どうぶつ基金・佐上邦久の告訴2&3は不起訴処分

( ̄^ ̄)ゞ 「どうぶつ基金・佐上の告訴2連発(°_°) 他にやることないのか・・・?」の続報です。
 佐上の告訴2(2014年10月9日付け告訴、同月15日受理)&3(2015年8月27日付け告訴、同月31日受理)は、いずれも不起訴となりました。

 仕事納めの28日、鳥取地方検察庁の担当検事から電話で知らされました。同日付けで処分決定通知書を送付してくれるそうです。不起訴の方向で検討されている事は、2件の告訴の供述調書を作成した12月11日に説明されたのですが、弁護士に脅されていましたから(゚∀゚)。未定は決定にあらず位に聞いていた。

 検事は、佐上の告訴2&3はtautologyだと言い、告訴1(2011年2月付け告訴)で、既に私は処罰されている。一事不再理の原則が働き、年内には不起訴の方向で処分決定を調整中というようなお話でしたね。

 捜査もされず、最初から「起訴ありき」で、司法がそれを追認した「告訴1」に関しても、暴力団関連情報は警察が独占管理している、その独占管理に抵触する記載が処罰対象となったのだと明快な説明で、良いか悪いかは別として、その解釈で告訴1の不可解な経緯が全て説明出来るのは事実です。
 告訴1は、国家と一個人の非対称な関係の中で有罪となり、本件民事第一審判決は、個人と個人の対称な関係において、私の主張が完全勝訴したのだと、5年かかって漸く理解出来た次第です(*´v`)

 溜まる一方の告訴の年内処分決定は、検察の仕事納めの煤払いといった所。
 当事者としても、処分決定が出た後に新しい年を迎えたい。
 年の瀬に佐上の告訴2件はこうして完全消滅( ̄^ ̄)ゞ

 武田弥生@「全ての生命を尊ぶ会」の告訴も不起訴、私の逆告訴も不起訴で終了。
 弥生ちゃん、病気治ったでしょW(`0`)W
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR