FC2ブログ

【動物との共生を考える連絡会】連絡会ニュース APR.2013  №27


 「動物との共生を考える連絡会」の会報「連絡会ニュース」が届きました。

・平成25年8月24日・25日開催の国際シンポジウムの内容予定が掲載されています。
 24日は「福島原発事故が動物に及ぼした影響に関する調査報告」と題して、北里大学研究チームの伊藤伸彦教授の発表。
 (終了後、八重洲富士屋ホテルで懇親会 希望者のみ・費用別途)

 25日は
  被災ペットの実態、支援等に関する調査報告
  緊急災害時における動物福祉の保障
  海外における緊急災害時の動物救援の実際
  質疑応答&ディスカッション

 現在、私の1日は最長老猫・福豆さんの投薬で寸断されているので、1泊2日は無理かなぁ・・
 どちらも参加したいですが、優先順位をつけてどちらか選択することになります。
 今は未だ決められないですね。

・「海外ニュース」には2つの記事が掲載されています。
 「抗生物質がなくなる日?」は、米国議会に2007年から毎年提出され、毎回否決されている法案、PAMTA(Preservation of Antibiotics for Medical Treatment Act.)のお話。
 畜産目的の抗生物質の乱用に歯止めをかける趣旨の法案です。
 PAMTAが通過すれば、抗生物質に安易に依存しない飼育体制に移行する動きが加速されるでしょう。それは畜産現場の動物福祉向上に直結します。業界の政治的圧力が強く難航しているそうですが、人の健康や食品の安全と動物福祉は連動しているんですね。
 
p5-510x350.jpg
画像は「Passing PAMTA 」から


・米国9つの州で使用が禁止されているジェステーション・クレート廃絶に向けた運動の一環として、マクドナルド・アジアに意見書を郵送したお話。
 アメリカのマクドナルドが2022年までに、ジェステーション・クレート飼養の豚肉使用を廃止すると宣言しているそうですから、マクドナルドとして足踏みを揃えてもらいたいですね。

・改正動物愛護と管理法のチェック。

・シンポジウム「動物虐待と人への暴力性の関連」報告。
 パネラーのお一人、矢吹氏のお話に、9年前の2003年に横浜市磯子区で起きた動物虐待事件が記載されています。トラバサミ被害等の虐待を受けた猫が多数発見された当時のことは記憶にありますが、詳しい話も結末も知りませんでした。
 この時の犯人も、猫の死体の上に「あと二匹猫を殺す」と脅迫文をつけ、矢吹氏の会を脅す等の行為があったそうです。猫に向けられた暴力行為は地域住民にも向けられるようになり、通学路にトラバサミを仕掛けたり、車のタイヤを夜間、パンクさせたりと対象が拡大していき、最後まで犯行現場を押さえられなかった為、立件はされなかったものの、最終的に犯人は地域住民の「出て行け!」コールに追い立てられるように移転したそうです。

 愛護にも問題は多々ありますが、だからといって動物虐待に走る人はやはりどっか歪んでいますね。
 野良猫の虐待事件は通り魔的犯行で現場を押さえることが困難ですが、DV家庭やアニマルシェルター内等で起きる動物虐待を改正法はどこまで取り締まっていけるでしょう?
 改正法で、第42条の2『動物虐待等に関する「獣医師による通報」』が規定されました。
 アニマルフレンズ新潟動物虐待事件の報道では、かかりつけの動物病院長が実名で証言なさっていました。
 animal advocateたる獣医師の資格に恥じない適法行為です。
 こういう獣医さんは動物にとって心強い味方ですね。  
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR