スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞社の広告:「総理大臣に一目置かれる国民になりたい」

ac72551b3073c799f79f95d7cf4fdf1a.jpg
花のお江戸は東京の、地下鉄に意味不明の広告が登場しました。
「国民に一目置かれる総理大臣になりたい」
ではなかった、元イー
「総理大臣に一目置かれる国民になりたい」

憲法改正を先取りしたかのようなこの広告は、朝日新聞社の広告です。
立憲主義よさようなら!主権在民は過去のもの! 
国民を置き去りにして、一足先に見切り発車する朝日新聞社?

どゆうこと?説明して!!
朝日新聞社と電話が繋がらないそうです。
関連記事
スポンサーサイト

島根原子力発電所3号機運転差止等請求訴訟:第2回口頭弁論は2014/1/20

 「島根原子力発電所3号機運転差止等請求」訴訟(2013年4月24日提訴)の第2回口頭弁論は、2014年1月20日(月)午後2時から、松江地方裁判所 仮庁舎 裁判員裁判法廷(3F)で開かれます。

 裁判資料を読むのは素人には中々難解なのですが、小難しい法的議論に足をとられず、惑わされず、平たい日常用語に置き直して概略を理解しておくことは必要かと思います。
関連記事

2014年1月18日~19日 福島菊次郎:写真展、映画、講演 in 鳥取市

20140118.gif
関連記事

【特定秘密保護法】鳥取の県、市町村議会の対応(2013年末)

himituhogohaiann.jpg

関連記事

【米子市議会】特定秘密の保護に関する法律の廃止又は抜本的改正を求める意見書採択

 24日の本会議で、米子市議会は「特定秘密の保護に関する法律の廃止又は抜本的改正を求める意見書」を採択しました!1票差だったそうです。法律制定前に提出されていた特定秘密保護法反対陳情2件も趣旨採択(2票差)。
 頑張っている議員さん達がいて、市議会も変わりつつあります。
 
【追加情報】朝日さんが、県内市町村議会の”まとめ”を書かれるそうです。


                                 平成25年12月24日
                                 米 子 市 議 会   

衆議院議長 伊 吹 文 明  様
参議院議長 山 崎 正 昭  様
内閣総理大臣 安 倍 晋 三  様

特定秘密の保護に関する法律の廃止又は抜本的改正を求める意見書

 先の第185回臨時国会において、特定秘密の保護に関する法律が可決・成立した。同法は、特定の情報を政府が恣意的に秘密指定でき、国民には何が特定秘密なのかすら明らかにされ ず、国民が必要とする情報が隠されるおそれがある。また、情報に接近しようとするさまざまな行為が処罰(最高懲役10年)の対象となり、未遂や共 謀等も処罰する点、処罰範囲が極めて広範であることから、国政に関する情報について国民がアクセスすることや公務員がこれを外部に発する 行為を萎縮させる可能性が大きい。そして、報道機関による取材行為を刑罰によって萎縮させ、取材の自由・報道の自由を実質的に失わせるこ とになり、ひいては民主主義の前提である国民の知る権利を侵害する。

 さらに、秘密に対する外部チェックなどの仕組みがない。安倍首相は、秘密指定などの妥当性をチェッ クする保全監視委員会と、秘密指定の統一基準を策定する情報保全諮問会議を法施行までに設置すると表明したが、いずれも政府内に置かれ、 監視委員会は各省庁の事務次官級で構成されるという。「第三者に よる監視によって、特定秘密指定の適正を確保する」ものとは到底いえない。しかも、秘密の指定期間が60年という長期にわたることから、 秘密保護法制は必要とする有識者からさえ今回の法律に異論が出ている。

 国民の知る権利を揺るがす重要な法律を、十分な審議時間を確保することもないまま、民主主義のルールを無視して成 立させたことは、我が国における民主主義を踏みにじるものである。

 共同通信社が12月8、9両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、法律に不安を感じるとの回答が70.8%もあり、法律への賛否では反対が60.3% に上った。また、法律を今後どうすればよいかについては、 「修正する」又は「廃止する」との回答が合 わせて82.3%に上っている。成立 後もこれだけの国民が危惧している法律を施行 すべきではない。

 よって、国会、政府にお かれては、国民の知る権利、表現の自由を守る立場から特定秘密の保護に関する法律を廃止又は抜本的に改正されるよう強く求める。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 同日、スノーデン氏の勝利宣言が報じられました。Cool guy!
 素敵なクリスマスね、Merry Christmas !



NSA盗聴暴露「任務終了」=スノーデン容疑者が勝利宣言―米紙
時事通信 12月24日(火)16時3分配信

【ワシントン時事】元米中央情報局(CIA)職員エドワード・スノーデン容疑者は23日付の主要紙ワシントン・ポスト(電子版)のインタビューで、国家安全保障局(NSA)の盗聴活動の実態を次々とメディアを通して世界中に暴露したことについて「任務は終了した。私は勝利した」と宣言した。

 スノーデン容疑者は「私は社会を変えたかったのではない。変革すべきかどうかの決断の機会を提供したかった」と主張。さらに「NSAに打撃を与えようとしているのではなく、改革に取り組んでいる。私は依然としてNSAのために働いているのであり、彼らだけがそのことを認めない」と訴えた。

 米国内外の不特定多数の市民や外国指導者を対象にしたNSAの情報収集をめぐっては、有識者グループが13日、オバマ大統領に46項目の改革案をまとめた報告書を提出。大統領はこれを受けて、来年1月にNSAの活動に関する新たな措置を発表する。 



【追記 2014/1/3】
スノーデン容疑者の暴露は「正当」=NYタイムズ紙
2014年 01月 3日 11:55 JST

[ワシントン 2日 ロイター] 米紙ニューヨーク・タイムズは2日付の社説*で、米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露したエドワード・スノーデン容疑者について、米政府は恩赦や司法取引などの措置を適用すべきだと訴えた。
同紙は、スノーデン容疑者の暴露により、米国人が個人の電話や電子メールなどの情報がどう把握されているか十分に理解できるようになったと主張。暴露された情報には重大な価値があるとし、スノーデン容疑者には亡命生活以外の道を与えるべきだと訴えた。「(情報を暴露するために)犯罪行為を行ったかもしれないが、国家に多大な貢献をした」と指摘した。

また同紙は、オバマ米大統領がスノーデン容疑者に「帰国する動機」を与えるべきだとの考えを示した。

このほか英紙ガーディアンも1日付の社説で、オバマ大統領に対し、スノーデン容疑者に恩赦を与えるよう求めた。「現政権で冷静な考えを持つ人物らが、スノーデン氏が尊厳を持って米国に帰国できる方法を検討していることを願う」とし、「大統領による人道的な対応を求める」と訴えた。

NSAの元契約職員であるスノーデン容疑者は昨年6月、香港滞在中にNSAの監視活動を暴露。その後ロシアへと渡り、一時的な亡命を認められた。

 *「Edward Snowden, Whistle-Blower
  By THE EDITORIAL BOARD January 1, 2014


関連記事

鍵コメ様へ

 鍵コメ様、ご連絡有難うございました。
 送金の日付等、幾つか確認させて頂きたい事がございます。
 確認メールを送信致しましたので、再度、ご返信頂きますようお願い致します。

 

 星ーアニマルフレンズ新潟ーガンマンーにゃんだガードと、この辺りは筋の悪い愛護ビジネス同士です(笑い)。一定期間が経過すると、自然と筋の悪い愛護と健全な愛護が棲み分けされる流れにはなっています。
 アニマル・レスキューの花火がネット上に打ち上げられた暫くは、花火に釣られてネット上の注目が集まり、善きも悪しきも支援に集まってきます。問題なのは、公益活動を標榜する愛護ビジネスのステルスマーケティング(Stealth Marketing)に乗せられて支援や協働した後、愛護ビジネスの実態を知り、騙されたと認識する善意の人々が少なくない事。

 愛護ビジネスのネットの喧伝と活動実態のギャップを詐欺的だと感じた人々が、情報の虚偽を指摘したり、隠蔽された実態を告発すると、愛護ビジネスは”居直り強盗”よろしく、誹謗中傷攻撃を開始し、恫喝提訴を仕掛けてきます。愛護ビジネスはネットが命、ネットの虚偽をそのまま受け入れる不特定多数の存在があって、成り立つ商売です。

 愛護ビジネスに共通した特徴の一つが、ステルスマーケティング。騙して乗せるのが目的だから人目を惹きやすく、多くの人がうっかり乗せられてしまうのは、ある意味、理にかなっているんですね。騙されたくなかったら、その事は一つ、頭に叩き込んでおくことです。

 星ーアニフレーにゃんだガードが共謀して、自分達に不都合な真実の発信者達の言論封殺を協議しているそうで、この構図は、広島ドッグパークレスキュー寄付金詐欺疑惑騒動の時と同じです。エンジェルズ・林俊彦ーどうぶつ基金・佐上邦久は共謀して、ブログ削除要請や提訴告訴の恫喝で積極的な言論封殺を行いました。「詐欺師との戦い」の杉本弘重も同じマニュアルを使っています。

 彼らが目的を達するとしたら、それは専ら、当事者が煩わしいトラブルを避けるというのが一番大きな理由です。個人間の問題と考える限りにおいて、普通の生活人は彼等相手の勝訴に意味を見出せず、時間の浪費と見做しがちです。

 佐上は名誉毀損の目的外使用の常習犯ですが、林と共謀で高島住民を刑事告訴した時、佐上や林の名誉毀損の申立てが虚偽であり、高島住民の発信情報が事実であることが一連の捜査で確認されています。警察は高島住民に逆告訴を勧めて終了しています。佐上の告訴の結末は、普通はこんなものです。

 佐上が私を告訴したケースでは20万円の罰金刑が確定していますが、私のケースは、当局は一切捜査をせず起訴に至ったものです。「貴女が書いた事が事実であっても事実でなくても、書いたという事実だけで名誉毀損に当たるという考えです。佐上の事は調べません。調べろと言われても調べません。
 「暴力団関係が疑われる」等の記述がひっかかった。「限りなくグレーに近い、社会の周縁者」と書いていたら、事件にもなりませんでした。

 当局にとって「暴力団関連情報」は特定秘密保護に該当するらしい。ヤクザや暴力団の言葉の定義も、暴力団排除条例等の法令で定義されている狭義の語義しか認めない。その恣意的な設定を司法も追認しています。この問題は、民事を控えた今は書かないでおきますが、私がここで言いたいのは、私のケースは佐上にとって例外的な大ヒットだったという事です。佐上の恫喝をあまり真に受ける必要はないんですね。

 佐上は個人としては、エンジェルズの林俊彦や星広志、杉本弘重等と変わらない、基本的に同じです。
 虚言と妄想的自己イメージの演出による「成りすまし」、社会規範に適応出来ない敵意から生じる根拠のない誹謗中傷や現実認知能力の歪みの防衛機制等、共通しています。

 犬猫を口実にすればイコール動物愛護ですとな?
 いいえ、NO PASARAN です。

middle_1386442011.jpg
画像「NO PASARAN」は岩本太郎氏ブログから。
関連記事

2013/12/21 年末年始のブログのお休み

Merry Christmas and Happy New Year !

 今年は25日でブログをお休みにします。
 フィギュアスケート全日本が終わると、しばし老人介護から解放されるので、やりたい事をやる。
 来年は正月7日辺りでまた再開します。
関連記事

兵庫県警の「アニマルポリス・ホットライン」

動物虐待の早期発見へ専用電話 兵庫県警、全国初
神戸新聞 2013/12/19

 動物虐待の早期発見と解決に結びつけるため、兵庫県警は19日、生活経済課内に来年1月、専用相談電話「アニマルポリス・ホットライン」を開設すると発表した。動物虐待を凶悪事件の前兆としても捉え、市民からの通報や相談を受ける。全国警察では初の取り組みという。

 動物虐待に対し、米国などでは動物愛護の専門団体が設置され、悪質な場合は捜査や逮捕の権限も持つ。日本国内では9月に改正動物愛護法が施行され、殺傷や虐待などの罰則が強化された。

 県内では虐待が疑われる事案が後を絶たず、同課によると、今年に入って11月末までに見つかった動物の死骸は51体に上る。うち11体が人為的に殺されたとみられ、県警が虐待や遺棄したとして同法違反の疑いで6件を立件した。

 昨年6~8月には、加古川、高砂市内で猫など18体の死骸が次々と見つかり、住民に不安を与えたことから、情報を一元的に把握する専用電話の開設を決めた。同課員3人が兼務で担当し、通報や相談をもとに署や県などと連携する。

 運用は1月6日から。同ホットラインTEL078・371・8974(平日午前9~午後5時半)。



 「6件を立件した」というのはどういう意味でしょうね?事件扱いをして犯人を捜したという事でしょうか?
 「立件」は法律用語ではないそうですし、無論、起訴や有罪と同義ではありません。詳細な事件報道だと、文脈から「立件」の意味が掴めますが、これだと分からないですね。
 犯人を特定したのなら、すご~い実績なのですが、そういう意味ではないようです。それとも・・・すご~いのかな?
 通り魔的な小動物殺害は犯人不明で終わってしまう事が多かったので、ホットライン開設が犯人逮捕に繋がっていく事を期待しますし、アニマルホーダーの事例のように、屋内に監禁して虐待するケースでも、警察の迅速な機動力を恃むみたいものです。

 1月6日から運用だそうです。上手く機能するかどうか、暫く様子を見ましょう。 
関連記事

【狂犬病・日本】サーベイランス体制の整備



狂犬病備え連携 宮大防疫センターと県
宮崎日日新聞 12月19日(木)11時2分配信

 宮崎大産業動物防疫リサーチセンター(三澤尚明センター長)と県は18日、狂犬病の診断や、原因不明で死んだペットの検査などについて連携協力する覚書を結んだ。県内で動物に由来する感染症が発生した場合、同センターでいち早く検査して感染拡大を防ぎ、迅速な防疫態勢の構築を目指す。



 日本でも、狂犬病の侵入に対するサーベイランス体制が整ってきました。
 '01に厚生労働科学研究班が『狂犬病対応ガイドライン 2001』を策定。'13、『日本国内において狂犬病を発症した犬が認められた場合の危機管理対応』が追補策定されています。
   
 *【台湾の狂犬病】”自然は最大のバイオテロリスト”

 2000年前後から、それまで狂犬病の無かったインドネシアの島々が発生国に転じ、台湾の狂犬病発生も、イタチアナグマの間を循環しているらしく現在に至るまで収束の気配が見えません。2013/12/11現在で、261頭が報告されています。そういう状況を反映して日本もサーベイランス体制を強化してきたのですが、一般飼主の現状認識や協力(ワクチン接種)が不可欠です。
 ワクチン接種率は40%程度と見做されており、年々低下傾向にあったのですが、台湾での狂犬病発生を機に増加傾向に転じるかどうか?どうでしょうね?
関連記事

考古学が知らせるペットの起源-【中国中央部泉湖村遺跡】約5,300年前のイエネコー

 中国中央部、泉湖村(Quanhucun)の遺跡で、約5,300年前のイエネコの骨が見つかったそうです。
 2013.12.18 WED 5,300年前の中国遺跡で「飼いネコ」を発見

 中国科学院のヤオウー・フー氏、ワシントン大学のフィオーナ・マーシャル氏等が『PNAS』に発表した「Earliest evidence for commensal processes of cat domestication」が元記事。

 参照:Cat domestication traced to Chinese farmers 5,300 years ago(2013/12/16)

 猫の家畜化はネズミ駆除が動機だったと推測されますが、泉湖村の遺跡からは、栄養補充が肉食より穀物に偏ったイエネコの骨や高齢猫の骨も見つかっているそうです。古代の人々も、身近な動物にペットに対する愛情が湧いていたのでしょうね。
 大変残念な事に十分なDNAが無く、リビアヤマネコ(Felis silvestris lybica)の血統のものかどうかの鑑定結果は得られていません。


 日本国内では、長崎県の壱岐島のカラカミ遺跡から発掘されたイエネコが最古とされていますが、今後、もっと古いものが見つかる可能性はありますね。

 九州大学の2004~07年度の発掘調査で、ゴミ捨場からネコの骨が見つかり、同研究所埋蔵文化財センターの松井章・環境考古学研究室長らが鑑定。見つかった猫の骨は1歳半~2歳で、脛骨、大腿骨等の12点。
 野生のヤマネコより骨や関節が小さく、形状が現在のイエネコと酷似し、当時、壱岐島にヤマネコがいた形跡がないことからイエネコと断定されています。脛骨を放射性炭素年代測定などで調べた結果、約2100~2200年前(弥生時代中期以降)のものだそうです。

 それまでは神奈川県鎌倉市の千葉地東遺跡等遺跡2ヶ所で確認された、13世紀(鎌倉時代)のイエネコの出土例が最古でした。
関連記事

【2013/12/17】鳥取県議会、特定秘密保護法の慎重な運用を求める意見書を可決

 特定秘密保護法の慎重な運用を求める意見書が、鳥取県議会で可決されました。
 廃案を求める共産2議員が自民13名と共に反対に回り、1票差の可決でした。政権の暴走は自民党離れを加速しており、自民党会派は議員の離脱や辞職で、今や過半数を下回る勢力となっています。(知りませんでした!)
 意見書は安陪首相、衆参両院議長に送付されます。

 意見書全文を砂場議員のブログから、以下転載します。
 提案議員:横山隆義 砂場隆浩 国岡智志 森岡俊夫 伊藤美都夫 福間裕隆 坂野経三郎 森雅幹興治英夫 伊藤保 浜田妙子(敬称略)



鳥取県議会が可決した「特定秘密保護法の慎重な執行を求める意見書」の全文

 特定秘密の保護に関する法律(以下「特定秘密保護法」という。)は、多くの法律家やジャーナリスト、市民団体が激しく反対する中、採決が強行され、可決成立した。秘密の範囲が曖昧で官僚による恣意的な秘密指定が可能なうえ、秘密指定の妥当性をチェックする仕組みも不十分で、「知る権利が阻害されるのではないか」という多くの国民の疑念は国会審議の中で、ぬぐい去ることはできなかった。政府に都合の悪い情報は特定秘密とされ、いつかきた道を歩むのではないかと多くの国民が戦前を想起して心配している。

 そもそも、国政は国民の信託によって行使されるものであり、主権者に対して秘匿しなければならない情報は基本的にはあってはならず、外交や防衛、犯罪防止など特段の事情がある場合に限って、極めて限定的に容認されるべきである。しかも、現行法体系の中でも、公務員に対する機密漏洩罪も存在している。その一方、明治時代の山城屋事件や大正時代のシーメンス事件に始まり、ダグラス・グラマン事件やロッキード疑惑、防衛庁調達実施本部背任事件、防衛施設庁談合事件など防衛費にからむ贈収賄事件や汚職事件は繰り返され、防衛というくくりで情報が秘匿されること自体に大きな問題も感じる。

 よって国におかれては、特定秘密保護法の施行にあたっては、同法を利用していたずらに国民の知る権利を阻害したり、同法を根拠にジャーナリストや法律家による行政監視活動を妨害したりすることがないよう慎重な上にも慎重に法律を運用していただくよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成25年12月17日        鳥 取 県 議 会

衆議院議長  参議院議長 内閣総理大臣 外務大臣 防衛大臣 内閣府特命担当大臣 内閣官房長官 様



 ・秘密保護法 慎重運用求める意見書 県議会で可決

 ・「特定秘密保護法で意見書を鳥取県議会で可決しました」(砂場議員ブログー会派「希望」)

 ・2013年12月18日 市谷とも子議員ブログ
関連記事

Aさんの解放と『秘密保護法』の廃止を求める12.26院内集会

 12/6 靴を投げて抗議したA氏の即時釈放と不起訴を求める署名活動 の続報です。

 A氏の勾留が延長されたそうです。勾留延長の満期は12月27日で、それまでに検察の処分決定がなされますが、勾留理由開示公判が、12月19日15時から東京地裁429号法廷(14時半傍聴券配布予定)で開かれます

 勾留延長に伴い、署名の〆切も、12月25日24時までとなりました:署名サイト
 即時釈放と不起訴を求め、支援者達は12月26日に院内集会を開催。終了後、署名を東京地検に提出するそうです。以下、転載します。


★Aさんの解放と『秘密保護法』の廃止を求める12.26院内集会

 12月26日(木)12時〜14時
 参議院議員会館1階講堂


 発言者:海渡雄一(弁護士)、鵜飼哲(一橋大学)、神原元(弁護士)、浅野史生(弁護士)、ほか国会議員・秘密法反対運動・報道関係者から。

 ※終了後、東京地検へ決議文と抗議署名の最終集約文を渡しに行きます。

 呼びかけ:浅野史生(弁護士)、一瀬敬一郎(弁護士)、鵜飼哲(一橋大学教授)、海渡雄一(弁護士)、火炎瓶テツ(レゲエ・ディージェー)、神原元(弁護士)、田島泰彦(上智大学教授)、山本太郎(参議院議員)、吉田哲也(弁護士)、12.6秘密法国会傍聴者弾圧救援会



 猶、16日0時時点で集計した署名(3726名)を、昼間に提出された模様です。:「16日提出行動の報告」。記録動画「12/16秘密法傍聴者弾圧救援会(1)&(2)」(コ、メ、ン、ト:検察はふてぶてしく時間を無駄に消費しています。単に署名受取るという業務でさえ、不誠実にだらだらと時間を延ばして嫌がらせしている。壊れてるんです、日本検察の機能が。身分証の提示を求められれば、さっさと名刺を渡せばいいんだ。頑なに意地になっている検察、これは駄目ですね。)

 ・『【秘密保護法】国会靴投げ事件 不起訴求め検察庁に署名提出』by 田中龍作さん
 
 『6日、Aさんと同じブースで国会を傍聴していて一部始終を目撃していた男性(50代・都内在住)も参加していた。男性に当時のもようを聞いた―

 (日本共産党の仁比聡平議員の質疑が終わった頃)、自民党議員たちが「質疑打ち切りと採決」を求める声を上げていた。

 その時だった。「やめろ。強行採決するな」。最前列で傍聴していたAさんはびっくりするような大きな声をあげると同時に、右足の靴を議場に向かって投げた。

 間髪を入れずに2人の衛視が飛んで来てAさんを捕りおさえた。Aさんは「放せ」と叫んだが、議場から引きずり出された。

 靴が誰にも当たらなかったこともあり、議員たちは無反応だった。』



【追記 2014/1/9】A氏は27日に「威力業務妨害」で起訴され、現在も勾留中です。
 抗議声明:12.6秘密法国会弾圧の起訴を許さない!Aさんの即時解放を!
関連記事

12/6 靴を投げて抗議したA氏の即時釈放と不起訴を求める署名活動

【拡散希望】 特定秘密保護法強行採決阻止の抗議行動に参加した方達の中から、複数の逮捕者が出たそうです。その内、1名が現在も勾留中。即時釈放と不起訴処分を求めて、支援サイト「12.6 秘密法国会傍聴者弾圧救援会」が立ち上がり、署名活動を展開中です。
 
 私も署名しました。
 (2013/12/17現在、追記:Aさんの勾留が12月27日まで延長された為、〆切は12月26日午前0時までと延長されました。宜しくお願い致します。)

 日本の警察は民間同士の犯罪被害対応には不熱心です。市民生活が犯罪行為によって乱されても、警察は社会秩序が乱されたと見做しませんが、公権力に対する抗議や批判には過剰反応する。議場に靴を投げ込んで抗議したAさんの行動が、逮捕勾留、家宅捜索、起訴するような案件ですか?

 国際世論の批判を浴びながら、異常な立法過程の中で発せられた抗議です。事件にするのは無理がある。
 靴は議場の床に着地し、誰も怪我はしませんでした。議場の誰かを狙って投げられたものではない。

 参照:あの日、傍聴席から見えたもの。の巻
 
 マスコミは「議事を妨害した」等と書いていますが、議場の議員達は最初からルール無視の騒然ぶりだった。靴投げ行為が「威力業務妨害」を成立させるような状況だったとは到底、思えない。Aさんを支援しましょう!
 以下、支援サイトから一部抜粋します。


 石破茂自民党幹事長の「抗議活動はテロ」発言以降、国会抗議行動への警備は明らかに強まりました。大量の機動隊が立ち並び、参加者の横断歩道の通行を何ら根拠なく妨害しました。そして12月5日の採決前日に首相官邸の壁に「NO秘密」と書いた1名が不当逮捕。続けて6日も国会正門前の抗議行動や、憲政記念館前の通行妨害に抗議した人計2名が不当逮捕されました。そして6日21時から再開された参院本会議の採決に傍聴席から抗議した4名が議場から追い出され、深夜まで拘束されました。そのうち靴を投げて抗議したAさんは、威力業務妨害で逮捕され、麹町署に勾留されています。

 国会内の与党議員の罵声や妨害は空前の酷さでした。野党議員が話し始めた瞬間から「やめろ!」「ふざけるな!」「あーーー!!」と純粋な妨害目的で大声を出し続け、こぶしや名札で机を叩き続けて聞こえなくさせるのです。12月5日深夜に突然始まった本会議は、生中継が無く傍聴者も少ないのをいい事に、自民党若手議員は野党に「空気を読めよ!」「聞きたくねー!」「入院しろ!」と前代未聞の差別的中傷を浴びせ続けました。
 映像: http://twitcasting.tv/nminoshima/movie/27697052
 傍聴者の解説: http://no-border.asia/archives/17256/2

 こうした結果、12月5日の委員会採決時の未定稿は、何と「・・・・・(発言する者多く、議場騒然聴取不能)」→「委員長退席」で終わっています。野党議員の最後の質問にあまりに妨害が凄まじくて聞こえず、記録に「採決」と書かれていないのです。あってはならないことで、秘密法成立は憲法に照らして無効です。抗議行動をテロと呼んだ石破幹事長のいる与党議員自身が、国会内で暴力的行為をし続けていました。これに対するAさんの怒りは、まさに私たち全員の怒りでもあるのです。

 6日夜の最後の本会議で、与党の暴力はピークに達しました。そして23時前に採決投票に持ち込まれてしまいました。これは国会前で必死に抗議する全員への冒涜だと思ったAさんは、自らの靴を投げて抗議しました。その後複数の傍聴者も怒りの声を上げました。そして抗議者4人が連行され「説教」を受け、Aさんが麹町署に引き渡され逮捕されたのです。

 しかも参議院は、福島瑞穂議員の代理である池田幸代秘書が6日深夜にAさんの行方を訪ねても「解放された」としか言いませんでした。そのため多くの人は翌7日昼に警察発表の新聞の実名報道でAさんの逮捕をいきなり知らされたのです。重要な情報をきちんと伝えず、自分たちに都合の良い事だけ発表し、抗議者を社会的に抹殺しようとする。まさに秘密法による弾圧はこの弾圧から始まったと言えます。絶対に許すことはできません。


【Aさんの不当逮捕からの時系列と今後の予定】

12月6日22時51分、Aさんが不当逮捕。参議院で拘束。
12月7日午前2時前:Aさん、麹町署へ移送。
12月8日:東京地検公安部・鈴木敏宏検事がAさんの10日間の勾留を請求し、地裁西山志帆裁判官が認める。
     救援会が発足、抗議声明を発表。
12月11日11時半頃:警視庁公安部の安田豊らがAさんの自宅を家宅捜索。

(今後)
12月16日12時〜東京地検への署名提出行動。
12月17日:勾留満期。勾留延長。
12月27日:再勾留の満期。


関連記事

【星広志】有志達の活躍 「★の最終目的地は●●署」

 【星広志:詐称や不実記載で支援金等公募】被害者はご連絡下さい。 続報。

 被害者が名乗り出たそうです。
 詐欺容疑で星を刑事告訴する準備が着々と進められています。

 星は怒りに火を注ぐのがお上手ですねぇ。
 星は今日もまた、松村さん達に対する捏造の誹謗中傷を繰り返したらしい。
 「hoshi family」コミュの記事は筒抜けで、その日の内に外部に逐次流出。
 犯罪を構成する内容記事は拡散され、怒りを掻き立てる。 
 もう許しては貰えない、「★の最終目的地は●●署」キャンペーンが展開中です。
 
 星を追い詰めているのは一般市民の有志の方々。やるなぁ、Citizen Power !
関連記事

【鳥取市】2014/1/12 土井淑平氏講演「安倍政権と特定秘密保護法」

 「9条連とっとり」主催の講演会のお知らせです。
 記念講演に先立ち、9条連とっとり総会が13:30~14:30まで開かれます。


土井淑平氏講演「安倍政権と特定秘密保護法」
2014年1月12日(日)15:00~16:30
会場:鳥取市中央人権福祉センター・大ホール

(鳥取市幸町151 ℡0857-24-8241)
主催:9条連とっとり(0859-34-5320)


秘密保護法講演チラシ
関連記事

HOSHI FAMILYの「特定秘密保護」:スパイの特定

【ニュース速報-こちら「ニャンとも言えない情報局」-】ネット上のヴァーチャル独裁集団「HOSHI FAMILY」で異変があった模様です。君臨する星広志氏の虚偽と妄想には、もうついていけないと批判が相次ぐ中、星氏の至上命令が下されました。「俺の妄想が真実だ!現実は敵だ!」
 星氏は、リアルな事実関係を妄想王国に持ち込む事を禁止。妄想患者のみを歓迎するとの意向です。
 なお、妄想患者がリアル現実社会と交流する事は、共謀、連座、唆しと見做され、処罰対象となります。王国からの追放だけでなく、報復的誹謗中傷並びに嫌がらせ提訴の処罰が下されますので、心してお仕えするように。王国万歳、集団強化の妄想万歳!裏切り者は失せろ!星氏は自分の妄想に追従する従順な臣を求めています。 
 以上、終わり。


星よ、スパイは未だ未だいるでよ・・見つけてご覧。1470270_649991805064850_830318332_n.jpg1476714_649992361731461_1551742115_n.jpg936794_649992075064823_87351989_n.jpg549599_649992168398147_723169303_n.jpg1229943_649992251731472_1977404330_n.jpg



『ニャーと鳴くと「お縄」に聞こえるのか、私も”誹謗中傷の烙印”を押されるの!
  私、テーブルの下に隠れて、沈黙を守ってるわ・・、どこか余所に移りたいのよ・・』
1504020_221164418063605_2095489666_n.jpg
画像は「optimisim-at-its-finest」>「ilove・cat
関連記事

【どうぶつ基金・佐上邦久のスラップ訴訟】移送事件控訴棄却で、特別抗告

 どうぶつ基金・佐上邦久が起こした名誉毀損訴訟。
 基本事件に入る前に、裁判所の移送を申し立ててきましたが、控訴審も棄却されました。(≧ヘ≦) !
 特別抗告を認めるという事なので、取敢えず特別抗告の申し立て。

 『民事訴訟法 第4条1 訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。』というのが前提で裁判所の決定が下されると思い込んでいたので、意外です。佐上は個人で提訴しており、第4条4の『法人その他の社団又は財団の普通裁判籍は、その主たる事務所又は営業所により、事務所又は営業所がないときは代表者その他の主たる業務担当者の住所により定まる。』には該当しません。請求額の設定も高額です。

 意外の連続で、理由書を出す前に(事件が鳥取地裁に移送されたらという条件付きで)予約済みの弁護士さんに相談しようとすると、出張中でした。やっと連絡がつき、お話しましたが、移送申立てに関しては、私が少し勘違いしていた部分もあるようでした。
 
 とまれ、特別抗告理由書は自分で作成することに。
関連記事

【倉吉】鳥取県収容犬3匹、「アミティエ」に団体譲渡

 「人と動物の会@(公財)動物臨床医学研究所」が保健所収容動物の引取りを開始しました。
 3匹の犬が「アミティエ」の観察室に移動収容されたそうです。
 「アミティエ」は鳥取県で第二種動物取扱業に登録されている施設です。
 鳥取県の動物好きの皆様、アミティエを支援していきましょう!


 新しい仲間たち > 見覚えのある犬が・・

1459305_708628159154982_1807697563_n.jpg

【鳥取県適正譲渡推進】東部総合事務所-飼主募集中 11月6日掲載
ちび3~1



1477925_708628155821649_1948377485_n.jpg

【鳥取県適正譲渡推進】東部総合事務所-飼主募集中 11月12日掲載
南田2~1
関連記事

【星広志:詐称や不実記載で支援金等公募】被害者はご連絡下さい。


 有志の方達が裏付けをとって星の”嘘”を暴露しました。
 警察、検察は大変、関心を示し、告訴に必要なのは被害者の存在と言ったとか・・風の噂ですが・・
 事件は次の通りです。このプロジェクトに寄付した方はいませんか?

1、2012年秋、星広志@Hoshi Familyは、「警戒区域汚染調査・動物調査協力隊」事業(2012/11/1~2012/12/31)の名目で支援公募をFBに掲載。

 1-1
1491749_648698538527510_618576916_n.jpg



 1-2:星のお仲間は、アニマルフレンズ新潟、ハート徳島、ニャンダーガード。
 
1463102_648698295194201_627290694_n.jpg



 1-3:星は夏堀雅宏氏に協力を依頼して、無視されたようです。
     星発案のプロジェクトの協議に「国連事務次官」も参加したとの虚偽記載。
               
1472977_648695845194446_1192260578_n.jpg


 1-4:11月6日には早くもプロジェクト延期のお知らせ。
     ここでいきなり「総本部」なるものが登場します。
     その総本部は「某町長」で、星のプロジェクト・チームに事業を委託する了承が出来ていた。
     某町は、環境省の同意を取り付けたり、国に事業を通知する最終調整に手間取っている。
     それまで待機するようプロジェクト・チームに指示がきた。
     待機中、資金集め等の体制作りは進めるんだそうです。
     
960077_648698415194189_1225901648_n.jpg


 1-5:そして新年早々、プロジェクトの中止がアナウンスされます。
     それによれば、伏せられていた某町というのは、大熊町だった。
     星のプロジェクトは、実は大熊町主導のプロジェクトで、環境省大臣の了承も内定していた。
     解散総選挙のあおりを受け、その事業計画が頓挫したんだそうです。
     つらつらと、こんな見え透いた嘘話をよくまぁ公共電波にのせて、人目に晒しますことねぇ。

     その後有志の照会に対し、大熊町は次のように回答し否定しています。
 
 
 10003081_696073087123388_1571202741_n_201405211910360c4.jpg

     
     星父子が有印公文書偽造(通行許可書偽造)で逮捕されたのは、その4週間後の2013/1/28です。
     ・星広志親子、偽造有印公文書行使等で逮捕

1098016_648686398528724_2063104724_n.jpg



2、星父子の有罪判決が確定したのが2013/8/2。
   星パパ:懲役2年執行猶予3年 罰金10万。
   星ジュニア:懲役1年6ヶ月執行猶予3年 罰金10万。
   偽造許可証没収

 2-1:判決確定後、有志が大熊町に照会をかけた。
     大熊町は星広志との間に「動物保護委託契約」を交わした事実はなく、
     星が支援公募の名目とした当該プロジェクトも大熊町主導の本部も存在しないと回答。
     詐欺師に町の名を騙られ些かご立腹です。
     【追記 2014.03.14】大熊町公式サイト
               「架空の寄附や支援金を呼びかける詐欺にご注意ください
     
 2-2:大熊町の回答文書がネット上に掲載されるや、星広志は提訴告訴の恫喝の示威行動。
     告発者達の個人情報を公募する記事を掲載。

1488153_648702548527109_187403492_n.jpg 



 2-3:カルト的支援者に無実を訴える記事も掲載。


 星 広志 > HOSHI FAMILY
 昨日 9:51、武蔵野市周辺 ・ 編集済み
 私が大熊町役場との関係で昨年動物保護を計画していたという問題で、役場へ紹介文章を出し、その回答を誹謗中傷に利用しようとネットに晒したものがいることが分かりました。そこで、本日、大熊町役場の環境課へ事実関係を調査する依頼を出しました。
 いいね!・コメントする・フォローする
 藤澤 祐子さんと他25人が「いいね!」と言っています。
星 広志
 公安も検察も、法廷には出しませんでしたが、全てのfacebookのLOGをコピーしてファイルしてたんです。それを検察官が隠していたのを偶然見ました。結局、警戒区域侵入以外は何の罪も課せられなかった。それだけ私は潔癖だったという事です。いくら他の者が私の荒捜しをしようが何も出るはずがありません。誹謗中傷が来てもドンと受け止めてやります。
いいね! ・ 4 ・ 昨日 10:38
Eriko Yatabe-Waldock
 これが動物関係のひとかはわかりませんが、動物愛護をやっている人にはちょっと変わった人、関わりたくない人がかなりいるのはアメリカでも同様ですが、保護を邪魔するとかはみたことがありません。日本は陰険で、人のあしを引っ張ろうというような人がいるのですね。新潟のイザベラさんのことでもわかりますが・・・
いいね! ・ 1 ・ 昨日 10:47


 わんにゃんさん相手に仕掛けた星の嫌がらせ訴訟。
 2013/10/9、第一審判決で星の全面敗訴。
 止せばいいのに星は控訴し、嫌がらせを延長。

 懲りない奴ちゃね。
 星みたいな手合いには、ネットは妄想を展開するツールなんでしょうね。 
関連記事

【特定秘密保護法】6日1時から、鳥取駅北口前で抗議集会!


2013/12/6 23:34 :秘密保護法案:与党の賛成多数で可決、成立 参院本会議
 NHKニュースで、1年以内の施行と言っていたな。
 抗議行動を最後まで続けた皆さん、ご苦労様でした!
 闘いは終わっていない、3年後の選挙、頑張ろう!秘密保護法はいったん成立したが、長生きはさせない。

 『附則(施行期日)第一条 この法律は、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。』-、次は政令、施行期日が決められる。
 その間、違憲審査だ!
 


【2013/12/6 追記:ツイッターから拾う。
 午後13時から本会議。
 森雅子大臣の問責決議、中川正春秘密保護法特別委員会委員長の解任決議が出ている。
 野党側は秘密保護法案の採決の前に、森さんの問責、中川さんの解任を審議する意向。

 反対行動
 ・緊急国会行動。正午から午後1時まで。参院議員会館前。
 ・緊急国会行動。午後3時から9時まで。国会正門前。
 ・大集会。午後6時半から。日比谷野音。】



 6日の参議院本会議で、秘密保護法が強行採決される見通しです。
 全国各地で多様な各界が反対声明を出し、複数の地方議会が次々と慎重審議(or 廃案)を求める意見書を可決しています。国立市議会は「秘密保護法廃案を求める意見書」を可決した!ご立派!!
 鳥取市でも、抗議を目に見える形で訴えましょう!

 明日、6日午後1時から、鳥取駅北口前で抗議集会が開かれます!
 どうぞ、秘密保護法反対の方は参集をお願い致します!

 集会後、県庁の県議会自民党議連に申入れ文書を提出するそうです。
 皆様、ご一緒しましょう!お気軽に合流して下さい!



参照:
>ツワネ原則起草に関わった22団体の一つ、「Center for Law and Democracy」理事長トビー・メンデル氏から、特定秘密保護法案を批判する同団体のプレスリリースが「明日の自由を守る若手弁護士の会」に届いた。
以下、転載。


日本:ずさんな特定秘密保護法は、国際標準を尊重していない。

 センター・フォー・ロー・アンド・デモクラシー(CLD)は、日本の国会がまさに可決しようとしている特定秘密保護法が国際標準、とりわけ、CLDが起草に参加した国家安全保障と情報への権利に関する国際的な基準(ツワネ原則)を著しく尊重していないことを憂慮する。

「私達は、日本のみならず全ての国の、本当に機密に属する国家の安全にかかわる情報を保護する権利を尊重している」とCLDのエグゼクティブ・ディレクターのトビー・メンデルは語った。
「しかし、この法律は国防を、十分に明確で正確な方法で定義づけできていない。そしてまた、公務員に、情報を秘密だと指定するあまりにも過剰な権力を与えている。」と語った。

 政府機関の保有する情報にアクセスする権利についての制限が、明確に限定的に定められなければならないということは、国際法の基本原則である。

 ツワネ原則3(a)は
「(a)「法に基づく」とは。   法は、アクセス可能であり、明解であり、綿密且つ正確でなければならない。そうすることで、どの情報が非公開となり得るか、どの情報が開示されるべきか、そして情報に関するどのような行為が制裁の対象であるかを、各人が理解できる。」としている。

 原則3(c)は、
「「正当な国家安全保障上の利益の保護」とは。   国家安全保障上の理由により非開示になりうる情報の厳密な分類は、法により明確に定められるべきである。」と詳述している。

 この日本の国会で審議されている特定秘密保護法案は、この原則から著しく外れており、その代りに、国家安全保障という理由に基づく23の曖昧に表現された分類の情報のリストが定められている。

 同法案はまた、行政機関の長に対して、情報を特定秘密に指定する過度の自由裁量の手段を与えている。

 ツワネ原則4(d)は、
「公開が国家安全保障に損害を生じるという旨の大臣又はその他の官僚による文書の発行などの、単なる主張は、いかなる場合も決定的なものとはみなされない。」と明確に手段を規定している。

 CLDは、日本の国会議員に対して、この現在の形の特定秘密保護法案を否決すべきことと、国際標準に適合しない法律は採用しえないということを強く主張する。


 ツワネ原則は、以下のサイトから見ることができる。
 http://www.law-?‐democracy.org/live/national‐security‐principles‐launched/



国連人権高等弁務官、特定秘密保護法案に懸念
日本経済新聞 2013/12/3 0:30

 【ジュネーブ=原克彦】国連のピレイ人権高等弁務官は2日の記者会見で日本の特定秘密保護法案について「秘密の要件が明確でない。政府がどんな不都合な情報も秘密に指定できてしまう」と懸念を表明した。「日本の憲法が保障する情報へのアクセスと表現の自由を担保する条項を設けないまま、急いで法案を成立させないよう政府と議会に呼び掛けたい」とも語った。

 ピレイ氏は法案が衆院を通過したことについて「状況を注視している」と強調した。国連人権高等弁務官事務所は11月22日に、言論の自由などを担当する特別報告者2人が、告発者やジャーナリストへの脅威を含むとして法案に「重大な懸念」を表明したと発表していた。


>第185回国会 参議院国家安全保障に関する特別委員会 参考人招致:
  2013/12/3
   参考人:瀬谷俊雄元全国地方銀行協会会長(東邦銀行相談役)― 与党推薦
       日本弁護士連合会(日弁連)秘密保全法制対策本部の江藤洋一本部長代行
       日本新聞労働組合連合(新聞労連)の日比野敏陽委員長

    ・全参考人が懸念表明=日弁連と新聞労連「廃案を」—秘密保護法案
     時事通信社 2013/12/3
     『意見陳述した参考人3人全員が法案への懸念を表明し、野党が推薦した2人は廃案を訴えた。』 

 2013/11/21
   参考人:元毎日新聞政治部記者・西山太吉氏
       落合洋司弁護士(元検事)
       日本経済研究センター・グローバル研究室長・春原剛氏

    ・都合悪いと隠される 元毎日新聞記者・西山太吉さん、秘密保護法案を批判 参院委
     朝日デジタル 2013/11/22
     『西山さんは「外交交渉のプロセスをいちいち公開する必要はないが、
      結論は全部、国民に正確に伝達しなければ、民主主義は崩壊する」と指摘。
      「結論を公開することを与野党共通の土台にしてほしい。
      それだけで特定秘密の領域は相当限定される」と訴えた。
      安倍政権には「権力集中には必ず秘密保全が伴うが、
      戦後、こんなに一挙に権力集中の動きが出たことはなかった。反省してほしい」と述べた。』
関連記事

震災から1000日目:12月4日、「希望の牧場」しげしげ逝く


しげしげ(茂重)享年14歳(平成11年2月-平成25年12月4日)Bar4jC9CIAEqaLp.jpg
画像提供は『上田たけし‏@uefarm
震災から1000日の昨日、「希望の牧場」の最強・最高の種牛・シゲシゲが亡くなったのかぁ  
ほんとに大きくてガッシリしていて、立派な角で存在感のある 頼れる兄貴って感じの牛さん。 
お疲れさま!ありがとう。  
※画像は2013年4月 pic.twitter.com/exUTm1FfQ5 』

「希望の牧場」のしげしげ(茂重)が死んだ。
希望の牧場・ふくしま@kibounobokujyou:悲しい知らせ しげしげが死んだ 老衰とみられる】

15歳に近い年だったが、老衰という年なのかな?私には分からない。
ネットで見ていて、その存在感に感銘を受けていた。
茂重はM牧場の種牛第一号で、牧場の発展に貢献した”別格”の存在だったらしい。
しげしげも原発事故で全てを失った。牧場は元の牧場ではなくなった。
仲間が次々に倒れていくのを毎日見ていただろう。
いや・・、しげしげは弱い牛達を押しのけた口か・・
2012/06/30、しげしげは去勢された。

希望の牧場が着地点を見つけるまで、生き延びて欲しかったなぁーと思う。
きれいな清潔な牛舎でスタッフの皆さんに囲まれ、
「おい、俺はもう死ぬぞ」と大往生して欲しかったなぁと思う。

現場を知らない私には、しげしげがどのように最後を迎えたか、詳しくは分からない。
しげしげは震災後、ちょうど千日を生きた。3年目の冬を迎える前に死んだ。
現場の方達の発信では長くは患わなかったらしい。
餌の時間に後方で静かに佇む姿が目撃されていて、その翌日に死んだという。

現場の方達は忙しい。餌の確保が緊迫の問題になっている。
現場は厳しい。生きている牛達に食べさせる事が至上命令だ。立ち止まっている暇はないだろう。
しげしげの死に特別な思いがあっても、生きている数百頭の牛が優先される。

5日、しげしげは埋葬された。画像では献花が見える。
口元にはチモシー(?)が敷かれ、バナナの房が供えられた。

もう、しげしげの立派な姿を、ネット配信で見ることもない。

BasqCI_CQAAnuK1.jpg
BatI5eFCcAAR5ug.jpg

震災後1000日のしげしげ
o0450029911754498524.jpg


238j2285.jpg
  
関連記事

「人と動物の会@(公財)動物臨床医学研究所」支援公募


転載します!

人と動物の会@(公財)動物臨床医学研究所 

.ご寄付のお願い
 現在アミティエでは下記の物品が不足しています。

 ご寄付をいただけますと大変助かります。
 皆様のご支援をよろしくお願い致します。

 ・タオル・毛布
 ・ペットシーツ
 ・猫砂(トイレに流せるタイプ)...
 ・玩具
 ・リード
 ・犬猫のベッド
 ・その他のペット用品
 ・清掃用品

 大変申し訳ありませんが、送料はご負担いただけますようお願い致します。

 宛先は下記の住所へお願いを致します。

 郵便番号:682-0643
 住  所:鳥取県倉吉市下福田706-127
      人と動物の未来センター “アミティエ”


 寄付に応じる鳥取市在住者で、まとめて送りませんか?
 12月13日までにご連絡下さい。
 
関連記事

【アニマル・フレンズ新潟】動物虐待報道の追加情報


・2013-03-24 【アニマルフレンズ新潟(Animal Friends Niigata)】動物福祉の犠牲に立つ愛護ビジネス
・2013-03-28 【アニマルフレンズ新潟】週刊新潮の記事
・2013-03-30 【アニマルフレンズ新潟の動物虐待】週刊新潮の記事 ② 

 アニマル・フレンズ新潟のネグレクト虐待報道の追加情報がネット上に出てますね。

 アニフレのボランティア関係者達の間では、施設運営の重大な問題点が繰り返し指摘されてきた経緯があるようです。間接情報ですが、デイリーミラー紙も週刊新潮の記事も記者の潜入レポートで、下の画像も、記者が直接、施設内で撮影したものだそうです。

2013/3の保護動物の亡骸画像

559804_644299392300758_742135215_n.jpg

 星広志がアニフレ援護に、「新潮もミラー紙も謝罪した」と虚偽情報を発信。画像の日付は偽造だと言い掛かりをつけていますが、根拠の無い話です。有志がアニフレに確認をとったところ、「新潮もミラー紙も謝罪していないし、これからも謝罪はない」と回答があったそうです。アニフレは多分、提訴もしていないと、私は思いますね。

 アニフレの元ボランティアさんのブログ記事も出てますね。
 震災で消えた小さな命…(1)
 震災で消えた小さな命…(2)

 こういうアニマル・シェルター運営不適格者に、施設運営停止を命じる法律がないのは遺憾です。 
関連記事

「動物の福祉を守る英国の法律」:RSPCAはいかにして動物虐待を防ぐか?


 「動物の福祉を守る英国の法律」(2013年11月24日開催)のセミナー報告が「動物との共生を考える連絡会」FBに掲載されています。是非、ご覧下さい

 講師は、「英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)」のポール・リトルフェアー氏(国際部門担当)&フィル・ウィルソン氏(告発訴訟担当マネージャー)のお二人です。

【セミナー】報告 ①

【セミナー】報告 ②

【セミナー】報告 ③

 *参照:英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)2012年次報告書



【概略】
 動物が感じる「苦痛」は学術的に計測可能であり、動物の「行動」が動物福祉を測る指標になる。
 国際的にも動物福祉学は学術対象で、多くの国が「動物福祉(向上)」を所轄する政府機関や省庁を設置し、動物福祉基準の策定や法制化が推進される流れになっている。

 英国の現行動物福祉法では、動物虐待は"Cause Unnecessary Suffering"(動物に不必要な苦痛を生じさせること)と定義され、「動物に対する直接的な暴力・虐待行為」と「適切な飼養を行わないこと(ネグレクト)」の2つに大別される。
 動物種固有の生態(行動様式、食事の摂取量、生活様式、行動範囲等々)を無視した飼養が虐待に繋がる。

 RSPCAの活動指針は「感情論」で説得を試みるのではなく、どんな人にも理解可能な【科学的な理論】で、動物が置かれている状況に社会の理解を求めていくやり方である。
 RSPCAは、次の4つのスケール(尺度)で個々の事例を検証し、ケースによっては動物の救出保護を目的とした活動を行っている。

 1)「適正(適切)- 不適正(不適切)- 虐待」

   その動物にとって、その環境下にあることが適正なものなのか、
   それとも法には反しないものの不適切と呼ぶべきものなのか、
   あるいは明らかに法律に違反するような「虐待」となるものかを判断する。

 2)「人間にとっての利益 - 動物にとっての害悪」

   人間の健康に貢献する薬品等の検査に供される実験動物や、食に供される産業動物 など
   動物に与えられる苦痛が、人間の益のために、やむを得ず行うことが避けられないものかを判断する。
     

 3)動物にとっての基本的要求

   食餌・水・温度・広さ・家や巣の状態・行動様式
   敵対動物から隠れられる場所・退屈しない刺激 等、動物の本来持つ欲求が満たされているかどうか。

 4)動物たちの「5つの自由」

   飢えや乾きからの自由(解放)
   肉体的苦痛と不快からの自由(解放)
   外傷や疾病からの自由(解放)
   恐怖や不安からの自由(解放)
   正常な行動を表現する自由


 4つのスケールは、社会の成熟度、動物に対する社会的認識、文化的な背景等により異なり、また、時代と共に変化するが、現行社会に対し広く「啓発」することが動物虐待抑止力となり、有効なアプローチとなる。


 前職が警察官の告発訴訟担当主任のフィル・ウィルソン氏は、RSPCAの研修を受け「査察官」の資格をとり、14年間の勤務を経た後、告発訴訟を担当して12年目になる。査察官には「高度な知識」、「人間的に豊かな素養」が要求され、基準に満たなければ採用されない。採用後も、査察官の仕事は半分は現場、半分は座学での勉強(7割が法律の勉強に充てられる)。
 査察官には、あらゆる階級や文化的バックグラウンドを持つ人々に的確に対応する対人技術が必要とされ、社交的で話し上手で聞き上手な人が向いている。同時に様々な重圧に耐える「精神的な強靭さ」が求められる。 

 RSPCAには「職域制限」の規定があり、「実際の現場に向かう人たち(査察部)」は、3つに区分される。
 1:330名の「inspector(査察官)」 。
  通報により現場の査察を行い、ケースファイルを作成する。
  深刻なケースは 虐待現場から動物を救出保護。最悪の事態を回避させ、安全を担保する施設に移送する。
  告訴に至るケースでは、法廷で証言する役割を担う。

 2:130名の「animal welfare officer(動物福祉担当官)」
  それほど喫緊な対応が必要でない通報にたいして、査察官の指示のもと、現場に向かって聞き取り調査をしたり、インスペクターに同行し現場での円滑な活動の助手をする。

 3:50名の「animal collection officer(動物引き取り官)」  
  主に動物の保護回収業務を担当。病院や保護施設などへの搬送等を行う。

 RPSCAは年間120万件(!)の通報の内、15万1千件に対応。
 重篤な犯罪事例約2000件を告発(現場によっては告発案件が重複するため4100件の罪状)。
 告発の罪状で1500人が有罪判決を受け、勝訴率は98%を記録している。

 RPSCAは「職員教育」「職域制限」を基盤にRSPCAのスタンダードを守り、組織として統一した基準で、動物虐待防止に当たっている。
                          以上
関連記事
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。