FC2ブログ

旧警戒区域内の被曝牛と松村直登さん 2013・9


  「ときぶーの時間ー鉄人の餌やり」によれば、旧警戒区域内の牛の飼料の基準値100ベクレル以下を遵守するよう通達があったそうです。最初から、そりゃそうだ、そうなってる。そうした方が牛のためにもまだいいには決まってる。
 しかし、基準値をクリアし市場に出回る飼料を買うお金がないのである!だから彼等は廃棄処分対象の飼料を譲り受け、寄付金で搬送経費を賄ってきた。供給する餌の調達、備蓄は多分、現場の一番大きな心労となっている。

 今、備蓄のロールが検査で開梱され、松村直登さんの餌やりは大変な手作業になっている模様。希望の牧場さんは仕入れ先が違うらしく、未だそういう事態にはなっていないとのこと。

 「現場」は、フクシマは、福島第一原発事故によって社会的ステータスを奪われた。
 高濃度放射能汚染は事故が原因ですが、二年以上経過した今も松村さんや「希望の牧場」のステータスが定まらない。彼等の究極の個人の選択を私は見守るし、心を添わせる。無力さも無念と希望も、松村さんと私達は同じなのである。

 以下、「ときぶーの時間」から転載


NPO法人がんばる福島公式サイト

NPO法人がんばる福島 公式ツイッター @GBR_fukushima
       ・松村直登のブログ 「警戒区域に生きる松村直登の闘い」 
【楽天市場】がんばる福島のご支援いただきたいリスト
↑クリックで詳細がでてきます。

配送先
〒979-0401福島県双葉郡広野町大字上北迫字岩沢29-38
ヤマト運輸 広野センター止め NPO法人 がんばる福島 までお願いします。

発送は「ヤマト運輸」のみ対応、他社の運送会社からは送ることができません。
皆様、ご支援をよろしくお願いいたします。

写真展「松村直登 福島県富岡町と共に生きる ~福島の涙、そして希望~」
↑クリックして下さい。

写真展チラシの配布、設置のご協力のお願い。
名古屋市近郊、東海地方で写真展チラシ配布、設置にご協力いただける方を募集しております。
下記のメールアドレスまでご連絡ください。
teamfukushima0311@gmail.com

よろしくお願いします。


 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR