ノーキルのなれの果て:某NPO法人崩壊ーネグレクトの虐待現場ー

 兵庫県内の某NPO法人が崩壊しました。
 ノーキルのなれの果てです。

 何年も前からゴミ屋敷状態だったようです。
 スタッフは全員、辞め、支援物資がゴミ化している状態だそうです。
 悪評は10年以上前から時々聞いていました。
 保健所の譲渡会で最後まで残って残った収容動物を全部引き取って行くとか、路上でスイカの投売りみたく譲渡するとか、みかねた愛護活動家が注意しても、聞かない。
 長年、譲渡してきた行政サイドにも問題があります。
 
 こういうケースのほぼ100%がそうですが、主宰者は惨い状況になっても虐待を虐待と認知しません。
 そのため動物虐待が何年も何年も続く。

 こういうケースは珍しいニュースではありません。もう一々取り上げるのも面倒臭い気がします・・・

 公益社団法人日本動物福祉協会のような団体に、動物虐待を訴追する法的権限があればいいんですけどね。
 日本では訴追件は官が独占しています。
 例外的に消費者契約法に消費者団体訴訟制度が導入され(2007年から実施)、事業者の不当な行為に対する差止請求権が認められていて、当時、これだー!と思ったのですが、なんの見通しも立たない状況です。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR