FC2ブログ

【アニマルフレンズ新潟(Animal Friends Niigata)】動物福祉の犠牲に立つ愛護ビジネス


 Hoshi Family 初公判の傍聴券交付情報が裁判所公式サイトに掲載されています。
 『事件名 有印私文書偽造,同行使,災害対策基本法違反 平成25年(わ)第11号 』とありますが、「私文書」は「公文書」の誤記でしょう。
 渡邉弁護士の「意見書」でも、逮捕報道でも「有印公文書」とありましたから、裁判所のミスです。

 ・NGO Hoshi Family Animal Welfare?:HOSHI FAMILYが提出した「意見書 2013/2/15」

 Hoshi Family と協力関係にあった「特定非営利活動法人 アニマルフレンズ新潟」ですが、どうぶつ救援本部の第三期義援金交付金1,000,000円 を受けています。

 英国ミラー紙の報道によれば、アニマルフレンズ新潟(Animal Friends Niigata)の施設収容状況は最悪です。この記事の事は、しのちゃんのブログ経由で、「新装開店 お庭にようこそ」2013/3/16「英国ミラー紙から」で知りました。

 施設に通った個人ボランティアさんが保健所に通報した後、新聞社に根回ししたようです。
 この事実はどうぶつ救援本部にも報告し、義援金交付が適正であったかどうか、義援金返還請求の検討をして頂くべきですね。
  
 その根拠は、平成23年12月1日付、≪義援金の交付先の公開について≫の情報提供公募の呼び掛けです。


 (前略)
 交付先及び交付金額を公開した目的は、義援金をお送りくださった方々に対する報告であり、より一層の支援を仰ぐというものですが、同時に、義援金の交付を受けた団体がきちんと被災動物の救助を行っているかどうかを、皆様に監視・監督していただくという意味合いも含まれております。
 救援本部としては、出来うる限り適正・公平で有効な義援金の配分を心掛けておりますが、なお至らぬ部分については、皆さまのご協力を仰ぎたいと考えております。
 救援本部が看過してしまった問題点がある場合も、時間の経過とともに交付先団体の活動が変容してしまう場合もあり得ます。
 お気づきの点があれば、救援本部に情報・ご意見としてお寄せくだされば幸いです。
 (後略)


 
J6KJI.jpg
画像は「人間に負けずに花見するネコたち」から

 アニマル・シェルター活動の基本中の基本は適正数管理です。
 動物福祉の犠牲の上に頭数を搔き集める団体や個人は、動物保護活動の不適格者。愛護ビジネスやアニマルホーダー、無責任でだらしない多頭飼育者を疑って間違いありません。
 
 改正法で第二種動物取扱業が規定されてから、悪質な愛護ビジネス団体、グループの活動実態が、地方自治体所轄課に通報される動きが促進されています。念のため環境省へも同時に資料提供されたほうがいいと思います。
 さらなる法整備にデーターベースの蓄積は必須です。

 ちばわんの「多頭飼育の預かりさん」問題も、第二種動物取扱業の規制が適用されることで改善される見通しが立ってきました。第35回動物愛護部会の議事録によれば、「犬猫10頭を超える愛護団体の預かりボランティア等にも飼養施設基準を適用。ウサギは小型動物から中型動物と規定変更」です。

MIRROR紙の記事を以下、転載:


Struggling to cope: Cats saved from tsunami dying in British-run rescue centre
10 Mar 2013 00:00
 When our investigators visited the sanctuary they found ­agitated animals living in cramped cages which were stacked three high

 A British-run animal ­sanctuary that rescued cats from the ­tsunami in Japan is being investigated amid claims that animals are dying there in appalling conditions.

 Shocking pictures reveal that some of the cats ended up frozen after they died and stored in plastic bags.

 Last week, when our investigators visited the Animal Friends Niigata Sanctuary in Tokyo, they found ­agitated animals living in cramped cages which were stacked three high.

 Some had weeping wounds and puss streaming from their eyes and dead cats were piled up on top of a freezer.

 A volunteer working at the shelter said a dozen had died in the last month.


 The sanctuary’s website says: “We give the necessary care and social training to abandoned animals, and where possible find them new, good and loving homes.

 "Where this is not possible, we provide them with lifelong care at our small shelter.”

 The sanctuary was opened by British expatriate Isabella Gallaon-Aoki to provide a refuge for cats and dogs in a country with a notoriously poor record on animal welfare.

 After the earthquake two years ago the shelter concentrated on rescuing animals left behind when their owners died in the ­resulting tsunami.

 Donations poured in from around the world.

 But figures show one in five has died since arriving at the shelter. This is TEN TIMES the mortality rate at other shelters in ­Japan.

 Several volunteers at the sanctuary made official complaints to animal welfare ­inspectors about conditions there.

 A letter has now been sent to the ­sanctuary saying numerous complaints had been ­received.

 The shelter has been warned it is overcrowded and has been ­ordered to reduce the number of animals it keeps there.

 Yesterday Mrs Gallaon-Aoki admitted there were problems at the shelter but insisted they were doing their best.

 She said: “There is a higher mortality rate because we take sick animals and ones from the Government shelter. Those facilities provide us with ­unhealthy animals.

 “We do not keep animals in cages for six months. We rotate them to larger spaces as soon as we can. Some are in larger cages with several floors.”

 She confirmed dead animals were kept in freezers but only until they could be disposed of at the crematorium.

 “We are struggling like all shelters in Japan,” she added.

 “We thought that this would be a temporary thing but it’s not.”




【追記 3/27:明日発売の週刊新潮が事件を取り上げたようです。】

20130328anifure.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR