環境省主催「希少種とノネコ・ノラネコシンポジウム」

【環境省プレスリリース 平成27年2月9日】
 希少種とノネコ・ノラネコシンポジウムの開催について(お知らせ)
(以下転載)


1.背景と目的

 北海道の天売島、東京都の伊豆・小笠原諸島、鹿児島県の奄美大島・徳之島、沖縄県のやんばる地域等、希少種が生息する複数の地域において、ノネコ等による捕食などが希少種の生息に大きな影響を及ぼしています。.

 各地域においてネコの適正飼養のための条例を制定する等、ノネコ等を発生・増加させないための種々の取組がなされてきていますが、既に野外に生息するネコについては、捕獲後に順化、譲渡等をする場合に時間、経費、労力を要すること等から、対策が進展していない地域があります。.

 今回のシンポジウムでは、ノネコ等が希少種の生息に大きな影響を及ぼしている事例等を広く周知し、希少種保全におけるノネコ等の対策の必要性について共通の認識を深めます。さらに、今まで各地行われてきた取組の限界、課題等を踏まえ、多様な主体との連携・協力に留意しつつ、今後の取組などについて議論します。.

2.内容.

 (1)基調講演① 「奄美大島・徳之島における希少種アマミノクロウサギへのノネコ、ノラネコの影響」.
  山田文雄 森林総合研究所 特任研究員.
 (2)基調講演② 「希少種生息地におけるネコ対策 ~沖縄の事例を中心に~」.
  長嶺隆 NPO法人どうぶつたちの病院沖縄 理事長.
 (3)パネルディスカッション .
  「希少種を保全していくためのノネコ、ノラネコ対策」.
   コーディネーター:石井信夫 東京女子大学 教授.
   パネリスト:山田文雄 森林総合研究所 特任研究員.
          長嶺隆  NPO法人どうぶつたちの病院沖縄 理事長.
          香取章子 フリージャーナリスト.
          安田直人 環境省希少種保全推進室 室長.

3.主催・共催・後援.
 (1)主催 環境省.
 (2)共催 一般社団法人日本哺乳類学会.
 (3)後援 公益財団法人日本動物愛護協会、公益社団法人日本動物福祉協会、公益社団法人日本愛玩動物協会、公益社団法人日本獣医師会、公益社団法人日本動物病院協会.

4.開催日時及び開催場所.
 (1)東京会場.
    日時:平成27年3月1日(日)13:00~16:00.
    場所:一橋大学一橋講堂中会議場.
 (2)大阪会場.
    日時:平成27年3月8日(日)13:00~16:00.
    場所:花博記念ホール「陳列館ホール」.


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR