動物保護活動の基本と手順ー元の飼主を探せー

不明の猫を7年ぶり発見、新旧飼い主で所有権争い 米
2015.07.21 Tue posted at 17:03 JST

 米カリフォルニア州で1匹の猫の所有権が争われています。
 「ワイリー」と「デービッド」の2つの名を持つ猫。

 ティファニー・メスタスさんは2005年に赤ちゃん猫を引き取り、哺乳瓶で育てた。
 「デービッド」と命名された猫は順調に育ったが、2年後の引越しの際、逸走して行方不明に!
 メスタスさんは愛しの「デービッド」の行方を必死で探したが、手掛かりがないまま年月が過ぎた。
 ところが2014年、マイクロチップ会社が、「デービッド」の登録情報の変更届けが出されていると知らせてきた。

 変更届の主はテレス・ウェゾレックさんと判明。
 どうやら「デービッド」は、メスタス家を逸走後、ボランティアさんに保護されていたらしいのだ。 
 ウェゾレックさんは2010年に保護施設から「デービッド」を引き取り、「ワイリー」と名付けた。
 2014年、「ワイリー」にマイクロチップが装着されている事に気付いたのは、動物病院だった。

 さて、「デービッド」がウェゾレック家に来るまでの過程で、一度もマイクロチップ検査が行われなかったのは奇妙な事だ。
 そう思いませんか?
 ボランティアも保護施設も、何故、調べなかったんだろう?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR