【2013年10月15日】東京、日仏会館「福島で保護と服従」


 日仏会館(東京)で「福島で保護と服従」が開催されます。

 2013年10月15日(火) 18:00 - 21:00

以下、転載 


【趣旨】
 福島の原発被害は、国、怪しいネットワーク、科学者、専門家、反専門家、「市民運動」や各種団体がいかにして連鎖的に起った災害の共同管理者となり、上位の利害のために、つまり保護するために働くようになったかを明らかにした。ただし、原子力災害対策を通して私たちが観察してきたように、現代の保護とは服従と表裏一体ではないか?どのような曖昧な関係が保護と服従にはあるのか?

【発表者】
 10.15:保護と科学者服従
    キース・ベーヴァーストック(東フィンランド大学)
    後藤 忍(福島大学)
    影浦 峡(東京大学)
    コリン・コバヤシ(ジャーナリスト、作家)
    下地真樹(阪南大学)

 10.16:保護と市民服従
    アルノ・ミション(原子力批判の著者)
    中手聖一(原発事故子ども・被災者支援法市民会議代表世話人)
    武藤類子(脱原発福島ネットワークハイロアクション)
    鵜飼 哲(一橋大学)

【司会】
 ティエリー・リボー (Clersé CNRS・リール第1大学)
 セシル・浅沼=ブリス (日仏会館・フランス国立日本研究センター)

【主催】 
 日仏会館フランス事務所
 Clersé (フランス国立科学研究センター、リール第1 大学)
【協力】
 フランス国立科学研究センター
 LIA「人間の保護と災害への対応」


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR