愛護団体「JCDL」理事長、門田充博容疑者を詐欺容疑で逮捕


 画期的なニュースです。



愛護団体の男 逮捕 「病気の犬を助けて」寄付金詐欺の疑い
MBS 2013年08月22日(木) 20時04分

 善意の寄付をめぐる詐欺事件です。大阪府吹田市にある動物愛護団体の理事長の男が、「病気の犬を助けてほしい」とウソの内容のチラシを送り、現金を騙し取ったとして逮捕されました。チラシに使っていたのは死んだ犬の写真でした。

 これは大阪の動物愛護団体が支援者に送っていたチラシ。

 病気の犬を救うためとして必死に寄付を呼びかけていますが、実はこの写真の犬、チラシを送った時点ですでに死んでいました。

 呼びかけの内容はウソだったことになります。

 大阪府警は22日、吹田市の動物愛護団体「JCDL」の理事長、門田充博容疑者(54)を詐欺の疑いで逮捕しました。

 警察によりますと、門田容疑者の直接の容疑は、このウソの内容のチラシで寄付金を募り、団体の支援者から現金5千円を騙し取ったというものです。

 門田容疑者の愛護団体は、飼い主が飼えなくなった犬や猫をひきとり、新しい飼い主を探すなどの事業を展開。

 関係者によりますと、門田容疑者は2,300人の支援者にこのチラシを送り、あわせて100万以上にのぼる寄付金を集めていた疑いもあるということです。

 逮捕前、VOICEの取材に対して門田容疑者は…。

「(Q.お金の集め方がおかしいと聞いたが?)あり得ないです」
「(Q.支援者を裏切るようなことはない?)ないです。揚げ足を取られる場合はあるかもしれないが、後でちゃんと説明します」(門田充博容疑者) 

 取材に対し、支援者への裏切り行為はないと話していた門田容疑者、逮捕後の警察の取り調べに対しても「寄付金を募ったことに間違いないが、ほかにも寝たきりの犬がいて、メイプルちゃんだけの寄付金ではない」と、容疑を否認しているということです。

 警察は、寄付金を入金した支援者が少なくとも数十人にのぼるとみて、集めた金の流れについても詳しく調べています。



 JCDLは今年6月、業務上過失傷害(2012年8月に施設内で起きた咬傷事件)と狂犬病予防法違反で書類送検されましたが、それ以前から地域住民とトラブルを起こしていました。
 参照:動物愛護市民団体JCDL、書類送検

 普通の住宅街でアニマルシェルターを開設したのだから、当然起こるべくして起きたトラブルです。近隣住民の被害は甚大なものでした。状況は改善されず、数年前に立ち退きを求めて提訴され、今春には期限を定めて立ち退きを迫られていたようです。
 参照ブログ:NPO法人動物愛護市民団体JCDL (1)
 
 すると今度は、犬猫55頭が強制的に殺処分されると呼び掛けて、移転費用の寄付金を公募しています。自己管理能力ゼロの人間にアニマル・シェルターが運営出来る筈がない。保護活動は破綻、崩壊している。速やかに他団体に協力を呼び掛け、施設を閉鎖し、保護活動から撤退すべきです。

 大体この団体、関西のボラさん達の間では犬猫が行方不明になる団体として疑惑の団体です。
 捜査を徹底するよう期待したいですね。



【続報】動物愛護団体の詐欺事件 「犬を救って!」うその手口を証言

 大阪の動物愛護団体の理事長が病気の犬を救ってほしいと偽って寄付金を集めたとして、22日逮捕されました。この団体の関係者がVOICEのインタビューに応じ、病死した犬を生きているように見せかける手口で、以前から多額の寄付を集めていたと証言しました。

 大阪府吹田市の動物愛護団体「JCDL」の理事長、門田充博容疑者(54)は今年5月、犬がすでに死んでいるにもかかわらず「病気の犬を助けて下さい」という内容のチラシを送り、支援者から寄付金をだまし取った疑いで22日逮捕されました。

 逮捕前、VOICEの取材に対し、門田容疑者は…。

(金の集め方がおかしいのでは?)
「あり得ないです」(門田充博容疑者)
(支援者裏切ることはない?)
「ないです」(門田充博容疑)

 逮捕容疑は、支援者一人から5,000円をだまし取ったというものですが、警察は、寄付した支援者は、少なくとも数十人にのぼるとみて調べています。

 この団体の内部事情を知る男性はVOICEの取材に応じ、以前にも同じやり方で寄付金を集めていたと証言しました。

「今回だけではない、死んだ犬で寄付を集めるのは。以前は死んでから3週間ほど寄付金を募っていて、100万円以上集まったと聞いた」(愛護団体の関係者)

 団体が飼育していた「ウィッシュボーン」という名前の犬は、去年10月に病気で死にましたが、支援者にそのことを知らせず、およそ3週間もの間、「病気なので助けてほしい」と寄付金を募り続けていたということです。

「ホームページを見ていますが、その後のことが載っていないので心配しています」(支援者からのメール)

 その後、寄付をした支援者からウィッシュボーンの状態を知りたいという問い合わせが多数寄せられるようになり、門田容疑者は団体のスタッフに、次のような連絡メモを渡していました。

「そろそろボーンが亡くなったことを、メルマガ配信で応援してくださった方に周知しないといけません」

 警察の取調べに対し、門田容疑者は容疑を否認しているということで、警察は集めた金の使い道などを詳しく調べています。 (08/23 20:38)


  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> JCDLの事業活動報告で検索し、第6期 平成23年4月~24年3月 事業活動報告の6月を選択し、6月21日を見ていただけたらわかります。
>
>
> 内容は以下のとおり、枚方市のN様から終身お預かり中だったトイプードルのプリン君が午前10時32分、緊急搬送先の茨木市の提携動物病院春日丘動物病院にて、呼吸困難の為亡くなる。併せて、プリン君の解剖検体をお願いする。プリン君のご冥福を心からお祈りいたします。
>
> この呼吸困難は先ほど申した、男性職員I上が絞殺したためです 。


 今となっては、立証することは難しいし、裏付けがなく事実が確認出来ません。
 門田の言動を裏付けする証人は山ほどいますが、貴方は証言しますか?

No title

JCDLの事業活動報告で検索し、第6期 平成23年4月~24年3月 事業活動報告の6月を選択し、6月21日を見ていただけたらわかります。


内容は以下のとおり、枚方市のN様から終身お預かり中だったトイプードルのプリン君が午前10時32分、緊急搬送先の茨木市の提携動物病院春日丘動物病院にて、呼吸困難の為亡くなる。併せて、プリン君の解剖検体をお願いする。プリン君のご冥福を心からお祈りいたします。

この呼吸困難は先ほど申した、男性職員I上が絞殺したためです

No title

今在職しているかわかりませんが、男性飼育職員 I上 て人は確かに一頭の犬を絞殺しています。(友人の元職員から聞きました)

殺された犬は、プリンていうトイプードル。死因は呼吸困難てなってるみたいですが、本当は首を絞められたことによる窒息死。

JCDLの職員間では、誰しもが知ってる有名な話みたいです。

ちなみ I上 、本人も認めたみたいです。

また I上 は、入ってきたばかりのパピヨン?をモップで追い掛け回す、等の虐待行為も行っていたみたいです。

Re: 突然のコメント、失礼します。

> JCDL被害者の会を立ち上げました。
>
> HP見ていただけませんでしょうか?
>
> 複数名が拡散しているので、
> 万が一重複した内容が届くかもしれませんが
> ご了承願います。
>
> 植田


 お知らせ有難うございます。
 今、アニマルフレンズ新潟問題を検証中で、そちらに時間をとられていますが、JCDL問題と全く同じです。ホームページを拝見するのは深夜になりますが、今後とも宜しくお願い致します。

突然のコメント、失礼します。

JCDL被害者の会を立ち上げました。

HP見ていただけませんでしょうか?

複数名が拡散しているので、
万が一重複した内容が届くかもしれませんが
ご了承願います。

植田

Re: No title

 こういう情報は裏がとれなきゃ始まりません。
 貴方がどなたで、どういう関わり合いがあるのかも分からない。
 「絞殺」の状況も不明だし、誰がその情報を証言するのです?
 事実なら、警察に情報を届けて下さい。

No title

今も勤務しているかわからんが、職員の男性職員Iてやつは、犬を一頭絞殺しています。

理事長門田以外にもこの様な不良社員はいくらでもいる団体です。

Re: タイトルなし

せっかく、ボランティア参加なさったのに、大変、不愉快な思いをされたようです、常識もへったくれもない対応ですね!あなたには何の落ち度もないのに!
びっくりなさったでしょう?
大阪のボラさんの間では十年以上前から「ワル、あれは完全なワル」の指摘のある御仁です。ああいうのを廃業に追い込めないのが現行法の不備ですね。
どうぞ、これに懲りず、気持ちよく普通にボランティア出来る所で、あなたの貴重な時間や無償の善意が社会の役に立つことを祈念致します。動物保護はそういう無数の寸志で支えられています!


始めまして、相談ではないのですがこんなことがあったと知ってもらいたいです。
今日大阪のJCDLという愛護団体のボランティアに一日だけ行ったのですがひどかったです。
前もって昼の十二時半までと約束していたのに理事長の門田さんが「忘れていた」と言って帰りが一時間も遅れました。
携帯やメールで連絡しても返事がきません。(ずっと通話中か留守番電話でした)
私は「今日は午後から用事がないから良いがもしあったら大変な事になりましたよ、時間は忘れないでください。連絡は気づかなかったんですか?」といったら門田さんは、「連絡なんか知らない。約束なんか忘れるからお前が直前に知らせて当然だろ!失礼だろ!お前はもうボランティアにこなくて良い!年上に口答えするな!」と怒鳴られ自尊心が傷つきました。
この事を知っていただきたくメールしました。
ワンちゃん猫ちゃんをもっとちゃんとした団体に送ってくれる事を願っています。


Re: Re:ご相談があります

> 亀岡の移転の際
> 人手が足りないということで呼ばれたので今の現状はよくわかっております
>
> 寒さの厳しい山中に壁ではなくただの囲いをしてトタン屋根で雨をしのいでるだけのワンちゃん(ストレスでひどい血便をしてる子もいます)と猫ちゃんは30匹を6畳ぐらいの部屋に詰め込んだり(こっちは状況がひどすぎて書ききるのに時間がかかります)

 収容状況を南丹保健所に通報して下さい。それが先ず、第一にすべき事です。
 山中という事ですが、住所(あるいは地図、道順)はご存知ですね?
 事実を確認したいので、メールで教えて頂けますか?

> 僕は2011年4月から2012年2月まで間いました
> 組合の分会長のIさん(イノさん)と組合を立ち上げた当初メンバーです
> 吹田署には届けてないです
> 警察に届ければなんとかなるものなんですか?

 直ぐに何がどうなるものでなくとも、情報を警察に提供し共有するのは無駄にはなりません。
 警察は宇宙人でね、みなが腹立しい思いをしています。通報者にも被害者にも事件の経過説明をほとんどしませんから。ただ、彼等は彼等で、仕事をしていないわけではありません。貴方が提供する事実をどう生かすかは、警察の決める事です。市民に出来ることは情報提供、証言です。出来る事から一つずつやりましょう。
 
> その頃は理事を過半数集めて理事長を解任させる予定でしたが
> 理事は飲み仲間で名前を貸してるだけの阿呆ばかりでした

 その阿保達の名前を教えて下さい。
 理事会が形だけでも残っているのなら、とっかかりが見出せます。
 役員名簿と定款のコピーを頂けますか?

 ところで、門田は個人財産は持っているのでしょうか?

Re:ご相談があります

亀岡の移転の際
人手が足りないということで呼ばれたので今の現状はよくわかっております

寒さの厳しい山中に壁ではなくただの囲いをしてトタン屋根で雨をしのいでるだけのワンちゃん(ストレスでひどい血便をしてる子もいます)と猫ちゃんは30匹を6畳ぐらいの部屋に詰め込んだり(こっちは状況がひどすぎて書ききるのに時間がかかります)


僕は2011年4月から2012年2月まで間いました
組合の分会長のIさん(イノさん)と組合を立ち上げた当初メンバーです


吹田署には届けてないです
警察に届ければなんとかなるものなんですか?

その頃は理事を過半数集めて理事長を解任させる予定でしたが
理事は飲み仲間で名前を貸してるだけの阿呆ばかりでした

Re: ご相談があります

 元飼育スタッフ様、コメントを有難うございます。
 JCDLは京都の亀岡市に移転を完了したようです。立退きの強制執行期限ぎりぎりの移転ですから、恐らく亀岡シェルターは、囲い込みが出来ているだけで施設と言えるようなものではないでしょう。
 亀岡市の所轄は南丹保健所(http://www.pref.kyoto.jp/nantan/ho-kikaku/)です。そちらに連絡して、第二種動物取扱業届出手続きをするよう指導して貰う事が出来ますし、規定違反等がないかどうか継続的な監査を実施するでしょう。

 第二種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目
 平成25年4月25日環境省告示第47号
 http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/laws/h25_nt_h250425_47.pdf

 現行法では、第二種動物取扱業(非営利)は届出制で、第一種動物取扱業(営利)のように登録制ではないので、業の抹消の規定はありません。第一種でも、登録を抹消された途端、個人の多頭飼育者に成りすますブリーダーがいます。売買事実のしっぽを押さえられなければ、それで済んでしまう脱法的な実態があるんですね。
 事件後、5年、10年は、不妊去勢を施した2頭以上のペットを飼ってはいけない等の飼育制限(禁止)を法で規定しないと、悪質な手合いほど懲りません。

 お勤めになっていた時期はいつ頃ですか?
 その当時、見聞された事を証言としてまとめ、吹田署に届けられたでしょうか?
 犬猫の所有権はNPO法人にあるはずなので、特定非営利活動促進法(http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO007.html)を根拠とした攻め方もあるんじゃないかなと思います。門田を解任する方向で検討してみられてはどうでしょう?


 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 考えさせられます

 コメント有難うございます。はなママさんのような体験をし、同じように感じ、判断された方も多いと思うのですが、それが延々と放置されてきたのは問題ですよね。
 私は偶々成り行き上、動物愛護の市民活動を細く長く続ける事になってしまいましたが、一人の市民として、飼い主として必要に応じて必要な事を調べる基本能力と判断力があれば、それで足りると思っています。

 『保護活動をされている方は飼えなくなったペットの預かり屋さんではありません。どうしても飼えなくなったとしても、里親は自分で探すべきだと思います。』というご意見には、私も賛同します。古いタイプの保護活動は、飼主や業者が厄介払いしたい犬猫を、謂わば”代行”する形で引き受けてきました。代行はビジネスに直結していく性質があります。お金を払って必要な事をやってもらう。それに対応するのは”業”ですね。

 ところが命を扱うビジネスは、良心的に行えば業として成立するものではありません。業は利潤を生み、雇用を創出する、まともな業はそれが出来なければ始まりませんよね。不足分を公益活動の看板で寄付、物資、無償労務を公募することで成り立っているのが市民活動のように思います。

 それならば、この”代行”する団体側の負担を軽減するシステムのほうが合理的で適正じゃないかと思うわけです。飼主さん、業者さんの”丸投げ”を助長するのではなく、責務としてやって貰う線引きをする。市民活動側としては、個人がその責務を果たす為に利用できるシステムや個人事情に対応するサービスを規定して、活動していく。そうすれば活動団体の人件費は今より大幅に削減出来、動物にお金をもっと回す事が出来ます。

 保健所の致死処分の法定業務は必要ですが、原則、所有者が動物病院に依頼して安楽死措置をする基盤を確立するには、責務として明文化する必要があるのかなと考えたりします。

 JDCLの公式サイトは、移転経費の公募をするばかりで、理事長の逮捕劇の説明も何もしていませんね、新聞報道以降の状況がさっぱり分からないし、誰も調べようとしない。地元の愛護家の方が調べて情報発信すればいいと思いますけどね。JDCLは今現在も金をクレ、クレだけやっていて、本当にあきれます。 

考えさせられます

うちには、ダックスと雑種の2ワンおります。ダックスはペットショップの売れ残り、雑種は保護犬で身体障害をもっております。
お恥ずかしい限りですが、30歳過ぎまで、日本のペット事情を知りませんでした。ダックスを迎え入れてから、ワンコのこと、殺処分の現状、いろいろなことを学習し、現在、自分でできることの範囲で、保護活動の支援をしております。
4年前、JDCLさんのホームページを読み、少しでも保護犬・猫ちゃんたちに使ってもらいたい、とペットシーツやフード、タオル等をJDCLさんの指定によって、大阪の里親募集バザーを行っている会場まで小学生の息子と持って行きました。もちろん、前もって、こちらからお電話をし、保護されているワンちゃんたちにお品を使ってもらいたい旨も伝えておきました。すると、里親募集の会場で、しかも保護犬たちの檻の前で、門田氏がタバコをふかし、ダルそうに立っておられました。私はまさか代表の方とは思わず、近くのスタッフの方に、お電話をさせていただいた者ですが、支援物資を持ってきました。とお伝えしたところ、咥えタバコの門田氏が「ああ、どうも。出しといて~。」と訳のわからないことをおっしゃりました。すると私が持ってきたすべての商品がスタッフたちによりバザー用品として並べられ、ほかの人たちに買われていきました。あまりのショックに声も出ませんでした。その後門田氏はタバコを何本もふかし、どっかにいってしまいました。だばこの灰と煙はワンコ達の檻の中にも入っておりました。門田氏は動物を愛しているとは感じられません。この逮捕を聞いたときも私は驚きませんでした。まわりのスタッフさんは一生懸命動いておられる方も数名いらっしゃいましたが、ほとんどが一般企業では雇ってもらえなさそうな方々でした。そうでないと、門田氏のような人の下で働くなんてできないと思います。尊い命を金設けの道具にするのは許せません。
また、大変失礼ですが、保護活動をされている方は飼えなくなったペットの預かり屋さんではありません。どうしても飼えなくなったとしても、里親は自分で探すべきだと思います。先に記されておられるコメントの方には申し訳ありませんが、手をつくされたとは感じられません。ペットを飼う時は、自分にもしものことがあった時のことも考えて飼うべきです。駆け込み寺なんて存在してはいけないんです。それは「ペットを捨てただけ」です。厳しいようですが、同じような人がこれ以上増えないように書かせていただきました。乱筆乱文お許し下さい。

Re:

コメント有難うございました。
お気持ちは大変良く分かります。

しかし、JCDLに今までのようなシェルター運営を続けさせて良い訳がありません。
あそこは既に崩壊しています。JCDL自身が助けて貰う立場にいます。
救われたという個人的な感謝の気持ちは、JCDLとあなたの間の事柄ですし、一でもって十を推し量る事は出来ません。あなたの場合と相反する証言が相当数あるのです。安易に犬猫を引取るJCDLで、そのまま犬猫の消息が不明になるケースです。

コメントを拝見しますと、あなたはJCDL経由で再譲渡された元飼犬の落着き先を確認されていないようです。JCDLの連絡が事実であったとしても、譲渡先は「高齢者」のようですから「不適正譲渡」が疑われます。

「ネットで調べられるだけ調べましたが、少なくとも関東で、預かりながら里親探しをしてくれる団体はなかった。 」というのも少し疑問です。JCDLが山ほどある他団体と比べ、特段の引取り能力がある根拠は皆無です。
キャパを度外視して安易な引取りを行ってきたという事でしょう。

あなたのお気持ちが救われたことはよくよく理解できますし、非難の気持ちはいささかたりとも持ちませんが、やむを得ない事情でペット飼育継続が不可能になった飼主さんの需要に応える「駆け込み寺」は、厳に規制し取締ってていかねばなりません。人間同士のやりとりの中で、闇に消えていく犬猫が多すぎるからです。
愛護ビジネスは闇金融や貧困ビジネス等と同じです。切羽詰まった需要があるところ、必ず違法ビジネスが生まれます。やりとりされる動物の犠牲の上に成り立つ虚偽の多い商売です。

お気持ちは良く分かり、コメントせずにはいられなかった心情も理解出来ます。
ただ残念ながら、二つは別の次元の問題であって、「今後のシェルター運営に支障をきたす事だけは避けたいのです。 」というご趣旨には賛同出来ません。
また、事件の報道だけでブログに記事化したのではなく、小さな動物愛護団体の主宰者として十数年来の情報蓄積が背後にある事をご理解いただきますようお願い致します。

コメント頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。

長文、失礼いたします。

6年程前、生まれて来た子が動物アレルギー持ちで、
飼っていた犬との決別を迫られました。
ネットで調べられるだけ調べましたが、少なくとも関東で、
預かりながら里親探しをしてくれる団体はありませんでした。
門田さんの運営するJCDLを知り、
一縷の望みを胸に、飼い犬を車に乗せ、西に走りました。

無責任だと思います。しかし、そうするしか術がなかった。
思慮の浅い自分には、他に頼る場所が想像できませんでした、当時も、今も。

東京を出てから8時間ほどかかったでしょうか。
ナビに従って着いた先は、高台の住宅街にある一戸建て。
鳴き声や臭いなど、周囲とのトラブルは予想できました。
しかし、捨てられるペットと真摯に向き合うスタッフの姿は、今も忘れられません。

手法に問題があったかも知れない。
でも、これだけは言わせて欲しい。
決して金銭欲に駆られて、募金を募った訳ではないはずです。
預かっているのは、健康な子ばかりではありません。
障害を持っていたり、高齢だったり…
里親が見つかりにくい子もたくさんいました。
日々の負担は相当なものだと思います。

JCDLは、殺処分だけは避けたい飼い主たちの駆け込み寺だったんです。
半年ほど経って、JCDLから連絡がありました。
一人暮らしのご高齢の女性が里親になってくださったとのこと。
胸を撫で下ろしました。

色々なご意見はあると思います。
ただ、私は感謝してもしきれません。
どのような誹りを受けても構いませんが、
断片的な報道で、今後のシェルター運営に支障をきたす事だけは避けたいのです。
ご理解を賜れば幸いです。
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR