「NPO法人JCDL」と「NPO法人アニマルフレンズ新潟」問題の共通点

 「NPO法人JCDL」と「NPO法人アニマルフレンズ新潟」の問題点は共通しています。
 現行法の枠内で中々解決がつかない点も共通しています。
 この二団体だけに限ったことではありません。今まで幾多の類似の事件がありました。

 次回法改正で「裁判所による罰則としての飼育禁止命令」を盛り込まないと、詰めることが出来ません。
 「動物との共生を考える連絡会」が毎回、主張するのですが、やろうという動きにならないですねぇ。

 「NPO法人JCDL」なんか、あそこまで追い詰められて未だやるかと、呆然とします。
 JCDL立退き訴訟の原告は元裁判官だそうですが、現行法の限界をお感じになったのではないでしょうか?
 最終的に、強制執行直前に「NPO法人JCDL」が移転して、住民達の問題は解決したのですが、訴訟は何年もかかり、訴訟に踏み切る前段の期間も長かったですからね。
 門田は未だ愛護活動の看板を下ろさず、有償スタッフとの労使紛争も解決していません。
 移転先は施設とは名ばかりで、相当数が死んでいるそうです。

 「NPO法人アニマルフレンズ新潟」については、これから事実関係をアップしていく予定です。
 今、関係者と相談しながら調整中です。
 イザベラが団体理事長を下りてくれればいいのですが、自主的にはしないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

【星広志の不当訴訟】原判決は、本訴提起の不法行為責任を認定

 星広志が「わんにゃんレスキュー」さん達相手に起こした不当訴訟は、第一審判決は星の完全敗訴。
 裁判所は、星の提訴行を不法行為と認定し、損害賠償責任を認めています。
 
 「星広志」というグループ設定のFBで、控訴理由書を公開しています。
 マスキング漏れがあり、問題ですね。
 所詮、無理筋訴訟ですから、弁護士がついても控訴棄却の判決が出るでしょう。
 わんにゃんさん側も判決文等、裁判資料を公開しても差し支えない話ですが、公開されていません。

 原判決は、
 ①「本件犬2匹に対する所有権を取得したとの原告の主張が根拠に欠けるものである上、原告がそのことを知りながら又は通常人であれば容易にそのことを知り得るのにあえて本訴を提起したということができ、本訴の提起は被告らに対する不法行為を構成するといわざるをえない」として、原告の不法行為責任を認めている

 ②「原告のしたSNSへの本件統合は、(中略)被告***、被告***の名誉、信用を棄損する事実の適示と認められる」として、原告の不法行為責任を認めている。


 控訴審第一回公判は2月3日だそうです。
  
1661898_10200438581085874_211405509_n.jpg
関連記事

3・11被災動物レスキュー、3年目の総括:今後の展開にご注目下さい!

1617883_569984786424331_1927560140_o.jpg


 今日の午後、星広志がアップした記事です。
 窃盗で再逮捕の可能性を指摘され、怯えたとみえる。
 アニフレ擁護に見せかけて、本音は我が身を何とか庇いたいのが見え透いています。

 星、頑張れよ、お前が頑張れば頑張るほど、こちらに有利な展開となる。
 3・11被災動物レスキューの闇部分が、こういう展開で総括出来るのは願ってもみない僥倖です。
 今後の展開にご注目下さい!
関連記事

星広志、「鳥の広場」を提訴するんじゃなかったのー?

 星広志が久々に、「鳥の広場」を誹謗中傷しています。
 誹謗中傷というより、星の悪質なネットビジネスを指摘した「鳥の広場」をやっきになって打ち消しにかかり、ついでに誹謗中傷したというところかな?

 ネタは古いものですが、私が過去記事をFBに再掲したので、星が反応したのです。
 【HOSHI FAMILYの考案が詐欺ばかりだと騒いでいる愚か者たちがいる。】
 ここでも星は嘘をついています。

・『週に3日は警戒区域』は随分、回数を膨らませています。
  星は書いているほど、警戒区域に行っていないのです。

・『ただの素人が、動物愛護の専門家を差し置いて余計な奴、邪魔な奴だと思われていたのは事実だろう。』
 > 『動物愛護の専門家』って誰のこと?獣医療の専門家は獣医です。犬の訓練の専門家はトレーナーです。もっとも、トレーナーの資格認定制度は未だ未整備状態で、国家資格ではありません。
 動物愛護の市民活動に参画しているほとんどの人が「素人」ですし、素人によって支えられています。
 私も一市民の素人よ~ん。
 その素人達はピンからキリまである。
 星のように不純な動機、金銭欲と異常な自己顕示欲、社会に対する強い不満や恨みつらみ、妬みの吐け口を求めて、動物愛護活動に乗っかってくる連中がいる。
 こういう手合いに対しては、ネットの嘘を指摘して、被害を未然に防がなくてはなりません。

・『私達親子は、元々が技術者であるから、問題を解決する手段には長けていると思う。福島で活動するうちに斬新なアイディアを次々とだし、動物救援を続けていったが、その中でこの世に無い発明を幾つか編み出して幾つかは市販化されたものもある。』
 > 星の本業の一つが、性能を詐称した自動車製品のネット販売です。「幾つかは市販化」しちゃったのは事実でありまして、インチキ商品に堪りかねた従業員が公正取引委員会に内部通報し、警告処分を受けています。
 元々、脱法的なネットビジネスをやって来た手合いなんですね。

・『妨害された一例を上げれば、①気球を偏西風に載せてフードを福島原発付近に落とす作戦』
 > そうか、計画は頓挫したか、結構なことです。荒唐無稽な計画に乗るバカが少なかったという事でしょう。しかし、若干は金を集めてました。星のビジネスは大抵、そんな結果です。インチキ話を次から次へと繰り出して、少しずつ利益を得る手口。
  
 『②バリケードからの警戒区域への違法侵入。』は、警戒区域内で活動していたボラさん達にバッシングされてましたねぇ。現場ボラさんの間では、星は違法侵入を売りにして金集めに精を出す厄介者でした。
 星の顕示欲は、ハチ公連盟内部でも問題になっていました。アニマルフレンズ新潟のイザベラとシーシェパードのチャールズが違法侵入を計画していたところ、星が直前にネットに掲載した。二人は計画を中止し、急遽引き返す事になった事がありますね。非公開設定のスタッフグループのFBが、内部告発者によって「鳥の広場」に届いているのです。

 バリケードを壊したのは他のボラ達だと、星は自分の仕業を他人に転嫁しようとしていますが、コメントを入れている今本獣医師も家畜小屋を壊すのをボラさん達と一緒にやりながら、全部ボラ達がやったと言い触らしているそうです。今本も星と人間性が良く似ている部分があります。
 『福島では、いっぱい私は友人ができました。そして、福島以外の方に嫌われました。』とありますが、福島ボラさん達の間で、今本獣医師の評判は良くありません。福島以外の方に嫌われたと書いていますが、福島でも嫌われていました。福島に世界中の注目が集まる流れに便乗し、自分を売り出すチャンスととらえていて、動物達の苦境を救う意欲は最初から希薄だったそうです。目立とうとするパフォーマンスは多かったけれど、他のボランティア獣医さん達のような誠意ある働きはしませんでした。
 今本は一時期、相当、ネットで叩かれていたようですね。私は見ていませんが。

 星は福島第一原発事故の混乱に乗じて、窃盗までしています。
 しかも違法侵入同様、自らその違法行為を得々とネット上で喧伝。異常な性癖です。
 混乱のピークを過ぎた今、逮捕されれば本望でしょう?
1622720_583559891718876_300376551_n.jpg

当時、Jヴィレッジは関係者外の人間も、見咎められないで出入り可能だったそうです。
人の出入りで混雑しているJヴィレッジ(注1)には、防護服等の物資が無造作に山積みになっていた。
星父子と北田は混雑に紛れて、泥棒のし放題だったわけです。
当時彼らはいつもJヴィレッジを集合解散場所にしていたそうです。

『「イタラキッチ」=もらってきちゃったー 「盗んだことになるのかね?」』
なるんだよなぁ。執行猶予中の身に窃盗で再逮捕となることを期待するね。

1016347_583559991718866_1119653761_n.jpg

   
・『③浄水器の考案』
 > 3・11直後からインチキ家庭用浄水器が出回り、自治体のHP等で注意を呼び掛けていましたが、星の浄水器もその一つでしかありません。浄水器詐欺の警告が出回っていましたから、星の『計画は頓挫した。』模様ですが、少しは金にしたでしょう。星のネットビジネスは寸詐欺を繰返すパターンです。 
   
・『【実用化された物】』で、星は発明家を詐称していますが、業界での実績はありません。
 自動車部品の業界でも、同業者への嫌がらせトラブルをしょっちゅう起こしては、やりもしない訴訟恫喝を繰り返していたそうです。動物レスキューに河岸を変えても、同じ事。星という人間は変わらない、人並みな仕事は出来ないし、対人関係も上手くいかない。どこに身を置いても「香具師」と見做される。


 星みたいなのは法廷に引っ張り出すのがいい。
 提訴するのはばかばかしいから、星の恫喝提訴を逆利用するのが一番いい環境設定です。
 星の訴訟実績は、杉本@「詐欺師との戦い」と同じく連戦連敗です。
 星、お前、私を提訴するんじゃなかったの~?


(注1)Jヴィレッジ、18年めどに福島県へ返還 東電社長表明
朝日 2014年1月8日19時58分

 東京電力の広瀬直己社長は8日、福島県の佐藤雄平知事と会談し、東電福島第一原発事故後、東電が作業員の拠点として借りているサッカー練習施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)について、2018年をめどに福島県側に返還する考えを表明した。Jヴィレッジは、県出資の一般財団が所有している。

 広瀬社長は知事との会談後、「(20年の)東京五輪開催は良い目標になる。その1~2年前には元の通りに使えるよう工程表をつくりたい」と記者団に語った。東電によると、作業員の新たな拠点をどこに設けるかは未定という。

 Jヴィレッジは福島第一原発から約20キロ南にあり、原発事故以降、東電が有償で借り、現在は1日約3千人の作業員が、廃炉や汚染水対策に向かう際の着替えや被曝(ひばく)測定に使っている。地元や日本サッカー協会は東電に早期の原状復帰と返還を求めていた。(大月規義)
関連記事

公益的訴訟活動としての「藤猫詐欺事件」

 先日、第一審で勝訴判決が出た猫里親詐欺事件の代理人から声明が出されていますね。
 なんか、ばかばかしい非難が出たようです。植田弁護士もこまめな方です(笑い)。
 私なら白痴めいた非難は無視します。
 お金や時間、手間を考えれば、ばかばかしくてやってらんないんですよね、こんな訴訟。
 被告は生活保護受給者です。判決が確定しても、支払わない相手です。
 判例を残す目的で、経費と時間をかけて原告達は係争している。
 
 杉本弘重@「詐欺師との戦い」に対しても、公益的訴訟を起こすべきでしょうけれど(笑い)、我々誰も、今のところ起こす気はありません。杉本の方で訴えるー、訴えるーと言っているので、早く訴えてくれんかなぁーと、こちらは待ってますけどね、何もきませんねぇ(笑い)。

猫の里親詐欺事件:2014年1月17日、大阪地裁にて判決と記者会見
【猫里親詐欺】2013年4月3日提訴の大阪の事件


藤猫詐欺事件、100万円ペナルティー訴訟のご説明
植田勝博弁護士

 件名につきまして、ご説明申し上げます。

 藤猫詐欺民事訴訟で、「100万円の請求は金取り主義である」との批判の声があるとのことですが、全く誤った批判です。
   
 今回の判決は、かつて取組んだ又川猫詐欺事件では、ボランティア一人について、15万円の慰謝料をみとめており、これより下回っています。又川猫詐欺事件では、猫の返還請求を認めていますが、本件ではこれを認められていません。猫を不特定として返還を認めないとする判決が罷り通れば、猫を欺し取った者に、その猫を取得させるものとなり、保護した猫を犯罪者に与え、被害者の権利を失わせるような判決は不当です。
 
 100万円の請求額を決めた理由は、又川猫詐欺事件以降、動物愛護法の改正がなされ、行政の殺処分ゼロ、野良猫を社会全体として保護しようとする地域猫の推進という法制度において、猫の保護は公益的活動です。
 また、「保護した動物が次々逃げた」と嘘を言って猫を処分することは、動愛法の刑罰厳罰化において、一匹でも100万円以下の厳罰を受けます。
 本件は、藤が有職者と嘘をついて被害者を欺していましたが、生活保護を受けています。損害の回復をできるとは思えません。印紙代が高くなっても、藤の責任とは保護活動をする被害者の被害と、どこかに消されてしまった動物の被害の二重の被害の責任があり、保護活動の被害の損害と、動物の遺棄は一匹でも100万円以下の罰金の刑事の責任を考えれば、藤は、100万円以上のペナルティーがあります。
 その藤の責任を明確にするため、藤は、一人のボランティアと猫の二重の被害に対して、100万円以上の責任を取るべきであると社会に訴えることが本件訴訟の目的です。
 
 ボランティアの人達が、加害者からの損害の回収が不可能な状況で、見返りの無い野良猫の保護のために、加害者の責任を明らかにするため、多額の費用を負担し、また、それを受けた三人の弁護士においては、低額な費用で多大な作業にあたっている事件です。
 このような公益的訴訟活動が、藤猫詐欺事件です。
 藤は100万円余の責任を負うべき犯罪者であり、金額を含めて、社会にその行為の責任の重さを広めるべきです。「藤猫詐欺の100万円責任訴訟の重み」を社会に広めていただきたいと思います。
関連記事

【高松市】動物愛護施設の共同設置を県に提案

動物愛護施設の共同設置を提案/高松市が県に
四国新聞 2014/01/25

 全国ワースト上位が続く香川県内の犬猫の殺処分の減少を目指し、香川県と高松市が設置した動物愛護管理行政協議会(会長・大津佳裕県健康福祉部長)の初会合が24日、同市桜町の市保健所であった。市は犬や猫を長期間収容し、譲渡につなげる動物愛護施設について、県と市で設置・運営する案を提案した。今後、同協議会で検討を進める。

 昨年9月施行の改正動物愛護管理法は、自治体に殺処分ゼロを努力義務として課している。同協議会は実践的な対策を立案・実施するのが狙いで、県市の担当者6人が意見交換した。

 ハード面の対策として市は「収容機能に加え、子どもが動物と触れ合える愛護センターを市と県で整備してはどうか」と提案し、県は「収容機能のある現有施設や保健所の機能のあり方などを調整した上で検討する」と述べた。

 また、昨秋、県と市で始めた犬や猫を一時的に預かり、新たな飼い主に譲り渡すボランティア制度の登録が6組にとどまっている点を踏まえ、制度の周知を図ることも申し合わせた。

 県によると、2011年度に県内の保健所などに収容後、殺処分された犬は2591匹で処分率93・0%は全国ワースト1位。猫は2026匹で同97・7%だった。12年度に処分された犬猫は計4057匹で前年度から減ったが、処分率は9割を超えている。
関連記事

【大阪府】多頭飼育(10頭以上)届出制


犬猫飼育10頭超は届け出義務化 大阪府が動物愛護条例改正へ
産経新聞 1月22日

 大阪府和泉市で平成24年12月、元ブリーダーの女が約160頭もの犬を自宅で飼育、虐待したなどとして動物愛護法違反容疑などで逮捕された事件を受け、府が府動物愛護管理条例の改正案を2月議会に提出する。
 多頭飼いの被害拡大を未然に防ぐのが狙い。

 違反者には5万円以下の過料を科す方針。来月21日開会の2月定例議会で改正案が可決されれば、内容を周知した上で7月からの施行を目指す。

 同様の条例は山梨県や長野県などですでに施行されている。
関連記事

【放射能廃棄物】「100,000年後の安全」無料配信中(2/10正午まで)


 ドキュメンタリー『100,000年後の安全』(吹き替え版)が無料配信されています。
 無料配信期間は2月10日正午までです。東京都知事選投票日が2月9日、都民の皆様、是非、参考にして下さい。

 ・環境省サイト:中間貯蔵施設について
         中間貯蔵施設に係わるこれまでの動き
         指定廃棄物の最終処分場の候補地提示
         最終処分場跡地形質変更に係る施行ガイドライン
         指定廃棄物の最終処分場候補地の選定手順等についての市町村説明会資料



環境相、双葉町長に中間貯蔵施設受け入れ要請
2014/1/21

 石原伸晃環境相は21日、福島県双葉町の伊沢史朗町長と会い、東京電力福島第1原子力発電所事故の除染で生じた汚染土を一時保管する中間貯蔵施設について、建設を受け入れるよう改めて要請した。会談の詳細は明らかにしなかったが、環境相は「今日がキックオフ。きたんのない意見交換ができた」とした。

 伊沢町長は会談終了後、環境省が予定する住民への説明会について「近々に開催できるのではないか」との見通しを示した。ただ、政府が2015年1月を計画する使用開始時期は「国の都合であって私たちの都合ではない。町民が納得するのが大前提」と述べた。

 会談は福島県いわき市に移転している双葉町役場で行われた。



1013781_10203090102796463_1289292275_n.jpg
「うつけんlove」の鎌仲ひとみさん。


 「脱原発都知事を実現する会」が細川支援を選択したのは重大な判断ミスです。
 同じ「脱原発」を掲げても(掲げるのは簡単、子供でも出来る)原発を止めるには、これから長い地道な道程がある。
 原発ビジネスは超巨大な産業で抵抗もすさまじい。
 また、原発問題は、情報公開と特定秘密保護、地方自治体と国、主権在民に基づく民主主義的手続きと国策の実現手続き等、多方面の作業に道筋をつけていかなくては出来ない。
 細川さんはやり抜かないと思う。牽引するリーダーシップを期待出来ません。

 細川陣営は現政権と同じ政治体質。今の今まで公開討論会を避けに避けています。
 ふわっとした脱原発の民意に乗じて、選挙のトリックスターもどきに登場してきた、一度は引退した元首相達。
 ”細川でなければ勝てない”という客観的根拠なんかどこにもありません。
 細川、小泉では升添さんに勝てないのは明確。
 「脱原発都知事を実現する会」の誤った判断が、「脱原発」のチャレンジの勢を減じる結果になるのが心配。

 「脱原発都知事を実現する会」の動向に惑わされず、一人一人が冷静に判断し、投票される事を期待します。
 選挙は神輿に乗せた候補者を取巻く様々な人間関係が絡んできます。表に出ない、支援者同士の丁々発止もありがちですしね。人が集まると「席取り競争」も発生しがちですし、これまでのつきあいなんかも関係してきます。
 しがらみの無い有権者は客観的に見定めて欲しいなぁと思います。

 ・IWJブログ】 脱原発派の一部リーダーが公約正式発表前の細川護熙氏を支持、その裏側とは…
関連記事

名護市長選2014 : 稲峰氏当選-辺野古に基地はいらない!


 稲峰氏再選!
 名護市民が挙げた成果を無にしないよう、全国的な揃い踏みを横並びで目指しましょう!

 鳩山さん、出てこないの?何か一言、言ってもいいんですよ。
 「国外移設、最低でも県外」、今が絶好のタイミングじゃないですか!

 名護市長選:稲峰氏 19,839票
         末松氏 15,684票

 19日投開票の名護市長選の投票率は76.71%で、ほぼ前回並み。
 当日有権者数は4万6582人、投票総数は3万5733人。
 期日前投票者数:1万5835人(33.99%)、当日投票者数:1万9898人(42.72%)。


参照:政権、民意見ぬふり 負け見越して移設へ予防線 名護市長選、現職再選
   一強自民、高揚と不安 経済実績を強調/地方で弱体化

 党内野党の存在が無くなってしまったのは、自民党だけではないですね。
 今はさっさと党からおん出て新党結成してしまう。

 三昔前は、人を選んで投票しても、所属する「党」の方針に、議員はかき消された。
 だから、立候補者の人間と、所属する党の政策方針、党内の勢力関係等、均等に精査検証する必要があった。
 
 今は、党がガバナンス機能を失っている。
 個々の議員に締め付けを厳しくするのは無能無力の証。
 党離れも引き起こすから、難しいところ。
 政権が安定しない要因の一つかと。



追記:名護市民は語る。岡田玄 Gen OKADA @OkadaGから。

岡田玄 Gen OKADA ‏@OkadaG · 6時間 名護市長選は、現職で辺野古移設に反対する稲嶺氏が再選。きのうは、朝から辺野古近くの投票所で、一票を投じた有権者に声を聞きました。移設に賛成する人からも、反対する人からも出たのが「琉球処分」という言葉。明治政府が、琉球王国を琉球藩にし、最後は藩も解体して沖縄県にした出来事(続く

岡田玄 Gen OKADA ‏@OkadaG · 6時間
承前)琉球処分にあたっては、王国内は日本への帰属を良しとする派と清国に忠義を尽くすべきという派に二分されました。琉球側は、日本政府からの指示や命令に何度も再考を求めますが、最後は警察力と軍事力を背景にした政府に押し切られました。(続く

岡田玄 Gen OKADA ‏@OkadaG · 6時間
承前)そんな琉球処分という言葉が何度も出てくる中に、日本政府や、ひいては沖縄以外の日本への諦めや疑心をひしひしと感じました。取材していても「あんたは、ヤマトね?沖縄ね?」と確認されること数回。半分は名護の血ですよ、というと「それなら、わかるでしょう」と。(続く

岡田玄 Gen OKADA ‏@OkadaG · 6時間
承前)「どうせヤマトは押し切る」。だから、移設に賛成する人は「利益を引き出した方がいい」。反対する人は「意地を見せたい」。共通するのは「この悔しさがヤマトの人間にわかるか」。(続く

岡田玄 Gen OKADA ‏@OkadaG · 6時間 承前)ある人は言いました。イッター イルジルヤ チラヌカワドゥヤユル クルザーターヤ ナミティシラニ。あんたがたは色白だけど面の皮だけ 黒砂糖は舐めてわかる。もちろん黒砂糖は、沖縄の人のことのたとえ。「ヤマトは沖縄の人の優しさに甘えている」と。(続く

岡田玄 Gen OKADA ‏@OkadaG · 6時間 承前)金でうなづかせようという国の姿勢に批判も多かったです。「今の生活で困っていない」という人も少なくありませんでした。「この静かな暮らしは、金では買えない」という人も。(続く

岡田玄 Gen OKADA ‏@OkadaG · 6時間
承前)家族が自衛隊だけど、移設に反対という人も。「同じ基地でも、ルールを守らない米軍は、自衛隊とは違う。基地のある恩恵も、ある。でも、これ以上はいらない」。(続く

岡田玄 Gen OKADA ‏@OkadaG · 6時間
承前)こうしたさまざまな声が二万票近く積み上がりました。戦後日本の自由と繁栄の基礎は、力ではなく法が支配し、民主主義が存在したことだと信じています。日本が「国民」国家なのか、試されているのかもしれません。
関連記事

中央政府の暴走に地方議会のブレーキ:455地方議会の「脱源発」の意見書

「脱原発」の意見書、455地方議会で 原発事故後
朝日新聞デジタル 1月19日(日)

 東京電力福島第一原発の事故後の3年間で、全国の455の県や市町村議会が、原発に頼らず電力供給する「脱原発」を求める意見書を可決したことがわかった。都道府県を含めた全自治体の3割近くに達し、大半の意見書が、原発に代わって太陽光や風力など自然エネルギーを大幅に増やすよう求めている。

 「脱原発」は23日告示の東京都知事選で争点になっているが、全国各地の地方選挙でも重要テーマとなる可能性がある。

 国会に提出された地方議会の意見書を、朝日新聞が独自に集計した。参院事務局によると、原発・エネルギー問題の意見書は、事故後の3年間で計1475件あった。このうち、賠償や汚染水対策などの意見書を除き、「脱原発」を求めているものを調べた。



 長年、市民活動先行で進んできた「脱原発」ですが、漸く地方議会が、政府の暴走に真正面から意見する時代に入りました。地方自治体の揃い踏みを期待します!
関連記事

函館市の大間原発差し止め訴訟、応援します!

 国家の暴走、横暴が極限に達し、その反動で地方自治体の腰が据わってきた。
 鳥取県、米子市、境港市にも、国と中電に島根原発差止め訴訟を起こして貰いたい!



大間原発差し止め、函館市が3月提訴
函館新聞 2014/1/19

 国と電源開発(東京)を相手取り、大間原子力発電所(青森県大間町)の建設差し止めを求める訴訟について、函館市の工藤寿樹市長が3月に東京地裁に提訴する意向を固めたことが、18日分かった。2月下旬開会予定の定例市議会に関連議案を提出する考え。提訴すれば、自治体が原発差し止めを求める全国初のケースとなる。

 工藤市長はこれまで、提訴時期について「早ければ3月、遅くても6月に決断したい」と話していた。23日告示の東京都知事選(2月9日投開票)で脱原発が争点に浮上し、世論の注目が高まると判断したとみられる。

 大間原発は津軽海峡を挟んで函館から最短23キロと近く、事故があった場合、遮蔽(しゃへい)物のない函館市に被害が及ぶ危険性が高いにもかかわらず、市に対する建設の同意手続きが不要なことから、司法の手に差し止めを委ねる狙い。全国的な関心事とするため、東京地裁に提訴する方針を打ち出している。

 電源開発は福島第一原発事故を受けて建設工事を中断していたが、2012年10月から工事を再開。今春をめどに原子力規制委員会に対し、新規制基準に基づく安全対策を満たすことを証明する「原子炉設置変更許可」を申請する意向を示している。工藤市長は安全審査の時期とともに、各地の原発が再稼働を申請する動きを念頭に置きながら、提訴のタイミングを見計らっていた。

 加えて、東京都知事選では脱原発を掲げる小泉純一郎元首相が、細川護煕元首相の出馬を支援すると表明。小泉元首相の主張を全面的に支持している同市長は、元首相の強い影響力を背景に、脱原発の機運が中央で盛り上がる可能性が高まると判断した。

 工藤市長は12年9月に提訴の意向を表明し、河合弘之弁護士(東京)ら弁護団10人に訴状作成を依頼した。電源開発に対しては、福島第一原発事故を踏まえ、事故が起きると自治体崩壊の危険にさらされるとして「地方自治体の存立権」を根拠とする考え。国に対しては「福島の事故原因を究明せぬまま作られた新規制基準では、安全確保が不十分だ」として、原子炉設置許可の無効と建設停止を求める。

 提訴には市議会の議決が必要で、市は2月末開会予定の定例市議会に関連議案を提出する見通し。市議会は12年9月、同原発の無期限建設凍結を決議しており、提訴への支障はないとみられる。


大間原発差し止め 函館市3月提訴
2014年1月18日 読売新聞

 北海道函館市の工藤寿樹市長は18日、電源開発が青森県大間町で建設中の大間原子力発電所の建設差し止めを求め、国と同社を相手取り、3月、東京地裁に提訴する方針を明らかにした。提訴すれば、原発に関して自治体が国を相手に起こす全国初の訴訟になる。

 工藤市長は、これまでの記者会見などで「大間原発で事故が発生した場合、津軽海峡を挟んで最短で23キロしか離れていない函館市が大きな被害を受ける」と訴えている。函館市は2月開会の定例市議会に関連議案を提出する予定で、工藤市長は18日朝、「弁護士と協議した後、正式に表明したい」と話した。

 大間原発は2008年5月に着工した。東京電力福島第一原発事故後、建設を中断したが、12年10月に再開した。



 明日の名護市長選の投票結果に注目!
 ところで、東京都知事選、細川さんは本当に立候補するのでしょうか?
 細川さんと小泉さん、私にはトリックスター的にしか見えない。
関連記事

猫の里親詐欺事件:2014年1月17日、大阪地裁にて判決と記者会見

 「猫詐欺事件 判決と記者会見予定について」の結果はどうなったでしょう?

 刑事は不起訴となり、民事係争中の裁判ですが、被告は精神疾患を理由に出廷せず、勝訴判決を勝ち得ても被告が裁判所命令に対応しないことも想定されます。

 後程、また続けます。

 原告がブログを更新。
 猫詐欺事件 判決の報告

 報道も出ました。


「猫を幸せに…思い踏みにじった」猫だまし取り63万円の賠償命令
産経新聞 2014年01月17日18時15分

 捨て猫の新しい飼い主を探すボランティア活動をしている兵庫県や大阪府の女性5人が、飼う意思がないのに引き取りを申し出て猫をだまし取ったとして、大阪府枚方市の男性に猫5匹の返還と約550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は17日、男性に計約63万円の支払いを命じた

 返還の訴えは却下した

 判決理由で財津陽子裁判官は「男性は猫を終生飼育する意思があるとうそを告げ、5人をだまして猫を贈与させた。猫を幸せにしてやりたいという思いを踏みにじった」と指摘。一方で、「性別や毛色、写真で猫を特定するのは困難」として、返還を求める訴えを不適法と判断した。

 判決によると、5人は平成22年11月~23年10月、男性にそれぞれ猫を譲渡。その後、不審に思い猫を返すよう求めたが、猫が逃げたなどとして応じなかった。



 ところで、さて、裁判所命令通りに被告が払わない場合が多い、つまり痛くも痒くもない。
 この被告は出廷もしていませんし、裁判も判決もすり抜けて、そのままになってしまう感じです。

 判例は残るわけですから、それで良しとしましょう。
関連記事

【米オハイオ州】死刑に使う薬物変更の波紋

死刑に使う薬物変更、10分間あえいで死亡 論議も 米オハイオ州
CNN.co.jp 1月17日

 オハイオ州は、デンマークのルンドベック社が製造する麻酔薬のペントバルビタールの過剰投与(安楽死)で死刑執行していたが、欧州の医薬品メーカー各社が自社の製品を米国の死刑に使うことを禁じたため、鎮静剤のミダゾラムと鎮痛剤のヒドロモルフォンを組み合わせて、デニス・マグワイア死刑囚の死刑を執行。
 死刑囚の家族も見守る中、深い眠りに導入され、そのまま致死に至る安楽死とは言えない刑の執行となった。



訂正:米オクラホマ州で薬物注射の死刑失敗、「拷問死」との非難も
2014年 05月 2日 09:01 JST

[オースティン/オクラホマシティー 30日 ロイター] - 米オクラホマ州で29日、死刑囚の男(38)に薬物注射による刑執行を始めたところ、頭を上げて言葉も発したため執行が中断された。男は執行開始から約40分後に心臓発作で死亡したとみられる。州の矯正局が明らかにした。

死亡したのはクレイトン・ロケット死刑囚で、矯正局の報道官は「静脈が破裂し、薬物が適切な効果をみせなかった」と説明。医師が死刑執行の中断を命じたと述べた。執行に立ち会った人物はMSNBCに対し、同死刑囚が苦しんでいるようだったと述べた。

別の死刑囚の弁護人は、使用された薬物の情報公開を同州が拒否したとし、ロケット死刑囚が「拷問死した」と非難した。

死刑情報センターによると、米国では現在、薬物注射が死刑執行の主な方法となり、1976年以来、約1200人(訂正)が薬物注射によって死刑に処された。このほかの執行方法は電気椅子(158人)、ガス室(11人)、絞首(3人)、銃殺(3人)だという。

ただ、注射をめぐっては、薬物が死刑執行に使用されることに反対する製薬会社が販売を禁止。オクラホマ州などは新たに調合された薬物の使用を開始したが、死刑囚の弁護人らは、新たな薬物が過度の苦痛を生じさせる可能性があるなどと指摘していた。

薬物の不足や今回の執行中止などを受け、米国ではこれまで残酷だったり時代遅れとされてきた執行方法が再び注目を集める可能性もある。

テネシー州では今年、薬物が入手できなかった場合、電気椅子による死刑執行を認める法案が可決されたほか、ミズーリ州の議員は、薬物注射に問題が生じた場合、銃殺とガス室による処刑を可能とする法案を提出した。

*4段落目の「約1200万人」を「約1200人」に訂正します。



 安楽死と言えない死刑執行となった背景についてはこちらを参照して下さい。
 ・アメリカで「26分間苦しむ死刑」が行われている理由
  2014年04月10日 JST


 社会と個人、人間社会と動物の関係で起きる問題は、多くの場合重なり、連動します。
 人間の安楽死(死刑執行を含む)、動物の安楽死、同じ薬剤が使用されています。
 社会が人間に死を執行する場合も、ペットの場合も、可能な限り安らかにあの世に送り出さなくてはいけないという、同じ価値観が共有されています。

 ペントバルビタール(pentobarbitone)は静脈内投与,腹腔内投与のいずれも可能で,極小ペットや乳幼児の動物にも適用可能です。麻酔薬としてはペントバルビタールより安全で効果的な薬剤が他にあるそうですが、安楽死目的の薬剤としては最適だそうです。
 そのためか、ペントバルビタールは比較的高価な薬剤です。他の薬剤との競合関係で、治療現場のペントバルビタールの需要が減じれば、生産は縮小されていきます。安楽死目的の需要は、治療目的の需要と比較にならないほど少ないはずです。需要と供給の関係で、価格が高価なまま安定してしまう傾向にあるのかなと思います。

 私の情報は一昔前のもので、最新のものではないので、詳しい方がいれば教えて頂きたいと思いますし、対象が人でもペットでも、安らかな安楽死方法は薬剤の過剰投与以外にも、いろいろ研究開発されているようなので、方法論には、これ以上踏み込みません。

 死刑執行ではなく、自ら選択する安楽死(尊厳死)問題も、法制化の過程で様々な議論が行われています。
 既に法制化している国では、全体として適用範囲の拡大傾向がありますね。

 子どもの安楽死、法案が上院委通過 ベルギー

 ベルギーでは、回復の見込みがない子どもの患者と認知症の患者にも安楽死の権利を認める法案が、上院を通過したそうです。反対も根強くあるし、仮にも法制度が悪用されたり、悪意に乗じられることのないよう、リスクが排除出来るのかという疑問も残ります。しかし、安楽死の選択肢は、頭から否定出来るものではないと、私は思っています。
関連記事

【福岡市】致死処分方法の転換:麻酔薬の過剰投与(注射)で

記者有情:殺処分の現場 /福岡
毎日新聞 2014年01月16日 地方版

 記事によれば、福岡市では殺処分頭数の激減(2012年度:558匹)により、麻酔薬の過剰投与(注射)による致死処分が可能になり、2013年11月から実施しているそうです。

 また、飼い猫のマイクロチップ装着と不妊去勢手術費用の一部助成を実施していますね。年三回行っているようです。

 平成25年度第3回目の募集期間は、平成26年1月1日~1月31日まで(消印有効)。 
 対象:福岡市内で飼育されている生後6か月以上の猫
 助成額:7,500円(福岡市獣医師会から3,750円,福岡市から3,750円)
 募集頭数:145頭

 マイクロチップ装着の助成は未だ多くはないと思っていたのですが、どうなのでしょう?最新情報に明るい方、教えて下さい(^∇^)。
関連記事

【2014/2/2】 避難計画:説明・意見交換会 in 境港市

2014年2月2日(日) 避難計画:説明・意見交換会 in 境港市」のお知らせです。
 お気軽にご参加下さい(^∇^)。

 なお、
 『テーブルと椅子を移動させるので、準備と後片付けのお手伝いをして頂けると助かります。
 よろしくお願いいたしますm(__)m 』



 境港市から避難計画策定の担当部署、自治防災課危機管理局の方を招いて、境港市の避難計画の説明会と意見交換会を開きます

 日時:2月2日(日) 10:00~12:00
 場所:市民活動センター(境港市民会館1階)
 問合せ先: 090-7994-6213(浜田喜美子)  
       nonukes@my-s-pace.jp (土光 均)
 入場無料



 福島第一原発事故級の島根原発事故が起きれば、避難は計画通りにはゆかないでしょう。
 民間団体が交通網の渋滞の試算結果を公表しています。
 福島県から自主避難して来られた方々のお話を伺うと、スムースに県外脱出出来た方はいらっしゃいません。
 行政は崩壊する、社会生活を支えていたインフラも停滞します。
 そういう前提で策定された避難計画でしょうか?
 
BeE3MSyCYAEidHM.jpg


「島根原発周辺の防災対策とその問題点」について、「さよなら島根原発ネットワーク」共同代表・土光均さんの投稿文を転載します。

20140101原子力資料情報室通信(475)_島根原発周辺の防災計画とその問題点について_01

20140101原子力資料情報室通信(475)_島根原発周辺の防災計画とその問題点について_02
関連記事

東北電力株式会社(東京)が見た記事は・・「二本松市の善弘寺」関係

 いつ頃からでしょう?最初は気に留めることもなかっただろうから、はっきりしないのですが、企業名の訪問者が半年位前から増えてます。

 今日、東北電力株式会社(東京)が、ブログの訪問者に登場。ムム、ム、電力会社は気付いた範囲では初めてです。
 東電が閲覧していったのは、、なんと、なんと「二本松市の善弘寺」関連記事 。善弘寺、除染作業関連でなんぞやったんですかー?他の閲覧ページは「未登録ページ」と出てきたから不明です。

 訪問者リストに「どうぶつ基金」が日に数回ご訪問の痕跡もあるので、ちょっとサービスしておこう。少し前、東京大学がアクセス解析に登場してね、閲覧していったのは佐上関連の記事でした。
 どういうこと? (^∇^)
関連記事

島根原発2号機、次のステップ、STOP再稼働

 島根原発をめぐる運動 とくに各地の再稼働でも問題になる隣接県、自治体の動きと運動について、「さよなら島根原発ネットワーク」共同代表・土光さんが「美浜の会」に寄稿した文章を転載します。

 ”今”の問題点が、とても分かり易く明瞭簡潔に整理されていますね。


BeBubNvCIAAZNrG.jpg

関連記事

【憲法第12条】与えられた立憲主義を、私達国民は選択したのか?

 第三章 国民の権利及び義務 第十二条に曰く、  
 『 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない(後略)。』

 昨日の講演会で、司会の方が憲法第十二条を引用されるのを伺いながら、少し考えさせられました。
「日本人は水と平和はただで与えられると思ってる」とよく言われますが、主権在民の立憲主義もそうかもしれないと、改めて思った。
 日本国民は決して不断の努力をしてきたとは言えない。大体、そういう発想がない国民性です。
 立憲主義が、占領軍に与えられた、所与条件にとどまってきたと言えるかもしれないですね。

 戦後60年以上経った今、国の在り方が大きく変えられようとしている。
 これを暴走ととるか、国民の実体により近い形への回帰ととるか、一人一人が主体的に選択すべきです。
 日本人にとって初めての、主権の回復の戦いかもしれません。

 『政府は三流、国民は一流』などという、まことしやかなデマが時々流れますが、国民が三流のところに三流の政治が生まれたと考えるべきでしょう。

 若手評論家が、「時代を読む~若手論客に聞く(1)社会思想・政治学者=白井聡さん「平和と繁栄の終わり」」で語っていること、たぶん、誰もが感じていると思うのですけどね・・・


 とまれ、今は正念場、「憲法リテラシーとっとり」を再開します。
 「鳥の広場」の更新は二の次、三の次です。
 動物愛護の世界で起きていることは、日本社会の縮図です。特別なことは何もありません( ̄ー ̄)。
関連記事

【倉吉・アミティエ】犬の名前を公募中♪

1497599_728052057212592_1493584470_n.jpg

3頭の犬の名前を公募中 (*'∪'*)
人と動物の会@(公財)動物臨床医学研究所


ドッグランで遊ぶ犬達(人と動物の会@(公財)動物臨床医学研究所のFBから)
1504034_727261143958350_1495161302_n.jpg
今回エントリー中の赤い首輪の「D-8」君。
玩具を咥えたコンちゃんを嬉しそうに追い駆けています!笑顔ぜんかーい!!
関連記事

「東日本大震災が動物に及ぼした影響に関する国際シンポジウム(2013/8/24ー25)」講義録

 昨年8月24ー25日に実施された「東日本大震災が動物に及ぼした影響に関する国際シンポジウム」の講義録(日本語版、英語版)がダウンロード出来ます(^∇^)。
関連記事

ニャンダガードがディアママを提訴

 ニャンダガードがディアママを提訴。
 訴状の内容は不明。しかし、まぁ定番「名誉毀損」でしょう。

 脱法的、違法的な愛護ビジネスが、告発者を名誉毀損で提訴する逆転現象が顕著ですね。
 ディアママは「信義則違反」を申立てる事が可能だと思います。
 広島ドッグパーク訴訟の判例があります。
関連記事

特定秘密保護法廃止を求める意見書:昨年末現在、十四道県四十一地方議会が可決

【特定秘密保護法】41議会、撤廃求める 意見書可決、参院が受理
東京新聞 2014年1月6日

 昨年十二月に成立した特定秘密保護法に対し、四十以上の地方議会が成立後に撤廃や凍結を求める意見書を可決していたことが、参議院事務局への取材で分かった。事務局によると、特定の法律に反対する意見書がこれほど可決されるのは異例という。成立前にも北海道釧路町など各地方議会が廃案や慎重審議を求める意見書を可決していた。

 意見書は地方自治法に基づき、地方議会が国会や行政機関に提出する書面で、回答義務はない。撤廃や凍結を求める意見書は、昨年末までに東京都調布市や神奈川県葉山町、埼玉県宮代町など十四道県の四十一市町村議会で可決され、参院が受理した。

 抜本的見直し、慎重な運用を求めたものや、撤廃までは求めていないが反対を表明したものなどを含めると、意見書を可決した議会は参院受理分で、岩手、新潟両県議会をはじめ、十七都道県の六十八議会に上る。これ以外にも、可決されたが年末年始の休みのため未受理の意見書もあるとみられる。

 米空軍嘉手納基地がある沖縄県嘉手納町議会は「住民が生命財産を守るための実態把握さえできなくなる。今重要なことは情報公開を推進することだ」として法律の廃止を求める意見書を全会一致で可決した。

 福島県浪江町議会も「政府が東京電力福島第一原発事故の衛星画像を『秘密保全』を理由に情報公開せず、町民が無用な被ばくをした」と法律の廃止を求めた。

 高千穂大の五野井(ごのい)郁夫准教授(政治学)は「国民の反対を押し切って強行採決した法律に、納得していないという民意の表れだ。誠実に答えるのが政治の責任」と指摘する。



 関連記事(鳥の広場)
 :【米子市議会】特定秘密の保護に関する法律の廃止又は抜本的改正を求める意見書採択 
  【特定秘密保護法】鳥取の県、市町村議会の対応(2013年末)
関連記事

【倉吉・アミティエ】里親制度の開始とドッグランの開設

 「人と動物の会@(公財)動物臨床医学研究所」の施設「アミティエ」が、里親制度を開始しています。

 譲渡までの流れは、犬猫と会う前に予備審査があり、その後の講習会受講が必須です。
 譲渡は無償ですが、譲渡希望者は一般サポーターA一口以上(初回のみ入会金 2,000円、寄付/年 1口 12,000円)に登録義務あり。通常、民間保護団体が実費として申し受けている2万円に比べても6千円安い。

 Amitie ドッグランも、利用規約の遵守が求められます。利用時間は、9時~17時。1頭500円で2頭目から300円だそうです。”入場資格”なしと見做されると入れて貰えませんから、規約をよく読んでからお出掛け下さい。(^∇^)
関連記事

【特定秘密保護法】「適性評価」対象者約10万人の政府見積もり

特定秘密保護法:身辺調査10万人対象 政府、答弁で明かさず
毎日新聞 2014年01月05日 東京朝刊

 国の安全保障に関する重要情報を漏らした公務員らに厳罰を科す特定秘密保護法(先月6日成立)に基づき、「適性評価」と呼ばれる身辺調査を受ける公務員や民間人について、政府が法案提出前に約10万人と見積もっていたことが分かった。防衛産業の民間人約3200人も含まれる。政府は国会答弁で「確たる数を申し上げるのは困難」などと説明を避けており、識者は基本的なデータを開示しない姿勢を批判している。

 各省庁は、現在も内規に基づき「特別管理秘密」を定め管理している。これらは特定秘密保護法施行後、大半が「特定秘密」に移行する。この特別管理秘密を扱う国家公務員の数は現在約6万4500人であることが分かっている。

 昨年11月8日の衆院特別委で、鈴木良之内閣審議官は、適性評価の対象者について「現在の対象者6万4500人に加え、都道府県警察職員や事業者職員(民間人)も含まれる」と答えたが、人数は「確たる数を申し上げることは困難」とした。しかし、福島瑞穂参院議員(社民)が内閣情報調査室に請求し入手した二つの文書には、対象者数が記載されていた。

 このうち、昨年7月5日付文書には「都道府県警察職員約25万7000人のうち、適性評価の対象として想定される職員は約2万9000人」と記載され、その肩書を警察本部長、警備部職員、各警察署の署長、副署長、警備課員と例示していた。また、昨年9月20日付文書には「(防衛省との)契約業者における(秘密の)取扱者は約3200人」とあり、関係者によると、防衛装備品メーカーなど約30社の社員(民間人)が対象になるという。

 いずれの文書も、内閣情報調査室が内閣法制局に提出した公文書。政府は法案提出(昨年10月25日)前から対象者が約10万人になることを把握していたことになる。同室の担当者は取材に「答弁で数字を明らかにしなかった事情は分からない」と答えた。【青島顕】

==============

 ■ことば

 ◇適性評価

 特定秘密を扱う人物が情報を漏らす恐れがないかを見極める調査。(1)スパイ、テロとの関係(2)犯罪、懲戒歴(3)情報に関する違法な取り扱いの経歴(4)薬物乱用や影響(5)精神障害(6)飲酒の節度(7)借金−−を本人の同意を得て申告させる。親、配偶者、子らの国籍や住所も調べ、プライバシー侵害に当たるとの批判がある。

==============

 ◇適性評価対象者数を巡る政府側の国会答弁

 (日付はすべて昨年)

11月 8日 現在の秘密取扱者適格性確認制度の対象者6万4500人に加え、都道府県警察職員や適合事業者職員。相当数の職員が対象と見込まれるが、現時点では確たる数を申し上げることは困難

 衆院特別委で鈴木良之内閣審議官。大口善徳議員(公明)の「適性評価(対象者)の規模、数」の問いに

   28日 確たる数を現時点で申し上げることは困難。相当数の職員が対象と見込まれる

 参院特別委で森雅子担当相。福山哲郎議員(民主)の「適性評価の対象となる人数」の問いに。福山議員は答弁を受け「相当数という答えに納得しない」

   29日 現行は政府全体で6万4500人

 参院特別委で森担当相。真山勇一議員(みんな、現結い)の「適性評価の対象は何人ぐらいか」の問いに
関連記事

【謹賀新年】ありふれたファシズム、ありふれた悪

 2014年、明けましておめでとうございます。

 せわしない年末年始でした。
 特定秘密保護法の強行採決、原発を「基盤となる重要なベース電源」と位置付けた新エネルギー基本計画、憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正案提出予定の報道等々・・ありました。息つぐ暇もなく、現政権は強引に私たちの国の在り様を大きく変えようとしています。こうなると、今が正念場です。

 2014年の当ブログのテーマは、「情報公開」と「特定秘密保護」、「ありふれたファシズム」と「凡庸な悪」になりそうです。「鳥の広場」では動物愛護の世界で起きる事件や出来事を通してですけれど(^∇^)。

 映画「ハンナ・アーレント」が、全国各地で上映中でヒットしています。アイヒマンに見る、普通の市民の凡庸な悪に自分自身を重ね、促しと躊躇いのはざまで、映画のメッセージを受け止めた人は多いのではないでしょうか?
 アーレントの「イェルサレムのアイヒマン」はどこの図書館も所蔵している筈です。是非一度、読んでみましょう( ̄ー ̄)。「主権在民」の日本国の基幹が根底から脅かされる危機に、私たちは遭遇しています。平和裏に個人の日常生活を営んでいればいい時代ではありません。

 私は70年代、ヨーロッパに居ました。東西冷戦真っ只中の時代です。大学には様々な国の亡命者が在籍していました。独裁政治には言論の自由がない、言論の自由がない国で学問の自由は担保されない、生きながら精神が死んでいく自分をずっと見てきて亡命を決断した、失ったものは多いが後悔はない。あそこでは生きていけない、ここでゼロから人生を築く。亡命は、内戦や飢餓を逃れる難民ばかりではないんです。ソビエトの内務省の元高官のお話を聞いたこともあります。彼は外見的には恵まれた社会的地位にあった。家族に対する責任も感じていた。しかし体制の中でこれ以上生きていけないと、あのまま留まっていたら自分には自殺か精神を病むしか途は残されていなかったと。家族を祖国に残して亡命したため、この中年男性の心は晴れることがなかったし、西側で表立った発言も出来なかった。家族が報復を受けることを恐れていました。
 特定秘密保護法の機密取扱者の適格要件を読んでいて、私は亡命ロシア人の表情を思い出した。重圧と心労に必死で耐えながら、正気を保つ事が即ち生きる事になった、あの苦悩。その苦悩、理不尽な苦悩、悪しき制度が作り出す苦悩。

 特定秘密保護法の対象は機密を知り得る立場にある人達だけに限られません。国家機密など知り得るべくもない一般庶民のブロガーも適用対象です。国家機密漏洩を取締る法令は既に複数存在します、それなのに何故、特別秘密保護法が国家安全保障会議(日本版NSC)創設とセットの形で、強引に可決されたのか?どうもここに狙いがあるんじゃないかと、私は疑っているのですよ。



第185回(臨時会)
国家安全保障に関する特別委員会第13号(平成25年11月14日)会議録から抜粋

○國重委員 
 大変わかりやすい答弁、ありがとうございました。
 では、基本的なことをお伺いします。
 二十一条二項の「出版又は報道の業務に従事する者」とはいかなる者なのか。これまでも答弁に出ていると思いますけれども、いま一度お伺いします。

○鈴木政府参考人 
 お答えします。
 「出版又は報道の業務に従事する者」とは、不特定かつ多数の者に対して、客観的事実を事実として知らせることや、これに基づいて意見または見解を述べることを職業その他社会生活上の地位に基づき継続して行う者をいいます。
 具体的には、放送機関、新聞社、通信社、雑誌社の記者に限られず、個人のフリーランスの記者もこれに含まれます。

○國重委員 
 では、二十一条二項に言う業務とは、細かいことですけれども、別に金銭が常に発生するような業務でなくてもよろしいんでしょうか。

○鈴木政府参考人 
 お答えします。
 無償の場合も含みます。

○國重委員 
 わかりました。
 では、例えば、時事ネタ、時事評論をブログでアップしている人、そして、そのブログにもう何万人という人が見に来ているというようなブログを書いている人、こういった人は、ここで言う「出版又は報道の業務に従事する者」というものに入るんでしょうか。

○鈴木政府参考人 
 今お尋ねの件につきましては、個別具体的な状況を踏まえまして判断することが必要でありますので一義的にお答えすることは困難でございますが、例えばの話として申し上げますと、不特定かつ多数の者が当該ブログを閲覧することができ、当該ブログが客観的事実を事実として知らせることを内容とし、かつ当該ブログを掲載している者がこれを継続的に行っているような場合には、「出版又は報道の業務に従事する者」に該当し得る場合がございます



 国家の暴走にブレーキをかけるのが立憲主義です。私達も国家も、今は未だ主権在民を基幹とする憲法の下にあります。私達が主権在民を選択するのであれば、今、一人一人が暴走にブレーキをかける役割を果たさなくてはならないだろうなと、私は思います。

 鳥の広場‏@zaiyaneko のつぶやきに、複数のリツイートがありました。私のつぶやきにしては例外的です。情報公開と説明責任の姿勢がどれだけ社会を変えるか、鳥取県民は体験しています。片山県政は貴重な遺産を残していきました。
 年末に鳥取県議会が「特定秘密保護法の慎重な運用を求める意見書」を、米子市議会が「特定秘密の保護に関する法律の廃止又は抜本的改正を求める意見書」を可決しました。年が明け、県下市町村議会の意見書採択の動きを、引き続き注視していきます。
1509296_226692097510837_1581669080_n.jpg

 今年は地方選挙の年ですから、有志の方たちと語らい、県下全市町村の立候補者全員に順次、公開質問状を送る段取りになっています。立候補者の皆様、宜しくご回答下さいませ、ませ(^∇^)。
 
 「知る権利」も「主権在民」も抽象的に担保されているだけで、私達が適正に使わない限り実効力のある権利ではありません。その上、国民が無関心にお任せ状態でいれば、法令や憲法が180度向きを変える方向に改正されてしまいます。
 
 知る権利と簡単に言いますが、そこらの愛護団体の実態でさえ、内部関係者の告発があって初めて出てくる事が多いのです。それも”オフレコ”でという場合が圧倒的に多い。オフレコ情報は、何も変える力がありません。情報提供者は厄介ごとに巻き込まれることを恐れ、相手方の嫌がらせ(ネット上での虚偽の誹謗中傷、恫喝提訴や告訴等)を回避し、こそこそと極秘極秘と囁きます。
 日本人は元々、”腰抜けチキン”のDNAなのでしょうか?それとも、社会のあらゆる場面で”卑屈な腰抜けチキン”になる事を学習させられてきたのでしょうか?
 
Bb69L_5CMAA8wlT.jpg
「パッと見ただけでは成功か失敗かなんてわからない」
人生で大切なこと‏@jinsei_taisetu さんのつぶやきから
関連記事
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR