【公益法人の闇】善弘寺の貧困ビジネス

 愛護ビジネスに参入してくる反社は、他分野ビジネスでもまともな事業はしていません。
 金になるならなんにでもの、多業種操業。
 善弘寺の貧困ビジネスが、昨年末、大きく報道されました。

【参照過去記事】
 ・<警戒区域は金になる>二本松市善弘寺の登記簿を読む
 ・【三年後の総括】警戒区域の反社達:二本松・善弘寺と遠藤カズオ



逃げ出した元入居者「弱み付け込む」 生活困窮者の住む施設…実態は
2015年12月30日 埼玉新聞

 さいたま市は今月16日、宗教法人善弘寺分院宗永寺(本部・東京都足立区)が運営する同市岩槻区鹿室の無届け施設について、新たな利用者を制限する行政処分を行った。同市の「貧困ビジネス」を規制する条例に基づく行政処分は初めて。一方、宗永寺が運営する別の施設では、支援者に助けを求める入居者もいる。届け出されている市内の別の施設から逃げ出した男性(56)は埼玉新聞の取材に「入居者は弱みに付け込まれ、囲い込まれている」と実態を語った。
 
 宗永寺は今回行政処分を受けた施設のほかに、市内4カ所で生活保護受給者が入居する施設を運営。いずれも条例に基づく届け出がされている。男性は2011年から宗永寺が運営する2施設で生活してきた。都内のJR新宿駅近くの公園で職員から、「暖かい部屋、毎日の食事がありますよ」と声を掛けられ入居した。
 
 男性によると、入居者に与えられる部屋はベニヤ板で仕切られた3畳ほどの空間。月々の生活保護費約12万9千円は、支給日に施設に「没収」される。そこから平均して6千円~9千円が手渡されるほかに、一日に千円が支給される。男性は「昼飯を買い、一日中部屋でテレビを見る生活で気が変になってしまう。だんだん、考える力がなくなり、現状から抜け出すことを諦めてしまう人も多かった」と振り返った。
 
 男性は別の入居者とともに昨年10月ごろから約半年間、市が行政処分を出した無届け施設の開設準備に携わった。トラックで大量の家電や家具などを運んだという。働いた報酬として一日に千円が渡されることもあった。
 
 男性は今月上旬、「普通の生活がしたい」と、施設を逃げ出した。生活困窮者を支援する「反貧困ネットワーク埼玉」に相談し、新年からアパートでの生活が始まる予定だ。男性は「劣悪な環境に耐えられず逃げ出す人を何十人も見てきた」と指摘するが、行き場を失い再び施設に舞い戻る人も多いという。
 
 市によると、施設は元工場の倉庫4棟を改修し、居住施設や事務所などとして使用。99人の収容が可能で、男性62人(28日現在)が入居し、全員が生活保護受給者または受給申請中だという。市は今後、入居者の転居支援を進め、施設を閉鎖する方針。また、市内の四つの届け出施設についても「条例に基づいて、従前通り指導をしていく」としている。
 
 行政処分を受けた無届け施設の関係者は埼玉新聞の取材に対し「代表者は不在なので分からない」とコメントした。
 
 生活困窮者の支援を行うNPO法人「ほっとポット」の宮沢進代表理事(社会福祉士)は「無届けの施設では、入居者が不利益な扱いを受けていても行政が把握できない。悪質な事業者に付け入る隙を与えないよう、行政が引き続き適正な運営を促していくべきだ」と話している。




善弘寺って、あの善弘寺?
宗教法人善弘寺(URL:http://zenkouji1.com/)公式サイトに、
宗永寺(本部・東京都足立区)ー載ってますね。

syuueiji.png

「墓地も本堂もない」という宗教法人善弘寺さん、他にもいろいろやってます。
被害も既にでているようですが・・・・ 
マル暴さん、全然働かない。昼寝でもしてるんでしょ。

これが「公益法人の闇」でなくて何なのだ?そのものズバリじゃないですか!

12508870_1665771133692664_7455123776062171734_n.jpg
12524206_1665771093692668_9037396687204199658_n.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR