2017年04月 動物ニュース

チンパンジーに「人身保護令」…おりから施設へ

【リオデジャネイロ=田口直樹】南米アルゼンチンで、動物園の狭いおりの中で飼育され、ふさぎ込んでいた雌のチンパンジーに「人身保護令」が出された。

 同令に基づきブラジルの広大な保護施設に移送されたチンパンジーは、自然に近い環境で元気を取り戻し、関係者を喜ばせている。

 移送されたのは20歳の「セシリア」。アルゼンチン西部メンドサの動物園で生まれた。2014年と15年に仲間2頭が相次いで死んだ後、コンクリートのおり(20平方メートル)の中でひとりぼっちになった。その後は急速に元気を失い、体調も悪化していた。

 これを見たアルゼンチンの動物愛護団体が2年前、不適切な環境が健康に悪影響を及ぼしているとして、人身保護令の適用をメンドサの裁判所に申請。裁判所は昨年11月、「彼女は自然の中で生きる権利を持っている」と法令適用を認め、保護施設への移送を命じた。

犬と猫の食用禁止に、罰金最高90万円 台湾

【AFP=時事】台湾で12日、犬や猫を食用とすることを禁止する改正案が議会で可決された。違反者には最高25万台湾ドル(約90万円)の罰金が科される。

 台湾の議会は、犬や猫の肉の消費、購入、所持を禁止する法案を可決した。また動物を殺したり虐待したりした場合には、最長2年の禁錮刑、罰金200万台湾ドル(約720万円)が科される。

 改正案を提出したワン・ユーミン(Wang Yu-min)議員は、「台湾が動物愛護の先進社会であることを示した」と述べた。

 他の一部アジア諸国と同様に、台湾でも数十年前までは犬肉が日常的に食べられていた。今では非常に珍しくなったが、近年でも犬肉を販売する店が存在する。

 台湾では動物虐待のケースが相次いで報じられたことで市民から激しい怒りの声が上がり、規制強化を求める声が強まっていた。

猫2匹踏んで死なす 容疑の30代男聴取

 名古屋市熱田区で今月5日、猫2匹の死骸が見つかり、愛知県警熱田署が動物愛護法違反などの疑いで同市南区の30歳代の会社員の男から事情を聞いていたことが捜査関係者への取材でわかった。男は猫を踏んで死なせたことを認めているといい、同署は詳しい状況や動機などを調べている。

 捜査関係者によると、男は5日午前2時過ぎ、熱田区神宮の路上で、横たわる猫を踏みつけるなどして虐待し、死なせた疑いが持たれている。男は同署の調べに対し、「競馬で負けた憂さ晴らしだった」などと話しているという。

 5日午前、猫の飼い主を名乗る熱田区の会社役員の男性から「猫が死んでおり、防犯カメラを見たら人に蹴られている」との通報があり、同署が捜査していた。男性によると、防犯カメラには男に踏まれるなどした猫が逃げる映像が残っており、死骸は近くの側溝で見つかった。男性は読売新聞の取材に「悪質な行為で本当に許せない。厳重な処罰を求めている」と話した。
関連記事
スポンサーサイト

山崎ヒロ氏のちょっといかがわしい”ピースワンコ批判”

 一通り調べました。ピースワンコさんからもお話を伺いました。

 山崎ヒロさんのちょっといかがわしいキャンペーンは、これで(私の知る限り)2度目です。
 そんな事を続けていると自滅しますよ。

 
関連記事

グレースの死

 グレースが亡くなった。(これが正式名称。)
 浪花の母娘猫の母猫である。
 家に来たのが昨年6月4日。
 推定17歳にはなっていただろう。

 お昼頃、帰宅するとグレボが玄関に座っていた。初めて撫でた。初めて抱っこした。彼女は逆らわなかった。それほど衰弱していた。耳が冷たく低体温症だった。4時になるのを待って動物病院に行った。
 体温32度。
 腎不全レベル3.

 点滴中に少しのけぞった、しんどそうだった。下顎が開いた。
 一時、中断して再開。グレボは上蓋をとったキャリーボックスの中で入り口の格子に上顎を突っ込み、微かに下顎を開けた状態で穏かになった。時々大きく吐息をついた。彼女は死にかけていた。病院に来るべきではなかったかもしれない。いつも迷いに引き裂かれる。

 帰宅すると6時半を過ぎていた。
 床暖房の部屋のコタツの中に入れ、ペットシートを買いに走った。
 ぬるま湯の水差しとシートを持って部屋に入り、私はもう何も準備することはないのだと気がついた。
 彼女は意識が薄れかかっていた。

 傍にいて良いのかどうか分からなかった。
 部屋の扉を開け、別室のケリちゃんがはいれるようにして、私は外出した。
 
 死は厳粛なものだ。死は敬意をもって受け容れられるべきなのだ。
 私はいつも馬鹿なことばかりしている。

 グレースは立派に野良猫生を生き、立派にその猫生を終えた。
 覚悟が違う。


関連記事

林俊彦@エンジェルズの告訴の恫喝。

 林君、いつもの癖で噓を噓と指摘されると告訴の恫喝にやってきましたーW(`0`)W
 上等だ、やってみろ林君。
 告訴が不発に終わったら提訴すれば?ぼこぼこにしてあげる。

 hayashidoukatukokuso.png


 私が指摘した林君の虚偽は、日向さんのFB上です。
 この男の虚言癖は病気です。治らない。「全て勝訴しています」が笑わせる。
 証拠を持ってると言われると、告訴の恫喝に逃げるのも相変わらず。
 歩く虚言は法廷に引っ張り出すのが最上の手段。
 出て来い、林!
 
2hayashidoukatukokuso.png

関連記事

【鳥取県】自治体、獣医師会の補助金制度の再編成

 地域コミュニティー主体の地域猫を推進したいのなら、複数の補助金を併用出来るよう制度編成して、町内会の負担をゼロにもっていく必要がある。県と市町村、獣医師会が協力すれば出来ないことではない。
 県は今のままでは上手く行かないと獣医師会と話しており、今年度は間に合わないが来年度に向けて制度変更を検討中と回答している。

 TNRも進化した形にしないといつまで経っても地域コミュニティーの活動にならない。
 不妊去勢は猫生のほんの入り口。手術して放すだけで活動完了とぬかしてくれるな。
 ああそれと、ドツボに嵌ってるTNRの皆さん、野良の不妊去勢が徹底されても、その先はバラ色の未来というわけじゃない。
 私の言う意味、分かります?
関連記事

ピースワンコの回答

 ピースワンコが公開質問状に対し回答しました。
 無視しなかったのは良かったです。

 広島が致死処分頭数を減らすのが難しい理由は、野犬が多く繁殖に保健所の捕獲が追いつかない現状がある。野犬の捕獲は時間も人手もかかり、現在の自治体の体制では今の対応以上のことは出来ない。問題の本質はここにある。
 地域事情を無視して一律致死処分頭数削減を言っても無理なんですよね。

1983881_1815693782018176_2878036482847446427_n.jpg
217799088_1815693778684843_480938857304389069_n.jpg
317523642_1815693785351509_8330193216428333845_n.jpg
関連記事

【やまゆりファーム訴訟】経緯11 本人尋問は6月8日

 3月28日、非公開の第3回弁論準備手続が終了。
 次回期日は6月8日、本人尋問です。
 13:30~ 東京地裁635法廷で。

 ・【やまゆり訴訟】次回は、6/8 いよいよ本人尋問

 希望の牧場側は、和解を排し裁判所に対し判決を求めました。
 秋までには判決が出るでしょう。
関連記事
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR