【栃木県犬大量投棄事件】罰金100万円、共犯者に50万円の略式命令

 略式で処分されたので、事件の詳細は公にならずじまい。
 環境省は資料提供を要請されたし!検察は速やかに事件資料提供されたし!
 


犬の死骸捨てた男に罰金の略式命令
NHK 2014年12月9日 

 栃木県内で70匹を超える小型犬の死骸が相次いで見つかった事件で、逮捕されたペットショップの元従業員が捨てた理由について、「きちんと処分しようとすると金がかかるほか、大量に持ち込むと怪しまれると思った」と供述していることが警察への取材で分かりました。
 元従業員は9日略式起訴され、罰金の略式命令を受けました。

 この事件は、10月から11月にかけて、栃木県内の河川敷や山林で72匹の小型犬の死骸が見つかったもので、ペットショップに勤めていた木村正樹元従業員(39)が、死骸を捨てたなどとして逮捕されました。
 元従業員は調べに対し、「愛知県の知り合いのブリーダーが廃業するため、頼まれて大量の犬を100万円で引き取ったが、木箱に入れてトラックで搬送中に死んだ」と話し、捨てた理由については、「犬の死骸をきちんと処理しようとすると金がかかるほか、大量に持ち込むと怪しまれると思った」と供述していることが警察への取材で分かりました。
 元従業員は9日略式起訴され、簡易裁判所から罰金100万円の略式命令を受けました。
 また、共犯として逮捕された知り合いも罰金50万円を命じられました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR