周南市緑地公園の野犬問題

 長年繰り返されてきた風景が甦ってきた感覚に襲われましたが・・・野犬が多い地域は今でも散見されます。行政はお手上げ、愛護団体は悲痛な悲鳴を上げ、署名活動・・・これも繰り返された風景。

 今までのやり方を踏襲するだけでは問題解決に年数がかかりすぎると分かっている筈。
 補正予算組んで一大事業を展開すれば?野犬問題抜本解決一大事業!
 公園の正常化が目的ですよ。愛護の人は公園で野犬を飼おうなんて考えちゃ駄目ですよ。

 例えば、遺棄防止の立看板が役に立たないことは経験済みでしょう?
 3年なら3年の期間限定で、監視カメラをそこら中に設置するとかしてもいいんじゃない?必要なら車の侵入道路を制限するとか。遺棄犯の車を逃すなよ!上限百万を科してやれ! 
 今いる犬達を一箇所に誘導するように、一定の広さ(広ーくね)を高いフェンスで囲い、犬の巣穴をそこに集中させるような環境設定をし、餌やりをそこに限定して一時的に囲い捕獲促進。
 いいですか、捕獲を促進するためで、飼育場じゃないですよ。3年間なら3年間、問題の抜本解決のため公園の一部を利用規制したっていいでしょう。虐待風景を野放しにするなよ。それが一番最悪です。
 生かせる犬は生かす努力を、社会にキャパがなければ一部致死処分はやむを得ない。
 思い切って新企画でやってみて・・・と遠隔地でつぶやく。
 現地の地理も背景や経緯も分からんでよ・・・と言い訳する。
 行政も無力、愛護団体も無力。繰り返されてきたやり方では効果薄。
 今までのやり方にこだわるな、柔軟な発想をおそるるな!・・・と言ってみる。

 去年にはもう大問題となっていたようですが、山口県の地域事情が分からない。
 調べる気もないし( ̄^ ̄)ゞ
 増えては殺し、増えては殺しを昭和、平成と長年繰り返してきた。「増えたら殺せばいいんだ」、またそうする以外、解決方法がない時代が長く続いた・・・・それでは能がないと平成11年の動物愛護管理法の大改正で周辺整備を進めてきた筈が、こんな風景が出現し、虐待が野放しに横行しているとは・・・ 野犬や野良猫が蝟集すれば必ず残虐な虐待が起きる(;_;) これは避けられない。虐待を止めさせたいなら、全頭収容が先決

 ここまでほっておいては遅いのよ。こまめに増えないように早め早めに手を打っておかないと。
 問題が大きくならないと本腰入れないのが行政の悪い癖。今日の事は明日に延ばすなです。
 
【周南市】野犬の現状と取組み
・2016年2月27日 山口新聞
・2015年09月08日 減らぬ野犬、周南管内の捕獲数突出
山口県周南市の野良犬の虐待を止めさせて下さい! 昭和初期のような扱いをされている犬たちを助けて!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> ただ一つ知ってほしいのは、例の公園(緑地公園)は、それはもう山といっていいぐらい広い公園。大きな市だから、行く人は市民なんてレベルじゃなくて、県の東半分からやってくるから。
> 犬を捨てるんだって、近くじゃなくてちょっと遠くに捨てる気がしませんか?大きな市だけに大きな公園があって、捨てる人は県の東半分から。
> そんな状況です。

 状況説明を有難うございました。
 問題解決は難しそうですね。

No title

過激で単純なことを繰り返し言う団体が、周南に目を付けて群がっている状況なんです。
だからと言って、悪ばっかりでなく、こうでもして注目されたんで事態が動くといいと思います。
ただ一つ知ってほしいのは、例の公園(緑地公園)は、それはもう山といっていいぐらい広い公園。大きな市だから、行く人は市民なんてレベルじゃなくて、県の東半分からやってくるから。
犬を捨てるんだって、近くじゃなくてちょっと遠くに捨てる気がしませんか?大きな市だけに大きな公園があって、捨てる人は県の東半分から。
そんな状況です。

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR