FC2ブログ

【不当訴訟】星広志、連戦連敗ー愛護のパクリ、告発のパクリー


 素人以下
 ハハハ、星広志は連戦連敗か、「詐欺師との戦い」の杉本と同じだ!
 
 不当提訴は嫌がらせ、迷惑行為以外のものではない。
 訴えられた相手にとって、勝訴判決は当然且つ無意味。
 一度は裁判所に行かねばならないから、足代、時間、手間を取られる。

 アフガン窃盗事件の杉本は、内容証明付きの書状を受け取っただけで、相手は生活を乱されるほどショックなものだと言ったそうです。不当訴訟常習犯の真意はそんな所にあるのかもしれません。
 杉本は社会の弱者認定を受けるほど、諸々の資質に欠けている。あれじゃ、ワルの世界でも落ちこぼれです。損な役回りをおっつけられ捨て駒に使われるだけでしょう。憐れな存在と言えばそうですね。あんな風に生まれついた人の心象風景はどんなだろうと、一度思ったことはありますね。この世は生まれつきからして不公平。そこをどう生きるかですが、怨嗟と憎悪だけが積もっていく人間もいるんでしょなぁ。
 「詐欺師との戦い」でたった一つの真実は、杉本の傷ついた、絶対に許せないという本物の叫びでしょう。
 多分、この世の良いものには一度も触れることなく死んでゆくんでしょうね。自分が悪いと自覚せず、他人のせいばかりにしてりゃ、そうなりますよ。

 詐欺まがいの劣悪な愛護ビジネスを告発する世論が広がると、愛護ビジネス側は何をするか知っています?”愛護”をパクってきた彼等は、今度は”愛護ビジネス告発”をパクるのです。

 ピースハウス事件はそういう事件です。似非が本物を似非だと告発する、捏造世論をネット上の片隅で展開した。迷惑メールと同じで、数打ちゃ当たるの論理でしょう。釣られたお手軽ネラーが追随すればしめたものという訳です。

 事件の本質はそこにある。ネット社会の今、”パクリ”の犯罪が目に立ちます。
 ”愛護”にとびつくな、”愛護告発”にとびつくなと心得ておくことです。
 
 だから被害者も、犯人達の誹謗中傷に余り振り回されないほうがいい。
 ネット上の虚偽の誹謗中傷に惑わされない人のほうが圧倒的に多いという現実を忘れてはいけない。
 いきなり意味不明の騒ぎの渦中に自分を見出すと、多分一瞬、不当提訴の被告になったのと同じ心理状態に陥る。訴状に目を通した次の瞬間、こんな訴え聞いたこともないと呆れる。何が目的でこんな事をするんだろうと、笑い話のネタにする。それだけで終わらないのが不当提訴の犯罪性です。裁判所とは付き合わざるを得ないですからね。

 虚偽の誹謗中傷のターゲットになった人も最初は、誤解があるなら誤解を解こうと犯人達に説明を試みる。犯人側は所詮、虚偽の言い掛かりをつけているわけなので、説明を受け取らない。彼等はせっせと捏造デマの拡散に励む、被害者は執拗な悪意の対応に追われ、降り注ぐ悪意に遮られて、普通の世間に目がいかなくなる。
 被害者は、話の通じない悪意の嘘つき達を相手に設定しがちです。これは最初は無理もない。しかしこの状態を長引かせるのは相手の思う壺です。

 ピースハウスさんが支援金公募再開をするのはいつになるのでしょう?
 周囲は度々勧めてきたし、私も勧めました。
 支援金公募再開は犯罪被害回復に欠かせない道程です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR