【やまゆりファーム訴訟】経緯4:「やまゆりファーム支援金口座」の持ち逃げ

 「希望の牧場」公式サイト更新。
 ・2016年11月01日付け 『【やまゆり訴訟】第1回期日を終えて

 公開された答弁書(    )。
 訴状を参照のこと。
 
 参照過去記事:
 ・やまゆり岡田が15年4月4日、やまゆり牛約60頭を希望から移転先へ、予告なしになかば強引に移動させようとした問題について
 ・2016年09月19日 動物愛護団体「やまゆりファーム」に対する訴訟の提起のお知らせ



 2015年4月5日、岡田さんは正体を明かさない不審なカップルと連れ立ち、唐突に希望の牧場に現れた。
 数頭積めるか積めないかの小さなトレーラーを同行し、自分達には出来ないから、やまゆりの牛をこれに乗せろと当たり前のように要求。この事だけでも、岡田さんに独立して牧場運営など出来ない事が分かります。

 岡田さんは移転先の牧場は用意出来た、場所は内緒だと言い、自治体の許可はとったと虚偽を述べた。留守番役のスタッフはそれを信じなかった。許可が下りるなどあり得ないのです。「希望の牧場」サイドは直後、念のため照会をかけ、岡田さんの言葉が真っ赤な嘘であることを確認しています。移動許可が下りないのに、被曝牛を渡す事は出来ません。「希望の牧場」も責任を問われる。

 岡田さんのパフォーマンスの真の目的は何だったのでしょう?
 アリバイ作りが狙いだったんじゃないですか?
 数頭のやまゆり牛さえ手に入れれば、詐欺や横領の嫌疑を免れ得ると計算したんじゃないですかね?
 
 やまゆりファームのツイッターは2015年4月3日以降更新されていません。
 最後の投稿(リツイート)がこちらです。

okada201543.png


 移送の妨害?妨害には当たらない。当たらないが、”(準備もしないで)牛を引き渡せと要求し、断られた”と書くことが出来るだけの「演出」はあった。
 金のためか!

 吉澤さんたちは、やまゆり牛に寄せられた寄付金問題に敢えて触れようとしない。
 岡田さんのさもしさに哀しく気が滅入ってくるのだろう。
 寄付金問題は寄付した人達が追求すればいいことだとも言っていた。

 しかし、牧場関係者の中には「あの人は詐欺師だ!」と怒っている人達もいる。「(岡田さんがインターネット上で報告していない)一千万円の大口寄付でおかしくなっちゃったんでしょう・・・」と呆れている。
 ここに至ってもなお、やまゆりの元支援者たちがだんまりを決め込んでいる理由が、私には分からない。

 岡田さんは答弁書の中でも、持ち逃げした寄付金口座に一言も触れていない。
 やまゆり牛の飼養責任は「希望の牧場」にあると主張するのであれば、口座の引継ぎをするのが常識!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR