【被ばく牛は原発事故の生き証人】汚染牧草の飼料提供を-汚染牧草の運用基準緩和を要請-


 「生きている被ばく牛を放射線影響の研究として活用すべき」、吉沢さんの「助けて下さい」という言葉、軽くない!

「希望の牧場」公式サイトから。
 被ばく牛の飼料確保へ 代表吉沢らが農水大臣に汚染牧草の運用基準緩和を要請

「みんなの党」公式サイトから。
 避難指示区域内の被曝牛への支援に関する要請書



「汚染牧草 被ばく牛に」 浪江の牧場主ら 農水相に要請書
2013年9月6日 東京新聞夕刊

 東京電力福島第一原発から二十キロ圏内で被ばくした牛を飼う畜産農家らが放射能汚染された牧草などを入手できず、牛の飼料に困っている問題で、農家の代表者らが六日、林芳正農林水産相に、焼却処分される汚染牧草を提供するよう要請書を提出した。

 農家らは「被ばくした牛は原発事故の生き証人。簡単に命を奪うわけにはいかない」と、国が求める殺処分を断ってきた。要請書によると、農家らは収入が途絶え、汚染牧草をもらって飼料に使っていた。しかし、国の焼却処分の方針で入手困難になり、次の冬を越せないほどの窮状に陥った。

 打開するため、焼却処分に向けて自治体などが保管している汚染牧草の提供や、運搬費用を東電に請求できるようにすることを要望。野生化した牛を殺さず、保護することも訴えた。また、国が被ばく牛の研究を強く支援することも求めている。

 要請書を渡した福島県浪江町の「希望の牧場・ふくしま」の吉沢正巳代表(59)は「このままでは牛が餓死する。助けてほしい」と語っている。



APF通信社 木野村匡謙氏のツイッターから
面会終了後。左から中西議員、福本先生*、「希望の牧場」吉沢正巳さん、渡辺代表。
(*今年7月に日本病理学賞を受賞された東北大学加齢医学研究所の福本教授)
BTcg5mhCYAA6fCU.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR