スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取県の動物愛護週間イベント


 地元、日本海新聞の動物愛護週間イベントのニュースを転載。


2013年9月22日
最大60匹を保護 県内初、本格的な動物愛護施設

 鳥取県内で初となる本格的な動物愛護施設「人と動物の未来センター アミティエ」が21日、倉吉市下福田にオープンした。開所式には、同施設を運営する動物臨床医学研究所(倉吉市八屋)の山根義久理事長ら大勢の関係者が出席し、人と動物の新たな交流拠点に期待を寄せた。

 開所式では、山根理事長が「獣医師自らがこうした施設をつくるのは全国で初めて。小さい鳥取県の倉吉市という町で、世界に情報発信していきたい」とあいさつ。ゲストで訪れた俳優の浜畑賢吉さんが「こういった施設は子どもの教育にも大事。全国に広めていきたい」と意気込みを語った。

 また、倉吉市の石田耕太郎市長は「この施設が人と動物の大きな交流拠点となる。施設が発展していくように関わっていきたい」と祝辞を述べた。その後、関係者らはドッグランコーナーに桜の木など5本の木を植樹して、オープンを祝った。

 同施設は犬や猫など最大60匹を飼うことができる保護施設。現在は東日本大震災による原発事故の影響などで飼い主と離れ離れになった犬と猫合わせて10匹を保護している。



 昨日、22日には鳥取市戎町の真教寺公園で県委託事業「うれし!たのし!動物フェスタ2013」が開催されました。
 「うれし!たのし!動物フェスタ2013」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。