【美濃加茂市長冤罪事件】判決謄本交付 / 藤井市長の選択-信を問う出直し選挙-

① 続報です。
 名古屋高裁が判決要旨(60頁以上の大部なもの)をマスコミに提供したのは判決当日の11月28日。
 被告サイドの再三の交付要請を、裁判所は拒否。
 11月30日には美濃加茂市議会議長が藤井市長に同行し要請するも門前払い。
 その後、12月1日になって判決謄本交付の連絡があったそうです。

 判決要旨交付を拒絶する時、裁判所はなぜ、せめて、一言説明しないんですかね?
 「今週中には判決謄本を交付しますから、それまで待って下さい」の一言がなぜ、言えません?
 鼻持ちならない、その態度(*`へ´*)

 さて、郷原弁護士がシリーズでブログを更新中。
 ・”重大な論理矛盾”を犯してまで有罪判決に向かったのはなぜか ~美濃加茂市長事件控訴審不当判決(村山浩昭裁判長)の検討(その1)~

 ・被告人の話を一言も聞くことなく「逆転有罪」の判断ができるのか~美濃加茂市長事件控訴審不当判決(村山浩昭裁判長)の検討(その2)~

 ・カガミツカサ氏の傍聴記録も参照して下さい。
 「不可解な逆転有罪は日本版「司法取引」の先取り判決 (2016年12月3日)」

 改正刑訴法が、今年5月に成立しています。公布から2年以内に施行すると付則にあるので、司法取引は18年には導入される模様。司法取引導入の審議中から、専門家は新たな冤罪を生む可能性を繰り返し指摘してきました。
 美濃加茂市長冤罪事件はその典型的なケースです。
 恐ろしい話ですよ。
 ある日、突然、災厄のように、裏社会の虚偽供述によって、検察がありもしない犯罪を捏造し、無辜の人を嵌める。司法はその過ちを正すどころか、検察の意向に追随し有罪判決を言い渡す。
 
 本件の藤井市長にせよ、障害者郵便制度悪用事件の厚生労働省元局長・村木厚子さんにせよ、限りなくクリーンなお人柄で、公私にわたってトラブルらしいトラブルや悪評のない方々だった。そういう人が、犯罪を犯した人の保身による虚偽供述でいとも簡単に被疑者に仕立て上げられてゆく。
 そんなことを許しては、誰も安心して暮らせません!

 ・2016/12/03 up「被告人に弁明させずに逆転有罪は極めて不当な判決・美濃加茂市長主任弁護人の郷原信郎弁護士に聞く
  

② さて、控訴審の破棄自判有罪を受け美濃加茂市長は辞任し、市民の信を改めて問うことを決断しました。上告の控訴審破棄は統計上、きわめて確率が低いことを踏まえてのことだろう。
  出直し選挙は本来政策を問うものという指摘もありますが、政策に関する明確な争点のない今回の出直し選挙を選択した藤井市長の気持ちには同情的で理解はされているようです。
 藤井浩人市長は1984年生まれの32歳。
 突然、詐欺師の虚偽証言で贈収賄疑惑をかけられ、予想もしなかった控訴審逆転有罪に直面し、市民の信を問う出直し線挙に踏み切った心情は理解出来る。若く潔白であるが故に、信じられない司法の裁き方に、市民はNOと言うのか唯々諾々と思考停止で受け入れるのか?志ある青年市長の社会に対する信頼感が、支えられるかどうかが問われる選挙ではある。
 美濃加茂市民の皆様の良識を信じたい。

 ツイッター「美濃加茂市長 藤井浩人」から
 ・2016年12月6日
 『本日、『不当な判決と戦いながら、市長職を続けること』を、市民の皆さまに信任いただけるのかを問う選挙を行いたい。そのために一度市長職を辞職することを、議会にお伝えします。
これから議会ですので、夕方ごろに、改めてご報告致したいと思います!宜しくお願いします。』
 ・2016年12月7日
 『本日、議会に届けを提出し、12月19日をもって美濃加茂市長を辞職することとなりました。
不当判決と戦いながら市長職を続けることと、これまでの市政運営を含め、市民の皆さまに審判をいただきたいと思います。
ご理解宜しくお願いします。』
 ・2016年12月8日
 『一夜明けて、メディアの取り上げ方はそれぞれであり、「争点が無い」など書かれていますが、
改めて整理すると、市民の代表である「市長」に「有罪判決」が出た以上、内容はさておいて政治家として市民の方々の信を問わなければならない。』
 『そして、その判決の不当性、これまでの市長としての実績、これからのビジョンを評価していただきたい、何より私は続投をしたい思いから再出馬をする。
ということを理解していただきたいと考えています。
今回は住民投票ではなく、市長選挙。政策の判断だけではなく、人物を選ぶ選挙です。』 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR