【希望の牧場】汚染牧草を被ばく牛に処理させよう!

【緊急】汚染牧草をください!

 一時期、マスメディアが取り上げていた汚染牧草問題。
 国の汚染廃棄物処理が滞る中、農家さんは汚染牧草を一体、いつまで保管しておけばいいのか困り果てていました。 保管(建前上は一時保管ということになっています。)する汚染牧草を撤去して欲しい農家さんがいて、他方で、無料の汚染牧草を被ばく牛の飼料にして命を繋ぎたい「希望の牧場」さんがいます。
 この、需要と供給のマッチングにご協力下さい!

 「希望の牧場」には、商業価値を失った約300頭の牛がいます。
 代表の吉澤さんが、「ラジオ福島」で緊急支援を訴えました!
 汚染牧草を燃やさず、被ばく牛に消化させて下さい!


1kibou2015418.png
kibou20154182.png


 希望の牧場とその姉妹団体WithCattle、そして協力者の方々は、力を合わせて、この冬場を何とか乗り切りました。昨秋から、この冬、300頭の命を繋げるかどうかの危機的状況の中で、超人的な頑張りをみせました。
 事務局メンバーはボランティア活動に必要だと大型免許を取得して、自らも飼料搬送をしています。皆さん、本業の仕事を持っています。汗とチームワークと無償の精神で乗り切った!
 運んでも運んでも、牛は食う、食う、食い尽くす!飼料は消耗品!自転車操業は休む暇がない。
 恒常的な飼料確保システムの構築に向け、皆様の暖かいご協力をお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR