FC2ブログ

江の島の猫とPC遠隔操作事件


 PC遠隔操作事件で、決定的証拠のように報道された防犯カメラの画像が実は存在しなかったらしい。
 逮捕された容疑者が件の江の島の猫と触れ合う画像はあった。
 しかし、記憶媒体を装着した首輪を猫にかける画像は無かった

 え!?、無かったんだ!
 物的証拠あるの?どうやら、それが無い展開になってきた。

 佐藤博史弁護士が事件を担当。
 佐藤弁護士をインタビューした江川さんの記事が公開された。翌日には郷原さんが見解を公表。

 ・江川紹子氏 【PC遠隔操作事件】被疑者の素顔を弁護人に聞く

 ・郷原信郎氏 PC遠隔操作事件:反省なき「有罪視報道」の構図

PN2013021401002129_-_-_CI0003.jpg


 参照サイト:冤罪(誤判)防止コム
       -国民の皆さま、裁判員になられる皆さま-誤判を防ぐための8つのお願い


 江の島は「猫好き」のスポット。
 どうやって「スポット」が作られるか知りたい?
 地域猫をやっている人達が支援や理解を得たくて、一生懸命ネットで喧伝するわけよ。
 マスメディアにも売り込む。
 で、その中で環境条件が整っているものが息の長いスポットになっていくわけよ。
 そういうスポットは時々雑誌が取り上げるから、デジカメ持った猫好きが訪れる定番スポットが誕生する。

 捜査陣が言っているように「重なる偶然」というのは、ちょっと違う。
 猫のことは猫おばさんに聞きなさい!


【追記】検察もマスコミも、ちゃんと猫おばさんを辿っていたようです。

 北日本動物福祉協会の村田さんが、2010年に容疑者の男性と江ノ島で会話を交わしていたそうです。
 村田さんは2010年11月2日付けで江ノ島体験記をブログに掲載。容疑者の写真もあった。
 2年以上も前のブログ記事に関連し、2月1日に日本テレビから問い合わせが入り、「検察から問い合わせがないか?」と聞いてきた模様。

 私が江の島で出会った一人の男性と猫・・・

 二年以上も前の過去記事は自動的に順繰りに削除されていくらしく、今はその元記事を見ることは出来ません。だから多分、容疑者が江ノ島行きについて警察に話した事の中に、村田さんとの会話や写真のブログ掲載の話が出てきたんじゃないですか?青年にとっても、村田さんとの出会いは気持ちの良い思い出として残っていたでしょう。

 村田さんは裏表のない明るく心根の良い方ですから、あの時の青年が逮捕された事が、未だに信じられない思いでいらっしゃるようです。誤認逮捕なら誤認逮捕で、早く釈放されると良いですね。
 検察はちゃんと謝んなさいよ・・マスメディアもね。 

【2013/3/1 追記】村田さんが記憶していた男性は、片山氏とよく似ている全くの別人と判明しました!

 ・2013.3.1 PC遠隔操作事件、私が、2年半前、江の島で出会った男性は別人 

【 つい先程、私が写した写真の中のご本人(猫を抱いた男性)から、お電話をいただきました。藤沢市にお住いの「Iさん」 だということが分かりました。

 Iさんは、事件後、両親や周囲の人から、「 お前は、今回の事件の片山とそっくりだなぁ~~!! 」 と言われるほど、よく似ているんです・・・・」と言っておられました。 】ということだそうです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR