FC2ブログ

【マイクロチップ】動物愛護部会(第35回) 議事録から


 第35回動物愛護部会の議事録によれば、環境省もマイクロチップの装着義務づけについて積極的に推進する姿勢を示しています。

 第一種、第二種動物取扱業に先ず徹底させ、一般飼い主には十年計画で段階的に義務付ける等の経過を踏んで、制度を確立して欲しいと思います。ペットの戸籍代わりとなり得るし、ペットと所有者の関係も登録管理されれば、個体のトレーサビリティーが現行よりはるかに担保されやすくなる。愛護ビジネスのしっぽもつかまえ易くなります。
 


(環境省が考えている現況下の困難):

 ・国民意識の醸成がまだ整っていないのが一点。(賛成、反対はほぼ半々)
  現時点で装着率が3%程度。この状況でいきなり、義務化出来るか?
  装着による健康への影響を懸念する意見も少なくない。
 ・技術と環境整備:マイクロチップの小型化、リーダーの普及等の環境整備等、クリアすべき点が未だ多い。
 ・マイクロチップ義務づけの方向性を、法改正の附則に明記するという意見もあり、環境省でももう少し丁寧に書くという形で最終的に対応する方向。

(マイクロチップの研究・開発):

 ・マイクロチップの開発は15ケタの数字と100文字の情報が入るところまで進んでいる。その結果、飼い主の住所、氏名、携帯番号まで入る。
 それは、その場で個体識別が可能になるという事。
 では登録しなくてもいいのかというような話にも繋がるが、狂犬病予防注射の登録なども含めて考えると将来的な混乱が予想されるため、登録は全てしたほうが良い。早目の対策が必要。

AIPO Animal ID Promotion Organization =動物ID普及推進会議への登録):

 ・マイクロチップによる登録管理の時代の方向性は必至であるので、中長期計画が必須。
 ・回遊魚類の増殖業界ではマイクロチップ管理を既に採り入れている。




 ところで、我が家の4匹の猫・・マイクロチップ装着しておりませぬ。
 正直なところ、20に近い福豆ちゃんに装着するのはちょっと抵抗がありますね。
 マメちゃんの原因不明の内出血は、ここ数年の間に左右両耳に発生した耳血腫と関係があるらしい。
 それ以上のことは分からない。
 獣医さんが「関係ない、大丈夫」と言ったとしても、血管が脆くなっているマメちゃんの体にマイクロチップを埋め込むことには、抵抗感がある。

 うーん、飼主の疑問にきめ細かに答えていかないと制度化は難しいかもしれませんね。

 
aipotouroku.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR