宗教法人「善弘寺分院宗永寺」の貧困ビジネス処分 2017/1/27報道

貧困ビジネス規制へ さいたま市、宗教法人を処分
2017年1月27日

 さいたま市は二十六日、生活保護受給者の保護費を不当に徴収していたとして、同市岩槻区で計五カ所の無料・低額宿泊所を経営する宗教法人「善弘寺分院宗永(しゅうえい)寺」(東京都足立区)に対し、市内での施設新設や、新規入居者の受け入れの禁止を命じた。生活困窮者から生活保護費を搾取する「貧困ビジネス」を規制する条例に基づく命令で、施設の新設を制限するのは初めて。

 市生活福祉課によると、宗永寺は遅くとも二〇〇六年三月から、路上生活者らが生活する無料・低額宿泊所を経営し、市外から入居を勧誘。入居者には金銭管理契約を結ばせ、毎月の生活保護費支給日には役所に連れて行き、受給直後に保護費の入った袋を回収していたという。条例はこうした契約を禁じており、市は宗永寺を繰り返し指導。しかし、昨年二月から今月にかけ計六回実施した立ち入り検査で、改善されていないことが判明し、消防設備の不備も確認されたため、今回の処分に踏み切った。

 市は入居者の転居を支援しており、一五年十二月に計三百七十三人だった入居者は、今月には計二百二十四人に減少した。

 宗永寺は埼玉県川口市と松伏町でも、同様施設を経営している。



 川口市さん、松伏町さんも頑張って処分して。
 行政処分だけでは手ぬるい!
 警察はなにしてる?
 マル暴は何してるんですか?
 ほんと、マル暴の仕事ぶりっておかしいよな。
 一般市民からの被害相談は取り上げない方針でやっているらしい。

 暴力団関係情報を警察の独占管理のままにしておいていいのか?

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR