精神異常と動物虐待:神戸市垂水区猫焼殺事件

 ネット上で騒がれる前に、犯行当日に女の親族が事件を通報していたんですね。
 女性の異常に周囲は気がついていたわけで、こういう場合、速やかに異常者からペットを引き離さなくてはいけない。誰もがそう思う。被害を未然に防ぐ法的措置がとれるよう法整備を進めていかねばなりませんね。道のりは遠いです、まだまだ遠い。 
 
 参照:2016.04.28付け「飼い猫に暴行して焼却、殺害する動画を公開した女が炎上!その動機と現状は
 


飼い猫焼き、死なせた疑い 31歳の女逮捕 神戸
神戸新聞NEXT 8月16日

 生きた飼い猫を焼却炉で焼いたとして、兵庫県警生活経済課と垂水署は16日、動物愛護法違反の疑いで、神戸市垂水区に住む無職の女(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は今年4月18日、自宅マンションのベランダで、生後約6カ月の雄の猫を鉄製の焼却炉(高さ59センチ、直径37センチ)に入れ、死なせた疑い。女は県警の調べに「取り返しのつかないことをした」と容疑を認めている。

 県警によると、女の親族から同日、「女がインターネット上に虐待の動画を投稿している」と通報があった。駆け付けた垂水署員らが事情を聴いたところ、女は猫を焼いたことや、スマートフォンで撮影した動画を交流サイト「フェイスブック」に投稿したことを認めたという。女はその後、本人の同意を得たうえで精神科病院に任意入院となっていた。

 県警によると、事件後、ネット上で動画を見つけた市民から通報が相次いだという。焼却炉からは犬1匹の死骸も見つかっており、県警が関連を調べる。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR