神奈川県、致死処分ゼロを先にもってきた結果、”在庫オーバー”

 横浜と川崎、相模原、横須賀、藤沢の各市を除く市町村を管轄する神奈川県の動物保護センター(平塚市)は、犬猫「殺処分3年連続ゼロ」を発表。しかし、年度内に収容頭数は千頭を超過したという。

 ・「犬猫「殺処分3年連続ゼロ」 ただし1000頭超を収容 神奈川県

 『県は殺処分室を置かない建て替えの主な費用を募金で賄う計画だ。昨年度は目標の1億円の4割しか集まらず、今年度は3億円を目標額に掲げている。』というが、この計画は当初から楽天的過ぎた。

 適正譲渡ではさばけない。
 入り口を閉めるか、不適正譲渡か等の姑息な手段で誤魔化さず、神奈川県が勇気を持って当初の計画を見直されん事を希望する。最初から計画がずさんだった。時期尚早の夢プロジェクト。軌道修正は早ければ早いほど良い。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR