【希望の牧場】徹底討論会生中継 2016/10/29(土)13時〜15時

 ・『【やまゆりファーム訴訟】第一回期日2016年10月31日
 ・『【やまゆりファーム訴訟】経緯1:そもそも「やまゆりファーム」に実体はあったのか?』 
 の続報です。

 第一回期日(2016/10/31)の直前、10月29日13時~15時に徹底討論会が開催されます。
 テーマの一つは「やまゆりファーム裁判訴状)」で、事件を受任した林太郎弁護士も参加予定。
 討論会は生中継されるので是非ご視聴下さい。

 ■10月29日に開催決定!「原発事故から5年目、警戒区域の命を考え、行動する徹底討論会」
 ■やまゆり牛裁判につき、傍観者でいいのか
 
 ハリさんが、岡田さんを絵本や映画の中で取り上げた、木村友祐さんや飯田基晴さんを”揺すぶって”いますが、これは一つ”仕掛け”の意味があるんでしょうね。効果ありで、両製作者も討論会に参加されますヽ(´∀`)ノ

 一つ私見を述べると、製作者は生活のため、絶えず何かしら製作しなくちゃならない宿命がある。
 それを考えれば全ての責任を製作者側に押し付けるのも無理がある。読む側の、観る側のリテラシーの問題でもあるんですね。
 それと、彼等の取材中、やまゆり関係者が内部トラブル等をぶっちゃけたとも思われない。少なくとも、岡田さんの起こしたトラブルは、ネット上では公開されていませんでした。私が事情を知ったのも2年前、岡田さんが突然姿を消してからです。

 ツイッターで岡田さんとはやりとりがあったので、当時、私は岡田さんと何度か電話でお話しました。おかしな事を言うんだ、岡田さんは。説得しようとする私の電話に岡田さんは出なくなりました。他の方たちに対しても同様で、岡田さんは岡田さんの言い分を無条件で支持する人以外は、次々と切っていった。
 それで私は、やまゆり関係者や希望の牧場関係者、周辺者に事情を伺い、初めて事実関係を知った。

 木村さんや飯田さんの取材期間が特定出来ないので(そこまでやっている時間がない)、時系列に沿って事実関係を斟酌する事が出来ませんが、岡田さんが希望の牧場で、最初からプチ・トラブルを繰り返していたのは事実です。しかし関係者は取材者達にそんなこと話したんですかねぇ?誰も話さなかったんじゃないですか?

 マスメディアや製作者達に取り上げられ、岡田さんが舞い上がっていたのは事実だろうと思います。
 汚染牧草を探して農家を回るとき、彼女は自分が掲載されている記事のコピーを持って歩き配布したという証言がある。
 おまけに、飯田さんの映画を見て勘違いした企業経営者がやまゆりに1千万円の寄付をした。
 その大口寄付はやまゆりファームのブログで報告されていません。
 岡田さんは映画に出演した自分を見て、寄付されたものだと勘違いしている。
 活動に大して寄付をなさったのよ。・・・

 岡田さんは牛が楢葉に居たときは一度も行っていません。
 希望の牧場に移動した後、永澤さん達に合流し、有償ボランティアとして牧場に通うことになった。
 岡田さんは経済的に余り余裕があるほうでなく、ボランティアをしたくともお金がない状態だった。
 永澤さんと和田さんは無償ボランティアでいいと辞退し、岡田さんに時給を支払う事には同意した。
 牧場の朝は早い。岡田さんは朝の作業が終わる10時頃に出勤してきて、作業中も写真を撮ることが多く、注意される事もあった。
 毎日は浪江に通えない永澤さん達は、週5日現場に通う岡田さんを代表にし、会の口座のキャッシュカードを持たせていたが、岡田さんは不必要な買い物のために数万単位の金額を引き出していた。彼女は毎朝、大きな買い物袋を2つも3つもぶら下げて出勤してきた。小額の品々とはいえ、その寄付金の使い方に不安と疑問を感じた牧場関係者が直接注意したが止まない。
 やまゆりの他のメンバーに連絡がゆき、驚いた永澤さん達が無駄な買い物をしないよう注意すると、岡田さんは素直に反省してみせる一方で、永澤さん達に対する陰口をたたくようになった。
 真に受けた吉澤さんが一方的に永澤さんを叱責し、それが原因でやまゆりは分裂する展開に。
 
 他にもいろいろありますが、今日は止めておこう。
 時間がないです 笑い。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR