スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やまゆりファーム訴訟】経緯10 第二回弁論準備手続き(2017/2/24)

 昨日、’17/2/24に弁論準備手続き(非公開)がありました。
 吉澤さんからお話は伺いましたが、非公開の性質上、詳細は書きません。

 ただ、岡田さんが準備した小高の牧場は、帰還困難区域で避難指示解除が適用されない場所です。
 南相馬市は被曝牛の移動を許可していない。岡田さんは手続きの途中で投げ出していて、そのままになっている。

 代理人は岡田さんの説得に梃子摺っていて、説得は出来ないでしょう。
 被告は追い詰められて尚、頑なな現実逃避に閉じこもるばかり。病気を相手にしているようなものです。
 ならば法令や社会規範に照らしビジネスライクに事を運べば良い。
 私はそう思います。

 追求をいい加減にすませれば、「逃げ得」事例をまた一つ増やすだけ。
 社会と異なる基準で回っているようなら、いつまで経っても愛護の市民活動は社会の中に居場所を持つことは出来ません。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。