FC2ブログ

ピースハウス襲撃事件当日の記録 2011/6/19


Peace6.19
 ピースハウスに動物達を取り戻す事を目的として集まった有志たちのブログです。」
から、「ピースハウスの動物たち~連れ去りの経緯①&② (2011-07-26)」を転載します。


ピースハウスの動物たち~連れ去りの経緯①

私達はピースハウスに動物達を取り戻す事を目的として集まった有志です。

ここに記載する内容につきましては、夫々の現場に居合わせたボランティアの証言を元に当事者(実弟氏、実父氏、西村眞由美氏含め)への聞き取りも実施した上で、私達が認識している一連の経緯です。


◆多頭香川関連について

①16頭引き渡し

2011年6月13日
P里親会U代表より翌日10時に多頭香川の子を含め15頭を引き取るので準備しておくよう電話連絡あり

その後、多頭香川の子ではないが若く人なれしている1頭を引き取ってもらえないか確認したところ、「15頭も16頭もこの際一緒」と了承を得て16頭出す事が決まる

2011年6月14日
10:00 P里親会の関係者が2㌧トラック(レンタカー)にて16頭を引き取りに来る
持参されたケージが小さな事もありボランティアが西村眞由美氏に確認後、ピース所有のケージ5~6個を提供。

11:05 当日いたボランティア3名と共に16頭をケージに入れ、トラックがピースハウスを出る 

*16頭の名前/性別/不妊去勢/性格など写真付きのプロフィールとフィラリア、プレドニン他をトラック運転手に託す

U代表から依頼のあった計30万円を西村眞由美氏に依頼されたボランティアがP里親会口座にネットにて振込みする

【内訳】
16頭分の埼玉までの運搬代金 \138,020

10頭分の不妊去勢代金    \140,000

当座の餌代         \21,980
           合計 \300,000

振込直後、U代表に電話し以下を伝える

・16頭がピースハウスを出た事

・30万円振込した事

・多頭香川の収支を計算したので、赤字報告だが当日の日記に掲載する事

②収支報告掲載 

2011年6月14日 
16頭の諸経費30万円を入れると多頭香川用募金で相当額の赤字になるが、香川の子たちがP里親会へ出たタイミングで収支報告を掲載するとU代表に伝える

しかしU代表から、以下の理由で収支報告掲載を待ってほしいとお願いされ、腑に落ちない理由ながらもU代表を信じ、掲載することを断念

・このタイミングで収支報告を出すと、香川の子を引きとったP里親会の募金が減る

・世間には色々な人がおり、収支報告を見て「沢山募金集まるなら、自分が出さなくても」と思う人もいる

・受入れ先の環境を整えるのにまだ費用がかかるので募金が減ると困る


③不妊去勢について

2011年3月下旬にかかりつけの獣医師と6月以降に全頭手術をする予定となっていたが急遽P里親会側から移動の話があったため手術予定をキャンセルせざるを得なかった

3月時点で手術を行えなかった理由は以下のとおりである

・授乳中の母犬であった

・月齢が若い幼犬であった(6ヶ月過ぎてからのほうがよいとのこと)


◆ピースハウスの動物たち連れ去りについて

2011年6月14日 
12:30 実弟の職場へ7わん氏と男性T氏がアポイントなしにやってきて、次の事を告げられる

・姉が動物虐待をしている

・姉が寄付金を横領している

・19日早朝に犬だけを引き取りにいく

・前日にピースハウスに行き、事情を話し姉を説得しなさい

・姉が引き取りを拒否した場合、パニックになって犬を虐待しないか見張りなさい

・19日の件は前日の18日まで姉にはもちろん他の人にも話さないこと

 もし話した場合、マスコミに姉がしていることを話す

・マスコミが動けば女優○田美○子や国会議員小○○合子も出てくる

「姉に事実かどうか確認します」と言うが、「確認の必要はない。私たちは2か月前から調べている。お姉さんに話せばマスコミにばらす」と言われる

13:20 帰っていく


2011年6月17日
実弟から話を聞いた実父が何とか事態を伝えようと思うも、「本人に確認をとると大変な事になる」と聞かされているので、連れ去る当日に着くように手紙を投かんする

投かん後、やはり心配になり西村眞由美氏に電話をかけるが、状況をはっきりと話す事ができないため「7わんさんという人が犬をどうとかこうとか」と全く理解できない話であった

7わん氏本人に確認しようと電話をするが、「あなたとは話しません。今からメールを送るのでそれを読んでください」と言われる

15:10 全く理解できない中、7わん氏から以下の事が書かれたメールが届く

・ピースハウスへの寄付金横領

・ピースハウスの動物への虐待

・エリ氏に対しての虐待

7わん氏のメールに書かれていた弁護士に電話し、「よく分からないのですが犬をどうするつもりなのか?」と事情を聞くが、弁護士は「私は犬の事については一切何も聞いていません」と言うので、「7わん氏にはこちらから連絡出来ないので、どうしたらいいのですか?このまま待っていたら連絡を下さるのですか?」と尋ねたところ、「そうですね。待っていてください」と言われた。

何が何かまったく理解できず、わけの分からないまま時間を過ごす。

その後、U代表に電話をするが何度かけても出ることはなく、その後も一切連絡がつかなかった。

このやり取りの後、実弟は7わん氏からの電話で「姉さんに計画を話したでしょ。大変な騒ぎになるわよ」とひどく責められる

2011年6月18日
13:00 実弟がピースハウスを訪れる

この時点で実弟は7わん氏の「マスコミを巻き込んだ騒動になる」という言葉を恐怖に感じており、犬を手放すように姉を説得するが話し合いは平行線で終わる

姉のあまりにも落胆した姿を見かねた実弟がU代表・7わん氏両名に電話し、病気の子と老犬も連れて行くのか?せめて置いて行ってもらえないかとお願いするも、「すべて連れて行く」と拒否される 


ピースハウスの動物たち~連れ去りの経緯②

2011年6月19日連れ去り当日

7:30 P里親会U代表より電話がかかる
話がしたいので土庄港まで来るように言われるが拒否する

7:45 トラック1台とワゴン車6台で多頭香川SOSボランティア5名、U代表、里親会関係者の女性1名、14日にトラック運転手をしていた女性他総勢約13名がピースハウスに到着ピースハウス向かいの他の方の土地にて50個近くのケージと物資を入れる段ボールを組み立てる

t02200165_0398029811375909729.jpg
8:00 U代表と里親会関係者の女性1名がピースハウスの中に入る
同時に何の許可もなく数名が踏み込んできたので「やめて入らないで」と叫んだところ、U代表が「待って」と指示し、一旦は止まったが別室で西村眞由美氏がU代表と話をしている間に窓等から建物に侵入してくる

t02200170_0314024211375909728.jpg
 <物資を隠す目的で当日現場になかったとされる西村眞由美氏の車>

o0305019611375909709.jpg
 <多頭香川SOS関係者が作業を手伝う様子>

【捕獲時の様子】 

・すぐに捕まる目の見えない犬を先頭に、怯えてパニック状態の逃げ回る犬を次から次へ追い詰め捕獲

・捕獲困難な数頭について、捕獲作業者より当日居合わせたボランティアや実弟にも捕まえるように指図があったが拒否する

・運び出された犬たちは小雨の降る中、ケージに覆いも被せてもらえず濡れて震えていた

・寝たきりの数頭に対しても同様の扱いで、ケージにマットも引かず寝かせていた

・犬のためにとボランティアが濡れないように傘をさしマットを引くようお願いした

・又、同ボランティアが「猫はどうしておいていくのか」と疑問を口にしたところ、U代表はあわてて猫も連れて行くように捕獲員に指示した

・又、薬品の所在についてはP里親会U代表に回答。老犬用の必須薬についても説明。

その際、捕獲に恐怖した犬が捕獲員に噛み付き怪我をさせ、その治療用具を渡しにいった為、その後、何をどうもって行かれたかは把握できていない
                            
t02200255_0259030011375954486.jpg t02200251_0242027611375909708.jpgt02200206_0294027511375909713.jpg
<自ら老犬を連れ出すU代表> (*チッチ注:でんでんこと、杉本を個人的によく知る人間が、画像の上杉の後方、背を向けている男が杉本によく似ていると証言しており、サポーター達は男の正面からの画像も撮っているので照合結果が出ているはずです。結果については、私は聞いていません。)

11:00 犬猫を全て捕獲、ケージに入れトラックに乗せた後、ピ-スハウス内及び倉庫にあった多くの支援物資を全てトラックに積み込む

ボランティアが外猫の餌だけは置いて貰えるようにお願いすると、U代表が「少し置いていって」と指示し、数袋置いていく

物資を全て積みを終えたワゴン車、U代表達の車、犬を連れて来た男性の車以外は撤収
全ての作業後、U代表と里親会関係者の女性1名から以下の話をされる

【内容】

・今後動物愛護に関わらない念書へのサイン

・ピースハウスの動物たち全頭放棄書類へのサイン

・今後の生き方として介護の資格を持っているなら、介護の仕事をしたらどうか?

同席していた実弟が「今の姉の気持ちを考えたら、そんなことがよく言えるな!」と反論するが、話は一方的であった

U代表から「納得しているでしょう?納得してくれるわよね?」と何度も問われるが、「納得していない。犬猫を置いていって」と答えるが最後まで聞き入れてもらえなかった。

14:00過ぎ U代表と里親会関係者の女性1名がピースハウスを後にする


◆ 動物達の所有権について

・西村眞由美氏は6/19に連れ去られた動物たちを譲渡や手放した事実はございません

・尚、所轄町役場にて連れ去られた全頭が西村眞由美氏の届出で登録されている事は確認済


◆ 多頭香川収支報告について

西村眞由美氏よりお預かりしました多頭香川SOS用口座の収支報告書を掲載いたします。
尚、報告書につきましては第三者である会計処理事務所に依頼し作成頂いたものです

o0800113211375909989.png
平成23年2月5日から平成23年6月24日迄、多頭香川SOS募金2口座にて集計
(6月度の医療費につきましては、P里親会へ送金した\300,000を含む)
自己持出金合計:\573,467


◆ピースハウス収支報告につきまして

現在、多頭香川SOS収支をお願した会計事務所に収支報告書の作成をお願いしております。掲載準備整い次第、掲載させていただきます。

                                              以上


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR