺の映画だ、ほかの団体の映像を入れるなとむちゃくちゃ横暴なことを言い出し、もともとのドキュメンタリー映画を脅迫して私物化しようとした。そこで北田さんも離れていったわけですが、二人は誰も知らない隠された松村の弱みを知っている。その挙句、HOSHI FAMILYのFB掲示板板でなりすましやヤブキレンと松村自身が嫌がらせして潰そうして失敗して犯人であることがバレてしまった。にゃんだーガードの本多代表も福島を出て行けと脅かされたことがあるそうです。アニマルフレンズ新潟に対しても震災当時応援してくれず餌を分けてくれなかったとか、犬を騙し取られたとか、訳のわからない恨みがあるようです。

まともなコメントと会場に居た方のコメント
8月18日 21:28 遠藤 順子  え?取材でトラブルでもあったのでしょうか?

8月18日 22:29 遠藤 順子
 松村氏には、何か理由があるのでしょうね。

8月19日 23:22 Sachiko Suzuki
 ご自分を映画から削除して欲しいと言っていました。一緒にされたくないと。



 松村さんは歩く妄想、星にかまっている暇はないでしょう。今、旧警戒区域内の牧場は飼料の備蓄が底をつき、危機的状況に直面しています。人々の関心が薄れても、厳しい現場で牛達の世話を続けるボラさん達に、皆様のご協力をお願い致します。
ウィズキャトル発信「富岡町松村さん餌情報。
esa.png

  【飼育管理費用】
 主に牛の餌代、運送費として使用します。
  記号;10280 番号;16893171 ウィズキャトル
 他銀行よりの振込み
 店名〇二八(読みゼロ二八) 店名028 普通預金 口座番号1689317

「鳥の広場・誹謗中傷 - ええかげんな奴じゃけん」 北田直俊

 北田が「鳥の広場」にコメントを入れるキッカケとその後の経緯を記しておきます。
 いつまでもネットで北田達の相手はしていられません。

 遠藤カズオの起こした借金詐欺事件に絡み、遠藤の検索をかけたところ、北田の管理するFB「飯舘村の動物たち・記録映画製作過程 2014年1月16日」がヒットしてきました。
 遠藤カズオの調べはついていたものの、北田のことはほとんど知らない。本人が周囲に語った話がボラさん達から出てくる位で、判断材料が無い。

 よくまぁ、こんなデタラメ記事書くね、遠藤が普通の市民で、まるでNPO活動しているように見せかけています。
 投稿開始が 5/14 12:13。この投稿は削除されたらしい。初期の3つの投稿が同様に削除されています。スレッドが長くなり過ぎて、表示許容量を超えたのかもしれません。
 連投しながら北田の一連の反応を見ていましたが、北田も平気で嘘をつく。 遠藤に騙されている人の反応ではないですね。遠藤ー星ー北田はワル仲間と見ていいと確信しました。

 ボラさん達の話では、北田は定職に就かずフィルム作りが趣味で、新聞配達やゴミ回収のバイトをしている。警戒区域の注目度にあやかりたくてやってきた”にわか動物愛護”の自称監督。自分を売りに出す目的で、FBで一生懸命、動物愛護記事をシェアしていますが、愛護のパクリも商売の内。

北田の最初のコメント返しがこちら。

keiikitada1.png

北田は愚かにも松村さんに対する虚偽の誹謗中傷を書込み始めた。
有印公文書偽造で執行猶予中の星も釣られてご登場。
釣りは上々、待ってましたとばかりに浴びせかけた。

kitadahoshi.jpg
 
ひそかにやりとりを見ていたアンチ星は大爆笑。
このとどめの一撃でスレッドは休止状態に。
この投稿同日、14:43~19:43 の間に公衆電話表示の着信記録が19本残っていました。
14:43~15:39 に15通が集中。この間、公衆電話にへばりついていたのー?
この不毛な粘着は異常です。

星は退散、北田も逃げ出し、
FB北田直俊」に河岸を変え、兵庫県三田の杉本弘重「詐欺師との戦い」をリンクしまくり。
”敵の敵は味方”の論理で杉本を熱烈にハグ。杉本も援軍来たりとハグ返し。
ここに極悪がんぼ同盟は締結された!
固まってろ!その方がやり易い。猫より扱いが簡単な三人組。

kitadabaka3.jpg

あら、監督さん、私のこと題材にしてくれるの?
じゃぁ、見てあげる。
星君、私より先に杉ちゃんとお友達よねー。
 
kitadasagi2.jpg

公益活動です、と言って欲しいね。

kitadabaka1.jpg

星よ、それってお前、自分の事だろう?
刑事告訴は一つだよ。訴えた相手は執行猶予付きの実刑判決受けた前科者よ。
お宅、前科3犯だっけ?執行猶予付き実刑判決二度も受けたよねー
前科じゃ、私より格上ジャン! 私を訴える相手は皆、前科者・・・
前科者を引っ張り出してくるような公益活動は危ないとは言われます・・

ところで北田君、刑事告訴はお互い無理だね。民事でいらっしゃい。
お宅が私を訴えなさい、待ってっからさ。
佐上一件が、北田、星、杉本が加わって4件になろうと同じようなもんよ。
今この時期は、私を困らせる事の出来るチャンスだよ、hurry up!hurry up!
まったく仕事の遅い連中だ。


 北田が「飯舘村の動物たち・記録映画製作過程 の投稿を再開した時には、私はもう見ていなかった。1日以上もスレッドはストップし、 いつまでもサイコパスを相手にしているのもばかばかしい、飽きますよ。

 私が再登場しないので、北田が「鳥の広場」にやって来てコメントを入れた。
 わざわざお越しいただきまして。
 内容が脅迫的な非礼きわまりないものだったので、相応の対応をさせて頂きました。
 木曜ブログ期間中の私が即答しなかったため、5月21日にはせっかちに電話してきた。
 会話録音の事前了承をとりつけた後で話を聞きましたが、20分以上もくだくだと要領を得ない。
 会話を主導し、私は削除要請には応じない、提訴告訴の恫喝には動じない、FC2事務局からは何の連絡もない、辛抱強く待ってなさいと引導を渡した。(その後、29日に事務局から連絡がありましたが、削除要請者は匿名でした。内容も無かった。)

 ついでに忠告を与えた。「お宅じゃ、私に太刀打ちできません」。  
 それだけでなく、北田が逆に松村さんから名誉毀損で刑事告訴される可能性があると指摘した。
 遠藤から聞いた話を書いただけだという言い逃れは出来ない、法的には書いた人間が責任を問われると警告。松村さんが北田に法的措置をとれば、北田達は絶対的に不利です。 松村さんはネットをやらないからね。
 
 私と北田の間の件は、また別の話。
 兵庫県三田の杉本をリンクしたのはまずかったねと指摘した。 北田の不利材料になる。
 杉本は星の双子の兄弟。歩く虚言、書く妄想。連戦連敗記録保持者の訴訟狂。
 自分で起こした民事訴訟で、裁判官に「いつまでもこんな事やってても仕方ない、あなた、病気なんでしょ?」と言われる始末。法廷でのピエロぶりは星と同じ。
 リアル現実でも事件を起こしていて、アフガン窃盗事件では公訴時効が過ぎるまで首の皮一枚でぶら下がっている不安定な状況。捜査は終了し、被害者の胸三寸で窃盗の前科がつくんじゃない?大人しく鳴りをひそめているのはそういう事情。 窃盗前科か沈黙かで牽制かけられてんのよ。
 その杉本が、私の住所を知ってると書いてるじゃないか、私を告訴提訴するなら住所を教えますと公募してるじゃないか。それも嘘ってことー?星は以前から杉本とFB友達。杉本が嘘を書いたのでなければ、星も私の住所を知っているはず、当然、北田も簡単に入手出来るよと教えてやった。告訴は受理されないから、民事できてご覧。 三人で私を訴えたら?北田君からは損害賠償請求取れそうね。かなー、どうかなー?

 北田の放った”脅し”は空しく潰え、意趣返しにこんな記事をブログ「ええかげんな奴じゃけん」に掲載なさいましたです。

darazu1.png

その「様々な動物保護団体さん」って無法ぶりが社会問題化した数団体ばかりよねー。
その事は即ち、「鳥の広場」の公益性を立証するものです。
「鳥の広場」の公益性、公益目的は刑事法廷でも認定されています。
日本財団CANPANブログの顧問弁護士は、
鳥の広場の公益性は否定出来ない、(プロバイダ責任制限法を適用して)削除は出来ない」
と杉本の要請を突っぱねたそうですよ。
杉本が口惜しがって顧問弁護士の誹謗中傷記事を書いてる。
日本財団は杉本の業務妨害に堪り兼ね、団体規約を適用して私の団体登録を取消たのです。
勿論、杉本の行為は不法行為に当たる。
しかし、あんなの訴えたってとるもの取れません。杉本の強みは失うものがない。
社会の埒外で生きている人間を訴えても時間の無駄です。
向こうが不当提訴してきたら、返討でボコボコにして楽しむよ。
こちらからは訴えない。削除要請も出していません。ある意味、余裕です。

北田が「ネット社会の秩序」を望むなら、
先ずは身近な星広志を”改心”させることから始めては如何かと。

darazu2.png

つまらないものは読まない事です(笑い)。
サイコパスが読んで喜ぶブログじゃない(笑い)。反「愛護を騙るサイコパス」だもの。
そういや、50前後の記者さんが団塊世代を「ケンカ強い」と表現してたな。
「鳥の広場」は動物愛護の市民活動家の間では読まれていますってよ、
有名なんですってよ、とても。知らぬ間に着実に、これが社会的信用というもの。
地元でも読まれてて、知人から学生さんが人気ブログと言っていたと聞きました。
社会の確かな所で、少しはお役にたっている情報発信なのですよ。

『世の中には悪・正義と線引き出来ない事だらけ』?
北田、お前の内面はやはりそうなのか?
良いことと、してはいけない事の区別がつかないんだな?
サイコパスは区別がつかないんだ。
気の毒に、良い人生は望めないね。

saikopasu1.png

話すり替えちゃダメよ。星の敗訴判決文掲載しろと言った途端、逃げ出したくせに。
それに第一、サイコパスに個人情報渡す人はいないよ、社会常識ね。
知りたきゃ、自分でとるんだよ、取材能力の無い奴だね(笑い)
私なんか居ながらにして情報が入ってくるんだよー、社会の信用ってこういうものだ。
それとも、嫌がらせが怖くて住所教えられないだろうという意味で住所って言ってるの?
脳の無いろくでなしが、見え透いてるね。
北田、お前、鳥取に押し掛けるとはったりかましてたな、来るなら会ってやるよ。
泣いてもしらんぞ、団塊世代はな、戦中派の子供で、機動隊と激突した世代だ。
お前が後で泣き言言わないなら、会ってやる。
一人で来る度胸はないだろう?星と来る?人数は予め申し入れしなさい。
こちらで録画して、ユーチューブにアップする事を承諾するなら会ってあげる。
どや?コメント欄に返答せい。

ブログ村のカテゴリー「誹謗・中傷・あらし」でトップゆうても、7,8位の中のトップだからね(笑い)
悪質な誹謗中傷サイトを批判するカテゴリー。
星や杉本の誹謗中傷サイトをよく取上げていたからね、カテゴリーに入ったのさ。

ところで、星君、なんで未だ寄付金集めてんの?
寄付金乞食、日本一!

kifukinnkojiki.png

どなたか、書かれてるよーと向こうさんに教えてやって下さいませ、ませ。


 

マスメディアの閲覧:遠藤の借金詐欺事件、北田関連記事

 記事を訂正したのでご覧下さい。
現時点では一旦、裁判支援金公募を中止します。お騒がせして申し訳ありませんでした。

【訂正】松村氏裁判支援について



 「NHKオンライン」が遠藤の借金詐欺事件、北田関連記事にアクセス。
 事件を取材して報道してほしいですね。
 官公省庁、メディア、大学、一般企業等が悪質な愛護ビジネス関連記事にアクセスするのは割りとよくある。せいぜい私も、頑張って発信していきましょう。

 さて、私は”勝手に応援団”ですが、松村さんの迷惑になるような”暴れ方は出来ません。
 日本を留守にしていた松村さんの”心強い友”、Hさんが漸く帰国するらしい (´∇`)。
 Hさんのご意見は遠藤1本に絞る戦術です。
 そうしても2つの事件、つまり2つの訴因の事実を一つにまとめる事は可能です。
 現実問題として、別件で2つ抱える時間的余裕は無いですね。
 松村さんはHさんに事件対応を相談すると言っていました。
 
 2件を1件にまとめるにしても、100万円の裁判費用は必要です。
 松村さんは裁判費用の寄付公募に違和感が拭えないらしい。
 堅実な市民の社会感覚としてそれが普通です。
 が、ですがですよ、300万の被害にあって、それを訴えるのに100万かけて勝訴してもお金は戻って来ない。刑務所にぶち込んだところで、それは処罰で損害回復じゃない!( ´△`)・・・  それ考えるとなぁ・・・そこを考えるとやっぱ"勝手に応援団"やりたくなる。(o´・ω・`)

 今のところは、早まって振り込まないで下さい。
 納得づくの上でなければね。
 私は集まる金額に期待はしてはいないので、
 松村さんの違和感をおして公募して、嫌な思いを残したくはないんですね。
 そういう気持ちの一方で、それを言っちゃお終いよというのもある。
 前途不透明になってきました。(笑い)

145281.png


145282.png



145283.png

「北田直俊に告ぐ」-コメント返し

 北田のコメントにコメント返しを入れたのでご覧下さい。

 遠隔操作事件の結末と片山被告の記事を今、追っています。
 ”平気で嘘をつく人”は、動物愛護活動にも参入しています。
 北田や星、杉本等の面々。普通ではありません。
 しかし片山被告と比べると、彼等は正体を隠そうとして正体を現している、実名で別の者に成りすまそうとしていて失敗している。そこが違う。佐村河内も新垣氏という他人の協力がなければ、作曲家に成り済ますことは出来なかった。

 片山被告は実生活では普通の平凡な市民でいて、インターネットで自分の悪意を野放しにした。
 単独の悪意です、誰にも依存しない純粋な悪意。
 特定の個人に向けられた悪意ではない。個人的な妬みと悪意も希薄。
 生きた難問ですね。分かった気がしないのです。

 【備忘録として 2014.5.22報道】
 ・「悪魔が仮面を被っていた」「見破れなかった」
 ・①「「顛末」淡々と語る弁護人、キョロキョロと周囲に目をやる片山被告 傍聴券は18倍」
 ・②「死ぬと言い続け」「生きていて安心した」 弁護人の“真相”説明続く
 ・③「精神鑑定は当然、検討していただきたい」と弁護人 片山被告、証言台へ」
 ・④「精神鑑定は当然、検討していただきたい」と弁護人 片山被告、証言台へ
 ・⑤自作自演バレて「シラ切る、認める、死ぬ」の3択に…「1分で死ぬこと考えた」
 ・上 「悪魔が仮面を被っていた」「見破れなかった」
 ・中 「小説『悪の教典』の主人公は自分のよう」弁護士に語った片山被告
 ・下 「嘘をつくつもりもなく嘘をつく天才」の人格

 という訳で、北田関連記事は後回し、今日明日にはアップします。
 取敢えずはコメント返ししていおきました。
 北田の松村さんに対する悪意はありふれた動機です。それもコメント返しに入れておきました。


【追記:5/23 午前1時半過ぎ】

 コメント返しに対する北田君の反応がこちら。

kitada5231.jpg

「時間と労力の無駄」ー今頃わかった?
それでも「動く」と決めたか、よし、法的措置の環境設定は北田の役目だ。
私は北田が準備した法廷に臨むのみ。ボコボコにしてやるゾ。
実際、ネット上でやりあっていても時間の無駄。公判が一番いい。
「殺菌には日の光に当てるのが一番いい」と言うじゃありませんか(笑い)

ところで北田君、私の勧めどおり、兵庫県三田の杉本と提携したようです。
社会の吹き溜まりと言いますが、ネットでも吹き寄せ現象は起こります。
杉本は私にアクセスしてくる前から、星とFBのお友達。似た者同士は引き寄せ合うんだねー。
吹き寄せていくのに、まったく手間暇かかりませんでした(笑い)。

杉本君、久々の更新がこちら。
sagishisugimoto1.pngsagishisugimoto2.png



ところで22日、ホストに「衆議院」が登場。気付いた限りではこれが初めてです。
今まで国会からのアクセスはありませんでした。立法府もネット世論を検索する時代。
いろんな人が見に来るものですね。
host2014522.png
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:080-3882-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR