【全ての生命を尊ぶ会・武田(旧姓井上)】 告訴と逆告訴

 6月24日10時頃、突然、京都府福知山警察署員が、押収礼状を持ってやって来ました。刑事課知能・組織犯罪対策係の**警部補と**巡査部長、他部署から助っ人の女性職員(供述調書作成時の出入り毎に身体検査をする役目)の3名。
 押収品は携帯1本、パソコン等は持ってない、インターネットカフェの会員証、身分証明書、私から提出した武田ブログのプリントアウト資料。携帯と保健証はその日の内に返して貰い、休憩中に掛けたりしてました。

 彼らは最初から「ブログには書かないで下さい、書かないで下さい」と繰り返していました。
 それで、直ぐには書きませんでした。一つには、私が書くと、武田がまた福知山署に絡んでいき業務妨害する可能性があり、私もそれについては同情的です。
 しかし事件は鳥取地検に移送され、福知山署の手を離れましたから、もう解禁します 笑い。

 私は意見書を提出しており、逆告訴の意志を伝えています。
 鳥取地検は現在、未だ捜査中です。
 昨日、地検で逆告訴の相談をしてきました。
 捜査の進展具合を担当検事に電話させるとおっしゃっていましたが、未だ連絡はありません。 

 「ああいうのをどうにかして欲しい」と言い残して帰っていかれましたが、それはこっちの言うセリフです。
 武田は「キチガイ女事件」の相談電話を繰り返し(長電話)、その後、告訴すると告訴状を持って来たが、犯罪構成要件を具備していないと、警察は取り合わなかった。武田は月1,2回の割合で通いつめ、受理されなかった手書きの告訴状は書き直され、段々進化していった。そして、とうとう告訴状が侮辱罪構成要件をピタッと満たす日がやってきた!
 こうなると受理しないわけにはいかない。武田の告訴状は受理され、本庁の査定もパスし、こうして私は被疑者となった。
 「キチガイ女事件」が警察を走らせた経緯はかくのごとし。
 他に鳥取へ来る必要のある別件もあったのだとおっしゃっていましたけどね。

 1日目の調書作成は捗らず、担当刑事さんが打ち込んだものをプリントアウトして貰い、目を通しましたが、こんなじゃ、署名は出来ないよとダメ押し。
 2日目、こちらも供述調書を完成させたいのは刑事と同じなので、供述書を質疑応答の形で書くことを提案しました。八田さんが『「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン』で指摘していたのを思い出したのです。 
 すると大変、効率よく進み、「これなら署名出来ますよ」と、快進撃。
 供述書の最後に、意見書を後日、提出すると書いて終了しました。
 


 
意 見 書

 私の管理するFC2ブログ「鳥の広場」において、2014-06-19(23:01)頃に掲載した記事『アニマルホーダー・井上弥生の「全ての命を尊ぶ会」』の文言「キチガイ女」が侮辱罪に該当するとして、京都府福知山警察署刑事課 知能・組織犯罪対策係**警部補他2名の取調べに応じたので、以下、事件について意見を述べる。

1 「侮辱罪」に該当しない。
 当該記事は冒頭、『「全ての生命を尊ぶ会 」の潜入取材リポートが公開されています』と読者を、告発サイト「京都・神戸動物愛護団体崩壊レスキュー ~殺処分ゼロの裏で~」(URL:http://dogcatrescue14.blog.fc2.com/)へ誘導し、末尾にリンクしている。
 文脈を見れば、私が武田の動物虐待事実や武田のブログ記載を踏まえて「キチガイ女」と感想を記載したのは明らかである。
 抽象的に相手を貶める文言ではなく、以って、侮辱罪を構成しない。

2 当該記事掲載以前から、告発サイトの管理者、**氏とは連絡を取っており、**氏の告発によって、神戸市、京都府の動物愛護センター職員が武田の飼育実態の査察に入り、事実に相違ないことを確認している。事実確認の後、神戸市、京都府は、武田への自治体収容動物譲渡を中止している。

3 記事掲載から約70日後の2014年8月27,日06:58頃、当該記事コメント欄に「tama」のハンドルネームで「ひど~~~~~。。。。 ひどいことを書くんですね。あなたのほうこそキチガイだと思います。」と投稿があった。(添付書面1:管理するブログに投稿があると、登録メールに自動的に通知が入る。添付書面は、受信メールをプリントアウトしたものである)。

 ホスト名:p23220-ipngn100105osakachuo.osaka.ocn.ne.jpを町野氏に照会したところ、**氏の管理する「京都・神戸動物愛護団体崩壊レスキュー ~殺処分ゼロの裏で~」にも同じホスト名で、誹謗中傷コメントが投稿されていた。
**氏が調べた所、大阪府下のインターネットカフェのホスト名らしく、匿名投稿者が武田本人か、サポーターか、部外者かの特定は出来ていない。

 4 武田はその後、自身の管理するブログ「全ての生命を尊ぶ会」において、複数の記事を掲載。

 ① 2015年1月16日付「告訴状」/成猫保護と。猫2匹里親募集/ご支援のお礼」において、受理もされない段階であるにも拘わらず、被告人の実名と居住地を記載し、告訴の経緯等を記載した。記事は削除されているが、これは名誉毀損行為に該当すると思料する。

 ② 2015年3月24日付並びに同年4月1日付の記事において、報復的に、被告人の主宰する任意団体、「鳥取共生動物市民連絡協議会」の鳥取市市民活動センター登録取消を求めて関係諸窓口に絡んでいった経緯を記述している。これは不法行為に該当すると思料する。

 (略)

 5 武田の異常な迷惑行為は、私個人に対するだけでなく、また、これが最初でも最後でもなく、動物愛護を所轄する公的諸機関や警察、複数の市役所が普段に被害を蒙っている。

 取調べには応じたが、こんなことで丸2日間も時間を潰されたのは迷惑である。
 警察が事前に調べれば、2~4で上述した事実が確認出来た筈である。

以上


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR