動物遺棄のニュース 2015/10/25

猫25匹飼いきれず、動物病院に捨てる
2015年10月23日

 千葉県市原市姉崎の動物病院敷地内に猫25匹が放置されていた問題で、千葉県警市原署が同市、会社員の男(48)を動物愛護法違反(愛護動物の遺棄)の疑いで千葉区検に書類送検したことが22日、わかった。

 送検は20日。

 同署によると、男は自宅で飼っていた猫25匹を三つのケージに分けて入れ、9月27日午前5時頃、動物病院に捨てた疑い。

 動物病院からの届け出を受け、同署が飼い主を捜していたところ、同月30日、男が同署に名乗り出た。調べに対し「周囲の住人から臭いの苦情もあり、動物病院に置けば何とかしてくれると思った」などと話しているという。猫は今月5日までに、25匹すべての引き取り手が見つかった。



 ”警察は遺棄犯人をよく見つけたね”と思っていたら、犯人は”自首”していたのですね。
 中々正直で宜しいが・・・(`-´メ)
 どこの動物病院も毎年のように被害を受けていますからね。
 鳥取市の某動物病院は、朝、開院したら、道路の街路樹に仔猫満載のビニール袋がぶら下がっていたそうです(≧ヘ≦ )
 その先生、ちょっと多頭飼育の傾向があって、もう数十匹飼ってます。
 「誉められた話じゃありません!」と言ってやった ( ̄^ ̄ )

 今回は全頭に貰い手がみつかったようですが、「2014/12/12 環境省通知「愛護動物の遺棄の考え方について」の補足説明3、
  『なお、仮に第三者による保護が期待される場所に離隔された場合であっても、必ずしも第三者に保護されるとは限らないことから、離隔された場所が上記の例のような状況の場合、生命・身体に対する危険に直面するおそれがあると考えられる』に該当します。立派に遺棄罪成立です。

 現在係争中の「メグちゃんの所有権を巡る裁判」も、有坂さんを訴えた元の飼主の「遺棄罪」が認定されるかどうかが、争点になると思います。裁判所は良識をもって、遺棄を認定して下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR