動物保護活動を騙る詐欺事件

 下の報道事件は単純な詐欺ですが、犬猫を譲り受けた後に泥棒に入られた事件も起きています。

 第二種動物取扱業(非営利)は先の法改正で届出制でスタートしたばかり。
 届けさせて多頭収容(多頭飼育)の実態を見ていこうという趣旨です。
 資格ではありません。
 現行法では、誰でも自由に保護活動の看板を上げられる状況に変わりはない。

 非営利を謳う民間保護活動団体には反社会的勢力や前科者も参入しています。
 譲渡活動は希望者のお家に上がらせて貰いますし、家族構成や留守の時間帯等の細やかな情報も伺う。
 愛護団体を自称する人々の中には、侵入窃盗等の前科者もいます。
 やたら行政とトラブルを起こしたり、自治体から譲渡中止措置を受けた団体、提訴告訴の制度濫用が多く、動物愛護団体の世界で孤立している団体等は事前に調べてかかる必要があるでしょう。、
 事件当時の新聞報道記事が残っている場合もあるので、名前と住所で検索する等の事前調査を勧めます。
 精神異常者と前科者のカップルで動いているケースもありますから、被害にあう前の用心は自己責任です。
 本当に更正出来ていれば問題はありませんが、残念ながらそういう人ばかりではありません。



犬譲渡装い現金詐取、容疑で女逮捕
佐賀新聞 8月20日

 佐賀県警佐賀署は19日、詐欺の疑いで、千葉県市川市の容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は2014年11月、ペット犬の情報サービスウェブサイトの掲示板で、掲載していたゴールデンレトリバーの子犬を譲り渡す情報を見てメールを送ってきた佐賀市の30代女性に「医療費や空輸代金など5万3千円の負担が必要。先に3万円を振り込んで」などと返信し、3万円を指定した金融機関口座に送金させてだまし取った疑い。

 容疑者と連絡が取れなくなった女性が、佐賀署に被害を届け出ていた。同様の手口の余罪があるとみて調べている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR