どうぶつ基金・佐上邦久との係争:第3回和解協議

 明日、第3回和解協議です。
 明日、和解不成立で打ち切りになる筈。
 終了後、裁判資料を少しずつアップしていきます。
 「殺菌は、日の光に当てるのが一番、良い」
 佐上の訴状には虚構設定がある。陳述書でも、原告尋問でも嘘を言っていました。
 病的としか思えない、異常です。
 嘘のない訴えなら、こちらも全てのリセットに応じていた。いや、そもそも、普通の人とはトラブりません。

 民事訴訟で裁判所はしばしば、和解を提案する。
 佐上側は予め、それを計算に入れ、答弁書掲載が名誉毀損に当たるとして告訴した上で、和解協議に臨んでいます。
 裁判資料を掲載しないで欲しいという申し入れなぞ、最初からありませんでした。
 刑事告訴を民事の和解協議に利用する手です。
 法的措置の及ばない、射程外の記事を削除させる目的で、そういう環境設定をしてきた。それが見え透いているので、私は逆に、佐上の設定の前提となっている「和解成立=告訴取り下げ」の設定に乗らず、二つを切り離して協議に臨んだ次第。

 普通の話し合いならしますけどね。
 実際、普通の人達と普通の話し合いで、記事の削除修正に応じたことが数回、ありました。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR