FC2ブログ

第39回中央環境審議会動物愛護部会議事録公開


 第39回中央環境審議会動物愛護部会議事録が公開されました。

 議題は、(1) 動物愛護管理基本方針の改正素案について (2) 各種基準の改正素案について 。

 議事録冒頭部分を少しご紹介すると・・
基本指針改定素案
 第1 動物の愛護及び管理の基本的考え方
 第2 今後の施策展開の方向と第2 についての意見

 青木人志委員:
 6ページのイについて
 「情操を目的とした学校飼育動物という表現は、非常に違和感があります。例えば情操教育を目的とするとか、情操の涵養を目的とするとか、情操そのものを目的にするというのは、言葉として違和感があるというのを一読して感じました。」

 12ページの講ずべき施策のアについて
 「その後半部分に幼齢の犬猫を親等から引き離す理想的な時期について、科学的知見を充実させることという表現があるのですが、これまでの議論の経緯からすると、最低限引き離してはいけない時期はいつまでなのかということを議論しているわけで、そういう事実を知らないでこれを読むと、幼齢動物は引き離していいのが前提で、どこで引き離せば一番いいかという表現になっていて、ニュアンスがずれる気がするんですよね。
 ですから、例えば最低限、いつまでは引き離すべきではないかとか、表現を我々の本来の議論にぴったり寄り添うような表現にしていただかないと、やや違和感を感じます。」
 (太田委員も「最低限守るべき母子分離の時期」というような表現に変えないと」とダメ押し。)

 北島智子委員(新潟県 副知事)
 11ページの災害時対策の講ずべき施策について
 ・避難の際の関係省庁が多く、国レベルの関係機関と自治体レベルの間の調整がスムースにゆくように、基本指針に記載される具体的な例示を国の防災基本計画にも位置付ける必要がある。
 ・中越地震では、牛とかコイとか、そういったものも避難させた。ペットと産業動物を分けて考えるのは新潟では非常に難しい。被災ペットだけでなく、産業動物に関しても省庁間、国レベルで先に調整して欲しい。

 等々、今までの協議の結果が詰めの段階でどこかに行ってしまわないよう、厳しい指摘が続きます。
 パブリックコメント実施が少し遅れているようですが、もう始まるいでしょう。
 その前に出そろった議事録を急いで読んでおきたいですね。

 この週末は出張が続くので、車中で読みながら考えを整理する時間がたっぷりあります。

 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR