環境省「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」に基づく台東区の試み

 環境省の「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」に基づき、台東区が打ち出したモデル事業です。
 なるほど、諸費用免除の発想もありですね(* ´ ▽ ` *)
 現場はいろいろ考えています。
 成果はあがるでしょうか?今後のデーターに注目です。

 台東区公式サイトから
 ≪全国初≫犬の譲渡推進に向けて保護犬の登録手数料等を免除します



台東区
保護犬引き取り、諸費用免除 殺処分減へ、全国初の試み /東京
毎日新聞

 台東区は4月から、都動物愛護相談センターで保護された犬を譲り受けた区民に対し、犬の登録手数料などの支払いを免除する。全国初の試みという。

 区は、住民が保護された犬を引き取りやすくするため、免除を決めた。センターは八王子、町田両市を除く都内の捨て犬や野犬を保護している。統計によると、センターに保護される犬は年々減少しているものの、2013年度に707頭、14年度には475頭だった。

 免除対象は、登録手数料(3000円)▽狂犬病予防注射済票交付手数料の初回分(550円)▽区が運営する犬のしつけ教室の参加費(2000円)▽狂犬病予防注射摂接種料の初回分(3100円)。

 区台東保健所の担当者は「殺処分される犬が一頭でも減ってほしいとの思いで考えた。保護された犬の譲渡がさらに進めばと思う」と話している。【柳澤一男】



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR