Zone / The life that did not exist ZONE 存在しなかった命

 7月30日現在、「ZONE存在しなかった命」の宣伝用英語版サイトから松村氏のお名前は削除されています。 
 ・北田 直俊 7月30日
 ・Zone / The life that did not exist

 しかし、アップリンクで2回(8月18日、9月1日)上映されたフィルムでは、松村さんの登場シーンは削除されていませんでした。松村さん支援者が二回ともチェックして確認しています。
 松村さんの要求をかわすため、ネット上では削除したかのように偽装しているのでしょうか?
 今後の上映会でも、チェックを続ける必要があり、皆様のご協力をお願い致します。

 北田が話し合いを避けているため、松村さん側も要望書を公開。英仏訳も添付されました。
 「2014.08.31 我慢の限界 」。


みなさん、こんにちは。 
今日はみなさんに聞いていただきたい話があります。
少し長くなりますが、お時間のあるときにご一読ください。

私はさる8/18に東京渋谷での「zone存在しなかった命」の上映会を訪れ、「私の登場シーンをカットして欲しい」との訴えを無視し続けてきた北田直俊さんと対面しました。
現場に居合わせた方を驚かせてしまったことは申し訳なく思いますが、私が北田直俊さんに自分の登場全シーンカットのお願いをしてから、既に1年以上が経過していましたので、あちらとしては青天の霹靂だったかもしれませんが私は我慢の限界でした。
北田直俊さんは私に関する虚偽の誹謗中傷を書き続けるのみで電話には出てくれず、メールに返信せず、フェイスブックでは私をブロック。つまりは連絡の取りようがなかったのです。
また、星広志さんがフェイスブックで中継したような、わたしの乱入・暴れた事実はなかったことなども含め、自分自身の発信により明らかにしたいと思います。

まずなぜに私が「zone存在しなかった命 」に登場したくなくなったのかについてお話します。
それは「zone存在しなかった命 」キャストが、多くの賛同できない人物で構成されること、警戒区域での彼らの実際の行為が英雄のごとく描かれているが実際とは大きく異なることにあります。平たく言えば、この映画は虚偽で構成されているといっても過言ではありません。賛同できない人物に関しましては具体的に理由を述べることとします。

その1
遠藤カズオ氏は私への借金(120+200=320万円)を踏み倒したままの人物であり、産廃不法投棄でも揉め事を起こした人でもあります。それは、震災以降の話です。その他にも幾つかの揉め事がありました。

その2
星 広志氏は親子合わせて前科5犯、現在、執行猶予中。
警戒区域で動物保護委託と称した、大熊町主導の架空プロジェクトなるものを語り、寄付金を募るなどの行為も目に余るものがありました。その件については、大熊町より回答書が提出されています。つまりは嘘でした。 WHO(世界保健機関)の名前も語った事もありましたが、それも嘘でした。私は今年の3月に欧州へ行き、WHOにも行きました。WHOはIAEA(世界原子力機構)の息がかかっているので、原発事故や放射能災害の健康調査等については、全然協力しようとはしないのです。今年、そのことに対してのデモに参加して来ました。

その3
当時アニマルフレンズ新潟は、虐待やパルボウイルスによる大量死等がミラー紙、週刊新潮などで報道されており、私が愛犬を探しに訪れた際も誠実さに掛ける対応でした。またアニマルフレンズ新潟で保護されていた愛犬「石松」の首輪には、私の携帯電話番号が書いてあったにもかかわらず、連絡はありませんでした。石松の首輪はバリケン(ケージ)に付けてあり、電話番号は見える状態でした。つまり、保護するだけ保護して飼い主を探さない、探す努力をしない団体です。行方不明のアキ、タロウの2匹も、もしかしたら、ここに居るかもしれないので、大きいシェルターを見せて下さいと頼むと、頑なに断わられました。それはどうしてなのか、疑問で今でも心に引っかかっています。

まだまだ書きたい事が山ほどあります。このような事が裏であった人物が連なる映画で、一緒にフィルムに収まることを私がためらうのは、おかしな事でしょうか? わたしは納得がいきませんでした。
繰り返しますが、私は尊敬に全く値しないこれらの人物と一緒にこの映画に登場することを望みません。
故に、私のすべての登場シーンのカットを要請した理由は、その一点のみです。そして、梨のつぶてを決めてきた北田直俊さんには、書き散らした誹謗中傷を削除することなく本文に添えた訂正を望みます。そして、「zone存在しなかった命」の中の、私の登場する全シーンのカット申し入れに対して誠意ある返答をお待ちしたいと思います。

<英語訳>
Hello, there. I have something important to tell you today. It is going to be a little long, but if you have some time, please take time to read it.

I showed up to a screening of the movie "Zone, the life did not exist" on August 18th, without telling to the director, Naotoshi Kitada, because he has been ignoring my claim to be cut out from his film.
I felt sorry for the audience to be surprised by my showing up, but it has been over a year since I asked Kitada to cut all my scenes from his film, so I was angry at him. The director Kitada must be surprised as well.
The director Kitada has been saying bad things and making stories of me, and did not answer the phone nor reply my email. Moreover, Kitada blocked me from his facebook, so I had no choice but going there to talk with him. And Hiroshi Hoshi wrote in his facebook that I acted violently in the screening, but I must tell all of you that it is not true.

First of all, I have to tell you why I did not want to be in the movie "Zone". It is about the cast of the film. Most people in the film do not have same opinion with me. They are filmed as heros in the no go zone, but in reality, they are not. So, in my opinion, this film is made with lies. I will explain the trouble with these casts below.

Cast 1
Kazuo Endo borrowed $12,000 and $20,000(total$32,000) from me, and still not returning. He has not been returning the debt since 2012 and not has been trying to return. He commited a crime by dumping of industrial waste illegally. There are more storis to tell about him.

Cast 2
Hiroshi Hoshi and his son have 5 criminal records. And also, they are under the probation now from the latest criminal record. They have been trying to gather money from 'a project of Okuma machi in the no go zone for left animals' but the project did not exist. Okuma machi in the no go zone clearly stated that they have nothing to do with Hoshi. Hiroshi Hoshi also mentioned that they are with WHO, World Health Organization, but it was a lie as well. I personally visited Switzerland this March, and went to WHO. They are with IAEA, so there was no way that WHO was doing a search around Fukushima Daiichi accident. I joined the demonstration against WHO about it in Switzerland.

Cast 3
Animal friends Niigata is under the suspicion of animal cruelty, and many cats and dogs died from Parvo virus in the shelter according to the newspaper Miller and the Japanese magazine, Shincho. I went there to pick up my missing dog, Ishimatsu, and their behavior towards me was strange. They took my dog 'Ishimatsu' out from a shelter in Fukushima, but my cell phone number was in his collar. However, they never called me. They changed the collar, so it was attached to his cage, so they could see the phone number, but they did not do anything. It is obvious that they never looked for the dog's owner. My dogs Aki and Taro are still missing, so I asked them to show me their shelter so that I might find my missing dogs, but they refused. I still wonder why.

I have more and more to tell you. With these people, I feel not wanting to be in the film anymore. Do you think it is strange? For me, it is not. I must say again that I do not want to be in this film with these people that I do not respect. This is why I asked the director Kitada to cut all my scenes in the film. The director Kitada has been refusing my claim and saying bad things about me, but please keep your words. And add the truth under your fake storis of me. I will wait for the director Kitada'a sincere answer.

<仏訳>
Le 18 août, j’étais allé au cinema Uplink à Tokyo où passe le film qui s’appelle “Zone :The life did not exist ( http://www.adg-theater.com/zone_en.html ) “ . J’y suis allé pour voir le réalisateur Naotoshi Kitada à qui je demande depuis déjà 1 an de supprimer toutes les scènes où je suis filmé. Il ne me répond jamais ni à mes mails ni à mes téléphones, me bloque sur Facebook, tout en continuant à me critiquer et même à me médire. Je n’avais donc aucun choix que d’aller le voir au cinéma. Hiroshi Hoshi, une des personnes qui prend la parole dans ce film, a publié sur son Facebook un commentaire qui dit que j’avais réagi de façon brutale et violente ce jour-là, que je nie catégoriquement .

Je vous explique pourquoi je veux que Kitada supprime mes scènes de « Zone :The life did not exist ». C’est parce que c’est un film qui parle des personnes « escrocs » mais qui les montre comme si c’étaient des héros. Bref, il n’y a que des mensonges.

Kazuo Endo m’a emprunté 3 millions 200000 yens et ne me le rend toujours pas. Il a aussi eu des histoires en ce qui concerne les déchets industriels.

Hiroshi Hoshi, condamné 5 fois, actuellement en sursis, a monté un faux projet par lequel il a essayé de collecter des fonds au nom du village d’Okuma et de l’OMS contre laquelle j ‘ai fait une manifestation en Suisse au mois de mars 2014.

NPO Animal Friends Niigata est déjà connu pour ses mauvais traitements des animaux. Ils ont retrouvé mon chien Ishimatsu qui avait mon numéro de téléphone sur son collier, mais ils ne m’ont jamais contacté. Afin de retrouver mes deux autres chiens, Aki et Taro, je leur ai demandé de me montrer leur abri pour les animaux, mais ils ont refusé obstinément. Je me demande toujours pourquoi ils ont réagi ainsi.

Il y a d’autres choses que je voudrais écrire, mais j’arrête. En tout cas n’est-ce pas raisonnable que je refuse de me trouver dans ce film avec ces gens-là ? Je répète. Je ne veux pas être dans le film « Zone :The life did not exist » avec ces gens que je méprise. Supprimer mes scènes, c’est tout ce que je demande à Naotoshi Kitada. J’espère qu’il ne supprimera pas ses publications et ses médisances sur moi et me répondra avec sincérité.



 北田相手に通常の話し合いは望めないので、私は以前から松村さんに弁護士を立て、削除要請の交渉を進めるようアドバイスしてきましたが、この週明けに弁護士に会う段取りになったそうです。常識のない相手ですから、代理人に委任するのが一番です。
 北田はシンプルな事柄をややこしくして、いらざるトラブルにでっちあげていきますからね、相手にしていても始まらない。

 ところで私の留守中、9月12日から19日にかけ、北田がFC2事務局に複数の削除要請を出していました。不在中で9月16日以内の回答が間に合わず、http://torikyou2013.blog.fc2.com/blog-entry-1033.html は削除されてしまいました。(キャッシュが残っているようです。こちらで見れます。)

 「映画]「朝子」「デモーニッシュな街から遠く離れて」」を引用した記事だったと記憶しています。


 北田直俊監督って聞いたことがないけど、前作「イヌ」の評判は聞いたことがある。土方仕事で資金を貯め、異端の作品を作ったという。今日配られたパンフレットにはこう書かれている。

 『まるで自殺するかのように、社会に対しての憤怒にツバを吐き捨てるが如くのゲリラ・テロ行為的35ミリ自主制作映画であった。この世の全てに憎しみをいだいていましたし、事実この映画を完成させたら、首をつって<オサラバ>する意志でした。』


 ま、そういう人間なんだろうなと思います。松村さんや希望の牧場さんと対極にある「憎しみの人」ですよね。松村さんが登場シーンの全カットを願う気持ちを、私はよく理解出来ます。

 私の”長き不在”については別記事でご報告しましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR