倉吉・アミティエのタマちゃん

 新しい仲間「タマちゃん」 1月19日
 profile_tama_photo01.png



 未だ譲渡公募にはかけられていませんが、その内デビューするでしょう。
 少し緊張気味ですが、筋のよい猫ですね。
 良い出会いに恵まれますように

 アミティエには他にも沢山のが、飼主さんとの出会いを待っています(*^_^*)。


 福島からやってきたクゥちゃん
被災犬の中で最後までアミティエに残り、
私の中では”別格看板犬”のイメージです( ^ω^ )。
例えここで一生を終えるとしても、充分幸せな晩年だと思います。
一度会いたい。クゥちゃん大好き(* ´ ▽ ` *)
profile_photo_ku01.png
関連記事
スポンサーサイト

2015/12/12 「災害時動物医療―伴侶動物を守るために」

 ブログ「幸せなペットを増やすために」さんのレポートです。
 
 All hazard approachの策定と平常時からの人材育成(獣医療関係者&ボランティアと飼主の両方)。
 この体制作りだけでも大仕事、年数がかかります。
 地域やボランティア団体等に格差が著しく、地域に根差した体制作り、人材育成が大事ですね。
 『(ボランティア)スタッフが個別に自己判断に基づいたバラバラの行動をとらないよう徹底しておくことが重要』。
 
 新潟県は進んでいますよ。
 鳥取県はこれからですが、「人と動物の会」の存在がありますから、着実に進んでいくと思います。
 私も「鳥取共生動物市民連絡協議会」の活動を再開し、体制作りに努力していきます。
 
 
関連記事

【控訴審 佐上邦久 vs. 鳥の広場】2016/1/26 弁論終結、和解協議へ

 2016/1/22付けで控訴答弁書を提出(ブログ掲載は2月上旬になります)。
 2016/1/26(第2回控訴審)、大阪高等裁判所へ行ってきました。  
 この日で弁論は終結し、裁判所から和解提案がありました。
 本件第一審で提案された裁判官作成の和解案(非公開)をベースに協議する点で双方が同意しました。
 第一審で私は同意し、控訴人(佐上)側が拒否した案です。
 2月9日期限で佐上が裁判所に回答し、2月12日に和解協議(電話会議)が開かれます。
 
 和解不成立の場合は、3月24日に判決。
 
 猶、現在、5名の方から裁判支援を頂いています。
 有難うございました。
 大阪府河中さんと愛護活動仲間他2名(匿名希望)の方
 東京都A・Tさん、鳥取市S・Yさん
 会計報告は口座の画像添付の上、当ブログでおってしていきます。
関連記事

【全ての生命を尊ぶ会】2016年1月20日付け「告訴の件」

  告訴の件@「全ての生命を尊ぶ会 」

 それによると、武田は私について3件告訴をしていた。
 2015年12月28日付ですべて不起訴。

 後続2件については初めて知りました。
 検察は、被疑者である私に一切何も知らさず、不起訴処理していた。
 お蔭様で、煩わされずにすんでおります。

 弥生ちゃんによれば、まだまだ他の告訴を連発してるそうですW(`0`)W。 異常ですが、本人は大真面目です。
 「「すべての生命を尊ぶ会」武田浩昭&弥生」は告訴しないの?(*´v`)

 武田は、動物保護活動家2名に不当提訴もしていますが、今年度中には判決が出るんじゃないかな?
 武田の異常ぶりは裁判でも変わらないそうですよ(-∀-)。
 本人尋問は傍聴に行く予定です。その時、裁判記録を見せてもらえればと思っています。
 
 
 明日は全国的に数十年ぶりの大寒波。
 鳥取市も氷点下4,5度の予報です。
 皆様も、お気をつけてお過ごし下さい。
関連記事

【公益法人の闇】善弘寺の貧困ビジネス

 愛護ビジネスに参入してくる反社は、他分野ビジネスでもまともな事業はしていません。
 金になるならなんにでもの、多業種操業。
 善弘寺の貧困ビジネスが、昨年末、大きく報道されました。

【参照過去記事】
 ・<警戒区域は金になる>二本松市善弘寺の登記簿を読む
 ・【三年後の総括】警戒区域の反社達:二本松・善弘寺と遠藤カズオ



逃げ出した元入居者「弱み付け込む」 生活困窮者の住む施設…実態は
2015年12月30日 埼玉新聞

 さいたま市は今月16日、宗教法人善弘寺分院宗永寺(本部・東京都足立区)が運営する同市岩槻区鹿室の無届け施設について、新たな利用者を制限する行政処分を行った。同市の「貧困ビジネス」を規制する条例に基づく行政処分は初めて。一方、宗永寺が運営する別の施設では、支援者に助けを求める入居者もいる。届け出されている市内の別の施設から逃げ出した男性(56)は埼玉新聞の取材に「入居者は弱みに付け込まれ、囲い込まれている」と実態を語った。
 
 宗永寺は今回行政処分を受けた施設のほかに、市内4カ所で生活保護受給者が入居する施設を運営。いずれも条例に基づく届け出がされている。男性は2011年から宗永寺が運営する2施設で生活してきた。都内のJR新宿駅近くの公園で職員から、「暖かい部屋、毎日の食事がありますよ」と声を掛けられ入居した。
 
 男性によると、入居者に与えられる部屋はベニヤ板で仕切られた3畳ほどの空間。月々の生活保護費約12万9千円は、支給日に施設に「没収」される。そこから平均して6千円~9千円が手渡されるほかに、一日に千円が支給される。男性は「昼飯を買い、一日中部屋でテレビを見る生活で気が変になってしまう。だんだん、考える力がなくなり、現状から抜け出すことを諦めてしまう人も多かった」と振り返った。
 
 男性は別の入居者とともに昨年10月ごろから約半年間、市が行政処分を出した無届け施設の開設準備に携わった。トラックで大量の家電や家具などを運んだという。働いた報酬として一日に千円が渡されることもあった。
 
 男性は今月上旬、「普通の生活がしたい」と、施設を逃げ出した。生活困窮者を支援する「反貧困ネットワーク埼玉」に相談し、新年からアパートでの生活が始まる予定だ。男性は「劣悪な環境に耐えられず逃げ出す人を何十人も見てきた」と指摘するが、行き場を失い再び施設に舞い戻る人も多いという。
 
 市によると、施設は元工場の倉庫4棟を改修し、居住施設や事務所などとして使用。99人の収容が可能で、男性62人(28日現在)が入居し、全員が生活保護受給者または受給申請中だという。市は今後、入居者の転居支援を進め、施設を閉鎖する方針。また、市内の四つの届け出施設についても「条例に基づいて、従前通り指導をしていく」としている。
 
 行政処分を受けた無届け施設の関係者は埼玉新聞の取材に対し「代表者は不在なので分からない」とコメントした。
 
 生活困窮者の支援を行うNPO法人「ほっとポット」の宮沢進代表理事(社会福祉士)は「無届けの施設では、入居者が不利益な扱いを受けていても行政が把握できない。悪質な事業者に付け入る隙を与えないよう、行政が引き続き適正な運営を促していくべきだ」と話している。




善弘寺って、あの善弘寺?
宗教法人善弘寺(URL:http://zenkouji1.com/)公式サイトに、
宗永寺(本部・東京都足立区)ー載ってますね。

syuueiji.png

「墓地も本堂もない」という宗教法人善弘寺さん、他にもいろいろやってます。
被害も既にでているようですが・・・・ 
マル暴さん、全然働かない。昼寝でもしてるんでしょ。

これが「公益法人の闇」でなくて何なのだ?そのものズバリじゃないですか!

12508870_1665771133692664_7455123776062171734_n.jpg
12524206_1665771093692668_9037396687204199658_n.jpg

関連記事

平成27年12月をもって福島県動物救護本部三春シェルターが閉鎖。

 平成27年12月付け「福島県動物救護本部三春シェルターの閉鎖について

 4年8か月にわたる長期の活動、本当にご苦労様でした。
 未曾有の大災害が福島第一原発事故を引き起こし、福島県は他の被災地とは別途、苦渋に満ちた復興への道程を模索せざるを得ませんでした。動物救護本部の活動が異例の長期化をみたのも、原発事故の特異な状況を反映しています。福島県では、県ではなく県獣医師会が動物救護本部を立ち上げましたが、これも異例な事でした。
 
 福島県動物救護本部義援金口座は、平成26年(2014年)4月30日をもってを閉鎖され、三春シェルターは義援金残額で昨年末まで運営され終了しましたが、資金には困らなかったと思います。
 *義援金総額は453,155,113円(緊急災害時動物救援本部からの義援金配分・福島県等からの業務委託料・缶バッチの売り上げを含む)。  「福島県被災ペット救護に係る義援金の御礼 」を参照のこと。

 ところで、福島県動物救護本部の活動終了に伴い、またぞろ、緊急災害時動物救援本部に対する筋違いの中傷がインターネット上で拡散されています。彼等の主張は、他人様の懐を狙った”たかり”めいたものとしか思えません。

 中傷の発信者はいつも同じです。「犬猫救済の輪」と称す、エンジェルズ・林俊彦、どうぶつ基金・佐上邦久と関係のある団体です。神奈川県ボランティアの方達の話では、「私の知る限り、25年間に渡り犬猫保護で生計を立てている人」「結昭子は本名ではない」「関わらないようにしているボラさんも多い反面、”餌”につられた人が集まっている。餌に釣られた後、酷い目にあって逃げて来る人もいる」「もう70近い人。悪徳ブリーダーと同じで、後継者にバトンタッチもせず、最後までレスキュー家業にしがみついているが、健康ではない。それだけの働きが出来ない以上、客観的には引退が妥当」等々。

 wikiによれば、通称名の使用に法的規制はないが、通名での法律行為は不可、しかし『在日外国人の通名は、居住する区や市町村への登録を条件として、住民票に記載され、法的な効力を持つ。2016年現在の実務上、通名は登記などの公的手続に有効に使用することができ、契約書など民間の法的文書にも使用できる(単なる自称では、詐欺罪や文書偽造罪などに問われる場合がある)。』そうです。
 いずれにしても、犬猫保護でメシを食う以前、40代半ばまで何をしていた人かは、神奈川のボラさん達の間では不明だそうです。

 救援本部に対する中傷に関しては別記事で少し触れておきます。
関連記事

「被曝牛の飼料」を「汚染牧草」と言い換える福島県は不愉快!

 「被曝牛の飼料」を「汚染牧草」と言い換えて、あくまで搬入を妨害しようと国に法整備まで求める福島県。
 汚染された福島は除染で元には戻らない。汚染されたのは福島だけではない。
 今も汚染は進行中だ。
 そこに住み続けるのか、離れたいのか、住民一人一人が決める事だし、選択の自由を担保する経済的賠償をする事からスタートすれば、物事は合理的に収まるべきところに収まっていっただろうに・・・。

 原発を誘致したのは誰なのだ?福島県は承認した事実を棚上げして物を言っている。
 国に積極的に依存し追随する姿勢は、3・11以後も少しも変わっていないとしか思えない。
 福島県の対応は不愉快である。
  


<原発事故>森林除染見直しを 福島県など要望
河北新聞 2016年01月05日

 東京電力福島第1原発事故の被災地の森林除染をめぐり、福島県と同県の被災市町村は4日、除染範囲を森林全体ではなく住宅周辺などにとどめる国の方針を見直すよう環境省に要望した。調査研究を進めながら、森林全体の放射線量の低減につながる方策を示すよう求めた。
 畠利行副知事らが丸川珠代環境相に要望書を手渡した。畠副知事は国が昨年12月に示した森林除染の方針に対し、「『(全体を)除染しない』と結論付けず、実効性ある方策を構築してほしい。避難区域には周辺を森林に囲まれた集落が多く、住民は不安を抱えている」と訴えた。
 丸川氏は「福島県の皆さんにとって、森や林が暮らしの一部であることをしっかり受け止める」と述べたが、方針を再考するかどうかは明言を避けた。

 県側は要望で、白石市が昨年10~11月、原発事故に伴う放射性物質を含む市内の牧草を被ばく牛の餌として「希望の牧場・ふくしま」(福島県浪江町、南相馬市)に運び入れた問題にも言及。汚染牧草を福島県内に搬入させないための法整備などを環境省に求めた。



関連記事

2016年 謹賀新年

2016年 新しい年よ、ようこそ!

10400785_1120207944657665_7112537079832468947_n.jpg

サル年に倣い、今年は
「見ざる、聞かざる、言わざる」を旨とし、
・・・・てなわきゃないよなヽ(´∀`)ノ

”ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる。”
(A dream you dream alone is only a dream. A dream you dream together is reality.)
一人一人が、
みんなで共有できる確かな小さな小石を置くことで
物事は変わっていきます。

2016年は、私にとって転回点となる年、
着実に一歩一歩固めていこう。
今年もやっぱりBで行く(#^.^#)

1919090_952012168221482_2748968580134984634_n.jpg
『聞いてござる、話してござる、見てござる』だそうです。

B型のうた
我儘結構、自己中結構、今日も行きます我道を。

他人が何と思おうと、人生悔いはありません。
陽気で寡黙な性格です。躁鬱病ではありません。
ついてこなくて結構です。こちらも勝手にやってます。

好きな人には尽くします。とことん助けて差し上げます。
嫌いな奴らはシカトです。この世の末までさようなら。

勝てない勝負は致しません。熟慮の末の不参戦。
一度始めた勝負なら、たとえ死んでも負けません。

いつでも話は真っ直ぐに。隠し事はありません。
飾る言葉もありません。きつい言い方得意です。

考え事は大好きです。独自のアイデアひねります。
実行するのは面倒です。途中で止めても平気です。


お世辞言う奴ムカツキます。心のない奴わかります。
批判されると嬉しいです。心のある人わかります。


ヴァカは相手に致しません。ヴォケもきっぱり拒否します。
最初の一目でわかります。
世の中、敵か味方かです。

自信に満ちた思い込み。思い立ったらすぐ実行。
平気で均衡破ります。後でクヨクヨ悩みます。


激怒の後の大笑い。気分は気分で変わります。
炎が燃え立つ時あれど、三歩あるけば忘れます。


いつでも直球勝負です。他に球種はありません。
姑息な手段を使うなら、人間辞めた方がマシ。


「目には目を」が信条です。恨みは倍で返します。
たとえどこへ逃げようと、地獄の底まで追いかけます。

媚ません。へつらいません。曲げません。
とことん道を追求し、あっさり事を投げ出します。


細かい事は気にしない。
ネチネチつまらん話すな。くどい言い方嫌いです。
話は一度で充分です。

世の中Bだけ居たならば、話はすんごく早いのに。
oioi オマイラAですか?邪魔です。そこをどきなさい。

天が与えしこの血潮、ますます磨きがかかります。
次に生まれて来る時も、迷わずBを選びます。
関連記事
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:080-3882-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR