佐上邦久のCANPANブログ「どうぶつ基金」疑惑


 今年に入り、佐上は日本財団CANPANブログに登録しました。
 公益財団法人どうぶつ基金(団体ID:1182805141)。

 どうぶつ基金は複数サイトを管理していますが、私が見た限り、公式ホームページで紹介されているのは、facebookとtwitterだけです。リンクのクリック先はFC2ブログですが、ここでもCANPANブログ「どうぶつ基金」は紹介されていません。

 追記 2013/11/14:FC2ブログ「さくらねこ無料不妊手術を行う移動診療車がデビュー」の文中、canpanブログがリンクされているのを見つけました。
 しかし、公式サイトの「ご寄付のお願い」ページではリンクを貼っていません。
 CANPANブログは集金用ブログとして開設したようです。


 どうやら「どうぶつ基金」は公益財団法人格を取得した当時の姿形から変容しようとしているようです。
 公式HPで情報公開されている資料は、公益法人格の認証を得る目的で整えた、発足当時の古い資料です。
 CANPANブログに登録した情報は、「愛護ビジネス」への脱皮を疑わせます。
 
 どうぶつ基金公式HPから、主宰者の無償性を売りにしてきた無報酬、手弁当等の文言が削除され、その同じ文言*1がCANPANブログに掲載されていますが、CANPANブログ掲載の定款公式HP掲載の定款と同じ内容ではありません*2。変更されています。

追記 2013/11/14:定款が旧い定款に差替えられています。”役員無報酬”のキャッチフレーズに相違し、常勤の役員が報酬を受け取っていたら、寄付者は詐欺疑惑で告訴出来ますからね。拙いと判断したのでしょう。寄付する前に、掲載している定款は現行のものかどうか確認する事をお勧めします。やりとりは録音をとるか、fax,メール等の証拠を保存しておくこと。内閣府にも情報提供していくことです。



*1
 団体のアピールポイント

  役員人件費ゼロ、
  役員の旅費交通費はゼロ(自己負担)、
  天下りゼロ、
  業界とのしがらみゼロ、
  そして殺処分ゼロを実現します。
 
*2 
 旧定款:(評議員に対する報酬等)
 第13条 評議員は無報酬とする。
 2 評議員には、その職務を行うために要する費用の支払をすることができる。

 CANPANブログで公開している定款:(評議員に対する報酬等)
 第13条 評議員は無報酬とする。ただし、常勤の評議員には報酬を支給することができる。その額は、各年度の総額が1千万円を超えない範囲で、評議員会において別に定める報酬等の支給の基準に従って算定した額を、支給する。
 2 評議員には、その職務を行うために要する費用の支払をすることができる。


 
 変更部分は赤字になっていて、作成中のものをアップしたのなら、これも妙です。役員名簿は旧名簿をそのまま掲載していて、CANPANブログ登録の役員数と一致しません。
 組織の再編成や活動方針の変更時に、新旧の不整合が表面化する情報公開の不手際は、どうぶつ基金が組織と言えるような実体を持たず、組織の体裁で事実上、特定の個人が好きなように運営している疑いを強くします。
 
 CANPANブログ「公益財団法人どうぶつ基金」は会員限定閲覧設定になっていて、ブログのコンテンツは一般公開されていません。
 公開画面は会員登録と寄付金(千円、二千円、五千円、一万円、三万円、十万円の6種類)のご案内だけです。 会費の決済は「2013年10月から」となっているので、公募事業は稼働していると見做してよいでしょう。

 規約の文面を見ると、何等かの「商取引」が行われているようです。
 具体的な民事係争になった場合、同意した規約の法的有効性を裁判所は必ずしも認めるものではありません。
 しかし少額の被害は、被害者の泣き寝入りで終わる事が実に多い。
 公益法人にしてはおかしな事をするものです。
 どうぶつ基金の内閣府の監査は未だ実施されていません。
 不審な点、お気付きの点やトラブルは内閣府へ情報提供されると良いでしょう。
 


第1条(会員・サポーター)

1. 「会員・サポーター」とは、本サービスが定める手続に従い本規約に同意の上、入会の申し込みを行う個人をいいます。
2. 「会員・サポーター情報」とは、会員・サポーターが本サービスに開示した会員・サポーターの属性に関する情報および会員・サポーターの取引に関する履歴等の情報をいいます。
3. 本規約は、すべての会員・サポーターに適用され、登録手続時および登録後にお守りいただく規約です。

第2条(登録)

1. 会員・サポーター資格
本規約に同意の上、所定の入会申込みをされたお客様は、所定の登録手続完了後に会員・サポーターとしての資格を有します。会員・サポーター登録手続は、会員・サポーターとなるご本人が行ってください。代理による登録は一切認められません。なお、過去に会員・サポーター資格が取り消された方やその他当団体が相応しくないと判断した方からの会員・サポーター申込はお断りする場合があります。

2. 会員・サポーター情報の入力
会員・サポーター登録手続の際には、入力上の注意をよく読み、所定の入力フォームに必要事項を正確に入力してください。会員・サポーター情報の登録において、特殊記号・旧漢字・ローマ数字などはご使用になれません。これらの文字が登録された場合は当団体にて変更致します。

3. パスワードの管理
(1)パスワードは会員・サポーター本人のみが利用できるものとし、第三者に譲渡・貸与できないものとします。
(2)パスワードは、他人に知られることがないよう定期的に変更する等、会員・サポーター本人が責任をもって管理してください。
(3)パスワードを用いて当団体に対して行われた意思表示は、会員・サポーター本人の意思表示とみなし、そのために生じる支払等はすべて会員・サポーターの責任となります。

第3条(変更)

1. 会員・サポーターは、氏名、住所など当団体に届け出た事項に変更があった場合には、速やかに当団体に連絡するものとします。
2. 変更登録がなされなかったことにより生じた損害について、当団体は一切責任を負いません。また、変更登録がなされた場合でも、変更登録前にすでに手続がなされた取引は、変更登録前の情報に基づいて行われますのでご注意ください。

第4条(退会)

会員・サポーターが退会を希望する場合には、会員・サポーター本人が退会手続きを行ってください。所定の退会手続の終了後に、退会となります。

第5条(会員・サポーター資格の喪失及び賠償義務)

1. 会員・サポーターが、会員・サポーター資格取得申込の際に虚偽の申告をしたとき、当サービスを通じて代金支払債務を怠ったとき、その他当団体が会員・サポーターとして不適当と認める事由があるときは、当団体は、会員・サポーター資格を取り消すことができることとします。
2. 会員・サポーターが、以下の各号に定める行為をしたときは、これにより当団体が被った損害を賠償する責任を負います。
(1)会員・サポーター番号、パスワードを不正に利用すること
(2)当ホームページにアクセスして情報を改ざんしたり、当ホームページに有害なコンピュータプログラムを送信するなどして、当団体の活動を妨害すること
(3)当団体が扱う商品・サービスの知的所有権を侵害する行為をすること
(4)その他、この利用規約に反する行為をすること

第6条(会員・サポーター情報の取扱い)

1. 当団体は、原則として会員・サポーター情報を会員・サポーターの事前の同意なく第三者に対して開示することはありません。ただし、次の各号の場合には、会員・サポーターの事前の同意なく、当団体は会員・サポーター情報その他のお客様情報を開示できるものとします。
(1)法令に基づき開示を求められた場合
(2)当団体の権利、利益、名誉等を保護するために必要であると当団体が判断した場合

2. 会員・サポーター情報につきましては、当団体の「個人情報保護への取組み」に従い、当団体が管理します。当団体は、会員・サポーター情報を、会員・サポーターへのサービス提供、サービス内容の向上、サービスの利用促進、およびサービスの健全かつ円滑な運営の確保を図る目的のために、当団体おいて利用することができるものとします。
3. 当団体は、会員・サポーターに対して、メールマガジンその他の方法による情報提供(広告を含みます)を行うことができるものとします。会員・サポーターが情報提供を希望しない場合は、当団体所定の方法に従い、その旨を通知して頂ければ、情報提供を停止します。ただし、本サービス運営に必要な情報提供につきましては、会員・サポーターの希望により停止をすることはできません。

第7条(禁止事項)

本サービスの利用に際して、会員・サポーターに対し次の各号の行為を行うことを禁止します。

1. 法令または本規約、本サービスご利用上のご注意、本サービス利用上のご注意その他の本規約等に違反すること
2. 当団体、およびその他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねること
3. 青少年の心身に悪影響を及ぼす恐れがある行為、その他公序良俗に反する行為を行うこと
4. 他の利用者その他の第三者に迷惑となる行為や不快感を抱かせる行為を行うこと
5. 虚偽の情報を入力すること
6. 有害なコンピュータプログラム、メール等を送信または書き込むこと
7. 当団体のサーバその他のコンピュータに不正にアクセスすること
8. パスワードを第三者に貸与・譲渡すること、または第三者と共用すること
9. その他当団体が不適切と判断すること

第8条(サービスの中断・停止等)

1. 当団体は、本サービスの稼動状態を良好に保つために、次の各号の一に該当する場合、予告なしに、本サービスの提供全てあるいは一部を停止することがあります。
(1)システムの定期保守および緊急保守のために必要な場合
(2)システムに負荷が集中した場合
(3)火災、停電、第三者による妨害行為などによりシステムの運用が困難になった場合
(4)その他、止むを得ずシステムの停止が必要と当団体が判断した場合

第9条(サービスの変更・廃止)

当団体は、その判断によりサービスの全部または一部を事前の通知なく、適宜変更・廃止できるものとします。

第10条(免責)

1. 通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他当団体のサービスに関して会員・サポーターに生じた損害について、当団体は一切責任を負わないものとします。

2. 当団体は、当団体のウェブページ・サーバ・ドメインなどから送られるメール・コンテンツに、コンピュータ・ウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証いたしません。

3. 会員・サポーターが本規約等に違反したことによって生じた損害については、当団体は一切責任を負いません。

第11条(本規約の改定)

当団体は、本規約を任意に改定できるものとし、また、当団体において本規約を補充する規約(以下「補充規約」といいます)を定めることができます。本規約の改定または補充は、改定後の本規約または補充規約を当団体所定のサイトに掲示したときにその効力を生じるものとします。この場合、会員・サポーターは、改定後の規約および補充規約に従うものと致します。

第12条(準拠法、管轄裁判所)

本規約に関して紛争が生じた場合、当団体所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR