2014年6月7日「松村直登・藍原寛子対談」

 私の主宰する「鳥取共生動物市民連絡協議会」では、他団体と連携して 中村真夕監督「ナオトひとりっきり」の鳥取県内リレー上映会を予定しています。
 映画は現在全国を一巡中で、自主上映会申し込み受付は数ヶ月先のことになりますが、時期がくれば実行委員会を発足しますので、関心のある方は仲市までご連絡下さい。

 原発20キロ圏内の自宅にとどまり、置き去りにされた家畜の世話を続ける松村さんの報道は、海外メディア先行で国内メディアはほとんど取り上げてきませんでした。ご紹介する2014年6月7日の対談の中で、2011年当時の国内報道規制の実態と、社の方針と対峙する個々のジャーナリストの奮闘の裏話が出てきます。その一つ、「毎日新聞2011年12月14日付けの記事」は下記サイトに全文が転載され、今も読む事が出来ます。どなたか知りませんが、記者の発奮の賜物ですね♪
 ・「毎日新聞:「警戒区域に独り 井戸水とろうそくで生活」富岡町の松村直登さんインタビュー(APに遅れること3ヶ月半、BBCに遅れること3ヶ月)」


 
 異常な状況に正面から向き合い、ユーモアを交えた松村さんの率直なお話は、東電本社相手の激しい場面を語りながら平常心を失わず、生き抜く力と日常のぬくもりや穏やかさを感じさせます。

 リレー上映会へ向けて、今後も松村さん関連の記事を随時、ご紹介していきます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR