非公開の最終処分地説明会、「さよなら島根原発ネットワーク」抗議 

核のごみ 非公開で処分地説明会 政府 自治体向け、住民反発も
東京新聞 2015年5月29日

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定をめぐり、経済産業省資源エネルギー庁が自治体向けの説明会を非公開で開催していることが分かった。同庁は、二十二日に閣議決定された最終処分の新たな基本方針を説明するのが目的としている。

 最終処分地は、処分事業を担う原子力発電環境整備機構が二〇〇二年から候補地の自治体を公募していたが進展せず、新たな基本方針では「科学的有望地」を国主導で提示する方式に転換。国が前面に立つ姿勢を鮮明にする中での非公開の説明会開催には、反発や疑問の声も出ている。

 説明会は、同庁と原環機構の担当者が出席し、閣議決定の内容や今後の処分地選定の進め方などを示す。二十五日の大阪を皮切りに、七月までに全国の大半の都道府県で開催する予定だ。

 だが、同庁は各地の開催日程や場所、参加する自治体などは公表せず、説明会も非公開としている。理由について、同庁放射性廃棄物等対策室は「出席した自治体が、処分場誘致に関心があるとの誤解を招きかねない。静かな環境で説明したい」としている。

 こうした動きに、関係自治体には戸惑いもある。北海道は、幌延(ほろのべ)町に核のごみを地下深くに埋める「地層処分」の研究開発をする日本原子力研究開発機構の施設があるが、条例で核のごみの持ち込みは「受け入れ難い」と定めている。

 同庁は来月初めに北海道で説明会を開き、各自治体が出席する予定だが、核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会の久世薫嗣(くせしげつぐ)代表委員は「条例で処分場は建設できないのに、なぜ説明会を開くのか。意味がない」と憤る。

 政府は自治体向けの説明を非公開で行う一方で、基本方針に関する一般向けシンポジウムを二十三日から始めており、六月末までに全国九都市で行う予定だ。



松江は今日です!
 「さよなら島根原発ネットワーク」が抗議文を手渡します。
 無論、出入りのタイミングを捕まえてです。  説明会は非公開。会場へは入れません!
 こんなやり方があるか!こんな事が何十年も常態化している。
 で、多分、国民は鈍磨してしまった、陽が東から昇るように、日の本では情報は非公開、国民不在の協議で物事が決められていくのが当たり前と・・・?大体、我々自身も自分自身に問うてみるべき。「何を恐れる」?幽霊の影に怯えていると、その恐れはだんだん現実のものになる。



2015年6月3日
資源エネルギー庁 長官 上田隆之 様

                   さよなら島根原発ネットワーク
                   共同代表 杉谷 肇・田中初恵 土光 均・水野彰子
                   事務局 島根県松江市西津田7-7-5  芦原康江

 国民を無視した非公開での高レベル核廃棄物処分に関する自治体説明会開催に抗議します。

 本年5月22日、最終処分関係閣僚会議において「科学的有望地域」に対して国が申し入れるという基本方針の決定以来、貴職は、各地で高レベル核廃棄物最終処分に関する資料提供と称して「核のごみ自治体説明会」、を非公表・非公開で行っています。私たちは、貴職がここ島根において、本日、やはり非公開で開催されることに対し、国民無視、住民無視も甚だしく、強く抗議いたします。

 原発から出る核のごみの地層処分の危険性については、キャニスターを地下300メートル以深に埋め捨て、いずれは漏れ出る超猛毒・放射能が地下水を通じて人間の生活環境へ出てくることを前提とした設計であり、地震国日本で安全性が確立しているとはいえない計画です。

 このことについては、日本学術会議が「日本は火山活動が活発な地域であるとともに、活断層の存在など地層の安定性には不安要素がある。さらに、万年単位に及ぶ超長期にわたって安定した地層を確認することに対して、現在の科学的知識と技術的能力では限界があることを明確に自覚する必要がある」とし、「採用してきた地層処分の処分概念や処分地選定のあり方にも、改めて再考の必要が生じている」と提言しています。

 こういった非現実的処分方法を堅持したまま、各地で自治体への働きかけを進め、地層処分を強引に押し進めようとするのは、未来に対して危険なつけを押し付けるものです。「国民には知らしむべからず」といった手法も、あまりにも非民主的であり、到底容認できるものではありません。

 このような説明会を直ちに中止し、すべての原発の廃炉と地層処分方針の白紙撤回を行ったうえで、核廃棄物の処分・管理に関して、徹底して国民との議論を重ね、適切で安全な処分・管理方法を検討していくことを強く求めます。



【追記 2015/6/6】 ネットワークの事務局長・芦原康江さんのfacebook記事を以下、転載。

6月4日 0:53 ·
 今日は、エネ庁が、高レベル核廃棄物の地層処分に関して、非公開で島根県と鳥取県の自治体に対する説明会を行いました。どこの自治体が参加し、どんな意見を言ったかさえも公開しないとか。この地層処分については、日本学術会議から「地震国日本で安定した地層を確保するのは困難」とされ、見直しが求められています。それは、頻繁に起きる地震を経験する人ならだれでもわかること。こんな非現実的な地層処分を「国民には知らしむべからず」とばかりに、こっそりと自治体に説明会を開くなど許せません。

 止まった原発の再稼働を行ったり、廃炉を進めると、ますます使用済み燃料プールが満杯に近づきます。うまくいかない再処理工場のプールも満杯状態です。再処理工場をこのまま止めると、青森県は中の使用済み核燃料や高レベル廃棄物を各電力会社に返還せよと言い出します。困った国が、高レベル核廃棄物の処分先を何とか決めて、核燃用サイクルを回して見せたいと焦っているのだろうと思います。

 それにしても、できてしまった(つくってしまった)核のゴミは乾式貯蔵にして、管理が確実にできる方法にする方がいいと思います。ですが、すべての原発は廃炉にするべきですし、地層処分なんてもってのほかです。きっと、国はお金をエサに財政がひっ迫する自治体を釣ることができると思っているのでしょう。
 気を付けなければなりません。今日、参加した自治体は「とりあえず、話は聞く」くらいのつもりで来ているのでしょう。反応すれば”脈あり!”と受け取られかねません。参加がわかっている松江市と雲南市には、”余計な反応するな”と言ってあります。

 会場には、開催時間前にエネ庁を捕まえて抗議文を渡そうと出かけていきました。今日の説明会の責任者はいらっしゃいますか?と部屋に入ろうとしたら、さえぎられてしまいました。しばらくして、中国経済産業局の職員が出てきましたので、その場で抗議文を手渡してきました。参加したのは10くらいの自治体です。
 おまけに、中国電力が会場準備を手伝っていました。事業の認可を受ける方と認可をする方が一体となって、自治体に地層処分を受け入れさせようとするなんて、どうかしています。強引な地層処分を進めさせないためにも、私たち市民の目を光らせましょうね!



【追記 2015/6/6 新聞報道】
<最終処分場>環境相「各県処分見直さず」
河北新聞 2015年06月06日

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の指定廃棄物の最終処分をめぐり、望月義夫環境相は5日、「各県処分を見直すつもりはない」と述べ、富岡町の「フクシマエコテッククリーンセンター」を国有化しても、発生県で処分するとの国の基本方針を順守する考えを強調した。

 会談した内堀雅雄知事が「国の責任で廃棄物を各県処分することをあらためて確認したい」と国の姿勢をただし、望月環境相が答えた。
 指定廃棄物は放射性物質汚染対処特措法に基づき各県で処分することが決まっているが、宮城や栃木などで福島集約論が浮上しており、内堀知事がけん制した。
 会談後、内堀知事は「(エコテックが)どのような性格を持つ施設なのかをあらためてはっきりさせておく必要がある」と語った。



<最終処分場>富岡の施設国有化を伝達
河北新聞 2015年06月06日

 東京電力福島第1原発事故に伴う指定廃棄物などの最終処分場設置計画をめぐり、望月義夫環境相は5日、福島県庁で内堀雅雄知事と富岡、楢葉両町長と会談した。候補地の富岡町内にある既存の民間管理型最終処分場「フクシマエコテッククリーンセンター」を国有化して処分場とし、地域振興策として両町に自由度の高い交付金を措置する方針を伝えた。

 望月環境相は「処分事業に対するより一層の安心の確保の観点から、国有化する」と伝え、あらためて受け入れを要請した。
 富岡町の宮本皓一町長は「何よりも安全安心を確保するため、国の責任の明確化を求めてきた。一定の評価をしたい」と述べ、地域振興策の具体像の提示などを求めた。内堀知事も「地元の意向を踏まえた対応だ。今後内容を精査し、両町と協議を進めたい」と評価した。
 関連施設の汚染焼却灰のセメント固形化施設設置などを求められている楢葉町の松本幸英町長は「国自らが責任を持って安全安心の確保に取り組む姿勢が示されたことを重く受け止める。しっかり説明責任を果たしてほしい」と要望した。同町にはエコテックへの搬入路がある。
 同省は施設の受け入れを求め今後、両町議会に説明する。交付金の詳細は未定。
 福島県内の処分場候補地の富岡町では、民間処分場を転用する方針に反対の声が上がっており、宮本町長や町議会が国有化を強く要望していた。
 エコテックは2001年に産業廃棄物の埋め立てを始めたが、原発事故の影響で操業を休止している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR