【終息しない被災動物レスキュー】緊急災害時動物救援本部評価委員会中間報告書


 緊急災害時動物救援本部(どうぶつ救援本部)評価委員会報告書-中間報告-が、平成25年3月29日付で公開されています。
 福島原発事故は収束していない、被災者は身の振り方がつかないでいる、除染作業は徒労のような繰り返しの悪循環で莫大なお金だけが消えていく、被災者が2年経っても先が見えない状態に放置されている中、被災動物救援も終息が見えない状態です。それで「中間」報告書の形になった。

 評価委員会委員メンバーは次の通りです。

 委員長 青木 人志 学識経験者    
     一橋大学大学院教授、法学博士
 委 員 沼田 一三 行政・震災経験者 
     兵庫県動物愛護センター所長 獣医師、阪神淡路大震災経験者
 委 員 上村 清隆 行政・震災経験者 
     新潟県湯沢町長、獣医師 新潟県中越大震災経験者
 委 員 杉本 恵子 災害ボランティア協力者 
     南小岩ペットクリニック医療サポートセンター院長、獣医師
 委 員 湯沢 和人 会計経験者
     元三井信託銀行支店長当 

 評価委員会は「今後の検討課題」の一つとして『「救護活動の終息(エンドポイント)の時期や方法そしてそれを決定する基準と根拠」に関する考え方の整理が必要』と指摘していますが、救護対象動物の範囲も整理される必要がある問題の一つです。

 平成25年3月28日に開催された「第37回中央環境審議会動物愛護部会で、緊急災害時動物救援本部のヒヤリングが実施されましたが、本部の佐々木氏は次のように報告しています。
 
 『 救護の対象とすべき動物の範囲、私どものホームページあるいはポスター等は、「家庭動物」というように明示したつもりなのですが、やはり、いろいろな希望がございました。畜産動物、特に牛、これをどうするか、あるいは野生動物、これも同じ動物じゃないかという御指摘もありました。特に身近な問題として非常に悩ましかったのは、野外繁殖した第2世代以降の猫の問題です。第2世代、第3世代の猫等があるわけです。それから、所有者の判明しない動物です。こういったことが問題点として上がってまいりました。』

 実際、二世代、三世代、世代はあっという間に延びていくわけですが、この猫の問題がエンドレスの状況にある。福島で不妊・去勢をやっている民間ボランティアもいますし、保護して譲渡推進も行われているのですが局所的で全体状況を変えるところまでいきません。見通しが立たない。考えを整理してエンドポイントを設ける事がやはり必要だろうと、私も思います。

 それと牛ですね、吉沢さんや松村さん、そして、ほぼ毎日通っていらっしゃるという「やまゆりファーム」の岡田さんが世話することで、何百頭の牛を飢えさせないで今日まで来ているわけですが、終息地点はいつになるのかという問題がある。全頭去勢を済ませて繁殖が止めば、亡くなる個体で頭数が減っていくという考えが一つあり、それでやってらっしゃるのですが、放れ牛の存在もあり仔牛の誕生は未だ終わっていない。
 松村さん達が被ばくしながら、このまま3年も5年もエンドレスにそこに居ていいのかと、私なんかは思うんですね。最後の1頭が自然死するまでという考えに、私は同意出来ない。そこに居る限り 松村さん達も牛たちも日々命を蝕まれる。

 除染に環境回復させる効力がないことは最初から専門家達によって指摘されていた。素朴な、ほとんど原始的なその場凌ぎの効力しかなく、除染効果は持続しない。そればかりか人知の及ばぬところで放射能は拡散し循環する。そこに希望は見いだせない。私たちが希望を求めるのは自主避難、集団移住に税金を投入する事だ。投入先を間違えているから被災者は希望を掴めないでいる。 

 4ac69d6195b26ab57b0b166cc009d796.jpg
画像は「ときぶーの時間 2013-05-31 恐ろしい連鎖。」から

『除染に期待し町に町民が戻って来ることを常に夢見て来た彼は、
この日(注:岩崎雅典監督の「福島 生きものの記録」上映の日)お寺の鐘を撃った。
これは松ちゃんが常に心配している事に繋がっている。
彼が言うように、今の除染では絶対にダメだ!絶対に人間が帰れないし住めないからだ。』

 集団移住や自主避難促進に施策を大転換すれば、牛達の移動許容範囲が拡大し、松村さん達は比較的線量の低い地域に生き延びた牛達を移動させる事が出来る。それは一つの具体的で現実的な着地点になる。
 しかし、政府がねぇ、聞かない。わてらの政府、狂ってまっせ!

吉沢正巳さんとガガちゃん(画像は「希望の牧場」)
238j1306gaga.jpg

「東日本大震災が動物に及ぼした影響に関する 国際シンポジウム」の一日目のテーマは被ばく動物です。

 8月24日(土)10時ー17時  福島原発事故が動物に及ぼした影響に関する調査報告
               講師 : 伊藤伸彦教授 研究チーム(北里大学)
        18時から 八重洲富士屋ホテル 櫻の間 で懇親会/Welcome Party
            (希望者のみ・費用別途:5000円 (飲食代含む))

 松村さんや吉沢さんに参加して頂きたいなぁ・・
 「動物との共生を考える連絡会」も、松村さんや吉沢さんを「来賓」で懇親会にご招待すればいいのにねぇ・・
関連記事
スポンサーサイト

【エンジェルズ寄付金詐欺疑惑事件】エンジェルズの上告不受理、「信義則違反」の高裁判決確定


 久々にエンジェルズ(旧アークエンジェルズ)の話題です。

 私は、大阪高等裁判所が上告却下の決定(平成24年2月16日付)を出したので、終わったと思っていました。「原告の会」公式サイトの更新はそこで止まっていましたからね。
 平成23年(ネ)第510号 ボランティア基金返還等請求上告事件 決定
 
 調べてみると許可抗告というような制度があるらしく、許可率は近年4%前後で、決して高くはないのですが、これを突破して上告していたようですね。「原告の会」はそのことをアナウンスしていませんでした。
 控訴審判決は「信義即違反」という(某弁護士さん曰く)”一歩踏み込んだ”おニューな部分のある判決でしたから、許可抗告が許されたのかな?良く分かりませんが、とまれ、終わってなかった。
 林が救援本部の第三期義援金配分を断られた時、確定判決は未だ出ていないと言っていたのは嘘じゃなかったんだ。

 しかし、同じ結果となりました。
 林の上告は平成25年5月27日付けで不受理が決定し、信義則違反の高裁判決が確定したそうです。
 以下、原告の会から転載。



最高裁より通知が届きましたのでお知らせいたします。

 調書(決定)

 事件の表示 平成24年(受)第633号

 裁判所   最高裁判所第一小法廷

 裁判長裁判官 横田尤孝

    裁判官 櫻井龍子

    裁判官 金築誠志

    裁判官 白木 勇

    裁判官 山浦善樹

 当事者等 別紙当事者目録記載のとおり

 原判決の表示 大阪高等裁判所平成22年(ネ)第805号

        (平成23年12月9日判決)

 裁判官全員一致の意見で,次のとおり決定。

 第1 主文

  1 本件を上告審として受理しない。

  2 申立費用は申立人の負担とする。

 第2 理由

   本件申立ての理由によれば,本件は,民訴法318条1項により、受理すべきものとは認められない。

         平成25年5月27日

         最高裁判所第一小法廷

         裁判所書記官 佐野真一

***************************

 新規でお越しの方々が増えております。
 エンジェルズの実態を、ご理解する参考として裁判記録・資料・エトセトラ等を是非ご覧ください。
 これらは、虚偽でも何でもなく、裁判の証拠として法廷で明らかになってきた事実ばかりです。
 高島の戦いと私達の裁判を、誹謗中傷・動愛法改定の足かせと断じる愚かな芸能人もおりますが、果たして知名度が高いだけで信用に値するでしょうか。このような人間の流言飛語に惑わされないでください。自社ブランドの宣伝をトップに張り付けている等、利権がらみの見え透いた行為です。すでに真の動物愛護を語る資格はありません。
 私達は、ごくごく平凡な生活をしている無名な人間の集まりです。過激派でも何でもありません。
 実直に一社会人として、まじめに暮らしてきている者たちばかりです。
 従いまして、この裁判において注目を集めたとて、なんら実生活で利益を得るものは一人もいないのです。
 エンジェルズに関わったばかりに、傷ついている人間、迷惑を被っている人間たちの声なき声を発信する場として、この裁判が果たす意味は大きいのです。
 このサイトの全てをご覧になってくださり、裁判の意義をご理解賜れば幸いです。


 
関連記事

【人と動物の会 】野生生物センター(鳥取県倉吉市)改修工事


 公益財団法人動物臨床医学研究所附属野生生物センターの改修工事が進んでいるそうです。
 工事前に案内して頂いたことがあるのですが、なんと牧場の一部はドッグランになるようですよ!嬉しいですね!
 改正法施行に焦点をあわせ準備は進められてきたようで、遅くとも8月中旬までには完成し、その後、順次、保護動物を受け入れる予定だそうです。

 現日獣会長の山根先生は70過ぎておいでですが、100歳現役の仲間入りしそうな感じですし、お子さんとその伴侶全員が獣医師だそうで、直系の後継者だけで10人近い。ここが鳥取県の民間保護活動の芯となることは疑いありません。なんと夢のようです、私たちには出来ない事ですから。

 財団の新事業「人と動物の会」の活動内容は、その内日本海新聞でも大きく取り上げられると思いますが、関心のある方はホームページを覗いて見て下さい。関心あるでしょう?

photo_01dourinnkenn.jpg
画像は「人と動物の会」から
関連記事

【ときぶーの時間】松村直登さんの1日


 「ときぶーの時間」が、松村直登さんの日課(2013年5月18日、19日)を紹介しています。
 同じ富岡町出身のときぶーさんは3・11後、横浜に移住。生まれて初めて開設したというブログ「ときぶーの時間」は、
 
 2011-11-15 :『放射能汚染で、すぐに帰れない土地を故郷に持つ僕らの恨めしさや苦しみなどを、書いてみたい。また、たった一人で町に残った男の事を深く掘り下げて書いてみたい。』

 と始まり、今も更新されています。 福島第一原発事故で他県に移住した一人の富岡町民が、富岡町にとどまる松村さんの”語り部”となり、ジャーナリズムが遠く及ばない、貴重な生活者目線の記録です。
 是非、本の形にして残して欲しい記録ですね。

 子供向けの写真絵本にも編集出来るんじゃないかなぁと思いつき、少し作業を始めていて、草稿が出来たらときぶーさんと松村さんに見ていただき、許可が出たら本にする段取りをつけていければと思っていますが、まだ未定の話で、どうなるか分からない。著作権はときぶーさんにあるので、収益が出れば「がんばる福島」にゆくのだろうけれど、赤字となるとツケは私が負うので、思い付きで事を運ぶわけには参りません。
 
 「ときぶーの時間」には「プロパガンダ愛護」が見落とす日常的なエピソードがたくさん出てきます。3・11以降一変してしまった世界で一人暮らす松村さんが、平常心や信義を保ったまま異常事態に対応し、一人では無理と思われた事業に取組んでいく、その在り様を子供達に知ってもらいたいですね。


 それはさておき、「ときぶーの時間」の複数記事から”松村さんの1日(2013年5月18-19日)”を以下、一部転載します。
 
一日の始まり。

983fbd4d09449f9fc26c63db1718a345.jpg
ときぶーさんが松村宅に到着すると母子猫4匹のニューフェイスが同居していたそうです!
私が松村さんに聞いたところでは、ボランティアさんはどこも手一杯で、
松村さんが治療等を含め母子猫を一時保護しているそうです。
福島県に母子猫の保護を要請すれば引き取り、治療もして貰えます。
致死処分されるとデマを流している連中がいますが、そういう事実はありません。
もっとも2つの施設で計5、6百匹収容されているのかな?
どうするつもりだ?という位の頭数が既にいますけれど・・

(追記:第37回中央環境審議会動物愛護部会議事録の緊急災害時動物救援本部のヒヤリングによれば、2つの施設で計猫236頭だそうです。全国47都道府県+20政令都市=67が分散して負担すれば、何とか適正譲渡出来るかも・・そういう意見も出ているそうです。)

午前中の作業

253a0ad93065374f72dee95c844a8a42.jpg
『彼の朝は愛犬石松の散歩から保護した猫の世話をし、
ダチョウに餌を与えてから牛に餌をあげ、放浪する猫たちの餌場をまわり
最後にイノブタに水と餌を与えて終わる。』

2a861bed326e969d55d4644567170e5f.jpg
『この白い子猫は目薬と風邪薬を与えていた。
目薬を差してあげるときは小さな足をばたばたさせて爪を出し、
松ちゃんの腕や手ををひっかくものだから、松ちゃんも困っていた。』

蛇足:バスタオルでチビニャンコをムシロ巻き状態(拘束衣代わり)にすると少しマシかも。
投薬は一人だと手こずる事ありますね。
うちの猫もゴックンと飲込んだ振りをし、やおら眠そうなポーズをとって私を騙す事がある。
すっかり騙された私が部屋を出るや丸薬は床に吐き出される!

e452b6a1409a662e5900e4e68a18a6c0.jpg
『次にダチョウの世話。
レンゲ草などの草をむしってダチョウにあげるのだが、
食べる食べる喜んで食べるダチョウを見て楽しくなる。』

d08aeecb4809391ff3c67fc3eb4eb784.jpg
『最後にトウモロコシやカルシウムなどの栄養満点の配合飼料の餌と水を与えて次の作業に入る。』


放牧する?

97573e451fc97414cd87fdadcd4eaec7.jpg
『まず最初は配合飼料の餌を与える松ちゃん。
大方食べ終えた頃に、柵を解放し牛たちを第一柵付近に出してあげた。』

c469fa8e37a95cb2d32be91b0606fd99.jpg
『みんな喜んで、生い茂る草に夢中。

ある一定の間隔で生きた草を食べさせ、
ビタミンなどロールわら餌にないものを補給させてあげていると彼は言った。
こうして牛たちは健康状態を保ち暮らしている。』


午後からの作業。

11270109676730a61895f0f8a2c5045b.jpg
『彼の午後一番の作業は、帰還困難区域に指定された第三の柵の牛たちの餌やりの作業だが、
まずはロールわら餌を運ぶことから始まった。』

c92d1e1b13000d82ee9c0decd616e591.jpg
『トラックから積んだロールわら餌を下ろす松ちゃん。』

9e652a160909fa241d3054d314a5463c.jpg
『最後に井戸のポンプを使い水を与えてこの柵の作業を終えた。この柵は毎日どんなことがあってもこの水を補給してあげなければならないから、これも本当に大変な事だと思う。』

注:去年はこの井戸が涸れました!今年の夏はどうだろう?


午後の作業・続編。

0a8bf179e041a49aa45f992561e22dca.jpg
『第三の柵の牛たちの給餌を終えてから次の作業に入ったのだが、とにかく走った。
僕が初めて知った道があるくらい
松ちゃんと今も捉まらずに隠れて生きている猫たちの餌場に二人で向かった。

餌場は十数か所にもおよび、そのうち2匹の猫と遭遇。
出会ったのは黒猫の二匹で、
松ちゃんは「残っているのはみんな黒猫だ。」と言っていたが、本当に黒猫と出会った。』
『彼は餌の減り方で、猫の生存やタヌキやハクビシンのような野生の動物の実態を予測し
餌やりをしていた。』

099eafa83507e93a443b79fd8741bb3b.jpg
『猫の餌場を随分回って夜のとばりが下りる頃になって、やっと作業が終わったかと思ったら、
最後にイノブタ君たちの餌やりと石松君の夜の散歩があり、どっと疲れました。(笑)』


 松村さんは機械的に作業をするのではなく、細やかに目配り心配りを動物たちに向けています。
 彼のまなざし。2013-05-28



 その後、「片付け隊&放牧手伝い隊」のボランティアさん達がお手伝いに来られたようですが、お手伝いは稀なようです。ほとんど毎日の作業は松村さんが一人でこなしている。それが警戒区域内です。
 ハチ公なんか、何やってんだ?と思いますね。自分達の安っぽいプロパガンダに松村さんの取組みはちゃっかり利用するけれど、集めた支援金は松村さんや希望の牧場にはいっていないんです!私はその事実を知って驚きましたよ!役立たずなサイト奴!大事なのは主義主張かよ!えぇ?そいで?誰がそれを実行するって?hachi-kou,c'est con!

 現場の事情は「希望の牧場」も変わらない。ネット上の支援は賑やかなように見えますが、現場は人手が足りない、それが警戒区域内です。その現実はしっかり直視しなくてはいけない。

「希望の牧場」吉沢正巳さん
mbk12.jpg
画像は「ベコ屋の戦闘宣言 浪江町・吉沢正巳さんを訪ねて-2012/06/12」

 ツイッター「希望の牧場」のやりとり(2013/5/25)を以下転載。

・あの牛に何かできたか?(注:弱って立ち上がれなくなった牛)何もできません、、 誰の牛かとかそんなのはどうでもよいこと 日頃区別して世話してるわけでもないし はっきり言えば現場のわたしたちが、これまでの弱り牛と同様に見捨てたんです
・宍戸さんなんかまったく来てない 希望はどうか、、 木野村はたまにしか来ないし、金子は4月以降まったく来てないし、わたしは5月前半の二週間まったく行きませんでした 要は世話してるのは吉沢父さんだけ ほかの所有者(各農家)は顔すら出しませんよ

・谷がどうだとか、おたすけ隊がどうだとかどうでもよい 彼女には期待してませんから 牛の問題がいつの間にかひとや団体の問題になってる そんなことではこの先に希望はないですね 分裂、破滅、全滅です

・きれいごとでは困ります 弱ってるとわかって見捨てたんです いままでもそう 今回もそう 見捨てるななんてそれも無理な話 やまゆりでまともに通ってるのは岡田さんだけ その岡田さんも夕方前に帰ります ほかのメンバーはたまにしか来ませんよ

・それが現実、実力です そんなメンバーに仕事や家庭を捨てて世話しに来いと? やれるひとがやれるときにやれることをする、それしかないんです。

・高熱、下痢、呼吸機能の低下であっという間に死ぬ子はこれまでもたくさん見てきました クロネコさんが見た牛もそう、大熊の雄牛もそう

世話したいひとが世話に来たらどうでしょう 他人に期待しないで
関連記事

第39回中央環境審議会動物愛護部会議事要旨公開ー基準の改正素案ー


 去る平成25年5月17日に実施された第39回中央環境審議会動物愛護部会議事要旨が公開されました。
 基準の改正素案は必見!6月にはパブコメが始まりますね。
 
 資料1 動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針の改正素案
 資料2-1 家庭動物等の飼養及び保管に関する基準の改正素案
 資料2-2 展示動物の飼養及び保管に関する基準の改正素案
 資料2-3 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準の改正素案
 資料2-4 産業動物の飼養及び保管に関する基準の改正素案
 資料2-5 動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置についての改正素案
 資料2-6 犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置についての改正素案
 参考資料 都道府県における動物愛護管理推進計画の実施状況について
関連記事

第36回&第37回中央環境審議会動物愛護部会議事録公開


 第36回&第37回中央環境審議会動物愛護部会の議事録が公開されました。

 ・第36回議事録 
  議題
  (1) 基本指針見直しにかかる関係者ヒアリング[1]

     全国動物管理関係事業所協議会会長の新井英人氏
     三重県健康福祉部食品安全課課長の西中隆道氏
     一般社団法人全国ペット協会専務理事の脇田亮治氏
     動物との共生を考える連絡会代表の青木貢一獣医師と委員の山口千津子獣医師
     新宿区人とねことの調和のとれたまちづくり連絡協議会会員の宇都宮由美氏、高橋眞姫氏    
 
 ・第37回議事録 
  議題
  (1) 基本指針見直しにかかる関係者ヒアリング[2]

     農林水産省から生産局畜産部畜産振興課の菊地令氏、歌丸恵理氏
            消費・安全局消費・安全政策課の安宅倭氏
     公益財団法人実験動物中央研究所の鍵山直子氏
     緊急災害時動物救援本部から、公益社団法人日本愛玩動物協会常務理事の佐々木勲氏、
                   公益財団法人日本動物愛護協会事務局長の内山晶氏
     岩手県環境生活部県民くらしの安全課の岩井賀寿彦氏
     福島県保健福祉部健康安全総室食品生活衛生課の平野井浩氏
     公益社団法人日本獣医師会から、専務理事の矢ヶ崎忠夫氏、理事の細井戸大成氏



 第37回議事録では被災ペットの対応について協議が交わされているので、是非読んで見てください。 
関連記事

鳥取大学公開講座「ペットフードから紐解く犬と猫の栄養要求の違い」


 鳥取大学農学部共同獣医学科facebookから公開講座のお知らせです。

943411_377954598990212_1257231578_n.jpg


 講演会終了後、午後16:40から動物医療センター内見学会が開催されるそうです。
 普段お世話になっている病院の医療設備等について知っておく良い機会ですね。

 我家の猫も、今二匹が通院中です。
関連記事

HOSHI FAMILYの「エンゼルチップ」はスルー、スルー、スルー


 HOSHI FAMILY が仮称「エンゼルチップ」なるものを提案しています。例によって特許請願中だとかスポンサー企業募集中等かごたくを並べていますが、スルーするように。

 あなたのペットに貴方の個人情報を搭載し、誰もがスマートフォンをかざせば安易に読み取れる状態にするのは、犯罪に巻き込まれるリスクがあると指摘しておきます。個人情報をばらまくようなものですし、万一逸走したペットが悪い人によって保護された場合、相手がとんでもない言い掛かりをつけ金銭を要求してくるかもしれません。変質者の手に落ちれば、惨殺死体があなたの自宅に届けられるかもしれません。

 そういう危険性を排除したAIPO制度が既に日本国内で確立されています。
 動物病院でマイクロチップをペットに埋め込む事で、あなたのペットは世界中で唯一の個体番号を持つことになります。その番号と飼主情報を「動物ID普及推進会議(AIPO)」に登録することによって、情報が一元管理される仕組みです。地方自治体の保健所はリーダーを装備しており体制は整っています。
 私達の戸籍が市役所に保存されているように、いわばペットの戸籍がAIPOに集中保存管理されるようになっている時代なのですよ。

 環境省ホームページ「AIPOとは


 AIPOとは、Animal ID Promotion Organization (動物ID普及推進会議)の略称で、マイクロチップによる犬、猫などの動物個体識別の普及推進を行っている組織です。

 AIPOの構成団体
 全国動物愛護推進協議会
 (公財)日本動物愛護協会
 (公社)日本動物福祉協会
 (公社)日本愛玩動物協会
 (公社)日本獣医師会

 お問合せ先
 AIPO事務局
 〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1西館23F
 公益社団法人 日本獣医師会
 TEL:03-3475-1695
 (マイクロチップ専用窓口)
関連記事

「宅間守 精神鑑定書 精神医療と刑事司法のはざまで」ー犯罪の未然防止に向けた取組みー


 2001年6月に起きた大阪教育大付属池田小学校事件の犯人、宅間元死刑囚(2004年9月死刑執行)の精神鑑定書が本になり、今日発売されるそうです。
 「宅間守 精神鑑定書 精神医療と刑事司法のはざまで

 特異な刑事事件の犯人を科学する動きはもっとあっていいと私は思うし、その成果が公開され共有される事に賛同する。何十年も前の話だが、終身刑受刑者の脳の研究が将来的な犯罪予防に繋がると、米国の犯罪精神医学者が問題提起している話を聞いた事がある。当時は人権活動家達の反対によって八方塞の状況だったらしい。その後どうなったのでしょう?

 大阪教育大付属池田小学校事件は忘れようもないけれど、宅間元死刑囚の経歴について私はほとんど知らなかった。いろいろ書かれていたようだけれど、事件当時は新聞記事を見るくらいだったし、事件そのもののインパクトが圧倒的で、犯人の人間にまで関心が向かなかったせいもある。

 今、検索してみると事件を起こすまでの犯罪歴も精神科の通院歴も、離婚回数までもが半端な数ではないらしい。おまけに不当提訴歴まで複数ある。宅間は刑罰を免れようと精神科を利用していたむきもあるし、法律を悪用するために法学書を読みかじっていたらしい。精神障害者福祉制度の受給者だったが、これはまぁ、立派に資格があったというべきか。
 凶悪程度の差こそあれ、去年から取り上げてきた愛護ビジネス主宰者たちの思考パターンや行動様式は宅間のそれと奇妙に重なる。宅間を診た複数の精神科医達は反社会性人格障害、妄想性人格障害等の「人格障害」診断を下しているので、素人は「異常」とか「係る必要のない人」と一括りにするが「人格障害」とカテゴリライズされるものらしい。人格障害も程度差があって、社会適応は出来るが個人的な人間関係が上手く築けないで悩む軽微なケースや犯罪傾向の強いものまで色々らしいので一概には言えないが、動物愛護に参入してきて問題を起こす人達はこの人格障害者が多いのかもしれない。話が通じませんからね、厄介な存在である。
 
 死刑囚の宅間は二人の女性からプロポーズされ、死刑廃止運動をしていた女性と獄中結婚している。死刑執行の後、女性は何かの会誌に「私の力が及びませんで」宅間は回心に至らなかった云々とメッセージを掲載したらしいが、重い人格障害が行き着く所まで行ってしまった後で、素人の愛情だけで治るものなのか?愛情を寄せる人がいないより居たほうがいいに決まっているが、愛情といっても相手は身柄を拘束された状況で、言うなれば優しくする側は安全を担保された形での歪な交流である。もう一人の求婚者は学校のいじめ体験でトラウマを抱えていて、宅間に自分の心象風景を重ねていったのが獄中の宅間とやりとりするきっかけだったらしい。
 問題視される愛護ビジネス主宰者のネット上の支援者がいなくならないのも、似たような理由からかもしれない。

 日本には人間を科学する風土が希薄で、忌諱する風潮が強く残る。潜在的に助けを求めている人達はたくさん居るのに、対応する社会制度は貧弱なままだ。制度を回していく人材育成も出来ていない。このままで社会は立ち行くのかなぁと思う。
関連記事

【2013年6月15日】改正された「動物愛護法」を正しく理解するために!


 9月から改正動物愛護と管理法が施行されます。それに先立ち、「動物との共生を考える連絡会」主催のセミナー『改正された「動物愛護法」を正しく理解するために!』が開催されます。
 今回の法改正のポイントと先送りされた課題が、5年後の法改正を視座に入れて解説されます。
 
【公益社団法人日本動物福祉協会公式サイトから転載】 


 昨年改正された「動物愛護法 (動物の愛護及び管理に関する法律)」。 

 今年9月からの本格施行を前に、改正された法律のポイントと、今回の改正では積み残しとなってしまった課題などについて、わかりやすく説明し解説いたします。

 講義は、環境省 動物愛護管理室のご担当者の方から、この法律の目的や、改正されたポイントについての基調講演を、動物との共生を考える連絡会の青木代表より、今回の法改正に至る道のりで「達成された項目」、あるいは、今回の法改正では、盛り込まれなかった部分についてのお話です。
 また5年後の法律の見直しに向けて、どのようなことを今後私たちが取り組んでいくのかについてもふれる予定です。

 最後に、会場の方からの質疑応答や、簡単なディスカッションも予定しております。

 一般の方をはじめ、行政担当者の方、獣医師、動物看護士、動物病院や、動物販売、しつけ教室、トリミングなどを行っていらっしゃる方や、動物に関しての勉強する学生さんに、ぜひとも聞いて頂きたい講義です。 
 また、農場動物関係者、動物実験関係者、展示動物関係者等の方々にも、広くご参加頂きたいと考えています。

 ●開催日:
 2013年6月15日(土)

 ●時間:
 13:00〜16:00頃

 ●会場:
 ヤマザキ学園 渋谷第1号館 6階361教室(渋谷区松濤2-3-10)
   
 ●講師:
 環境省 自然環境局 動物愛護管理室 担当者
 青木 貢一(動物との共生を考える連絡会 代表・獣医師)

 ●受講料:
 無料 

 ●主催:
 動物との共生を考える連絡会

 ●お問い合わせ&申し込み:
 動物との共生を考える連絡会 まで
  Tel&Fax:042-623-8797
  HP : http://www.dokyoren.com/
  e-mail: info@dokyoren.com

 ※日本動物福祉協会は、動物との共生を考える連絡会の構成団体の一つです。
  

関連記事

【災害派遣獣医療チーム(VMAT、ブイマット)】福岡県獣医師会


被災ペットを救え 福岡県獣医師会が全国初のチーム
西日本新聞 2013年5月16日

 動物たちも何とか助けたい-。福岡県獣医師会(約750人)が、大規模災害の発生直後にペットの救助に当たる「災害派遣獣医療チーム」(VMAT、ブイマット)を全国で初めて発足させる。多くのペットも犠牲になった東日本大震災を教訓に、被災地での救助法などの研修を受け、隊員に登録した獣医師が、要請に基づき現場に駆け付ける。15日には、VMAT体制の充実に協力する自治体第1号として福岡県糸島市が県獣医師会と協定を結んだ。

 飼い主を見失い、汚れた犬や猫、無造作に道路に横たわる餓死したペット…。震災から4カ月後の2011年7月、福島県など被災地でボランティアとして活動した福岡県中間市の獣医師、船津敏弘さん(57)はその姿と、悲嘆に暮れる飼い主の表情に胸が痛んだ。「自分たちが大災害に普段から備えておかなければペットは救えない」と痛感。VMATの必要性を仲間に説いて回った。

 県獣医師会は船津さんらの思いを受け止め、詳細な計画を策定。それによると、震度6弱以上の地震や2人以上が犠牲となるような災害時には獣医師会内に「対策本部」を設置。被災地に住む獣医師や市民から情報を集め、対策本部がVMATの隊員に出動を要請する。平時から県内6カ所の支部ごとに獣医師や動物看護師などのチームを配置し、要請に即応できる体制を整えておく。

  ※   ※

 災害現場で安全に活動するためには、専門的な知識も求められるため、VMAT隊員になるには複数回の養成研修を受けけてもらう。昨年11月から始まった研修では、消防署による人命救助の講習も盛り込まれている。研修を終了し、獣医師会の面接試験に合格すると、隊員として正式に登録される。現在約20人が研修を終えた段階だ。

 今後、被災現場から運ばれてきたペットの治療に当たる「協力動物病院」や「協力獣医師」の登録も進める。

   ※   ※

 15日、獣医師会は糸島市と原発事故を除く災害時の協定を結んだ。VMATの活動費は獣医師の負担だが、糸島市は状況によっては犬猫の保護施設を設け、運営を協力する。保護施設開所が1カ月以上となれば、えさ代などを負担するという。

 1人暮らしの世帯も増える中、家族の一員として人の心を癒やすペットたち。福岡県獣医師会の大倉雅彰専務理事は「災害時に人命を最優先するのは当然だが、ペットを置いて避難し、心の重荷に感じる人も多い。被災者の心理的ケアのためにも、ペットの救護活動にしっかり取り組んでいきたい」と話している。



 注)VMAT:Veterinary Medical Assistance Teamの略
関連記事

facebook「HOSHI FAMILY」の非公開設定-表舞台から消える星広志-


 星広志の個人facebook「HOSHI FAMILY」が非公開サイトに設定されたようです。
 グループに紛れ込んでいる内部通報者が、記事の保存はすると言っているそうですが、備えあれば憂いなし位の意味でしょう。星は終わりです。

 非公開設定への切り替えは星広志が「表舞台からはずされた」事を意味します。
 星広志を”神輿に乗せる体裁”をとり、実際は”使い勝手のいい駒”としてきた一部勢力は、使えなくなった星広志をやんわりと、逆恨みを買わないようにしてアンダーグラウンドに上手く誘導していってますね。
 意図的に星を盛り立ててきた勢力のバックアップを失った星個人は、元居た場所に戻るだけです。ネットの片隅で引き続き突飛な事を吹きまくり、トラブル続きでしょうが、星個人は無力な存在です。

 今後の追記事項は裁判の量刑のみですね。
 わんにゃんレスキュー隊等を被告とする星広志の不当裁判ですが、相手方は反訴していますから星は返り討ちにあいますよ。星の訴えは犬の所有権が星本人にある事を前提としていますが、法的に立証出来る事実はないようです。星敗訴の裁判報告がいずれ、相手方からアップされるでしょう。

 「NGO Hoshi Family Animal Welfare 」のアナウンスを以下、転載。
 【HOSHI FAMILYグループの皆さまへのお知らせ】2013/05/15 
 【管理人こと星広志からのお知らせ】2013/05/15


【HOSHI FAMILYグループの皆さまへのお知らせ】2013/05/15
平素は「HOAHI FAMILY ANIMAL WELFARE」をご覧いただきありがとうございます。当コミュニュティーと姉妹ページの「HOSHI FAMILY」グループに関するお知らせです。

従来からの福島動物救援も終盤を迎え、このHOSHI FAMILYグループの初期の当初の役割は終えたと考えています。そこで、今後はむやみにメンバーを募るのではなく、落ち着いて特定のメンバーの方だけでジックリと動物愛護の問題を考えていきたいと思います。
つきましては、本日を持ち、グループの「公開ページ」を止めて「非公開ページ」に移行させていただくことにいたしました。これからは、メンバーの方は友人を追加できますが、不特定一般の方は閲覧も参加もできなくなります。
新しいこれからの一歩の為に、よりよき精鋭の方だけに開かれたグループとさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

HOSHI FAMILY ANIMAL WELFARE
(※このお知らせは、このコミュニュティー変更に関するものではありません)

関連記事

ドイツの「繁殖衛生という概念」


 京子アルシャー氏の「繁殖衛生という概念」で、ドイツの「スイス・マウンテン・ドッグ協会(Schweizer Sennenhund Verein für Deutschland e.V.)」の取り組みが紹介されています。

 協会はバーニーズ・マウンテン・ドッグの犬達の平均寿命の短さを問題視し、先ず全会員にアンケート調査を実施する事から始め、死因の8割がガンである事をつきとめ、また同時に1頭のチャンピオン犬の遺伝子の拡散率の高さに警告を出す等の経緯を経て、2004年に繁殖犬の交配制限や次世代犬の検査判定などを含む新しい繁殖衛生の規定を確立し、新規定ではアウトクロス(両親犬あわせて3代前までの14頭が全て異なる交配)が主流となっているそうです。


 
 犬を含む家畜の繁殖には、「繁殖衛生」という概念がある。

 この言葉は、そもそも感染症予防のための衛生管理に使われていた言葉で、これまでの犬の繁殖時の衛生概念では、寄生虫やブルセラ症など犬の交尾や出産を通して寄生虫や細菌類が伝搬されることを防ぐものであったが、実は、いまやこれらは英語圏を中心とした国々での概念でしかない。

 ドイツ語圏では、これら感染症は繁殖衛生ではなく母犬の通常の健康管理の一部となり、この10年ほどはむしろ股関節形成不全(HD)や肘関節形成不全(ED)、進行性網膜萎縮症(PRA)など、遺伝子の異常によって次世代に伝搬する類いの疾患や血縁の濃さによる疾患などがその意味に取って代わった。つまりこの「繁殖衛生」という言葉は、ドイツ語圏においてその概念の中心に繁殖を通して伝搬する疾患全般の予防を意味するようになったのである。

 (中略)
 
 ブリーダーにとって「繁殖衛生」はその名に関わる重要な課題であり、そのため先進諸国の犬種クラブに属するブリーダー達は、協力し合いながら情報収集と対策の実践を行っている。日本でも繁殖衛生について、犬種の将来を真面目に考えるいくらかのファンシャーブリーダーは、当然意識している。



 日本の動物愛護と管理法も、こういう基本概念に基づく法改正が行われる事が望ましいのですが、未だ対処療法的な法規制の手法で来ているように思います。
 昨年改正された「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則」でも、『第五条  法第九条第一項の環境省令で定める目的は、次に掲げる目的とする。』で『五  養殖している鳥類の過度の近親交配の防止』が盛り込まれていますが、具体的なアウトクロスが規定されていません。
 ここらあたりが歯痒い点ですね。

 消費者保護の観点からも「繁殖衛生」の概念は法令に反映されるべきですし、優良ブリーダーが商業的にも優位に立つよう消費者も賢くならないといけないですよね。よい芽は育つよう、悪い芽は摘み取るよう、双方向性の取組が必要なのだろうと思います。

  
 関連記事:「近親交配という犯罪システム」   
関連記事

THEペット法塾 ”動物裁判の問題”


 「THEペット法塾」に対する私の評価は低いものでした。主宰者が弁護士である事は期待を持たせたのですが、その動物愛護の主張はペット法塾に集まった愛護の人達のレベルを反映し、相対的に未熟で論点が独断的で、現場の実情に疎い印象が拭えなかったのです。動物福祉や保護に関する主宰者の弁護士さん達の見識は、ほとんど取るに足りないレベルだった。
 大体、現場を知らないですしね、犬猫おばさん、おじさんの言い立てる事を鵜呑みにしていた。相手が裏と表を使い分ける「嘘つき」だったらどうするー?と、遠目に冷やかに見ていた。「THEペット法塾」の集会は数百人集まることもあり、会場はカルト的熱気に包まれる等聞くにつけ、私は関わらない方針でいました。
 偏向した主義主張のために法律知識を使う弁護士より、フツーの弁護士の方がマシです。

 しかし、「THEペット法塾」も進化していっているのかもしれません。
 このところ植田弁護士は立て続けに声明を出しており、新しいステップに脱皮する兆しなのかもしれません。
 期待を持って見守っていきましょう。
 


THEペット法塾 ”動物裁判の問題”
THEペット法塾代表 弁護士 植田勝博

 動物愛護団体や動物愛護ボランティアが多くのネット情報を利用し、法的知識や訴訟技術が不充分なまま、自己の信念や表層的な法律論のみをもって裁判や法的主張をする例を見聞します。
 唐突な電話が来て、私からは充分な事実確認や回答、また、現実の訴訟活動もできない中で、裁判所を説得する力が不充分なまま、訴訟の相談をされる人からは、以降の訴訟の結果の情報の発信がされず、結果として多分累々とした敗訴の山が築き上げられているのではないかと思います。

 従来の民事法、動物をめぐる社会生活、法的論理に対して、動物の命、動愛法、その他動物と社会との関係性、市民の動物に対する責任や限界を明確に提示する力が必要であり、それがなくて一般的な動物愛護法のみをもって、一方的に主張するのみでは、法的に負けることも一般的であると思います。目立つのは基本的な法的知識や裁判技術が無いことから無知なまま訴訟をする素人の人達は、裁判のもつ専門性を理解していません。
また、弁護士の専門家の場合は、旧来の民事法レベルで事件を安直に扱い、動物法の組み込みと立論が不充分になっているかと推測されます

 動物愛護団体などで、安直な、時に誤った法的な知識を振り回したり、一般の人達に傲慢と虚偽的言動で誤ったことを押しつけるなどが行われることが少なくありません。
 動物をめぐる裁判は、勝つにせよ、負けるにせよ、
①事実の確定、
②動物に対する法的思想の価値観の対立の克服、
③法的評価があり、
その分析と今後の戦いのあり方が明らかにされることが必要ですが、食い散らかして放ったらかして終りにしている例が多いかと思います。しかし、それは、動物をめぐる裁判を無知なまま子供のおもちゃの如くしているのみで、動物愛護や動物愛護法の発展を阻害し、動物愛護者自身のための、一時の熱情のみで、動物のためとはかけ離れたものとなります。

 事実を前提に誠実に動物愛護法と一般民事法との関係を骨太にきっちりと一体的なものとして、事実と法的論理を組み立て、闘いは最高裁まで闘うとの姿勢を持つこと、また、動物法の発展や改正論を視野において、裁判活動をすることが必要です。



関連記事

【進化する地域猫】不妊・去勢手術の助成金の条件はマイクロチップ装着と役場に登録


ネコの去勢・避妊費半額負担 金城院長に感謝状
沖縄タイムス 2013年5月10日

  【北部】国頭村奥間のKunJan動物病院(金城文安院長)が、ネコの適正飼育と野生動物の保護を目的に、国頭村・大宜味村・東村のネコの去勢・避妊手術にかかる費用を半額程度負担する取り組みを始めた。NPO法人やんばる舎(宮城良治理事長)が3村住民を対象に実施した実態調査で、手術費の助成を要望する声が上がっており、金城院長が費用負担を買って出た。7日、やんばる舎から金城院長に感謝状が贈られた。

 3村にいる野良ネコや飼いネコが対象で、ネコにマイクロチップを埋め込み、各村に登録することが条件。去勢・避妊手術費は通常、オスは2万5千円、メスは3万円程度かかるが、対象と条件を満たせば同病院が半額程度を負担する。

 金城院長は「費用が下がって手術が受けやすくなればいいと思ったので協力していきたい。ずっと継続していけたらと思う」と話した。

 やんばる舎が、環境省やんばる野生生物保護センターからの委託を受け、ことし3月にまとめた「2012年度やんばる地域におけるネコ等の適正飼育推進事業報告書」によると、全国に先駆け3村で05年に施行された「ネコの愛護及び管理に関する条例(ネコ条例)」を「知らない」と答えたのは49~60%に上った。

 ネコ条例では繁殖を望まない場合には去勢・避妊手術を施すよう義務づけているが、費用負担が足かせとなっており、住民からは補助を求める声が複数出ていた。

 宮城理事長は「調査で手術の高い費用がかなりネックになっていることが分かった。貴重な野生生物とペットが共存できるよう協力してくれた病院に感謝したい。地域でできることから始めていきたい」と話した。

 3村のネコの去勢・避妊手術に関する問い合わせは同病院、電話0980(50)1299。

 同院では3村のイヌの去勢・避妊手術も、費用のうちの5000円を負担している。




 マイクロチップ装着と村役場への登録を条件にした助成金制度は、とてもいいですね!
関連記事

【警戒区域内家畜レスキューの着地点】2013/5 松村直登氏と希望の牧場


 「警戒区域に生きる ~松村直登の闘い~」が更新されています。
 「2013.05.10 子牛の誕生

【 朝、給餌に行くと、牛の様子がおかしい(母牛)ので、近く迄行って見ると、何と母牛のお尻から、子牛の前足の先が見えたので、あ、これから産まれると思い、心配しながら見守って居ました。時間にしたら20分位か、子牛が「ペロン」と生まれました、安産の様でした。

 (中略)

 子牛が立ち、お乳を吸うのを確認して、帰って来ました。】

 出産の連続画像が掲載されています。興味のある方は是非!
 こちらは「ときぶーの時間」から。去年生まれた子牛の画像だそうです。角度によるのでしょうが、ほっそりして小鹿みたい。
750d58a301545701df88081b0e757ef1.jpg


 警戒区域内の家畜レスキューは未だ収束していません。
 松村さん達も、希望の牧場も、サポーターの方々も、現場は精一杯の作業を365日継続している。

 ちょうど「地域猫」の考え方で、去勢手術を徹底して繁殖を抑え、一方で倒れて亡くなる牛がいるから頭数が減っていく、その見通しに立ってやっている。今ある見通しはそれだけ、それだけでも大変すぎる事。あの方達は諦めない。困った人達です。

 ただ、未だ「放れ牛」がいる。松村さんによれば、それが軽々と柵を飛び越えて種付していく。雌牛の不妊手術なんか出来ません。で、子牛が誕生する。繁殖制限が徹底しきれない。
 過酷な放射能汚染の環境で生まれてきた子牛達は発育が悪く大きく育たないそうです。死んでいく子牛もいれば、2年間生きて育った子牛もいる。

 他からのレスキュー依頼を受け入れてきた「希望の牧場」さんも、レスキュー終了宣言を下されたそうです。希望の牧場 最後のレスキュー(写真編)
 もうーす氏は
 『遡ること18日の早朝 
  レスキュー前に訪れた富岡町で見かけた5頭の牛たち
  この子たちの運命は決まったのです・・・ 』と述べてらして、
 それは限界を見据えた一つの決断とも受け取れます。

 私は警戒区域内の3・11以降の彼等の営為が、プロジェクトとして着地点を見出す事を強く願っていますが、道筋は未だ見えません。警戒区域内には、無駄にはしたくない意志と思いと行動がどんだけ濃い密度で日々積もっていくことか、現場で行動する人達の熱意がどんだけ人の輪を築いていったか、・・私も心動かされた一人です。

 私の主義主張は異なりますよ、考え違いしないで下さいね。私は家畜の致死処分に反対の立場はとりません。それは今も変わらない。松村さん達の選択は私と異なった。彼等はそこに住んでいた。彼らの選択を主義主張の相違でとやこう言おうとは思わない。他人様が存在の重みをかけてする事だ。特定の個人、特殊な状況下で生まれた話だ。彼らは嘘も衒いもなく、実態を隠す事なく、思いを少しずつ形にしてきた。
 他人事ながらそれを無駄にしたくないと思うのは人間として自然です。多くの人がそう思っている。

 ちょっと言い訳めいてクダクダ書いてますが、メールを頂きまして、それに対して返答する気分がちょっと混ざりました。ここから先はメールへの回答です。
 現場にボランティアに行って下さいとは、私は言えません。私が現場から日帰りできる距離に住んでいたら、自分は行ったかもしれません。還暦過ぎていますから。でも一緒に行きましょうとは誘えない。そこがあの現場を難しくしている問題です。
 だから、どう言えばいいのか・・
 私は個人として松村さん達の在り様を支援する気持ちにならざるを得ない。
 しかし、希望の牧場も松村さんの活動も、別の事故現場で活動モデルとして適用は出来ないという考えです。
 そして、私の中でその二つは矛盾していないという事です。
 以上、終わります。 
関連記事

【星父子公文書偽造事件 第三回公判】量刑の行方


 「福島原発被害の動物」が2013年5月8日 星親子警戒区域侵入事件第三回公判報告(2013年5月9日 7:02)を掲載しています。
 イッチーさんはお仕事の都合で今回は傍聴出来なかったようです(裁判傍聴は、、)。従って、第三回公判傍聴記は星サイドの主観的なものしかネット上には出ていません。

 被告人質問は裁判の流れの中で、被告人と弁護士が構成出来る場面です。星サイドは極めて主観的なマイストーリーを生きている人達で、公判でネットの虚構の世界の延長を演出したようですが、これは反って被告人、とりわけ星パパの量刑に不利益になるんじゃないかなぁという感じはします。でもご本人がそれで満足なら、それでいいわけで、世の中には現実逃避の虚像やらマイストーリーのほうが命より大事な人達っている。嘘の中でしか生きられなくなっちゃったんでしょうね。

 何十年も前、皇室出身を詐称したカップルがホテルで披露宴を演出した事件がありました。複数の芸能人も出席したらしい。式場代を踏み倒したりしたのかな、事件の詳細は知りません。詐欺で服役中のカップルが、獄中で手紙をやりとりしているという週刊誌記事をラーメン屋で読んだだけです。記憶に残ったのは、カップルが「殿下、妃よ」とやりとりしていた事で、その時初めて、こういう妄想から発生する犯罪ってあるんだと認識しました。それで覚えてるんですけどね。
 星は「殿下妄想」でなく、「警戒区域侵入ヒーロー妄想」。


 星礼雄に対する検察側の被告人質問で、星パパの前科に関するやりとりがあったようです。
 星広志の前科の1件は悪質で常習的な交通違反です。スピード違反、免停中の無免許運転等で執行猶予付の実刑判決を受けていた。
 もう一件の前科の罪状は知らなかったのですが、なんと、傷害だったらしい。 
 公文書偽造の罪状は1年以上10年以下の禁固刑ですし、星パパに執行猶予はつかないでしょう。
 ただ素人考えで、そんなに長い刑期じゃないだろうと思っていましたが、こうなると分からないですね、3年以上になるかもしれない。星パパが可也”重症”なのは、身上調査で検察も裁判所も理解しているところだと思います。星の妄想を支えるサポーター達がついているので、ちょっとした「カルト集団」と見做していれば、量刑は重くなるんじゃないかなぁ?

 私の関心はこういう類の犯罪者の矯正プログラムが、どの程度整備されているのかという点ですが、充実とは程遠いのが実状でしょう。処罰は出来ても、矯正は出来ないだろうと思います。ただ、刑務所に隔離する事で、福島や警戒区域内でレスキュー活動を継続しているボランティアさん達は、その間、レスキューの邪魔をされず、迷惑をかけられる事もない。これだって、当事者達から見れば、とても大事な事です。

 7月には判決が出るようです。控訴しても、地裁判決と同時に再勾留され、年内には判決が確定する模様。
関連記事

【HOSHI FAMILY公判 2013/5/8】病的な虚偽と妄想の中での自己弁護


 星サイドの傍聴記録がアップされています。次回公判は6月17日で、それで結審するようです。

 息子の方は執行猶予になってもいいんじゃないかなと外野席からは思います。星パパの病的な虚言癖と妄想は病気としか思えない水準ですから、身近に居る息子も病気に感染し病んでくる。星パパが実刑くらう事で、父子は引き離され、物理的な距離は息子さんに回復のチャンスを与えるかもしれないと、他人事ながら思う。星パパの書き散らしている生い立ち記を見ると、祖父母の代からの負の連鎖に星ジュニアは巻き込まれていて、好感は持てないが気の毒な気はする。悪い星の元に重いハンディーを背負って生まれてきたようなもの。人生は基本的に不公平ですが、そこから出発するしかない。

 3・11以降、時代の狂気が強く印象付けられますが、社会の狂気に乗っかって表立つ個人の狂気ってあるんだなぁと思いました。

 傍聴記によれば、
 『広域許可証が出なくなった原因の可能性として、「単純にオフサイトセンター長の交代」「牛の柵を壊したという、根も葉もない噂による可能性」』
 『博美さんにも同じ質問をしましたが、今後の活動の方向性について、「もう、福島には行かないでも地元の人が自分でできる範囲になってきた」と、通行証の必要性が全く無くなり、再犯はおろか監督の必要性すらない所を見せた。』
 『一方検察側は、「周りに迷惑をかけるとは思わなかったのか?」という質問で、弁護側が描いて見せた「嫌がらせからくる密告者」の存在を見せる手助けをした上で、前任検察官との連携不足のような質問をしたりしていた。』
といった答弁をしていますが、星パパは福島レスキューだけに範囲を限らなくても、「要監督」じゃないですかね?「周りに迷惑をかけるとは思わなかったのか?」という健全な問いかけを受け止める素地が、この家族には欠けています。
 「自分に都合の悪い事実」は全て「根も葉もない噂」や「嫌がらせ」で言い逃れようとしていますが、検察は裏付ける事実を相当数持っている事は間違いありません。ネット上の虚構の世界の延長みたく自己弁護しても心証が悪くなるだけです。
 救われない家族です。



福島民報の記事を追加

12年6月も立ち入り 偽通行証で警戒区域内へ

 原発事故後、偽造した公益立ち入り通行証を使用して警戒区域に立ち入ったとして、有印公文書偽造、偽造有印公文書公使、災害対策基本法違反の罪に問われた東京都武蔵野市、会社役員星広志被告(57)と偽造有印公文書公使、災害対策基本法違反の罪に問われている広志被告の長男で会社役員の礼雄被告(34)の公判は8日、福島地裁(中島真一郎裁判長)で開かれた。
 被告人質問で、広志被告が昨年7月以外に、同6月にも偽造した許可証で、警戒区域に入っていたことが明らかになった。礼雄被告は「途中から公益立ち入り許可が下りなくなり、偽造はやめた方がいいと言ったが、動物を助けることを優先した。(警戒区域内の)住民に同行を強く求められ、やむを得ず行った」と話した。次回は6月17日午後1時30分から、広志被告の被告人質問などを行う。
(2013年5月9日 福島民友ニュース)

 
 礼雄被告の「(警戒区域内の)住民に同行を強く求められ、やむを得ず行った」は一概に信用出来ません。息子も父親と同様、虚言癖がありますからね。
関連記事

【仰天ニュース】動物虐待事件で警察不祥事!


 Police dog ate hamster after knocking over its cage during raid on man's home【海外:動物】警察犬が僕のハムスターを食べちゃった!警察犬が家宅捜索中に家主のペットを食べて死なせる

 警察犬事件簿とでも言うべきか?
 動物虐待事件でイングランド・グレートマンチェスター警察が被告の自宅を家宅捜査中、事件の被害者であり証拠物でもあったハムスターがケージから逸走。捜査員の一員ともいうべき警察犬が食べてしまう事件が起きた!

 警察はハムスター虐待での立件を断念せざるを得なかったが、被告はインコ虐待で有罪となった。
 警察はハムスターを殺した損害賠償を被告にする義務があるとは考えていない。
 また、勤務中に事件を起こした警察犬が再訓練を科せられるかどうかの報道もない。

 警察犬訓練センターの中には、猫を最終試験官に採用している所もある。
 猫に反応するようでは警察犬の資格は得られないのである。
 今回の不祥事を受け、ハムスターの最終試験官任用が検討されるかどうかについては伝わってこない。

20120515_2962137.jpg
関連記事

【災害と動物】改正動物愛護管理基本指針案に「ペット同行避難」を明文化


 改正動物愛護管理基本指針案で「ペット同行避難」が明文化されました。


ペットと一緒に避難を 新指針案
NHK 5月6日 7時5分

 原発事故によって立ち入りが制限された区域などで、多くの犬や猫が取り残されている問題を受けて、環境省は、災害発生時に飼い主とペットが一緒に避難できるようにするため、各自治体に保護計画を作るよう...求める、新たな指針の案を取りまとめました。

 原発事故で立ち入りが制限された福島県の警戒区域などでは、ほとんどの住民はペットを連れて避難することができず、今も多くのペットが取り残されたままとなっています。
 このため環境省は、災害が起きた際のペットの保護の在り方について、専門家を交えて検討を進めた結果、新たな指針の案をまとめました。
 それによりますと、災害発生時は原則として飼い主とペットは一緒に避難を行い、各自治体に、避難所や仮設住宅でペットの受け入れができるよう、事前に保護計画を作るよう求めるとしています。
 また、飼い主に対しては、日頃からの備えとして、ペット用の避難用品の準備や、避難所で人に迷惑がかからないための必要なしつけを求める内容も盛り込まれる見通しです。
環境省は今月中にも指針を取りまとめ、各都道府県に通知する方針です。



 現行指針では、ペット同行避難が前提となっていないため、次のようになっていました。

(8)災害時対策
 ①現状と課題
 地震等の緊急災害時においては、動物を所有等する被災者等の心の安らぎの確保、被災動物の救護及び動物による人への危害防止等の観点から、被災地に残された動物の収容及び餌の確保、特定動物の逸走防止及び捕獲等の措置が、地域住民、国や地方公共団体、獣医師会、動物愛護団体等によって行われてきている。今後とも引き続きこれらの措置が、関係機関等の連携協力の下に迅速に行われるようにするための体制を平素から確保しておく必要がある。

 ②講ずべき措置
 ア 地域防災計画等における動物の取扱い等に関する位置付けの明確化等を通じて、動物の救護等が適切に行うことができるような体制の整備を図ること。
 イ 動物の救護等が円滑に進むように、逸走防止や所有明示等の所有者の責任の徹底に関する措置の実施を推進すること。

 3・11の教訓が、前提を大きく変える力となりました。
 ”社会が受入れ態勢を整え、飼主さんにペットを一緒に連れてきて貰う”、そのほうがどう考えても合理的です。緊急災害時動物救援本部が発足したのが、1995年(平成7年)の阪神淡路大震災からです。あれから18年、ペット同行避難が漸く明文化され制度化されます。   
 
 「新潟県中越大震災動物救済本部活動の記録」等がネットにアップされているので、それらも参考にしながら新指針に沿った地元の態勢作りを普段からやっていくのが大事ですね。
 鳥取共生動物市民連絡協議会でも事業の一つとして取組んでいきます。

 倉吉市出身の山根先生(現日獣会長)が新事業「人と動物の会」を新たに発足させ、その一環として倉吉市に保護施設を予定してらして、私も案内して頂きましたが、広くて手入れの良い場所です。ここが一つの拠点となるのは疑いないところです。協力していきましょう!
 災害が島根原発事故を伴う場合、広域被害は免れ得ず状況は深刻になります。人口的に境港、米子の被害が大きいと予想されるので、西部は山陽方向と県東中部方向の二つのネットワーク経路をつけておく必要がありますね。

 ところで東日本大震災の人類学という本が出ました。6カ国・11人の在日外国人研究者達がボランティア活動を通し、「支援を拒む人たち」をキーワードに考察したものだそうです。
 ペット関連でも支援を拒む事例はありました。
51C0L-xaCuL__SS500_.jpg


 毎日新聞『GW特例宿泊:避難区域でくつろぎの夜「やっぱりここだ」』に掲載された写真です。
 こういうケース、立ち入りを制限される区域に犬を置いているケースがあるんですね。
 通ってケアしている場合もあるし、ボラさんにケアを依頼する方もいる。ケースバイケースで、飼主さんの言い分は違ってくるのですが、現場のお話を複数伺いながら、何故だろうという疑問が残ります。
 本の中にヒントが見つかるかな?

 ずっと放し飼いしてきたので、今更、愛護団体の主張する「都会の適正飼育」に適応させるのも可哀そうだというケースも聞きました。飼主さんのお気持ちも分かります。でも、飼主さんのご存じない事もある。劣悪団体に預けると悲惨な事になりますが、質の良いボランティアさんのパーソナルケアは、犬が新しい環境に順応するのを助けます。無理な押し付けは出来ませんけどね。質の良いボラさん達の活動内容や実態をもっと広報していく必要がありますね。
20130427-00000092-mai-000-7-view.jpg
関連記事

【警戒区域内】2011年12月 ハチ公スタッフ内の非公開のやりとりー支援サイトの裏に動物実験ありー ③


 ハチ公の中心スタッフは被曝家畜の動物実験が主目的の研究者達であると、ハチ公スタッフ内部が資料を提供してきたのは一年半近い前の事です。
 『I am sending this to you so that you can see that you are right about the Hachiko Coalition. They are hypocrites. Ruriko Yoshida says that she wants to help the animals but secretly she has applied for a grant to do animal testing on the cattle in the Fukushima zone.
 
 確かに、日獣の話のもってき方のほうがhonestではありますね。
 日獣が正規軍とすれば、ハチ公のやり方はゲリラです。

 以下、「a group conversation via Facebook」の一部を公開します。
 どなたか英語の達者な方、翻訳をつけて下さると助かります!



December 2 Ruriko Yoshida
COOL!
Thanks!

December 2 Ines Aviles-Spadoni
you're welcome!!!

December 2 Ruriko Yoshida
I will take a look at them.
I really hope we can get grant to conduct research on cows and pigs especially piglets and baby cows in order to save them.....

December 2Ines Aviles-Spadoni
Ladies: Just to bring you up to date...Ruriko Yoshida, Ph.D., is now our Director of Scientific Research for the Hachiko Coalition. Because both of us work in an academic setting, we decided to harness the power of academia and resources within this sector to try to find a solution or solutions to the animal catastrophe related to the Fukushima Daiichi nuclear plant meltdown.

December 2Nancy Gothard
can we announce this on FB and more so Ruriko can we announce that Dr. Imamoto will be speaking?

December 2 Ines Aviles-Spadoni
We have been working on two things:
 1) Developing/modeling an emergency evacuation plan for livestock during a nuclear disaster and
 2) Learning from the animals (livestock currently in the affected zone) in relation to the effects of radiation.


December 2 Ruriko Yoshida
I think we should contact them!! AVMA! Maybe we can get a grant!!!

December 2 Ines Aviles-Spadoni 
Nancy: Yes! I emailed Ruiko today and she said it was good to post.
Ruriko: yes!!! this is another source....you and Dr. Bolch


December 2 Ruriko Yoshida
Please do Thank you Nancy!!!!!
OK Maybe Wesley should contact them but if you would like I will send them email on Mon.... What do you think?

December 2 Ines Aviles-Spadoni
posting about the conference is good for the coalition. A science component is important...
Ruriko: You contact them!!!

December 2 Yvonne Yoshida
Ines: have you seen this information already? I put it in one of my articles: http://dedicatedtothemysterysurroundingthe2tsunamidogs.com/2011/10/21/it-was-no-mystery-what-needed-to-be-done-to-protect-the-fukushima-livestock-if-japan-needed-help-there-was-plenty-of-advisors-ready-to-help-but-the-govenment-of-japans-politicians-incompetency-d/
It was no mystery what needed to be done to protect the Fukushima Livestock. If Japan needed help,.
dedicatedtothemysterysurroundingthe2tsunamidogs.com
The livestock in Fukushima have been suffering. The Government of Japan and including both past and current Prime Minister and Cabinet Ministers have yet to address the subject other than to auth...
Share

December 2 Ines Aviles-Spadoni
Woman power!!!
Yvonne....l will read it....

December 2Ruriko Yoshida
YAP

December 2 Nancy Gothard
i would like to mention your names in the post too, Ruriko and Ines, yes?

December 2 Ruriko Yoshida
Thank you
and yes
Ines, I just sent email to Wesley and you (and Dr Imamoto) for this info. If I do not hear from him before on Mon I will send them email on Mon....

December 2 Ines Aviles-Spadoni
So, the modeling is something that includes algorithms and mathematics and running sophisticated programs with nodes, etc. Ruriko and a doctoral student at UF understand each other perfectly, so as soon as the student completes the program, Ruriko will summarize and we will begin to write the paper and begin the preparation of the presentation. We hope to give animal rescue first responders a tool to evacuate livestock when faced witha nuclear threat so that what happened in Fukushima with the unnecessary deaths of cattle, pigs, etc., will NOT happen again. This is our goal her. Also, Dr. Imamoto will speak of his assessment of the animals in the zone.

December 2 
Nancy: yes, that is fine with me, and I am sure that with Ruriko and Dr. Imamoto. It's in the program. You can include the program.
Ruriko was the one who submitted the abstract, which got accepted.
Regarding the other project, Ruriko and I (and Dr. Imamoto) have been meeting with a dosimetry expert at UF (I use to work with him in the Department of Nuclear Engineering when I coordinated their graduate and undergraduate programs). His name is Dr. Wesley Bolch. He is well know in his field and is a member of international committees on radiation exposure, etc. He knows about the Fukushima issue.

December 2 Ines Aviles-Spadoni
In this project, we are trying to figure out how we can study the effects of the radiation on the already contaminated animals, ensuring at the same time that the surviving animals are left to live out their years in pasture, while being monitored and studies for certain effects of radiation


December 2 Ines Aviles-Spadoni
what we spoke about today during our meeting, was that livestock should have been evacuated early on to prevent irreversible and damaging effects from the radiation
but the goverment and tepco were slow to provide a solution, cattle were not evacuated
at this point, we also found out that cesium 137 is absorbed into the muscle in 24 hrs, so it was important to take the animals out, decontaminate them with certain compounds to render the milk and meat useful, instead of leaving them there for 9 months and having to euthanize them.

December 2 Yvonne Yoshida
Are you including, forgive me if you already mentioned this, the time period for the cesium to clear the body since cesium should clear after a time period. Or did i read that wrong?

December 2 Ruriko Yoshida
Yeah we have a good idea. They are reaching to the steady states within 24 hours or some places within 30 days.
We thought we could do that first but we realized today that they are already reached to steady states.

December 2 Ines Aviles-Spadoni
Ruriko, explain to Yvonne what steady state is.

December 2 Ruriko Yoshida
So instead we can actually study affects on infants and pregnant livestock

December 2Ines Aviles-Spadoni
the graph...

December 2 Ruriko Yoshida
Steady states are states that chemical condition stabilizes....

December 2 Ines Aviles-Spadoni
yes...thanks.

December 2 Yvonne Yoshida
If the cattle are removed from the contaminated area, that is.

December 2 Ruriko Yoshida
So if you intake secium or other radiation your organs would take them as their particles and instead of getting rid of them they stay inside of the body like in muscle.


December 2 Ines Aviles-Spadoni
So, Ruriko proposed studying the effects on baby animals and pregnant ones.
yes, that's right. Then the meat is rendered useless and they have to resort to euthanasia
correct me if I am wrong, Ruriko.


December 2 Ruriko Yoshida
For already contaminated livestock reached to steady states it is very hard to clean thesre radiation out.

December 2Ines Aviles-Spadoni
However, if these animals would have been removed earlier, it would have been easier to decontaminate them

December 2Ruriko Yoshida
Yes pretty much since it is very hard to remove contamination

December 2Ines Aviles-Spadoni
yeah...

December 2Ruriko Yoshida
yes

December 2Ines Aviles-Spadoni
So, there is a need for an evacuation model for livestock and a study on the radiation affects on the progeny of these affected animals still in the zone reproducing.
So, I would say that this is why they are euthanizing so many of the cattle and pigs.
All this could have been prevented. It hurts to think about it.

December 2Ruriko Yoshida
Yeah....
How they did was so stupid

December 2Ines Aviles-Spadoni
At this point, as Ruriko stated, it is hard to remove contamination, and giving Chelating compounds to treat the radiation would not be acceptable for food animals.
yeah...it was not right, but we are going to give them tools from the lessons learned.

December 2 Ruriko Yoshida
Yes we will try

December 2Ines Aviles-Spadoni

December 2 Yvonne Yoshida
I understand. And, no offense, but as a matter of principle, please do not use the word euthanizing, when it is coming from the Government of Japan. This is not euthanizing. ( sorry, it is the mis-use of the word from what they are doing to the livestock). I have to say that. No offense.

December 2 Ines Aviles-Spadoni
We can post on FB that the HC affiliated scientist or the HC's division of Scientific Research is actively working on ways to learn from the fukushima accident as it relates to animals and their welfare.


December 2 Alma Cruz
Hello everyone: And shouldn't part of prevention of having the same catastrophe occur in large animals, shouldn't the model also address compensation for losses of Livestock and what formula to arrive at figures for compensation. There must be a formula too. I think the Japanese Govt should compensate the people for loss of income, loss of cattle, pig, etc and the many years of loss profits because they didn't rescue farmers animals in time.

I just came home and saw some of the Hoshi photos Ruriko sent from November. Hoshi, Leo and his team are heroes. Now they have resorted to mountain bikes which really limits how much food they can carry, meaning more volunteers have to go with them. I guess you can walk over some of the sand bag barriers. There are some very good photos in that zip file.

December 2Ines Aviles-Spadoni
Hi Alma!

December 2Yvonne Yoshida
In the study of the radiation effects on the progeny, how is that determined? what are the testing methods used?
If this is soft tissue, then how is that to be measured?

December 2 Alma Cruz
Hi there. You girls are great on this project with the professors, the radiation experts and the veterinarians. Ruriko, did you hear back from Dr. Imamoto regarding what the vets are currently doing in the zone?

December 2 Ines Aviles-Spadoni
Alma: There is a paper that sort of addresses the economics of the Fukushima catastrophe. Ruriko, it's one of the ones I sent.

December 2 Yvonne Yoshida
Methodology of the study?

December 2 Ines Aviles-Spadoni
But, yes, that would be a good study for an economist. Perhaps my husband can do that! LOL!

December 2 Ruriko Yoshida
Alma I have not
I will ask him one more time

December 2 Ines Aviles-Spadoni
for the off-spring study, we are still developing that...we just spoke about it today....But Ruriko's skilled at statistics, optimization, mathematics, biostatistics, so I am sure we can come up with something...between her and Dr. Bolch.
So, that's what Ruriko and I are doing.


December 2Ines Aviles-Spadoni
and have been doing
my kitty is next to me and he is so soft....
sorry...that was totally random.... LOL!
Thank you, Alma!!
Ruriko is a BRAIN!!!!!!
Smart woman.
who loves animals!!!!!!

December 2Ruriko Yoshida
thank you!!!
u too!!!

December 2Ines Aviles-Spadoni
Oh, you're welcome. I mean it.
Well, so each of us in the HC have our special niche
We all play an important role to keep things going, to keep this coalition alive

December 2Ruriko Yoshida

December 2Ines Aviles-Spadoni
it's all for the love of animals.

December 2Nancy Gothard
Ruriko is a brain! For the record I failed grade 9 math and never took a math class again!

December 2 Alma Cruz
Thanks Ruriko, I would like to know whatDr. I knows about what the VAAFA is doing vetwise and if indeed they are preparing to go into the zone or is that all just talk. Ruriko, Hoshi put something up on his page that I don't understand.


December 2Ruriko Yoshida
thank you!!!

December 2Yvonne Yoshida
So, you are still developing the part about measuring the lasting effects from parents exposed to radiation in the offspring or progeny?

December 2Ruriko Yoshida
I will chech later, Alma

December 2Ines Aviles-Spadoni
I'm not the best in math either.

December 2Alma Cruz
Okay.

December 2Ines Aviles-Spadoni
In grad school, it came sort of easy because I was doing it all the time then came statistics.

December 2Ruriko Yoshida
it is fun!!

December 2Ines Aviles-Spadoni
Ruriko: Once, I broke my pencil in anger and ripped a page out of my stats book and cried LOL!
Then, I realized that I needed the page and taped it together
I passed the class with a low B

December 2Ruriko Yoshida
For me it was a game!!!!!

December 2Ines Aviles-Spadoni
but I am glad that I know what the meaning of 95 confidence interval is when i read the papers

December 2Ruriko Yoshida
LOL

December 2Ines Aviles-Spadoni
or maybe I wrote it wrong..please correct me.
if math is a game for you, you are a BRAIN, my dear.

December 2Ruriko Yoshida
Thank you
I will check HOSHI's post in a sec so will be back

December 2Ines Aviles-Spadoni
Yvonne: Yes...that is still in development.

December 2Nancy Gothard
I can't even calculate a tip properly at a restaurant without using my blackberry calculator.

December 2Ines Aviles-Spadoni
LOL!!!

December 2Ruriko Yoshida
I cannot calculate at all!!! Arithmetic is not my thing I cannot add

December 2Ines Aviles-Spadoni
I get lazy and use a little tip card.

December 2Ruriko Yoshida
mathematicians cannot compute tips.... usually my hubby does whenever we go to a conference dinner with famous mathematicians

December 2Ines Aviles-Spadoni
But you can do stats and optimization, for goodness sake!!!

December 2Ruriko Yoshida
Alma, is this it?
これはいい試みです。個人も利用できるのかな?
城南信金「東電から電力買わない」 別事業者から購入へ
www.asahi.com
 「脱原発」を掲げている城南信用金庫(東京)が2日、本店など大半の店舗で来年1月以降、東京電力から電力を買うのをやめると発表した。天然ガスなどを中心に発電する別の事業者から電気を買う。「東電の負担が減

December 2Ines Aviles-Spadoni
Ruriko: LOL!!!
When I was in grade school, I needed tutoring for math.

December 2Ruriko Yoshida
If so then he was talking about protesting by not buying electricity from TEPCO but a different company....

December 2Ines Aviles-Spadoni
But I did good in Algebra and Chemistry 1 and 2, which had a lot of math during my undergrad.

December 2Ruriko Yoshida

December 2Ines Aviles-Spadoni
I think what helps me the most is using formulas...can't go wrong with that

December 2Ruriko Yoshida
I love math but not arithmetic

December 2Ines Aviles-Spadoni
ah, there is a difference....

December 2Ruriko Yoshida
BIG difference....

December 2Ines Aviles-Spadoni
yep.
OK lovely ladies, I am going to sign off.
going to take a shower and then relax with my husband and kitty on the couch....need to relax my brain, eyes and body. Everyone, try to do the same. We can pick this bck up this weekend. A big hug to everyone. I'm glad we are all working together.

December 2Ruriko Yoshida
HUGS!

December 2Alma Cruz
Ruriko, I meant the post with the pig. Hoshi asks for volunteers for something. It's posted in Hoshi Family I believe. Does Hoshi need more volunteers to go with him?

December 2Ruriko Yoshida
Yes and he needs people who know about pigs.
or livestock

December 2Alma Cruz
Dr. Imamoto does he have an assistant to send?

December 2Ruriko Yoshida
I do not think so....

December 2Alma Cruz
Jon Oso(注:ハチ公の創設者で、PayPalの社員だと聞いています。) just posted on the conference! Nancy can you please ask him for the Pixar contact? I've asked and he hasn't responded.

December 2 Nancy Gothard
Ines and Ruriko: for your paper is there any mention of euthanizing animals to study radiation? I just need to be clear. I meant to ask multiple times and its escaped me as it was financial earnings season at work.

December 2 Ruriko Yoshida
I do not think we talk about euthanizing them. We are writing on the plan to evacuate them outside of the exclusion zone as soon as possible.
ALso for another research with wesley we will try to save them not kill them
this is all we can do to save them (especially babies)


December 2 Alma Cruz
Ines had said earlier that there was no need to kill them to study radiation as researchers could study everything they needed to know from the existing living animals, i.e. blood samples, hair and other body fluids. They could do biopsies if needed but no need to kill. You want to rescue and save in a sanctuary so that the short and long term effects of the radiation are followed. That's what I understood.


December 2 Ruriko Yoshida
Yap this is why Dr Imamot and Dr kakizaki are important persons to have. We will not hurt them


December 2Alma Cruz
Thanks Ruriko.

December 2Nancy Gothard
Thank you! Just wanted to be absolutely clear! I appreciate it.

December 2 Ruriko Yoshida
Alma, Dr Imamot replied. He said his group was out. They cannot go in to the exclusion zone. But Dr Kakizaki's group can still go in.


December 2Alma Cruz
Oh, that's great that Dr. Kakizaki can go in. So why not his own group? Does he know if the officials are letting NPO groups in now or is that not true at all? What are the vets going into the zone for?

December 2 Ruriko Yoshida
Yes he is one of the research group in Kitazato university
Not for NPO's but University. Basically they do not allow any groups except research groups. This is why I am trying very hard to get a grant so that we can go in to rescue them.

December 2Alma Cruz
A grant for University of Kentucky?

December 2 Ruriko Yoshida
Yeah and U of FloridaAccording to Dr Imamoto, the city of Minami Souma will let the university outside of Japan willingly.

I ganna go to bed.....
Good night

December 2Alma Cruz
Goodnight. Tomorrow when you get a chance could you tell me if you get a grant, when would you know if you got a grant?


関連記事

【警戒区域内】「愛護ビジネスHOSHI FAMILY」を”漂泊する”「The Hachiko Coalition」②


 【警戒区域内】HOSHI FAMILYの活動禁止とグレーな支援サイト「The Hachiko Coalition」① の続きです。

 保釈で娑婆に出てきた星は①で転載したスレッドを一旦、終わらせ、改めて別記事を立て、松村さんに対し弁解たらたら言いくるめようとしますが、松村さんの疑問には答えていません。

 松村さん達も私も、警戒区域内で活動するボランティアさん達も星は病気だと思っています。
 病人を相手にしても仕方ない。星が勾留中に松村さんが投稿したのは、星を支援するネラー達も異常だと思われたからじゃないでしょうか?実際、「ネットで支援する人達がよくない、あの吉田るり子って言う人もおかしい。」とおっしゃっていました。そう思っている人は沢山います。

 松村さんは(ネット上の)ご自分の支援者と星の支援者がだぶっている事が理解出来ないでいます。
 私も同じ考えです。
 なんか”警戒区域内”をブランド化する風潮で、警戒区域内活動なら何でもいい、軽いノリなんですかね?
 カメラマンもいろいろ、ジャーナリストもいろいろですから、「警戒区域内」の画一的なフレームでもって取材する人達もいるでしょう。そういう人達は誰でもいいんですよね、記事ネタになるなら。松村さんと星を同じフォーカスで見るというのは、私には理解出来ませんけどね。
 「両方応援します」なんて言う個人支援者は尚更理解に苦しみます。

 星のfacebookの支援者名のブラックリストを誰か作りませんかね?関る必要のない支援者リストって意外と役に立つかもしれません。

 星の病的な虚言癖、自我肥大の妄想は一目瞭然ですし、ああいうの治らないです。現在の精神医学では治療法がない。星ね、あれ、あのまま死ぬまであんな風ですよ。杉本と同じです。今回で前科3犯になるようですが、あと何回か前科がついても不思議はないですね。妄想に逃げ込む事が生きる術になったような人間で、いつ塀の中に落っこちても不思議はない危うさです。
 社会適応能力を著しく欠く弱者には違いないが、好感は持てません。限りなくグレーに薄汚れた弱者です。関わる必要のない人間。
 杉本と本当によく似ています。双子みたく同じ行動パターンです。

 注釈は後ほど書き足していくとして、取敢えず、資料追加です。
 星の愛護ビジネスは「警戒区域内潜入」を”売り”にしてきましたから、松村さんには引け目を感じているような星の口ぶりがおかしいですね。松村さんを利用するため、取り付こうとした時期もあったようですが、結局、相手にされていなかったようですね、ほっとしました。吉田氏がハチ公は松村さんを支援した事はないと、はっきり表明したのも良かったと思います。松村さんはハチ公とも関係ありません。
 ハチ公が支援してきたのは、専ら星やアニマルフレンズ新潟のような問題のある団体や個人だけらしい。
 


星 広志

 その後も松村さんから返事はありません。とても残念ですが、私からも少し弁解させていただきたいと思います。

 ①私は被災者の方へペット戻すことを前提に救援を行ってきました。メンバーの白井さんも積極的に飼い主を探す役割を務めてくれました。犬は50%以上、猫も25%近く飼い主を探し出しています。この返還率は日本一だと思います。しかも、いつでも飼い主が判明した場合を考え譲渡するときであっても、譲渡費用もいただかず、医療費などもすべて手出しでやってきました。ですから、地元の動物を考えもせず東京に持ち出しているというのは事実と違います。そして今、シェルターの動物が今は少ないのはそれだけ動物の身を考え里親探しを必死にした成果です。救援本部の1/4弱にあたる動物を保護した事実は松村さんでも成し得ていないことです。

 ②今だから申し上げますが、私は松村さんを2011年の7月から知っています。しかし、電話を除けば私は意識的に警戒区域内で会うことを避けていました。それは松村氏が地元住民であり、私は福島出身でも今は東京人です。まして、違法とされながらも救援を行っていて、会うことで松村さんに迷惑をかけてはいけないという気持ちがあったので極力近づかないようにしていたのです。ですから、松村さん見れば私との関係は疎遠であり理解できていなかったかもしれません。

 ③私個人も松村さんには、応援を何度か申し出たことはありますが、私からの応援を好まないようには感じておりました。しかし、それは松村さんの自立心、一本気な性格からなのだと思い込んでいました。実際に私とは疎遠でしたが、他のいくつかの団体とは付き合い、実際には利用された形になってしまったことも知っていますが気の毒だと思っていました。私はそんなことは構わず松村さんに頑張っていただきたいと陰ながら思い。積極的にリンクいや寄付金が集まりやすくなるような協力をしてきたつもりです。

 ④そして現在、松村さんが海外から数万ドルの支援金を得られるようになったのも私がが影で応援していたからです。震災後、海外の方は松村さんとの連絡を取りたがっていました。しかし、現実には、二本松の避難住居に住み、除染の仕事などをして、牛を始めるまでは動物愛護はしていない時期がありました。海外から聖人として評価されていた松村さんが実は警戒区域にはいないなどとは私は口が裂けても言ってははいけないと思い支援金が集まるように情報や連絡先を教えてきましたが、松村さんのマイナスになる面はあえて隠し通してきたつもりです。なぜなら、聖人だけでは生きられない。生活は収入がなければやれません。しかし、悪い噂がたてば大きなダメージを受けます。

 ⑤一番残念なことは、私が反論できない(刑務所にいた)ことを知りながら、あのようなことを書かれたこと、正直残念に思いました。

 今、福島で頑張っているのは、松村さん、希望の牧場、にゃんだーガードだけだと思ってきました。3つとも今は福島に根付いています。これは素晴らしいことだと思います。しかし、その一方で私のような部外者も一心に頑張ったのだという事をなぜ認めてくださらないのか。私は負けないつもりで頑張ったつもりです、そして今回の逮捕では被災者並の精神的・経済的損害を受けています。誰の顔色も伺わずやってきました。それが、松村さんに限らず、多くの誹謗中傷を受けています。しかし、それは私のせいではないはずです。私を批判するのは、あなた方そのものの心の弱さだと思っています。
4月25日 12:5771人がいいね!と言っています。.50/57以前のコメントを見る..

星 広志 松村さん、どうぞなんでもコメントをください。わかる範囲はすべてお答えいたします。
4月25日 23:02 · 1..

百溪 英一 同じ方向を向いて共に活動していると思っていた人達が、批判に終始し刃を向けて活動の転覆を図ろうとした事が私の進めてきた障害児者支援のボランティアでも実際にありました。
4月25日 13:13 (携帯より) · 9..

Yo Nagaya ある時期で警察や行政との裏取引があったのでは、とも感じます。星ファミリーを踏み絵にすることで、今後の活動に対して干渉しない、とか。ま、聖人なんてのは、一夜にして出来上がるもんでもありませんし。
4月25日 13:14 · 10..

藤澤 祐子 長屋さんに一票!
4月25日 13:21 (携帯より) · 4..居 候 すこし見えてきた。どういうわけか、この春は「地獄の釜の蓋」(植物キランソウの俗称)がよく開く(咲く)神奈川北端の山間過疎地ではありますが…これもなにかの兆候?(笑)
4月25日 13:26 · 3..三浦 ユキヒロ 回答がないこと自体が己の行動と発言に後ろめたさを認めているからだと思われます正義はどちらにあるかと言えば明白ですよね!悔しさは大きすぎてまるで大海の如しだと思いますが歴史のページで正しく記されると思います動物たちは星さんらの行動に感謝していると信じています::
4月25日 13:34 · 13..小林 ミチル なんだか悲しくなってきました。星さん負けないで!もとのコメントが見つからないのですが支障がなければどなたか教えてください。
4月25日 16:18 (携帯より) · 1..

松村 直登 色々事実と異なることがあるのと、質問がありますので、書き込ませてもらいます。
4月25日 22:57 · 2..

松村 直登
 ※ 始めのころに会った時、「松村さん、外国からの支援金を預かっているのですが、どうすればいいですか?」と言っていましたが、未だにその後の話はありません。その話はどうなってますか? そちらの支援として使ったのでしょうか。 

※ その後も私の自宅にアポなしで来たときに、星さんから「電気がなくて大変だね、すぐソーラーパネルを手配します」と言っていましたが、結局届きませんでした。今は電気が通りましたので、必要はなくなりましたが……
※ 富岡町で星さんと活動した人たちから星さんについて苦情や相談を受けました。許可証の事など色々きつく言われて、もう一緒の活動を控えたいがどうしたらいいか?と言われたことがあります。星ファミリーの牛のエサ、ドッグフード・キャットフードが一部腐っていて虫がわいて困っている、との相談でした。

※ 星さんたちが警戒区域でやってきた、警察とのいざこざや通行証の偽造や使用で逮捕された後、警戒区域の取り締まりが厳しくなり、職務質問が長くなり、何度もされるようになりました。他のレスキュー団体もみんな非常に迷惑している様子でした。その為、牛や犬猫のえさやりにすごく時間がかかるようになってしまいました。
また、わたしは二本松の避難住宅に住んだことはありませんし、除染の仕事もしたことはありません。その頃、まだどこでも除染作業は始まっていませんでした。星さんがなぜこんな嘘をつかれるのか分かりません。
4月25日 23:19


百溪 英一 官憲の利する様なやり取りは裁判という闘いにおいて敵を利することになるのでまたの機会ではいかがでしょう。
4月25日 23:19 (携帯より) · 3..

星 広志 松村さん、松村さんは海外から受け取っていませんか?
 私は仲介しただけで、連絡先は伝えてあります。HACHIKOのルリ子さんや当時のJONに確認するとよいでしょう。寄付金については、その後、作家の大塚さんとお邪魔した時に受け取ったかどうか確認に行ったはずです。私が聞いていた話では1万5千ドルときいていますが、どうやら分割で送られたようです。その件もるり子さんが掌握していますので、私が嘘をついていないことはわかるはずです。
 ソーラーパネルをもって行けなかったのは、なかなかお邪魔する暇がなかったからです。しかし、お邪魔できるときになって、お持ちしますとお電話したはずです。それを断ったのは松村さん自身のはずです。あの時松村さんは6000Wのソーラーを希望の牧場からもらたからもういらない(6000wというのは、畳30枚に相当するパネルです)と私の申し出を断ったはずですが、いかがでしょうか。そのとき、私はそれだけのパネルがあれば冷蔵庫でもTVでもなんでも見られるからよかったですね。とお答えしたはずです。
 以上2点、ご自分でお確かめください。
 そのうえで、私が嘘をついているというのであれば、謝ります。
4月25日 23:46 ·

星 広志 百溪さん、ご心配ありがとうございます。隠すようなことは何もありませんので、ご安心ください。
4月25日 23:32 · 3..

星 広志 松村さん、除染というのはJAXAであなたがしていたアルバイトのことです。ですからそれは国の除染が始まるはるか前の話です。そのころ仮設住宅にいたはずです。当時は動物は松村さんのところには保護していなかったはずです。この情報の出処は友人のAPの記者です。彼が私に嘘をつくはずもないし、彼から電話を教わったからこそ、私は松村さんに電話できていたということが裏付けですが、いかがでしょうか。
4月26日 0:26 · 編集済み · 1..

星 広志 それと私は牛の餌は扱っておりません。牛は1匹だけいますが、その牛も有料で池田牧場に飼育してもらっています。
 その住民が言うことが正しいと言うならば、その方の名前をここでは書けないでしょうから、私にメールで教えてください。正しい対処をいたしますが、餌が腐っていたなどということは断じてないはずです。
4月25日 23:44 · 編集済み · 2..

星 広志 取締が厳しくなったことを私のせいにするのは筋違いだと思います。昨年の3月以降、牛の問題が露呈して取締が厳しくなったのは知っています。その原因は私のせいではありません。確かにオフサイトセンターの所長が変わってからうるさくなったのは事実ですが、当時私が牛を逃がしたことはないです。(逃がしたのは1度だけ、元富岡の議員の高橋さんの時2匹は逃がしましたが、あまりの酷さに高橋さんが役場に連絡して了解を得ていたはずです。ですから実際には手をくだしていません)
4月26日 0:09 · 編集済み · 3..

星 広志 なんでも確かめにせずにHOSHI FAMILのせいにされるのは遺憾です。他人の言葉を間に受けて中傷される前に、それが事実かどうか確かめることも重要だと思います。
4月25日 23:43 · 1..

星 広志 正直を言って私は一度も松村さんのことを非難したことは一度もないはずですし、同様に他人から松村さんの悪口を聞いても、一切耳を貸さないできました。それは、行動こそが全てと松村さんを信じていたからです。それなのに、あなたは平気でアダで返すようなことをなさる。がっかりしたというのが本音です。
4月26日 0:07 · 編集済み · 2..

星 広志 その私の批判をしているという住民さんはどなたでしょう。その二人の方にはっきり言ってください。都合の良い時だけ利用する。それはいけない行為ではありませんかと。その為にHOSHI FAMILYが費やした金額は本来であれば私と皆さんの糧となるお金だったはずです。それをあなたたちのために使っていたのですよ。それでいて、影で悪口を言うのは恥ずかしいことではありませんかと伝えてください。
4月26日 0:18 · 編集済み · 1..

百溪 英一 星さん、隠すことということではなく、事実とは無関係に支援サイドのゴタゴタのように当局にとられると、喜ばれてしまうかなと。老婆心ながら(^^)v・・・信頼していますよ。
4月26日 0:50 · 編集済み · 3..

星 広志 百溪さん、どうもありがとうございます。確かにゴタゴタに見えますね。しかし、物事には名誉というものはありますから、この場は許してください。HOSHI FAMILYの行動はいままで支援してくださったみなさんの行為の証ですから、どれだけ多くの方が関わってきたかと思うとそれを否定されることを黙っておくわけにはいかず、この場は譲れないわけです。そして、松村さんにもわかってほしいと思います。もし、彼が真に考えているなら相互理解は可能なはずです。
4月26日 0:59 · 5..

百溪 英一 了解です。
4月26日 1:02 · 2..

Kimiyo Nakamura Garey Yo Nagayaさんが、 上記の書き込みで、
<ある時期で警察や行政との裏取引があったのでは、とも感じます。星ファミリーを踏み絵にすることで、今後の活動に対して干渉しない、とか。>
ー と書かれていますが、これと似たようなことを、小西さんも言っておられます。

お仕事柄、小西さんは、いろいろ情報を持っておられるようで、・・・もっと見る
4月26日 6:40 · 編集済み · 3..

市川 千恵 「思われる」、という憶測で話すと余計な混乱招くので、きちんとお話しされるのが一番よいのではないかと思います。

 特に、義援金の事ははっきりさせておいた方がよいと思いました。
 るりこさん、ハチ公さんからの皆さんからの義援金の事情教えていただけますでしょうか??
4月26日 8:14 (携帯より) · 1..

Kimiyo Nakamura Garey そうですね、千恵さんが言われるように、義援金のことを、まずは、はっきりした方がよいかもしれませんね。

 お金のことで、なんだか信用ができないというようなところが、でてきてますしね。
4月26日 9:04 · 2..

高橋 敦子 横から失礼します。お話を伺っていて感じることは、どなたも皆善意で行動されてきたという事。義援金や助成金など善意のお金が動く時、陰で何かが起きている気がしてなりません。身近にも規模は小さいですが、今回の様に仲たがいをさせることで背後で起きていることを隠そうとする人間がいます。善意の行動を利用して情報操作を行い、攪乱する。何か意図的な物を感じるのは私だけではないと思います。 自分たちのが見て知っている事実を擦り合わせていくことで、操作されている何かが見えてくる気がします。 疑心暗鬼のままでいることは、背後で画策している者たちの思う壺ではないかと、最近思いはじめ、身近で起きていることと向き合い始めている所です。どうか、背後の力に振り回されることなく、真実を見極めて頂きたいと思います。最終的には、背後に居る悪を暴き出せれば大成功だと思います。
4月26日 12:49 · 編集済み · 3..

Yo Nagaya 背後で行き着くところは、盗電と原子力ムラで私腹を肥やしてきた連中でしょうね。
4月26日 13:24 · 6..

松村 直登 私の多数の友人たちも、この件に関しまして非常に興味を持っております。私のページをオープンにし、どなたでも見れて、書き込めるようにします。いままでの遣り取りもコピーして貼り付けますので、星さんも、皆さんも私のページで公開の上で遣り取りしませんか。4月26日 14:55 · 3..

星 広志 ここは、元々公開グループページです。誰でも読むことができます。松村さん、私の質問や回答に答えてください。
私は二度回答したのですから、きちんとした弁明をお願いします。このグループを荒らしたのは松村さんなのですから、松村さんはここで回答するべきではありませんか。もし、あなたの応援者が欲しいというのであれば、あなたの仲間をここに連れてくればいいでしょう。
はっきり申し上げておきますが、人が留守中にあのような嫌がらせを書き込んでおいて、謝罪はないのですか。卑怯だとは思わないのですか、私があなたを誹謗したことは一度もないはずで積極的に応援していた方です。礼儀をわきまえないのにも、程がありますよ。あなたのような方を詭弁というのではありませんか。(この場の話を広めたければ、あなたのFBにこのグループのリンクを貼られればいいでしょう。)
4月26日 15:22 · 編集済み · 3..

星 広志 尚、警告しておきますが、私はこの場で起こしたあなたの誹謗中傷を問題としています。ですから、ここで討論する限り私とあなたの範疇ですが、リンクは認めますが、転載は認めません。もし、そのようなことをされる場合は、名誉毀損で東京地裁に提訴することを申し添えておきます。
4月26日 15:43 · 編集済み · 1..

松村 直登 「ここは、元々公開グループページです。誰でも読むことができます」なっていますが、本当に誰でも読むことが出来るのですか?
4月26日 15:55 · 3..

Yo Nagaya 閲覧設置は地球マークなので、公開ですね。制限無しです。
4月26日 16:03 · 6..

市川 千恵 すみません、義援金については今、るりこさんへ問合せてますので少々お待ちくださいm(_ _)m
ハチ公さんからの皆さんからの義援金の事ははっきりさせるべきだと思います
4月26日 19:21 (携帯より) · 3..

Ruriko Yoshida 最近忙しくてFBみることできませんでした。。。(大学の学期末なので、いま忙しいんです。。。)

ハチ公は直接松村さんに義援金を送っておりません。

しかし、知り合いの方々がかなり前に3万ドルほどの義援金を松村さんに送ったはずです。(かなり前なので正確な金額は覚えてません)。当時その方々と頻繁に連絡を取り合っていました。

星さんからハチ公へ松村さんの義援金のお話はありましたが、そのグループの方々をしってるので(ハチ公のサポーターしてくださってる方々なので)私たちは違う動物レスキューグループ(HFも含めて)に集中することになりました。
4月26日 20:15

Ruriko Yoshida 最近今学期末なので大学院生の卒論の面倒や、デフェンスなどにいかなきゃなんなくて、毎朝4時起きで仕事です。。。で、夜までミーテング。。。。馬ちゃんの世話と猫ちゃんの世話あわせたら、全然最近時間がありません。。。(昨日なんかトイレ行く時間もあまりなかったし。。。お昼も抜き。。。)まだ、しばらく忙しいと思います。。。もし、緊急のご連絡がありましたら、わたしのgmailの方へメールください (ruriko.yoshida at gmail dot com)。仕事上メールはしょっちゅうチェックしてます。
4月26日 20:38 · 3..

星 広志 遠藤さん、了解しました。私が除染といったのは意味は間違いかもしれませんことを認めておきます。正式には放射能汚染の調査ですね、失礼いたしました。JAXAでバイトして警戒区域にいない時期があったということはお認めいただきたいと思います。だたし3月よりも遥かに以前です。正しい時期はAPが新聞記事を書いた時です。この件については私が記者から得た記録がありますので、調べて公開することも検討します。
4月26日 21:23 · 編集済み · 2..

星 広志 調べがつきました。松村さんが警戒区域にいないことを知ったのは2011年9月3日です。情報は通信社から得たものです。
4月26日 21:38..

星 広志 このころAPから報道された内容はこれです。
犬は自分のペットがいるだけで他の動物も牛も保護していなかったはずですが、海外の方は松村氏をあがめて必死に連絡を取りたがり、寄付を贈ろうとしていました。私は松村氏が被災者であること、当初動物を保護していることなどを踏まえて、まさか今は動物保護は今はしていないと海外の方の善意を踏みにじるような事は言えなかったので、彼は頑張っている。応援して欲しいと伝えたのが事実です。その気持ちに偽りはなかったですし、だからこそ、現在の支援が海外から来ているのだと思いますが、いかがでしょうか。従って松村さんに感謝されてもいまさら、私が誹謗中傷される覚えないと思います。もちろん、私は余計なことを松村さんにも言っていませんし、人に恩を売るような行為も嫌いですから黙っていました。しかし、こうして応援していた者へアダで返すようなことはやめてほしいというのが今の気持ちです。
http://youtu.be/d5JCK3kWnPY
Holdout Refuses to Leave Japan's Nuclear Zone
AP EXCLUSIVE: Six months after the disaster at Japan's Fukushima Dai-ichi nuclea...r plant, one solitary farmer inside the exclusion zone is stubbornly refusing...もっと見る.4月26日 22:02 · 編集済み · 2..

Utako Arakawa 私も星さんを通して松村さんのことを知り、fbのお友達申請はしなかったものの影ながら応援していました。星さんは松村さんのことをとても応援されていました。松村さんの書き込みも読みましたが、(ルリコさんが猫餌と猫砂が足りません。というところ)非常に遺憾に思います。何にしても、名指しで相手を中傷するようなことを公開で書き込むのは、誰でも決してしてはいけない事だと思います。(しかも、相手がいないところでです。)ルリコさんも何度も松村さんに個人的にメールをくださいとリクエストされていましたが、なにか言いたいことなどがあれば個人的に直接相手にメールするのが良識だと思います。又、やっと星さんは長く辛いところから帰っていらっしゃったのに…ゆっくりお休みいただきたいのに…ご心痛を察します…。 本当に残念です。せっかく、星さんの名の下に集まっている同志の仲間なのに…どうか、松村さんも星さんに深く謝ってくださって、和解していただきたいです。
4月26日 22:23 · 編集済み · 7..

星 広志 松村さん、さっき「鳥の広場」に松村さんの推薦と募金先の案内ががあったので、びっくりして読んできました。松村さんは、震災直後に誹謗中傷BLOGの「鳥の広場」に詐欺呼ばわりされて、ひどい思いをしていたはずですが、それがいつの間にか仲良くなっている。もともと、ここは誹謗中傷が過ぎて動物基金さんが告訴して、罰金刑になったところですが、元々日本財団のCANPANにBLOGを置いていました。その日本財団からも追い出され今はFC2のブログに引っ越しています。場所が変わったので、同じ人物と気づかなかったのでしょうか?お付き合いが悪いと足を引っ張られるということもあります。余計なことをいうようで恐縮ですが、最近おかしくなっているような気がします。こことお付き合いしているのであれば、HOSHI FAMILYを目の敵にする理由も納得ができました。
4月27日 1:56 · 編集済み · 3..

居 候 雨降って,土砂崩れや鉄砲水じゃ困るけど、地固まる方向に行けば…と期待します。この際、腹の底にあるものは、すっきり吐き出しちゃいましょう。でも、吐瀉物を私に浴びせないで!筒井康隆さんの俗物と私はちがいますから…吐瀉物の中身をほじくって分析する趣味も探究心もありません由(笑)
4月27日 10:59 · 2..

星 広志 どうもこのスレッドがまとまりません。松村さんが仕掛けてきて、私がそれに答弁しました。しかし、潔い謝罪も明確な回答は来ません。そのうえで、関係のない方のコメントも入ってしまいますので、なおさらわかりにくくなります。つきましては、つきましては、この場での発言は今後、松村さんと遠藤カズオさんのみに限らせていただきます。その他の発言は削除させていただきますので、よろしくお願いいたします。事実を明確にするための措置ですので、ご理解ください。
4月27日 21:35 · 編集済み · 6..

星 広志 それと一言申し上げて起きますが、推測ですが、(推測は避けたいですが、今回だけは少し想像を言わせていただきます。)今回の事は松村さんを取り巻く取り巻きの方が私をかなり個人批判しているだろうというのが予想されます。それを間に受けた松浦さんが、私の逮捕中に共同管理人のるりこさんが、グループを荒らさないで誤解があればメールでやりとりしたいと再三申し出たにもかかわらず、それが大きくなってしまっています。この件では彼女も相当疲れたとのことですが、参ってしまっています。松村さんに申し上げておきますが、抵抗できない立場の掲示板で批判を重ねたのは松村さんです。それでなくとも、私も松村さんも50代です。他人を蔑ろにして平気な年でもありません。それが、こんなことになり大人気ないと思います。しかし、100歩譲っても、その事実関係には譲歩できない部分です。これまで2年間活動してきました。HOSHI FAMILYへの支援者はすべてを合わせるとfacebookだけでも現在9000名もいます。私への侮辱は私を支援してくださった方に対する侮辱でもあります。そのような立ち位置で名誉を守るために弁明するのは当たり前のことではありませんか。
もし、松村さんの取り巻きにそういう悪意のものがいるとすれば、それは誤解にほかなりません。昨日もお願いしたようにその人物をここでは公開できないとしても、メールで教えてください。それであればよいでしょう。私からその人物にはっきりとクレームを付けさせていただきます。
4月27日 12:52 · 編集済み · 4..

星 広志 遠藤カズオさんが、2度もJAXAの件をここで投稿していますが、この問題は松村さん本人が回答するべき問題です。なぜご本人が語らず、遠藤カズオさんがJAXAのことを語るのでしょう。その意図が理解できませんが。この話をしても堂々巡りですので、私の情報元をお知らせします。私にこの件を教えてくれたのはAP通信の駒井さんです。そして同時にAPのディビッドはHOSHI FAMILYと4ヶ月も警戒区域を共に行動した同士です。だからこそ、彼は私に教えてくれたわけです。ただし、その事実がどうかは私にはわかりません。しかし、彼が嘘を言うはずもないので、あえて、情報元を公開いたします。松村さん、私はあなたの内容に全て答えています。しかし、あなたからは攻撃はあっても何も応えてきません。あなたも私に応える責任があるとは思いませんか。そのうえで、「俺が悪かった」と潔い態度をとるのなら、私はこれ以上この問題を続ける気持ちもありません。
4月27日 12:48 · 編集済み · 2..

星 広志 何これ、こういうのもあるんだー。もーもーハットリ君!みんなクリックしてみて!気に入ったらイイネくださいね。(笑)
http://www.rossam.com/access/
4月27日 19:30 · 編集済み · 5..

星 広志 発見した。こいつだった。あちこち仕掛けておいてやっとわかった。汚い奴は嫌いだよ。恥を知れ。ブロックされたあんたも、松村も汚くないかスパイに書き込みまでさせて恥ずかしくないのか、もう和解の余地もなし。二度と来るな。警察に突き出すぞ。
日曜日 0:41 · 編集済み · 1..

Ryouichi Kita ?
4月27日 22:45 · 1..星 広志 口が汚れるので、もうこの話は終わりにしましょう。どうしても知りたい方だけにはメールをいただけば誹謗中傷事件の真実をご報告しますが、すべてがわかったので、もうここに書くのはやめました。
4月27日 23:56 · 編集済み · 6..

Kimiyo Nakamura Garey 全て、スレッドは、読んでいるのですが、、、いまいち、理解するのに混乱しています。日曜日 4:48 · 1..

星 広志 もう悪意のやつらとやっても無駄です。終わりにしましょう。
こちらから、相手にするつもりも、批判するつもりもないのでもういいんじゃないですか。命令したのは本人でも、なりすましは犯罪ですよ。
日曜日 9:38 · 編集済み · 2..

Yuko Yabu 公に知らせないと判断された犯人が判明したのですね?
後は星さんの判断でどうぞ。
日曜日 10:52 (携帯より) · 1..

居 候 まさか、私?だったりして…実は、CIA に「ラスベガス10日滞在プラン」の特別招待券でのそそのかされて、ジョニーとモモを預かりました。なんて、そんなわけ、ないだろう!(笑)
日曜日 11:04 · 3..星 広志 犯人はヤブキレンという某愛護組織組織の代表でした。フクシマに居ない奴のipで書き込んでいたので見抜けたんですよ。みんなの所にもスパイ友達申請しているから、気を付けた方がいいですよ。
月曜日 2:47 (携帯より) · 編集済み · 1..

居 候 狙いは何なんでしょうね?星さんが、彼/彼女の「動物愛護」という名の「民業」を圧迫する、邪魔すると捉えての讒言・中傷だったのですかね。要は、「動物愛護」で手柄を立てて、その「業界」を主導するオピニオンリーダーになりたかった…なのに憎(にっく)きはあの星め、本まで刊行しやがって、それも2冊も、おのれ、見ておれ…って感じですかね。まあ、私が知るかぎりでも、311以後、この種の魑魅魍魎は東北の被災地各所に跋扈していましたね。
日曜日 12:28..

星 広志 私のパート2の本でも松村直登を応援してたのに、アダで返して来るのは解せませんが、牛以外の動物愛護の連中も取り巻きが集まっていましたからね。面白く無いことでも松村に吹き込んだのでしょう。それで、複数のなりすましアカウントで嫌がらせをしてきたんでしょうね。
日曜日 15:10 (携帯より) · 2..

星 広志 ここは今回の誹謗中傷の事実確認の為にもうけられたスレッドですから関係ない事を書かないで下さい。
2時間前 (携帯より)..

星 広志 ヤブキレン氏から本日朝に電話連絡があり、なりすまして他人のIDを使い書き込んでいたことを謝罪してきました。本人も反省しているとの言葉をいただきましたので、彼に関してこれ以上問いただすこともないと判断しましたことを皆様にお知らせしておきます。松村氏もこれほどの清さがあればよいですが、本件については、これ以上続けても意味がないので終わりにさせていただきたいと思います。
約1時間前 · 編集済み · 2...


関連記事
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:080-3882-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR