FC2ブログ

【進化する地域猫】不妊・去勢手術の助成金の条件はマイクロチップ装着と役場に登録


ネコの去勢・避妊費半額負担 金城院長に感謝状
沖縄タイムス 2013年5月10日

  【北部】国頭村奥間のKunJan動物病院(金城文安院長)が、ネコの適正飼育と野生動物の保護を目的に、国頭村・大宜味村・東村のネコの去勢・避妊手術にかかる費用を半額程度負担する取り組みを始めた。NPO法人やんばる舎(宮城良治理事長)が3村住民を対象に実施した実態調査で、手術費の助成を要望する声が上がっており、金城院長が費用負担を買って出た。7日、やんばる舎から金城院長に感謝状が贈られた。

 3村にいる野良ネコや飼いネコが対象で、ネコにマイクロチップを埋め込み、各村に登録することが条件。去勢・避妊手術費は通常、オスは2万5千円、メスは3万円程度かかるが、対象と条件を満たせば同病院が半額程度を負担する。

 金城院長は「費用が下がって手術が受けやすくなればいいと思ったので協力していきたい。ずっと継続していけたらと思う」と話した。

 やんばる舎が、環境省やんばる野生生物保護センターからの委託を受け、ことし3月にまとめた「2012年度やんばる地域におけるネコ等の適正飼育推進事業報告書」によると、全国に先駆け3村で05年に施行された「ネコの愛護及び管理に関する条例(ネコ条例)」を「知らない」と答えたのは49~60%に上った。

 ネコ条例では繁殖を望まない場合には去勢・避妊手術を施すよう義務づけているが、費用負担が足かせとなっており、住民からは補助を求める声が複数出ていた。

 宮城理事長は「調査で手術の高い費用がかなりネックになっていることが分かった。貴重な野生生物とペットが共存できるよう協力してくれた病院に感謝したい。地域でできることから始めていきたい」と話した。

 3村のネコの去勢・避妊手術に関する問い合わせは同病院、電話0980(50)1299。

 同院では3村のイヌの去勢・避妊手術も、費用のうちの5000円を負担している。




 マイクロチップ装着と村役場への登録を条件にした助成金制度は、とてもいいですね!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR