FC2ブログ

【ときぶーの時間】松村直登さんの1日


 「ときぶーの時間」が、松村直登さんの日課(2013年5月18日、19日)を紹介しています。
 同じ富岡町出身のときぶーさんは3・11後、横浜に移住。生まれて初めて開設したというブログ「ときぶーの時間」は、
 
 2011-11-15 :『放射能汚染で、すぐに帰れない土地を故郷に持つ僕らの恨めしさや苦しみなどを、書いてみたい。また、たった一人で町に残った男の事を深く掘り下げて書いてみたい。』

 と始まり、今も更新されています。 福島第一原発事故で他県に移住した一人の富岡町民が、富岡町にとどまる松村さんの”語り部”となり、ジャーナリズムが遠く及ばない、貴重な生活者目線の記録です。
 是非、本の形にして残して欲しい記録ですね。

 子供向けの写真絵本にも編集出来るんじゃないかなぁと思いつき、少し作業を始めていて、草稿が出来たらときぶーさんと松村さんに見ていただき、許可が出たら本にする段取りをつけていければと思っていますが、まだ未定の話で、どうなるか分からない。著作権はときぶーさんにあるので、収益が出れば「がんばる福島」にゆくのだろうけれど、赤字となるとツケは私が負うので、思い付きで事を運ぶわけには参りません。
 
 「ときぶーの時間」には「プロパガンダ愛護」が見落とす日常的なエピソードがたくさん出てきます。3・11以降一変してしまった世界で一人暮らす松村さんが、平常心や信義を保ったまま異常事態に対応し、一人では無理と思われた事業に取組んでいく、その在り様を子供達に知ってもらいたいですね。


 それはさておき、「ときぶーの時間」の複数記事から”松村さんの1日(2013年5月18-19日)”を以下、一部転載します。
 
一日の始まり。

983fbd4d09449f9fc26c63db1718a345.jpg
ときぶーさんが松村宅に到着すると母子猫4匹のニューフェイスが同居していたそうです!
私が松村さんに聞いたところでは、ボランティアさんはどこも手一杯で、
松村さんが治療等を含め母子猫を一時保護しているそうです。
福島県に母子猫の保護を要請すれば引き取り、治療もして貰えます。
致死処分されるとデマを流している連中がいますが、そういう事実はありません。
もっとも2つの施設で計5、6百匹収容されているのかな?
どうするつもりだ?という位の頭数が既にいますけれど・・

(追記:第37回中央環境審議会動物愛護部会議事録の緊急災害時動物救援本部のヒヤリングによれば、2つの施設で計猫236頭だそうです。全国47都道府県+20政令都市=67が分散して負担すれば、何とか適正譲渡出来るかも・・そういう意見も出ているそうです。)

午前中の作業

253a0ad93065374f72dee95c844a8a42.jpg
『彼の朝は愛犬石松の散歩から保護した猫の世話をし、
ダチョウに餌を与えてから牛に餌をあげ、放浪する猫たちの餌場をまわり
最後にイノブタに水と餌を与えて終わる。』

2a861bed326e969d55d4644567170e5f.jpg
『この白い子猫は目薬と風邪薬を与えていた。
目薬を差してあげるときは小さな足をばたばたさせて爪を出し、
松ちゃんの腕や手ををひっかくものだから、松ちゃんも困っていた。』

蛇足:バスタオルでチビニャンコをムシロ巻き状態(拘束衣代わり)にすると少しマシかも。
投薬は一人だと手こずる事ありますね。
うちの猫もゴックンと飲込んだ振りをし、やおら眠そうなポーズをとって私を騙す事がある。
すっかり騙された私が部屋を出るや丸薬は床に吐き出される!

e452b6a1409a662e5900e4e68a18a6c0.jpg
『次にダチョウの世話。
レンゲ草などの草をむしってダチョウにあげるのだが、
食べる食べる喜んで食べるダチョウを見て楽しくなる。』

d08aeecb4809391ff3c67fc3eb4eb784.jpg
『最後にトウモロコシやカルシウムなどの栄養満点の配合飼料の餌と水を与えて次の作業に入る。』


放牧する?

97573e451fc97414cd87fdadcd4eaec7.jpg
『まず最初は配合飼料の餌を与える松ちゃん。
大方食べ終えた頃に、柵を解放し牛たちを第一柵付近に出してあげた。』

c469fa8e37a95cb2d32be91b0606fd99.jpg
『みんな喜んで、生い茂る草に夢中。

ある一定の間隔で生きた草を食べさせ、
ビタミンなどロールわら餌にないものを補給させてあげていると彼は言った。
こうして牛たちは健康状態を保ち暮らしている。』


午後からの作業。

11270109676730a61895f0f8a2c5045b.jpg
『彼の午後一番の作業は、帰還困難区域に指定された第三の柵の牛たちの餌やりの作業だが、
まずはロールわら餌を運ぶことから始まった。』

c92d1e1b13000d82ee9c0decd616e591.jpg
『トラックから積んだロールわら餌を下ろす松ちゃん。』

9e652a160909fa241d3054d314a5463c.jpg
『最後に井戸のポンプを使い水を与えてこの柵の作業を終えた。この柵は毎日どんなことがあってもこの水を補給してあげなければならないから、これも本当に大変な事だと思う。』

注:去年はこの井戸が涸れました!今年の夏はどうだろう?


午後の作業・続編。

0a8bf179e041a49aa45f992561e22dca.jpg
『第三の柵の牛たちの給餌を終えてから次の作業に入ったのだが、とにかく走った。
僕が初めて知った道があるくらい
松ちゃんと今も捉まらずに隠れて生きている猫たちの餌場に二人で向かった。

餌場は十数か所にもおよび、そのうち2匹の猫と遭遇。
出会ったのは黒猫の二匹で、
松ちゃんは「残っているのはみんな黒猫だ。」と言っていたが、本当に黒猫と出会った。』
『彼は餌の減り方で、猫の生存やタヌキやハクビシンのような野生の動物の実態を予測し
餌やりをしていた。』

099eafa83507e93a443b79fd8741bb3b.jpg
『猫の餌場を随分回って夜のとばりが下りる頃になって、やっと作業が終わったかと思ったら、
最後にイノブタ君たちの餌やりと石松君の夜の散歩があり、どっと疲れました。(笑)』


 松村さんは機械的に作業をするのではなく、細やかに目配り心配りを動物たちに向けています。
 彼のまなざし。2013-05-28



 その後、「片付け隊&放牧手伝い隊」のボランティアさん達がお手伝いに来られたようですが、お手伝いは稀なようです。ほとんど毎日の作業は松村さんが一人でこなしている。それが警戒区域内です。
 ハチ公なんか、何やってんだ?と思いますね。自分達の安っぽいプロパガンダに松村さんの取組みはちゃっかり利用するけれど、集めた支援金は松村さんや希望の牧場にはいっていないんです!私はその事実を知って驚きましたよ!役立たずなサイト奴!大事なのは主義主張かよ!えぇ?そいで?誰がそれを実行するって?hachi-kou,c'est con!

 現場の事情は「希望の牧場」も変わらない。ネット上の支援は賑やかなように見えますが、現場は人手が足りない、それが警戒区域内です。その現実はしっかり直視しなくてはいけない。

「希望の牧場」吉沢正巳さん
mbk12.jpg
画像は「ベコ屋の戦闘宣言 浪江町・吉沢正巳さんを訪ねて-2012/06/12」

 ツイッター「希望の牧場」のやりとり(2013/5/25)を以下転載。

・あの牛に何かできたか?(注:弱って立ち上がれなくなった牛)何もできません、、 誰の牛かとかそんなのはどうでもよいこと 日頃区別して世話してるわけでもないし はっきり言えば現場のわたしたちが、これまでの弱り牛と同様に見捨てたんです
・宍戸さんなんかまったく来てない 希望はどうか、、 木野村はたまにしか来ないし、金子は4月以降まったく来てないし、わたしは5月前半の二週間まったく行きませんでした 要は世話してるのは吉沢父さんだけ ほかの所有者(各農家)は顔すら出しませんよ

・谷がどうだとか、おたすけ隊がどうだとかどうでもよい 彼女には期待してませんから 牛の問題がいつの間にかひとや団体の問題になってる そんなことではこの先に希望はないですね 分裂、破滅、全滅です

・きれいごとでは困ります 弱ってるとわかって見捨てたんです いままでもそう 今回もそう 見捨てるななんてそれも無理な話 やまゆりでまともに通ってるのは岡田さんだけ その岡田さんも夕方前に帰ります ほかのメンバーはたまにしか来ませんよ

・それが現実、実力です そんなメンバーに仕事や家庭を捨てて世話しに来いと? やれるひとがやれるときにやれることをする、それしかないんです。

・高熱、下痢、呼吸機能の低下であっという間に死ぬ子はこれまでもたくさん見てきました クロネコさんが見た牛もそう、大熊の雄牛もそう

世話したいひとが世話に来たらどうでしょう 他人に期待しないで
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: 岡本様へ

> 募金をさせていただきたいのですが
> 振込口座教えて
> くださいませ。
> よろしくお願い致します。

 ご支援、ご苦労様です。
 口座案内は、こちらに載っています。↓
 http://ameblo.jp/naotoboo/

 

松村直登さま
ありがとうございます。
寒くなって
来ましたね。

感激と感謝しております。

何かできる事少しでもと
お忙しい中すみません。
募金をさせていただきたいのですが
振込口座教えて
くださいませ。
よろしくお願い致します。
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR