スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマルフレンズ新潟の運営破綻は「金」の問題にあらず!

 「アニマルフレンズ新潟運営破綻」の続きです。経営権を引き継いだニャンダーガードのぶたまる氏、ゴールデンウイークに新潟入りされたようですが、・・・甚だ頼りない( ノД`)。


 「その1935 ゴールデンウィークの熱い新潟
『前にも少し書いたけど ぶたまるは 
去年の秋から ずっと、新潟のアニマルフレンズの運営危機問題に取り組んできていました。
問題といっても基本的には  お金  
これが 足りなくて アニマルフレンズ新潟はつぶれそうだったのです。

されど  お金  駄菓子屋で何を買おうか迷っているのとは違います。
問題は 時間と共に深刻になっていき スタッフの生活まで脅かされつつありました。 』

 
 「金の問題」、未だ、続けてご支援を~!多額の支援金が必要で~す!とは続けていませんが、伏線張ってるのね(ノ∇≦*) 地元が引き受けても支援金公募はしますけどね、ぶたまる氏がギブアップしたら、その時は引き受けるでしょう。大体、遠隔地のぶたまる氏に経営権を譲るのが不合理。

 ネグレクトの虐待状態にある動物達の事は後回しなんですか?
 『予算のないシェルターにいる保護動物たちも 見るからに体調のよろしくない子が多かった』
 なのに、ぶたまる氏は自分達の宿泊施設やスタッフの休憩室を作ることを優先するらしい。
 病気は待ってくれんぞ!

 2016年04月21日付けで『太田先生とレイチェルに応援してもらって GWまでに80匹ほどの猫に不妊手術を実施します。それができると 今シェルターにいる猫と犬は全て不妊手術ができたことになり、マーキングや脱走、喧嘩の心配もなくなります。』と書いていらっしゃるんですけど、それはどうなった?太田先生に直接、聞いたろか?
 
 『将来的に』って、次はいつ行くの?
 ぶたまる氏に人がついてくるのか?
 もたもたしている間に病状が悪化して死んでいくかもしれないリスクには恐ろしく鈍感な方ですね。
 
 金の問題のようでいて、実は金の問題ではない。
 アニフレの動物虐待は、単に動物を囲い込み、頭数で支援金を集めネグレクト状態を続けた事から発生した。
 アニフレは年間億を越す支援金があった年もあったし、東日本大震災では国内外から多額の支援金が集まり、緊急災害時動物救援本部から義捐金配分も受け、アークグループも支援金1千万円を配分した。それらのお金は一体、何に消えたのだ?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。