スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際シンポジウム「東日本大震災が動物にもたらした影響を考える」を終えて:共同声明


 去る平成25年8月24日・25日に実施された国際シンポジウム、「東日本大震災が動物にもたらした影響を考える」の総括がプレスリリースされました。

 動物との共生を考える連絡会 (日本)&HSI (米国)の共同声明を転載します。


日本は動物の災害対策を改善すべき
動物福祉団体が、
日本における動物の災害対策のさらなる改善を求め、声を上げる
福島原発事故後、動物行政の対応不十分 


東京 (2013年9月4日) - ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International, HSI) が作成を依頼した新たな調査報告書により、東日本大震災及び福島原発事故後のコンパニオン・アニマル及び農業動物の救護における複数の問題点が示されました。調査報告書は、伊藤伸彦教授の指揮下の元、北里大学の調査チームにより作成されました。

 2011年3月の出来事はあらゆる面で未曾有の災害でありましたが、被害にあった原発周辺の警戒区域から同行避難できたコンパニオン・アニマルは、比較的少数であったことが調査報告書により明らかになりました。救護または安楽死された農業動物の数はさらに少なく、ほとんどが餓死したことも明らかになりました。このような状況下における動物への対応やその管理を改善する必要があります。

 本調査報告書は、原発事故が動物に及ぼす影響を検討したものとしては初めての公表文献であるとみられており、動物における放射能の影響を検討し、原発事故後の動物救護の対応に関するアプローチの提言をしています。
調査報告書は、満員の会場において開催された、2日間にわたる動物の災害対策に関するシンポジウムにおいて公表され、動物福祉団体が、日本の動物行政に対して改善を求める声を上げました。シンポジウムはHSIと動物との共生を考える連絡会による共催で開催され、研究者、政策立案者、そして動物保護団体の関係者が一堂に会する機会となりました。

 HSIの会長であるアンドリュー・ローワン氏によると、「ハリケーン・カトリーナで学んだ教訓を活かすために、米国政府は、緊急事態管理行政に対して、災害時にペットや補助動物と暮らしている個人のニーズを考慮することを義務付けました。日本の行政にも、同様のアクションを起こすことを求めます。福島の原発事故においても、ハリケーン・カトリーナにおいても、多くの動物が甚大な被害を受けました。日本の行政は、同行避難を奨励するだけでなく、これを支援し、取り残された動物に関しては人道的な対応ができるような選択肢を取れるように、このような法令を作るべきであると考えます。」

 動物との共生を考える連絡会代表青木貢一氏によると、「ペットの救護活動は、その飼い主の健康を守り、ストレスの軽減となります。日本の行政は、緊急災害時の同行避難の仕組み作りに取り組んでいますが、動物との共生を考える連絡会は引き続き、これに協力いたします。加えて、農場動物の救護と農業を守るための仕組みづくりや、災害時に放逐された家畜の野生化問題、環境激変による野生動物の増殖への対策、責任の所在が明確でない学校飼育動物や展示動物への対策も急務です。」

調査報告書の主な所見:

 事故後、自宅への帰還が制限されるような原発事故の際、同行避難が許可されるべきであった。福島原発事故の際、同行避難ができ避難者は、0.3%であったと推測されている。
 取り残されたコンパニオン・アニマルの放射能汚染は、想定されていた程重篤ではなかった。ほとんどの動物に関しては洗浄により汚染除去することができた。
 農業動物に関する災害後の人道的な管理手順が策定されるべきである。
 学校飼育動物、動物園及びその他の施設において飼養されている動物について、避難もしくは飼養管理等の対応手順が策定されるべきである。

 下記の問い合わせ先から、調査報告書の要旨(英語版・日本語版)を入手していただくことができます。調査報告書(英語版のみ)もご請求できます。

 問い合わせ先:
  HSI (米国): Rebecca Basu, +1 (240-753-4875), rbasu@humanesociety.org
  動物との共生を考える連絡会 (日本): 佐々木靖幸, (042)-623-8797, info@dokyoren.com

 ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International, HSI) 及びそのパートナー団体は、世界最大級の動物保護団体です。HSI は20年近くにわたり、科学、アドボカシ―、教育及び実践プログラムを通して全ての動物の保護に取り組んできました。「世界中の動物に畏敬の念を示し、動物虐待に立ち向かう」ホームページ

 動物との共生を考える連絡会は、人と動物がともに幸せに暮らせる「いのち」にやさしい社会の構築に向かって、目標を同じくする団体、法人、個人が、連合体として、国内外の団体と協力し、世界的な動物福祉の基準となる「5つの自由」の啓発や、動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律)の更なる改正を求め、同法の国民への周知徹底のためのセミナー・キャンペーン等を行う団体です。ホームページ




September 4, 2013
Japan Must Improve Disaster Planning for Animals
Animal protection authorities failed animals following Fukushima nuclear accident
Humane Society International

TOKYO—A new report commissioned by Humane Society International details numerous failures to rescue companion and farm animals in the wake of the East Japan Great Earthquake and Fukushima nuclear accident. A research team from Kitasato University, under the direction of Professor Nobuhiko Ito, produced the report.

 While the events in March 2011 were in many ways unprecedented, the report concludes that relatively few of the companion animals in the exclusion zone around the damaged reactors were evacuated with their owners or rescued. Far fewer farm animals were rescued or euthanized, and most starved to death. Changes must be made in how animals are managed and treated in such situations.

 The report is believed to be the first publication to examine the impacts of a nuclear accident on animals. It also explores the extent of the radiation impact on animals and suggests approaches for handling animal rescue efforts following nuclear accidents.

 During a packed, two-day conference, at which the report was released, animal welfare groups called on Japanese authorities to improve legislative and other efforts to include animals in disaster planning. The conference, hosted by HSI and Japanese Coalition for Animal Welfare, brought together researchers, policymakers and animal advocates.

 Andrew Rowan, CEO and president of HSI, said: “In assessing the lessons learned after Hurricane Katrina in the United States, the U.S. government began requiring emergency management officials to take into account the needs of individuals with pets and service animals during disasters. We call on Japan to take similar action. Animals suffered tremendously after the Fukushima nuclear accident as they did in the devastation wrought by Katrina. Japanese authorities should enact similar legislation to not only encourage but also support owners who wish to take their animals with them and to authorize humane management options for those animals left behind.”

 Koichi Aoki, the representative of JCAW, said: “The rescue of pets during a disaster protects the health of owners and alleviates stress. As the government is working on creating a system for people to evacuate with their pets during a disaster, JCAW will continue to provide input. In addition, there is an urgent need to develop a system for the rescue of farm animals and the protection of agriculture. There is also a need to address the issue of feral farm animals that were released after the Fukushima disaster, the increase of wildlife due to changes in the environment, and the management of animals who have no clearly defined owners, such as those from schools or used for exhibitions.”

Key conclusions from the report:


・Animals should have been permitted to leave with their owners during the onset of the nuclear accident in which return to homes would be restricted following the disaster. An estimated 0.3 percent of evacuees evacuated with their pets following the Fukushima accident.
・The contamination of companion animals left behind was not as severe as expected. Most animals could be decontaminated simply by washing.
・Humane management procedures must be developed for farm animals following a disaster.
・Processes for either evacuating or caring for animals kept in schools, zoos and other institutions following a disaster must be developed.

 A summary of the report in English or Japanese is available from the media contacts listed below. A copy of the full report in English is also available.

 Media Contact:
 HSI (United States): Rebecca Basu, +1 (240-753-4875), rbasu@humanesociety.org

 Humane Society International and its partner organizations together constitute one of the world's largest animal protection organizations. For nearly 20 years, HSI has been working for the protection of all animals through the use of science, advocacy, education and hands-on programs. Celebrating animals and confronting cruelty worldwide—on the Web at hsi.org.
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。