名誉毀損あるある:芸能人と反社会的勢力の交際を巡る名誉毀損事件

 この裁判は、どうぶつ基金・佐上邦久が私を告訴提訴した名誉毀損事件と争点が同じです。
 私の場合は第一審で完全勝訴、控訴審で和解に応じ終了しています。

 2000年代に入り、政治家主導で名誉毀損の裁判所の認定は異様に厳しくなり、訴えられた側は圧倒的に不利な状況におかれてきました。滅多に「真実の相当性」を認めない判決が続いたのです。
 最近、風潮が変わってきたのではないですか?


元女優の交際めぐる「週刊文春」記事の名誉毀損訴訟、文藝春秋が逆転勝訴
弁護士ドットコム 4月28日

 「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、元女優で、現自民党東京都みらい創生支部長の田島美和氏が、発行元の文藝春秋に謝罪広告と損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が4月28日、東京高裁であった。高世三郎裁判長は、文藝春秋に謝罪広告の掲載と440万円の支払いを命じた1審判決を取り消して、田島氏側の請求を棄却する判決を言い渡した。

  田島氏は、週刊文春が2013年5月から6月にかけて、週刊文春誌面やそのウェブサイトに掲載した記事で、「過去に暴力団組長と男女関係があった」などと報じられたことで、自民党から立候補を予定していた同年7月投開票の参議院選への出馬を断念せざるを得なくなったとして、謝罪広告と損害賠償を求めて提訴した。

 1審の東京地裁は、週刊文春の記事が依拠した証言について「客観的な証拠に沿わない不自然な内容で、不合理に変遷しているため、信用できない」と判断。記事の重要部分が「真実だと認められない」として、謝罪広告の掲載と440万円の損害賠償を文藝春秋側に命じた。文藝春秋は「不当判決」として控訴していた。

 2審の東京高裁は、週刊文春の記者が、記事の重要部分について「真実であると信じたことには相当な理由がある」と判断した。記事掲載については、故意または過失を欠くため、名誉毀損はみとめられないとして、1審判決を取り消して、田島氏の請求を棄却した。

 文藝春秋は、弁護士ドットコムニュースの取材に「取材の正当性を認めた当然の判決である」とコメントした。


関連記事
スポンサーサイト

アニマルフレンズ新潟運営破綻

 イザベラさんが漸くギブアップしました。債務まみれの経営放棄。
 すがった先はニャンダーガード。ニャンダーを紹介したのは星広志です。

 残務整理に他県の団体を呼び込む形となりました。
 何とかそれは阻止したかったのですが、誰もイザベラさんを説得出来なかった。
 ニャンダーガードが「グレイなのは知っている」とイザベラさんは私に言った。
 でも困っている時、お金を持って来てくれたのはニャンダーだけだったとも。
 金の苦しみ一色で、自分の人生が借金まみれになる危機感で一杯のようでした。

 でも、債権者は新潟動物ネットワークに近しい地元の方で、常識的な普通の方。
 ニャンダーガードを間に入れなくても、分割払いの話し合いに応じられたでしょう。、
 イザベラさんは地元の人間関係を悪化させ孤立する中で、不合理な選択をしました。
 債権整理も施設収容動物の行く末も、地元で対応するのが一番良い選択だった。
 
 ま、しかしイザベラさんがそう決めた以上、今は静観するしかない。
 ニャンダーが公表しましたから変更はないでしょう。
 「その1627 ミッション アニマルフレンズ新潟を救え!
 (にゃんだーの記事には嘘があります。アニフレの惨状はデマではなく事実(´・_・`)。ニャンダー達はアニフレ崩壊をネタにこれから支援金を大々的に募るでしょう。支援金が適正に使われればいいですが・・)

関連記事

2016年熊本地震:不可解なツイッター拡散現象

16425ange.jpg

この記事を投稿した途端、林の投稿は(私の目から)消えました。
設定を変えて「お友達」にしか見れなくしたとか?

でも、もうプリントアウトしてしまったよ(*´v`)。


リツイートは4万ゆきそうです。
しかし、なしてこうなった?
ツイッターのメカニズムは不可解です。
突出したリツイート数になっても、果たして私の警告が有効に作用したかどうかは分からない・・
ネットが空しく感じられるのは、現実の手ごたえが実感出来ない点ですね。

16425ange2.jpg
関連記事

2016年熊本地震:エンジェルズのワンパターン

 昨夜22時頃、エンジェルズがかような記事を発信。
 「都合の悪い真実」がネット上に出ると、告訴提訴の恫喝で言論封殺にかかるのは毎度のことです。
 
 告訴された方はご連絡下さいませね。


facebook林 俊彦
20時間前

 ご注意ください。
 最近、エンジェルズ及び私、林 俊彦に関して、悪質な誹謗中傷の記事を拡散シェアされている方がおられます。
 事実確認をしないで噂を信じてシェアされてますが、これは犯罪になります。拡散シェアしたら同罪になりますので、早期に削除及び謝罪を求めます。放置された場合、拡散シェアされた方は、告訴の対象となる事を申し添えます。
 記事を拡散シェアする場合、事実確認を必ずしてからにしましょう。相手に対して多大なる迷惑になります。

 大元の発信先、鳥の広場のチッチという人物は名誉毀損罪で処罰、逮捕されている人です。
 同じ事を繰り返し起こす犯罪者ですので、ご注意下さい。
 それを知らずして、拡散シェアされた方も同罪となり罰せられます。

              エンジェルズ 代表 林 俊彦



関連記事

2016年熊本地震:不思議と食付きがいいエンジェルズ話題・・・


ツイッターが大変なことに!
質問もでているようですが、到底対応出来ません。
東日本大震災の時のように、連日情報を発信することは出来ない状況にいます。
あれから5年、私も60半ばを超えました。
鳥の広場を整理削除して、ブログを終えようと考えていた矢先です。
エンジェルズ(旧アークエンジェルズ)関連の告発記事はネットで検索すればヒットしてきます。

エンジェルズ被害の訴え、告発サイトは残存の何十倍もありました。
林の告訴提訴の恫喝や職場等への嫌がらせで、
それらのサイトはパタパタと削除されていきました。

東日本大震災で被災地に乗り込んでいったエンジェルズが何をしたか、
改めて書く時間がとれれば良いのですが、生憎パソコン環境にいませんので、難しいです。
悪しからず・・

ange2016419.png
関連記事

【拡散希望】被災地は金になる、2016年熊本地震のエンジェルズ

 エンジェルズに犬猫を預けてはいけません。

 普段は訪れる人も稀な我がFBが、上記記事は例外的に千単位のリーチ(現在1262人)、十単位のシェア(現在26件)やいいね(現在13人)。おまけに林俊彦シンパなんなのか、ただのネトウヨなのか知りませんが、柄の悪いコメントまで入り候。
 林君って人気あるんだね 笑い


画像を追加(4/18 0:58)。あらぁ増えてる。
2016418ange.png

増え続けてる・・・
2016418ange2.png




 熊本地震、これが終わりではなく、最悪の事態の始まりの懸念が払拭出来ません。
 天災にはかなわない・・

 気象庁の「地震情報(地震回数に関する情報)」
関連記事

喪中につき、ブログのお休み

 ブログを5月下旬までお休みします。
 喪中にござる。

12931281_1703618573241253_6328094685369614497_n.jpg


12931301_1703566189913158_9088261067955942729_n.jpg
関連記事

アニマル・シェルターで21年、気難しいティリーは24歳

 収容されている他の猫とは上手くやっているそうです。
 障害猫の世話などするらしい。
 ほんのちょっとした点が支障になって、誰もティリーを欲しがらなかった。
 異種間のつきあいが苦手なのでしょうね、必要を感じないというか、人間でもそういう人はいます。
 猫の流儀ーちょっと噛んでみせるのは猫同士なら別に・・
 甘え噛み以上、でも手加減して噛む。一種の怒りの表現よね。猫の流儀です。
 多くの人には通じない流儀かも・・・(*´v`)

 ティリーは写真で見る限り白内障も出ていないようだし、素晴らしく健康な24歳。
 まだまだ長生きしそうです。
 大往生を遂げた日には、新聞の1面を飾りそうです。

PAY-tilly.jpg

出典:英ミラー紙 2016/4/4付け
'Oldest rescue cat' in UK may be most rejected after being rejected 30,000 times by potential owners
関連記事

環境省「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」に基づく台東区の試み

 環境省の「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」に基づき、台東区が打ち出したモデル事業です。
 なるほど、諸費用免除の発想もありですね(* ´ ▽ ` *)
 現場はいろいろ考えています。
 成果はあがるでしょうか?今後のデーターに注目です。

 台東区公式サイトから
 ≪全国初≫犬の譲渡推進に向けて保護犬の登録手数料等を免除します



台東区
保護犬引き取り、諸費用免除 殺処分減へ、全国初の試み /東京
毎日新聞

 台東区は4月から、都動物愛護相談センターで保護された犬を譲り受けた区民に対し、犬の登録手数料などの支払いを免除する。全国初の試みという。

 区は、住民が保護された犬を引き取りやすくするため、免除を決めた。センターは八王子、町田両市を除く都内の捨て犬や野犬を保護している。統計によると、センターに保護される犬は年々減少しているものの、2013年度に707頭、14年度には475頭だった。

 免除対象は、登録手数料(3000円)▽狂犬病予防注射済票交付手数料の初回分(550円)▽区が運営する犬のしつけ教室の参加費(2000円)▽狂犬病予防注射摂接種料の初回分(3100円)。

 区台東保健所の担当者は「殺処分される犬が一頭でも減ってほしいとの思いで考えた。保護された犬の譲渡がさらに進めばと思う」と話している。【柳澤一男】



関連記事

武田弥生の告訴空振り4連発

 私を被告訴人とする武田の告訴6件の内、1件が3月31日付けで不起訴処分になったと連絡を受けました。
 武田の告訴の処分結果と、告訴の内容は教えて下さいと鳥取地方検察庁に申し入れしておいたのです。今後も連絡下さるそうです。なんせ、私は呼び出しも受けないんですからね。弥生ちゃんがブログに書くから、告訴されたと知るわけで、武田が書かなきゃ、武田に告訴された事実も、被告訴人の私としましては知るところではありません(゚∀゚)。

 ちなみに、テツコちゃんの点滴を準備している時に、検察の連絡を受けました。こんな時に、そんな話?冗談きついよなと思いましたね。

 当該告訴は1月20日頃の私の記事における「虚偽情報」「口コミ」「劣悪な犬猫引取業」等の文言が対象との事ですが、今検索しても日付に該当する記事が見当たらない。日付を聞き間違えたのかもしれません。さような事を書いた記憶はありますね。
 (追記:2015-11-20付け「【武田弥生@全ての生命を尊ぶ会】武田の虚偽」の事ですかね?)

 警察が武田に関して捜査した事実関係や、私が武田を告訴した時に添付した証拠資料等に照らし合わせ、不起訴だそうです。弥生ちゃん、4連敗です。
 
関連記事

【どうぶつ基金・佐上邦久(原告) vs. 鳥の広場】和解要項の履行

 佐上も和解要項に沿って「またたび獣医師団」の記事(箇所)を削除しています。

 これで完了です。
関連記事

【最後の猫、テツコちゃん】最後のday by day

 テツコちゃん、いよいよ腎不全末期です。
 16歳は早すぎる・・・、諦めきれない気持ちで3月末を過ごしました。
 3月中には死んでほしくなかった、生きて春を迎えて欲しかった。
 死よ驕るなかれ!

 3月末、毎日の点滴で大量の排尿をするようになり、体中の水分が抜け出ていくようでした。
 肩甲骨の間の下辺りが点滴針を刺す部位なのですが、骨に皮が張り付くようにみずみずしさを失い、点滴もしずらくなりました。針が皮を貫通して、液の噴水が噴き出たことも。
 入れただけ出てしまうのかと、点滴を中止。
 最初の1日目、テツコちゃんの体はみずみずしさを取り戻し、階下に何度も降りてきて、ごろんにゃんと喉をのばし、私が動くのを眺めていました。二階のコタツに私が座ると膝に乗ってきて、食もそれなりとっていた。

 夜中に嘔吐が始まり、夜通し頻繁に移動していました。気持ちが悪かったのでしょう。
 翌日には足元がふらつくようになりました。もう何も言いません。
 複数回、胃の中の残留物を吐きました。
 
 私は意を決して、30日の夕方には点滴を再開。
 主治医は休診日でした。
 翌31日、テツコちゃんを伴い、先生に今後の治療について伺いました。
 点滴の間隔と分量を微調整しながら、点滴は続けたほうがいい。口臭が強くなっているのはドライマウスが原因だから、水を時々含ませて、出来れば口腔内を軽く洗浄してやるようにとの事でした。
 テツコちゃんは2歳で家に来た時から、涙腺の炎症で流涙の症状がありますが、見た感じではドライアイにはなっていないとの事。軽く鼻づまりの症状があり、口から息を吐き出す呼吸に切替わるときがある。口腔内が乾燥しますよね。

 点滴を再開したのは間違いでした。
 テツコちゃんは排尿しなかった。

 31日は移動しようとして足をとられるテツコちゃんを見守りながら、ひたすら死なないでと念じていた。死んで欲しくなかった。
 覚悟は出来ている、でも今じゃない!
 夏の暑さを乗り切ることを考えていた自分が馬鹿な夢想家に思えた。
 今日1日を生きてくれればいい、先のことは考えまい。

 状況は悪化し、肺に点滴液がたまってしまったのか、テツコちゃんは呼吸が速くなり必死で苦痛に耐えていた。
 アーンと泣き声をたて涙を流した。
 つらかった、謝罪しても謝罪しきれない。
 飼猫の容態を一番よく見ているのは飼主です。
 私の判断ミスで、最後にテツコちゃんを苦しませた。つらくてつらくて仕方ない。
 
 もう4月が近かったのだから、地元で仕事探しをする必要もなかった。お金が入る前に、猫達は旅立ってしまったよ。意味がなくなってしまった。31日、苦しがっているテツコちゃんを置いて、私は仕事に行かなくてはならなかった。帰るとテツコちゃんは亡くなっていました。
 出かける前、私は主治医に電話して、もしも明朝まで、テツコが死ねないで苦しみ続けているようだったら、安楽死措置をして欲しいとお願いし了承を得た。仕事をおえ帰宅した時、家が空虚に静まり返っているのを感じた。誰もいない。テツコちゃんは息絶えていた。トイレの中でぐっと折り曲げた前足でトイレの壁に突っ張り、目をぎゅっと固くつぶって。最後まで苦しんだ姿だった。到底、死によって苦しみから解放されたとは受け止められず、つらかった。

 大量の排尿で点滴を中止したその日、テツコちゃんは元気になり最後の思い出をたくさん作ってくれた。
 テツコちゃんは私のこと、好いてくれてたんだなぁと思う。
 テツコちゃんは最後に大きなプレゼントをくれたのだ・・

 その元気は丸1日も続かなかった。
 容態は以前より悪くなった。足元がふらつく。死んで欲しくない、もう一度、元気になろう!
 私は幸せだったので、その幸せを終わらせたくなかった。それが判断を狂わせた。キチガイ染みている!
 今になってみれば、点滴を中止した私の判断は正しかったし、よろめくテツコちゃんを見守りながら死水をとってやるべきだった。死を受容しなくてはいけない。そうすればテツコちゃんは不必要にあんなに苦しまなくてすんだ、
 
 つらくてつらくて仕方ない。

 そんな状況で、ブログはお休みにします(*´v`)。
 半休会状態だった鳥取共生動物市民連絡協議会の活動を再開し、ボランティアセンターにロッカー申請をして中型ロッカーをゲット。地元の活動に関しては、一々ネットにはあげません(゚∀゚)。ネットはオバカがたくさんいて、ろくすっぽ記事をキチンと読まずに、馬鹿げたアクションを起こしますからね、そんな連中にネタをくれてやることはしない。
 参院選も間近です。忙しくなります。

関連記事
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR