シノギの動物愛護:『悪質ボランティア集団の裏側』


 漸く、こういう記事が表に出てくるようになりました。
 「震災地置き去りペットの正体は店の売れ残り? 悪質ボランティア集団の裏側

 警察や大手マスコミ等は被害実態を話しても、どこがおいしい「シノギ」になるのか直ぐにはピンと来ない場合が多いのですが、動物保護活動は寄付金、支援物資、無償労務提供で成り立っているので、「シノギ」の連中が参入し易い無防備な分野です。ネット上の演出で活動実態は幾らも誤魔化せる。犬猫を口実に金を集め、犬猫にかける経費を少なくすれば幾らでも利潤は生みだせる。これが詐欺でなくて何なのだ?

 騙されたと気付いた支援者達を黙らせるのは簡単です。
 苦情に対し、シノギ愛護の連中は仲間と共謀し恫喝や嫌がらせで対応する。

 動物保護活動は個人情報を取得し易い分野です。
 被害者がネット上で被害情報発信しようものなら、削除要請、告訴、提訴の恫喝に出る。
 職場や連れ合いの職場にまで訳の分からぬ嫌がらせがいく、ネット上で虚偽の誹謗中傷を流す。
 これで大抵の市民は沈黙します。
 被害を当局に訴えても、警察は対応しないのが普通です。
 警察を相手にしていると腹が立ってきて、多くの市民がここで諦める。 
 法整備の不備が事件化の大きな妨げになっている部分もあります。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR