【公益財団法人「動物臨床医学研究所」】「人と動物の共生・未来センター」(仮称)


 公益財団法人「動物臨床医学研究所」の新事業、「人と動物の会」のニュースです。



動物愛護・啓発の国内拠点 沼津市西浦に建設検討
静岡新聞アットエス 2013/7/10

 公益財団法人「動物臨床医学研究所」(山根義久理事長)が、動物愛護と啓発を推進する国内初の総合施設として計画している「人と動物の共生・未来センター」(仮称)の建設予定地について、沼津市の山中の市有地を軸に検討していることが9日までに、分かった。

 候補地は、昨年末に沼津市が伊藤忠商事(東京)から寄付された同市西浦の土地(約232万平方メートル)の一部約35万平方メートル。沼津市民の森に隣接し、富士山が望める。沼津市戸田、伊豆市の修善寺温泉など観光地にも近い。
 計画によると、年間17万匹ともいわれる犬や猫の殺処分の撲滅を目標に掲げ、飼えなくなった犬・猫を保護する収容施設、獣医師や動物看護師の研修施設、ペット同伴者の宿泊コテージなどを建設する。2015年度中の完成を目指す。

 来夏、JR沼津駅北口に開業する総合コンベンション施設プラサヴェルデと連携し、動物医療に関する国内外の学会や動物関連企業のシンポジウム、キャットショーなどの誘致も図る。
 市は寄付を受けた広大な土地の有効活用を協議中で、同研究所の計画について検討する。
 同センターの設立は官民一体で県東部の活性化を考える静岡新聞社・静岡放送の「サンフロント21懇話会」(代表幹事・岡野光喜スルガ銀行社長)が11年6月、川勝平太知事に提言した。研究会は当初、伊豆の国市のレジャー施設跡地を建設候補地の一つに挙げていた。



 どでかい話ですね。日本の動物愛護史上、画期的です。
 <長者の万灯より貧者の一灯>と支援公募を開始しているので、支援していきましょう!

 山根先生は元々は鳥取県倉吉市の開業医さんでした。
 山根先生は活動拠点を東京に移されましたが、財団の「野生生物センター」が倉吉市にあります。
 今秋からペットの譲渡推進事業が開始されるそうで、現在、改修工事が進められており、改正法施行にあわせて開所されます。

 野生生物センター改修工事 経過報告 07.05

 鳥取県動物愛護推進のコア拠点が誕生します!
 鳥取県内にお住いの方は、こちらに支援連携していきましょう!

 時々、愛護活動に関心があるのだが、どこを支援していいか分からない、ここは大丈夫か?あそこは確かかというご質問メールを受けます。県内の方がネットで見つけた県外の団体にせっせと支援金を送っている話も聞きます。もうそんな必要はありません!
 県在住の方は胸溢るる愛護の支援を「野生生物センター」に向けましょう!

画像は「人と動物の会」。犬舎かな?
photo_02hitotodoubutu.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR