FC2ブログ

<ちばわん問題>預かりボランティア


<ちばわん問題>預かりボランティアに動物福祉基準適用規定を[2012年08月15日(Wed)]

ちばわん問題に関しては、預かりボランティアさんの中で比較的、良質な方々が改善に向かって動き出しています。こういう声が行政に事実を提供していくことが肝心です。

 <ちばわん問題>ファンタ安楽死事件についてー譲渡ボランティアの「二重登録」
 
 ちばわんの実態についてご存知の方達が当ブログを読んで、今まで怠っていた通報義務を思い出すきっかけになるのなら、私の情報発信もそこで初めてお役に立ったことになります。
 ちばわんの問題はちばわんだけの問題ではありません。

 保護活動業界は保護活動業界で自浄努力が必要です。
 動物福祉基準は保護活動現場にも適用されます。
 基準設定に関しては未だ曖昧ですが、誰が見ても容認されない水準というのはある。
 良質な愛護団体は劣悪な愛護団体と協働しない、良質な保護活動家は劣悪な多頭飼育の自称保護活動の実態を、行政に指摘していく、そういう業界の自浄努力は必要で回避すべきではないでしょう。

 ちばわんに関して、こういうご意見をメールで頂いています。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 AさんはH支所(千葉県センター)、F市センターに個人登録しています。
 またAさん所属の団体は千葉県センターに団体登録しています。
 実際に千葉県に団体登録している団体に所属しながら、市の動物管理センターに登録している方は少なくないです。

 (これは二重登録に関してです。)

 また、H支所は申請書類作成し手続き等をしたAさんでなくBさんに渡しています。
 H支所とBさんは確認せずに違う犬を引き渡し・受けています。
 引き出す犬を取り違える?
 あまりにも初歩的なミスのために、発表内容に虚偽の部分があるのでは?と感じています。

 (確かに不自然で、初歩的ミスが生じた状況説明が故意に省かれている感じです。)

 Aさんのブログを見ると、Aさんは常に犬は10〜20、猫は20〜30匹居ます。
 感染病も蔓延しやすいです。
 一昨年2010の5月ですが、子猫を多数保護し感染病が違う兄弟にも感染し6匹の子猫が亡くなっています。
 6匹の子猫の遺体を並べ、ブログにアップしています。

 今年の春は、やはり船橋市の方ですが、ブログを書いている最中に子猫が亡くなっています。
 ブログ文より抜粋です。

 「とにかく温めなくてはとの焦りで、温かい発泡スチロールで保護してしまい、ペットボトル懐炉の暑さと、泣きにより、4ちびは私が昨晩ブログを書いている裏で、息を詰め、窒息してしまいました」

 こちらもブログに遺体をアップしています。
(*:MIX犬ゆきみとぐーと猫たちとの毎日

 (この二名の方はボランティアをする能力はありません。
 劣悪ブリーダー同様、劣悪自称ボランティアは保護活動業界から駆逐排除していかなくてはならないでしょう。 利潤追求の事業主は、結局こういう”犬猫いじくり隊”を集めてしまう。
 寄付金収入は引取り頭数に比例して増える傾向があるので、営利目的の事業主は頭数実績をあげるため、犬猫の預かりボラさんの質は問いません。
 これが、愛護ビジネスと公益活動を区別する指標の一つになります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「ちばわん 預かりボラ」で検索してヒットしてくるブログを調べてみれば、とんでもボラさんの事例はまだまだ沢山でてくるんじゃないでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:
℡:090-8609-3689(仲市) 
mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
*@を小文字に直してお使い下さい。

寄付金口座:
 株式会社山陰合同銀行 千代水支店
 店番 120 口座番号 3734226
 仲市素子名義
 *2018/5/15付けで、寄付金公募開始しました。
 見学交通費、宿泊費、事務通信費、情報開示請求経費、インターネット経費に限定して使用します。

 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR